当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年02月25日

ウォラーFRB理事らの論文でFOMの20年ガイダンスは柔軟性欠くとの指摘


 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   ウォラー理事
   ジェーン・イーリグ上級政策顧問
の両氏は、14日にFRBのウェブサイトに掲載された
   新たな研究リポート
で、政策金利の先行きに影響を与えることを目的とした2020年9月と12月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合の声明での文言に注目。
 新型コロナウイルス禍の時期に当局が示した
   政策ガイダンス
について、急速なインフレ高進に迅速に対応するための柔軟性が不十分だった可能性があると指摘した。

 20年9月のFOMC会合の声明では、「委員会が判断する最大限の雇用水準と労働市場の環境が整合的になるまで、またインフレが2%に上昇し、一定期間2%を適度に超える軌道に乗るまで」、ゼロ−0.25%というフェデラルファンド(FF)金利誘導目標のレンジを維持することが適切になるとの予想を示した。

 なお、「引き締め政策のプロセス開始さえも、最大限の雇用に向けた一段と顕著な進展を前提としたことで、FOMCは最適な期間よりも長くゼロ金利維持に拘束されてしまった」と指摘した。

 同年12月会合の声明では、「財務省証券の保有を少なくとも月に800億ドル、政府支援機関(GSE)保証付きの不動産担保証券(MBS)保有を少なくとも月400億ドルそれぞれ増やし、委員会の目標である最大限の雇用と物価安定に向けて一段と顕著な進展があるまでそれを継続する」と記された。

 このほか、利上げのための基準が「かなり制約的」だったとも指摘したうえ、「将来利上げの基準を定める際には一層の柔軟性を考慮すべきかもしれない、というのがここから学べる教訓だろう」と記した。

 金融当局者らは2021年、インフレが急伸し始めたにもかかわらず緩和策の解除が遅かったとして批判を浴びていた。

  
ひとこと
 
 金融政策の対応遅れは大きなリスクと多大な費用の投入が生じるが、愚かなる異次元の金融政策は日本国民の資産劣化を加速させてしまった。
 
   
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月24日

米国経済のリセッション確率がエコノミスト調査で低下、成長率予想は引き上げ

 ブルームバーグがエコノミストを対象に実施した「最新の月間調査」によれば、今年の米経済成長率は年率2.1%と予想されている。

 前月の調査では同1.5%だったことから、その後の統計で力強い家計の需要と政府支出が支えになるとみられている。
 
 エコノミストへの調査によるとエコノミストの間では米経済がリセッションの陥るとの予想が再び後退したようだ。
 堅調な雇用市場と個人消費が当面の経済成長を支えるとの見方が背景にある。
 
 この調査回答者が予想する今後2年間の個人消費の伸びは、前月の予想と比べてそれぞれ0.5ポイント近く高かった。
 なお、個人消費は米国内総生産(GDP)の3分の2を占める。

  エコノミストらは米国経済について、良好だった2023年の後では
   やや失速すると予想
するが、なお力強い労働市場とインフレ減速が引き続き
   家計の需要
を後押している。

 米国の底堅さを踏まえ、調査回答者は失業率のピークは年内に4.1%とみている。
 前月は4.2%だった。米国の雇用は26年末までの拡大が見込まれている。

 調査によれば今後1年間にリセッションに陥る確率は40%と、22年半ば以来の低水準だった。
 米連邦公開市場委員会(FOMC)による積極的な利上げ局面が終わりに近づいていた23年前半に同確率は65%に達し、ピークを付けていた。

 今回の調査はエコノミスト72人を対象に2月16−21日に実施されたものだ。
  
 
ひとこと
 日銀が愚かなる金融政策として継続実施している嘲笑される愚策
   異次元の金融政策
を未だ維持したままだが、欧米の経済成長と真逆となっている。
 欧米のインフレの対応に協力し、日本国民の資産や企業の価値を大きく引き下げ流涎安低金利で輸入物価の上昇と輸出物価の低下が安価な日本国民の労働価値をくれてやっていることにほかならない。
 
 敗戦国としての卑しい思考が未だ続いている政治家やマスコミの影響で情報が偏向され意識が抑え込まれたままということに他ならない。
 
 長期政権を保てる背景が欧米国際資本への権益提供であることは戦後日本の政治そのものであり、与野党政治家の選択でも、醜聞が出やすい環境も政治家本人が政治家でなく政治屋でしかない資質の悪さが背景だ。
 
 長期政権による官僚の人事介入により忖度官僚ばかりが目についてしまっている。
 宗教政党による、広告宣伝会社を利用したメディア支配も同じだ。
 
    
posted by まねきねこ at 11:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィリアムズNY地区連銀総裁、「年内に利下げを実施する可能性は高い」と発言

 ニューヨーク地区連銀のウィリアムズ総裁は22日、アクシオスのインタビューに応じ、景気は正しい方向に向かっていると指摘し、年内に利下げを実施するのが適切になる可能性が高いと述べた。
 また、インフレ率が金融当局の目標である2%に向けて低下し続けるのを当局は確認したいと考えていると語った。
 このインタビューは23日に公表された。

 同総裁は「ある時点で、景気抑制的な金融政策を巻き戻すのが適切になると考えており、恐らくそれは年内になるだろう」と発言したうえ、「それはデータを分析し、インフレ率が低下しているだけでなく、2%の長期目標に向かっているとの一貫した兆候を確認してからだ」と続けた。

 1月中旬には、投資家や一部のエコノミストは連邦公開市場委員会(FOMC)が3月19ー20日の会合で利下げを開始すると予想していた。
 
 ただ、それ以降は早期かつ急速な利下げの期待が大きく後退。1月の雇用と物価の指標が予想を大幅に上回ったため、初回利下げの予想は6月あるいは7月に後退した。

    
posted by まねきねこ at 07:58| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国バイデン大統領が率いる政府は、ウクライナ侵攻後で最大となる大規模な対ロシア制裁を発表した。 

 米国は23日、ウクライナ侵攻から24日で2年を迎えるにあたり、ロシア経済にさらなる圧力を加えるため
   500余りの個人・組織を標的
にした大規模な対ロシア制裁措置を発表した。
 この制裁は、ロシアの反体制派指導者
   アレクセイ・ナワリヌイ氏
の獄中死に対するメッセージを送る狙いも含まれている。
 侵攻開始後1日当たりに発表された制裁としては最大規模だ。

 軍事用ドローンメーカーとその幹部および従業員、ロシア独自の決済システム「ミール」、プラスチック3D(3次元)印刷の専門企業のほか、多数の企業や団体が制裁対象となった。
 
 商務省は米国技術の入手を制限する対象リストに90社を追加した。制裁対象にはナワリヌイ氏の死に関連する3人も含まれる。

 バイデン大統領はホワイトハウスで、プーチ大統領の残忍な征服戦争とナワリヌイ氏の死に対処するために制裁を発表したと説明した。
 また、「われわれが今ここで手を引くことはできない。それはまさにプーチンが望んでいることだ」と続けた。

 イエレン財務長官は声明文で「ウクライナによる勇敢な防衛を支援するために、われわれが世界各国のパートナーや同盟国とともに取った行動を背景に
   ロシアの経済と軍事産業基盤
は明らかに弱体化の兆しを見せている」と述べた。

 ただ、今回標的となった個人や組織に特に知名度の高いものはなかった。
 これは西側諸国がすでに、ロシア経済の最も重要な部門に対して厳しい制裁を科していることを浮き彫りにしたものであり、効果としてはほとんどないだろう。
 
 米国はこれまで、原油の高騰を恐れ
   ロシアの石油販売
に対する一段と厳しい締め付けは控えてきた。 
 米国の次期大統領選挙が行われる「選挙の年」に原油価格が跳ね上がれば政治的に極めて危険なシナリオとなるためだ。
 
 また、同じ理由からロシアの金属セクターを標的にすることにも消極的だ。
 2018年にロシアのアルミニウム大手ルサールなどに経済制裁を発動し、アルミ価格の高騰を招いた経緯もあり、米国はその後、制裁を解除した。

    
posted by まねきねこ at 07:10| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏サノフィの一般薬事業にアドベントやブラックストーンらが買収に関心

 仏製薬大手サノフィが分離を計画しているコンシューマーヘルスケア事業を巡り、アドベント・インターナショナルやブラックストーンを含む大手プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社が取得を狙っていることが、この内情を知る複数の関係者がメディアの取材で明らかにした。

 情報の部外秘を理由に匿名を条件に語った関係者は、ベイン・キャピタル、CVCキャピタル・パートナーズ、EQT、KKRなども買収に関心を示していると続けた。
 なお、いかなる取引においても、同事業の価値は約200億ドル(約3兆円)と評価される可能性があると話した。

 サノフィは昨年10月、咳止めシロップや痛み止めジェルなどの一般用医薬品(OTC)を販売する同部門の分離を計画していると発表している。
 同社のアドバイザーは、希望する評価額が得られれば、事業売却に前向きだとの旨を伝えていた。

 実現すれば今年最大級のバイアウト案件となるが
   大型案件の資金調達
が困難なことを踏まえると、実行は難しいかもしれない。なお、サノフィはいかなる合意においても、同事業の株式を維持する可能性もあるという

 この協議は初期段階にあり、買い手候補のPE企業が正式な提案を行う保証はない。
 
 サノフィの広報担当者は、複数の分離シナリオを検討しているが、最も可能性が高いのは資本市場での取引を通じてフランスに本社を置く上場会社を設立することだと説明した。
 なお、早ければ今年の10−12月(第4四半期)になると考えていると述べた。
 
   
posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイパックスパートナー(Apax Partners LLP) 英国のプライベート エクイティ会社 運用資金 約 650億ドル(USD)

エイパックスパートナー(Apax Partners LLP)
 英国のロンドンに本社を置く英国のプライベート エクイティ会社
 他にも、ニューヨーク、香港、ムンバイ、テルアビブ、ミュンヘン、上海に 6 つのオフィスを構えている。
 運用資金 約 650億ドル(USD) 2023 年 12月の時点)

 国際的に事業を展開している最も古く設立された最大規模のプライベート エクイティ会社の 1 つで企業年金基金、公的年金基金、大学基金、財団、ファンドオブファンズなどの機関投資家を通じて投資ファンドの資金を調達している

 1972 年に 3 つの企業
・多国籍管理グループMultinational Management Group (MMG)
   1972 年にロナルド コーエン卿とモーリス チェニオによって設立。
・パトリコフ & Co. 
   ベンチャーキャピタリストのアラン・パトリコフによって 1969 年にニューヨークで設立。
・サンダース・カープ&メグルー
   トーマス・A・サンダース三世とアラン・W・カープによって1988年に設立され、1992年にジョン・メグルーが加わた。
が結合して誕生した。
 
 初期のベンチャーキャピタリストの 1 人アラン パトリコフは1969 年、主に初期段階の小規模企業への投資を専門とする会社
   パトリコフ & Co.
を設立し、 IT関連企業黎明期においてAmerica Online、Office Depot、Cadence Design Systems、Apple Computer、FORE Systemsを含む多数の大手企業の開発に携わった。

 1975年、パトリコフは1,000万ドルを投じて
   53rd Street Ventures
を立ち上げた。

 一方、サー ロナルド コーエンとモーリス チェニオは、1972 年に他の 2 人のパートナーとともに、ロンドン、パリ、シカゴに事務所を
構える多国籍管理グループ
   Multinational Management Group (MMG)
を設立した。
 MMG は当初、投資会社ではなく、小規模な新興企業と協力する顧問会社として設立された。
 そのため、MMG は当初、特に 1970 年代半ばの英国におけるマイナスの経済状況の中で勢いを得るのに苦労したという。
 1977年までに、当初の創業パートナー 4 名のうち2名が MMG を去った。

 コーエンとチェニオは会社を支援するパートナーを必要とし同年、コーエンは
   アラン・パトリコフ
に、米国での新会社の投資を実行するよう打診した。新会社は
   アラン・パトリコフ・アソシエイツ(APA)
として知られ、最終的にはエイパックス・パートナーズとして知られるようになる。
 合併後、MMGはアドバイス業務を取り止め、新しいAPAは新興企業への投資のみに焦点を移した。

 1980 年代を通じて、同社は一連の個別のファンドの下で資本を調達して成長した。
 1984年に初の後期ベンチャーファンド、1987年に初の成長資本ファンド、1989年に初の欧州レバレッジド・バイアウト専用ファンドであるMMGパトリコフ・ヨーロッパ・バイイン・ファンドを導入した。

 1980 年代のベンチャー キャピタル業界では、Apax およびウォーバーグ ピンカスやJH ホイットニー アンド カンパニーなどの他の初期のベンチャー キャピタル会社は、ベンチャー キャピタルから、その10年に流行していた
   レバレッジド バイアウト
   グロース キャピタル投資
へと移行し始めた。
 この傾向は、パトリコフが引き続きベンチャー投資に注力することを好んだ米国よりも欧州でより一般的であった。
 1991年に、Apax Partners がすべてのヨーロッパ事業の正式名称になった。
 ただ、米国事業は依然として Patricof & Co. の名前で運営されていた。
 1990年代半ばまでに、Apax は世界的に大きなプライベート エクイティ会社の 1 つに成長した。

 2006 年にパトリコフは Apax を退職し、小規模な初期段階のベンチャー キャピタル投資に焦点を当てた
   Greycroft Partners
を設立した。
 米国と欧州のチーム間の関係が緊密になったにもかかわらず、同社は依然として地域ごとに別々のファンド組織を運営していた。
 欧州側の事業は資本コミットメントの面で撤退し始め、2004年のヴィンテージ欧州ファンドでは50億ドル以上を調達した。
 しかし、2006年の米国ヴィンテージファンドではわずか10億ドルしか調達できなかった。

 2005年、Apaxは、米国における
   バイアウト事業
を強化するために、中間市場を活用したバイアウト会社
   サンダース・カープ・アンド・メグルー
を買収すると発表した。
 コネチカット州スタンフォードに拠点を置いていたサンダース カープは、トーマス A. サンダース 3 世とアラン W. カープによって 1989 年に設立された企業。
 現在、ブリッジウォーター・アソシエイツの共同会長を務める
   ジョン・メグルー氏
は、 1992年にサンダース・カープに入社する前は、パトリコフ・アンド・カンパニーでプリンシパルを務めていた。
 サンダース・カープは、AT&Tコーポレーション、ゼネラル・エレクトリック社などの機関投資家から出資の約束を受けていた。
 年金信託、ゴールドマン・サックス・プライベート・エクイティ・グループ、ハーバーベスト・パートナーズ、JPモルガン・フレミング・アセット・マネジメント、ニューヨーク州共通退職基金、ベライゾンなどからもだ。

 2006年に、ロンドンの Apax Partners とパリの Apax Partners France が独立した。
 Apax Partners France は 2023 年に Seven2 にブランド変更された。
 
 British Telecom は組織再編を行い、Yell Group の イエロー ページディレクトリ事業を Apax およびLion Capital LLPに21 億 4000 万ポンド / 35 億ドルで売却することに合意し、、当時の欧州史上最大の非企業 LBO となった。
 エールは翌年、米国のディレクトリ出版社マクロードUSAを約6億ドルで買収し[21] 、 2003年にロンドンのFTSEに上場した[22]。
 
 2005年、トラベレックス(世界最大の外国為替会社)の過半数の株式を10億6000万ポンドで購入した。
 2005 年第 3 四半期に、Apax はスペイン最大の製パン会社
   Grupo Panrico
を買収する計画も発表した。
 Apax、 Saban Capital Group 、Arkin Communicationsで構成されるパートナーシップは、 2005年10月にイスラエルの通信会社
   Bezeq
の経営権 (30%) を9億2,300万ドルで取得した。
 このパートナーシップは、2010年4月にその株式を Internet Gold – Golden Lines Ltd. の子会社
   B Communication
に17億5,000万ドルで売却した。
 エイパックスは2015年に衛星通信会社インマルサットをロンドン証券取引所に上場させた。
 2006年、トミー ヒルフィガー コーポレーションを16億ドルで全額現金で買収した。
 2006 年 6 月、Apax は非公開取引でHIT Entertainmentを買収しました。
 2006 年 8 月 21 日、Apax Partners とBain Capitalが
   Royal Philips Electronics
の半導体部門の株式 80.1% を取得することに合意したKKRが率いる拡大プライベート・エクイティ・コンソーシアムに参加したと発表。
 新しい会社はNXP Semiconductorsと呼ばれている。
 
 2006 年 10 月 31 日、Apax Partners が
   FTMSC ( France Télécom Mobile Satellite Communications)
を買収し、 2007 年 6 月にVizadaの名前にブランド変更された。
 2006 年 11 月 20 日、Apax Partners Worldwide LLP がTnuvaの経営権を買収。
 この入札では、非公開食品・乳製品グループの価値は10億2,500万ドルと評価される。
 
 最近では、2022 年 2 月、Apax はテネシー州ガトリンバーグに本拠を置く蒸留酒会社
   Ole Smoky Distillery
の株式の過半数を取得した。
 2023年8月、ディズニー元CEOマイケル・アイズナー氏の個人投資会社
   ザ・トルナンテ・カンパニー
   マディソン・ディアボーン・パートナーズ
   バズーカ・キャンディー
を総額7億ドルで買収する契約を締結した。
 
 2023年10月、新たに設立されたApax Partnersの子会社であるKelvin UK Bidcoが、ロンドンに本社を置くデジタルトランスフォーメーションコンサルティング会社Kin + Cartaを2億300万ポンドで買収する提案を行ったと発表した。
 
 逆風としては2000 年の英国ユナイテッド シュー マシナリー社の分割、資産譲渡、その後の破綻をめぐる状況により、両主要政党の議員が議会でエイパックスの行動に関する疑問を提起するようになった。
 数百件の年金喪失に関する調査要請が拒否された後、年金専門家であり、2015年時点で英国年金大臣を務めていた
   ロス・アルトマン氏
は、これを「最悪のケースの一つだ。私は前者の行動を見てきた。」と述べた。所有者 - Apax は不道徳でした。」
 アショク・クマール国会議員は、「この人たちには鞭打ちが必要だったと思う。彼らは貪欲で利己的で、他人の背中を借りて生きている資本家だ」と述べた。
 
 2007年にWind Hellasを売却した後、ApaxとHellasの共同所有者
   TPG
は、通信会社の元社債権者らから訴訟を起こされた。
 ApaxとTPGがHellasから不当に富を得て、その会計の真実の状態を虚偽表示したと主張した。
 エイパックスは、これら社債保有者の一部は2009年の破産前に売却のチャンスを逃した後に初めて紛争を始めたこと、そしてエイパックスは2007年(破産のほぼ3年前)に事業を売却したため、法的な所有者ではなかったと反論した。

   
posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェファーソンFRB副議長が過度な緩和に警鐘

 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   ジェファーソン副議長
は22日、ピーターソン国際経済研究所(PIIE)での講演で、「インフレ状況の改善に応じて過度に緩和することの危険性を常に留意する必要がある」と発言した。
 また、「行き過ぎた緩和は、物価安定の回復を遅らせたり、逆に後退させたりすることになりかねない」と述べた。

 物価安定という最終目標の達成を損なわないよう、インフレ鈍化を受けた政策金利の過度な引き下げを警戒する必要があると続けtあ。

 インフレについて、1月に上振れたものの、低下傾向にあると慎重ながらも楽観的な見方を示し、連邦公開市場委員会(FOMC)は年内に利下げを開始する可能性が高いと話した。
 他の米金融当局者も最近、借り入れコストの引き下げを急いでいないと示唆している。

 この講演では、先行きに対する3つの主要リスクを指摘した。
 1つは個人消費が予想以上に底堅く、インフレ状況の進展が遅れる可能性で、2つ目は成長が鈍化し、失業が増えるケースだ。最後に中東紛争が拡大し、原油やその他の商品市場が動揺するリスクを挙げた。

 過去の金融緩和サイクルを振り返り
   機動的に政策を実行する必要
があるとの教訓を得たと述べた。

 ブラインダー元FRB副議長が「完璧なソフトランディング」と呼んだ1990年代半ばの経済について、インフレ懸念が弱まるにつれて利下げを開始し、その後3回の会合で金利を据え置いた後に利下げを再開したと指摘した。

 1月30−31日のFOMC会合の議事要旨によると、金融当局者は政策金利がピークに達している可能性が高いという点ではおおむね意見が一致している。
 ただ、利下げを急ぐ様子は見られず、パウエルFRB議長はこの会合後、3月会合での利下の可能性は低いと記者団に語っていた。

 FOMC会合における慎重なアプローチはそれ以降に発表されたデータによってほぼ正当化された。
 1月の消費者物価指数(CPI)は市場予想を上回る伸びを示し、生産者物価指数(PPI)も予想を上回った結果、29日に発表される個人消費支出(PCE)価格指数は2023年初め以来最も速いペースで上昇すると予想されている。
 金融当局はPCE価格指数をインフレ目標の基準にしている。

   
posted by まねきねこ at 06:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月23日

中国では一連の外部による介入と変更によって、クオンツモデルは予測だけではなく、適応することさえ難しくなった?

 中国上海を拠点に10億元以上を運用管理している
   鳴熙資本
では、レバレッジド・マーケットニュートラル戦略を採用する「ダイレクトマーケットアクセス(DMA)」商品の販売制限により、運用担当者はいったん許可されたポジションを削減することになったことを明らかにした。

 鳴熙資本は8日の微信(ウィーチャット)アカウントに掲載した記事で「一連の外部による介入と変更によって、クオンツモデルは予測だけではなく、適応することさえ難しくなった」と指摘した。

   
posted by まねきねこ at 22:19| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国規制当局による厳しい監視に直面した株式市場では取引が制限され、弱小ファンドはなかなか回復できない

 ヘッジファンド会社マン・グループでは2007年に米国で起こったメルトダウンになぞらえて、「クオンツ・クエイク」と呼称した。

 中国の華泰証券(Huatai Securities)のリポートに引用された業界データによると、100億元(約2100億円)以上を運用する主要クオンツファンドが、2月8日までの2週間でCSI500指数に平均12%ポイントの差をつけられ、年初来の超過リターンはマイナス11.3%に沈んだと見られる。
 
 過去3年にわたり株式市場の低迷に逆行してきたクオンツファンドは今回、旧正月の連休を前に、市場の急激な変化と政府介入に完全に不意を突かれたと続けた。

 クオンツファンドはベンチマークに連動するポートフォリオに好調な小型株を追加してリターンを押し上げる戦略で、顧客マネーの呼び込みを狙った。

 今回の一連の経緯は、それが行き過ぎると裏目に出る恐れがあることを浮き彫りにした。
 運用担当者の多くは、市場が正常化するのに伴いリターンが改善すると見込んでいるが、業界はかつてないほど規制当局による厳しい監視に直面しており、弱小ファンドはなかなか回復できないかもしれない。
  
   
posted by まねきねこ at 18:53| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルファはやがて「自然に」回復すると予想

 ツー・シグマ・インベストメンツの元リサーチャー
   ガオ・カン氏
が設立した衍復投資は、過去の市場低迷局面に関する経験を引き合いに出し、アルファ(ベンチマークを上回るリターン)はやがて「自然に」回復すると予想しており、モデルへの人為的介入を控えたと説明した。
 
 なお、一部の商品の超過リターンはすでに2月8日に「大きく回復」したと、投資家宛ての書簡で述べている。

 記録的なアルファの損失は複合的な要因によるもので、同じことが繰り返される可能性は「非常に小さい」と見られる。

 もっとも、共産党の独裁国家でもある中国における業界の運命は規制当局が持っている生殺与奪の権限による対応が全てだ。
 
 中国証券監督管理委員会(証監会)は市場の安定を維持するため、クオンツに対する規制強化に向けた準備を進めていると国営メディア新華社が22日に報じた。
 
    
   
posted by まねきねこ at 07:22| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘッジファンドが日本に照準を合わせ、日銀によるマイナス金利解除が視野に急速な円高を引き起こす分野の企業を狙い撃ち

 マクロヘッジファンドと株式ヘッジファンドは今年、日本銀行が約8年間続けているマイナス金利政策を転換する日本に照準を合わせ会せ買い向かっている。

 日経平均株価は年初から急伸し、1989年に付けた史上最高値に近づきつつある。
 日本経済が2四半期連続のマイナス成長となったことで利上げ時期が先延ばしされる可能性はあるが、欧米の投資家は、インフレが加速すれば近くマイナス金利は終了すると予想している。
 
 通常、利上げは景気を冷ますが、日銀は利上げにより意図せず成長を刺激する可能性があるとの見方があるためだ。

 株式運用者も日本株はこれまでも既に、中国・香港の株式から資金を引き揚げた投資家の恩恵を受けてきた日本株の上昇継続を予想している。
 
    
ひとこと
 日本企業が保有する技術や生産方式などから内部留保資金を吐き出させるべく、円安で安価になっている日本企業の叩き売りで切り刻まれていく流れを加速させる欧米国際資本の資金が表面化していきそうだ。
 
 時期を見計らって都合よく金に卑しい無能な与野党政治家の裏金問題を世論の耳目を集めさせている間に、国際資本の攻勢が強まり、鉄火場になっていきそうだ。
 そもそも、裏金問題をマスコミが取り上げる時期や情報の出どころが、田中角栄首相時代のロッキード事件や橋本首相のハニートラップなど日本メディアの垂れ流す醜聞が、日本が米国との間で経済摩擦が拡大し、資源の確保で石油資本の呪縛からの離脱や、米国債の売却などの実行で対応な取引関係まで引き上げる状況を潰した謀略の臭いが撒き散らされている。
 
 ただ、こうした背景が起きるのも、政治家の日頃の所業の悪さがあり、有事において好機の芽が自らの悪行で潰してしまっていることも問題だ。  
 
 勢いに任せているように一見見える野党政治家の本質は闇金問題で攻撃されている政治家よりも悪いのがいただけない。

 
    
posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国労働市場堅調 失業保険申請は予想外の減少、1カ月ぶり低水準

 米国の新規失業保険申請件数(2月17日終了週)は
   20万1000件
と前週比1万2000件減少し、予想の21万6000件より減少し、1カ月ぶりの低水準となった。
 なお、前週は21万3000件(速報値21万2000件)だった。
 大手企業の間で人員削減が増えているが、労働市場は引き続き堅調であることが示唆された。

 また、失業保険の継続受給者数(2月10日終了週)は186万2000人に減少しており、就労者の増加が見られる。
 継続受給者数も同じく1カ月ぶりの低水準となった。

 変動のより少ない失業保険申請件数の4週移動平均は21万5250件に減少した。

 季節調整前のデータでは、申請件数は19万7932件と昨年10月以来の低水準だった。
 州別では特にカリフォルニアとケンタッキーでの減少が目立った。

 今月に入ってモルガン・スタンレーや電気自動車(EV)メーカーのリビアン・オートモーティブなどが人員削減を計画していると市場には伝わっている。
 ただ、大企業でのレイオフ増加で、新規失業保険申請件数は今後数カ月に増加する可能性もある。 

  
posted by まねきねこ at 05:46| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月の米生産者物価指数(PPI)はインフレ根強く総合とコアがともに予想上回った。

 1月の米生産者物価指数(PPI)は
   前月比+0.3%
と上昇市場予想(0.1%上昇)を上回る伸びを示した。
 
 PPIの上昇は、病院の外来診療やポートフォリオ運用などのサービス部門の価格上昇が影響し、根強いインフレ圧力を浮き彫りにした。
 サービス価格は0.6%上昇し、昨年7月以来の大幅な伸びとなった。
 
 食品とエネルギーを除くコアPPIは前月比0.5%上昇、前年同月比では2%上昇し、ともに市場予想を上回った。

 財の価格は0.2%低下し、4カ月連続のマイナスとなった。

 変動の大きい食品とエネルギー、貿易サービスを除いたPPIは0.6%上昇し、ここ1年で最大の伸びを示した。

 生産過程における比較的早い段階での物価を反映する中間財のコストは、エネルギー価格の下落を反映し、4月連続で低下した。
 食料品とエネルギーを除いた中間需要の加工品は0.3%上昇し、2022年5月以来の大幅な伸びとなった。

 13日に発表された1月の米消費者物価指数(CPI)でも市場予想を上回る伸びを示した。
 今回のPPIは、インフレが十分に収まったと金融当局が確信するまで、利下げは見送られるとの見方をあらためて後押しする可能性が高い。

 官民のエコノミストらがPPIを注視するのは、いくつかのカテゴリーが個人消費支出(PCE)価格指数の算出に使用されることが一因となっている。
 
 米金融当局はPCE価格指数をインフレ目標の基準にしている。
 なお、1月のPCEは今月29日に発表される。 

    
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月22日

米石油・ガス探査コード・エナジーが約5560億円でカナダの同業買収

 米北部ノースダコタ州とモンタナ州のウィリストン盆地で炭化水素探査と水圧破砕に従事する
は、カナダの同業イナープラス(Enerplus Corporation)を株式と現金を合わせて
   37億ドル(約5560億円)
で買収することで合意、シェールオイルが豊富なバッケン地域で大手生産業者が誕生することとなる。
  
 両社の21日発表によると、イナープラスの投資家は同社株1株当たり現金1.84ドルと、コード・エナジーの普通株0.10125株を受け取る。
 石油各社の経営幹部は、将来の掘削場所を確保してポートフォリオを増強し、キャッシュフローを強化しようと動いている。

 米石油・天然ガス企業ダイヤモンドバック・エナジー(Diamondback Energy)は先週、テキサス州の同業エンデバー・エナジー・リソーシズ(Endeavor Energy Resources, LP)を260億ドルで買収することで合意した。
 なお、今回の買収には米国とカナダの規制当局の承認が必要となる。
 この取引は2024年半ばまでに完了する見通し。
   
  
posted by まねきねこ at 22:13| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安全な場所でのお話

 中国政府に批判的な香港紙、蘋果(ひんか)日報(アップルデイリー)の創業者で香港国家安全維持法(国安法)違反の罪で起訴された
   黎智英(れい・ちえい、ジミー・ライ)氏
の審理を巡り、黎氏と共謀したと指摘される元衆院議員の
   菅野志桜里弁護士
が産経新聞のインタビューに応じた。
 菅野氏は共謀の事実を否定し、「脅しめいた司法の悪用に一切屈することなく、自由と法の支配を支える活動を継続する」と強調した。


ひとこと
 中国共産党による特権を脅かす自由主義的な発言や行動は常に公安部門の監視を受けているのは周知の事実であり、14億人ん中国人の人口のうち1.2億人が公安部門所属か関係者と言われている。
 イデオロギーを持ち出し、党の上下の拘束性を最優先にする政治姿勢は共産主義特有のものとなってるようだ。
 ロシア革命でも大暴れした共産主義者の暴徒らも、最高指導者ヨシフ・スターリンが1930年代にソビエト連邦および衛星国のモンゴル人民共和国等で社会秩序を乱す輩として一括りにして実行した大規模な政治弾圧で粛清されている。
 スターリンからすれば、粛清とは、党の浄化を意味したものであり、幹部政治家の粛清に留まらず、一般党員や民衆にまで及んだ大規模な政治的抑圧では134万4,923人が即決裁判で有罪とされた。
 また、1934年の第17回党大会の1,966人の代議員中、1,108人が逮捕され、その大半が銃殺刑となっている。

 1934年の中央委員会メンバー(候補含む)139人のうち、110人が処刑されるか、あるいは自殺に追い込まれた。
 そもそも、反革命的な自供なども暴力的な取り調べで行われ真実は皆無であったという。

 1940年にトロツキーがメキシコで殺害された後は、レーニン時代の高級指導部で生存しているのは、スターリンを除けばカリーニンだけだ。
 大粛清以前の最後の党大会(1934年)の代議員中、次の大会(1939年)にも出席できた者はわずか3%で97%は処刑されたということだ。
 1939年の党の正式メンバーのうち、70%は1929年以降の入党、つまりスターリン期の入党であり、1917年以前からの党員は3%にまで減らされ、イエスマンの党員ばかりであったということにもなる。

    
posted by まねきねこ at 17:35| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする