当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年05月11日

NY原油市場 WTI先物は続伸


 ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は続伸した。
  

 米国トランプ政権による核合意からの離脱表明で
   対イラン制裁
が懸念されたものの、サウジアラビアが他の産油国と共に
   影響緩和
に取り組む準備があると明らかにし、上値が限定された。

 ロンドンICEの北海ブレント7月限は0.26ドル高の77.47ドルで終えた。



NYMEX
 WTI先物6月限

 1バレル=71.36ドル
   前日比+0.22ドル(0.3%) 


   
ひとこと

 OPECでの勢力争いの感じにも見える。

 サウジアラビアなどスンニ派のアラブ国家はイランが原油市場に復帰すれば、イランの
   パーレビ体制崩壊
で引き起こされた
   石油ショック
を利用して消費国の囲い込みに成功し莫大な権益を確保した。

 イランの原油市場復帰で軟化していた原油価格の引き上げを目論む国際資本との権益の確保の方向性が一致した動きでもある。

 原油価格も余り上がると、代替燃料や非在来型のシェールガスやオイルの生産が急増してしまい市場確保が出来なくなるリスクがあり、お湿りともいえる発言対応だろう。
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

  
    
  
  
    
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金相場は反発


 ニューヨーク金先物相場は反発した。

 4月の米CPIの伸びが自動車や航空運賃の低下を受けて予想を下回った。
 このほか、インフレ率はこれまでの予想よりも迅速に低下するとの見解をイングランド銀行が示したことも背景。

   
ニューヨーク商品取引所(COMEX部門)

 金先物6月限
  1オンス=1322.30ドル
   前日比+0.7%
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

  

   

   
posted by まねきねこ at 06:24| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘッジファンドが債券下落を見込むと、相場は逆に上がる場合が多くという力学が働き資金量の戦いになって腕力相場の様相ではない。


 ヘッジファンドは、世界最大の債券市場である
   米国債市場
の中でも特に逃げ足が速いことで知られている。
 
 高止まりした利回りが過去3週間にレンジ入りしても
   過去最大規模のショート
を後退させる兆しが全く見られない。
 
 この断固とした姿勢は
   利回り上昇の圧力
がしばらくやまないことを示唆している。
 
 一方向に向かう強いスタンスに、債券強気派は興奮しているようで前かがみになっている感じだ。
 
  
 2017年前半に米10年債先物で当時として過去最高のショートを投機筋が構築した際、指標利回りが5週間で50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)近く低下して
   劇的なショートカバー
が起きた。
  
 
 ヘッジファンドなど
   投機筋のポジション
は逆張り指標になり得るもので、ヘッジファンドが債券下落を見込むと、相場は逆に上がる場合が多くという力学が働き資金量の戦いになって腕力相場の様相ともいえる。
 
 ただ、これまでのところ、そうした展開にはなっていない。
 
 拡大し続けている米財政赤字や国債発行、そして米利上げがいかに影響しているかを示している。
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

  

   

   
posted by まねきねこ at 06:10| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

皮膚疾患の治療や再生医療に新たなヒント



 魚類やイモリなどの両生類は
   驚異的な組織再生能力
を持ち、四肢やヒレを失っても元通りの組織を再生することができることは知られている。
 
 組織の再生や恒常性の仕組みの解明は、近年の生物学における大きな課題の1つ。
 
 この解明により
   ヒトの再生医療への応用
の可能性が期待されてきた。
 
 東京工業大学の研究グループでは、ゼブラフィッシュのヒレの再生をモデルに、皮膚が完全に再生するための
   細胞群の働き
を観察することに成功した。
 
 これまでは細胞組織が再生する際、細胞がどのような仕組みで、どのような源から供給されているのかは、ほとんどわかっていなかった。

 研究グループでは、遺伝学的な細胞標識法により、再生組織の細胞を蛍光に標識し、長期にわたって追跡した。
 結果、基底層の幹細胞や表層の分化細胞がそれぞれ増殖し、欠損部に供給されることで皮膚を再生していくことが明らかとなった。
 
 従来考えられていた「傷口付近にある皮膚細胞が脱分化して幹細胞に戻り再生が始まる」という特殊なプロセスとは異なる結果という。
 
 さらに再生過程では、皮膚の広範囲で細胞増殖が活性化しており、上皮細胞が多数供給されることで新たな皮膚が再構成されることも判明した。
 完全な皮膚再生が、脱分化のような特殊な方法を用いず、基底層の幹細胞などの自己複製で起きていることを示した。
 
 研究結果は皮膚疾患の治療や再生医療に新たなヒントを与えることになる。
 
 なお、今後の研究でヒトを含む他の脊椎動物においても、この皮膚再生の仕組みが同じように働いていることになれば基底層の幹細胞の自己増殖を制御することで皮膚の再生が可能になると期待される。
posted by まねきねこ at 11:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

適応進化に関わる遺伝子領域


 
 理化学研究所は大阪大学や慶應義塾大学、日本医療研究開発機構と共同研究で
   日本人のゲノム解析
を行い、日本人の
   適応進化に関わる遺伝子領域
を明らかにしたと24日発表した。
 
 この適応進化とは生物の性質が世代を経るにつれて周りの環境に応じて変化する現象のこと。
 

 日本人においては
   アルコール代謝
   栄養代謝
に関わる遺伝的変異があったという。
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

  


   
   
posted by まねきねこ at 09:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

核合意は「悲惨な」内容であり、米国にとっての恥辱だと感情的に表明


 米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は8日、ホワイトハウスでの演説で
   イラン合意にはその中核に欠陥がある
と指摘したうえ「私はきょう、米国がイラン核合意から離脱すると発表する」と表明したうえ、対イラン制裁を再開すると発表した。
  
 また、イランを世界屈指の
   テロ支援国家
と断じ、同国が中東に及ぼす影響を非難した。

 ただ、原理主義宗教国家のサウジアラビアが中心となって圧力を加えているイエメン戦争を支援しており、シーア派住民の勢力を支援刷るイランとの対立関係が背景にある。

 また、OPECの盟主としての立場を継続し、原油価格のコントロールを握るには産油国大手であるイランの影響力を排除する必要があった。
 こうしたサウジの思惑通りに流れになったことで原油価格はバレル70ドルを突破してきている。

 これは国際石油資本にとても有利な環境が形成され、米国内のシェールガス・オイルの開発業者の懐も豊かになり回り回ってトランプ氏の製略画強く広がることも意味している。


 核合意は「悲惨な」内容であり、米国にとっての恥辱だと感情的に表明した。
 イランがうそをついた「証拠」があると主張したものの、証拠を明らかにはしていない。
   
  
   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

  

     

   
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ことし合計3回の利上げ予想


 ダラス地区連銀のカプラン総裁は、今後の金融政策においては
   「緩和を取り除くべき」
だが、漸進的に行う必要があるとの見解を示し、18年の私のベースシナリオは、なおことし合計3回利上げということになろうと説明した。
     
   
posted by まねきねこ at 05:46| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポピュリスト政権が成立する可能性が高い。


 イタリアは早期の再選挙へと向かっている。

 こうした政治的流れからは、ポピュリスト政権が成立する可能性が高まりそうだ。

   
 反エスタブリッシュメント(既成勢力)政党「五つ星運動」の
   ディマイオ党首
と反移民の「同盟」の
   サルビーニ書記長
は7日に3月の選挙後初めて対面した。

 連立協議が決裂した後には7月の選挙実施を求めている。
  

 バークレイズの欧州担当シニアエコノミスト
   ファビオ・フォイス氏
はリポートで早期選挙なら政治リスクを巡る見通しが一変すると指摘したうえ、5つ星と同盟による反体制派政権が誕生する確率はますます高まるだろうと続けた。


 両党は現在、選挙で対決しようとしているが、選挙後には手を組む可能性がある。
 選挙で議席を増やせば特に可能性が高まる。


 マッタレッラ大統領はそのようなポピュリスト政権を防ぐため
   「中立の政府」
を擁立させ年内選挙を回避したい考えという。

 イタリア政府当局者によれば、大統領は9日にこの暫定政府の首相候補を指名する見込み。
     

   
posted by まねきねこ at 05:28| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

香料メーカーを約71億ドル(約7800億円)で買収


 
 米国の大手香料メーカー
   インターナショナル・フレーバー・アンド・フレグランス(IFF)
は、イスラエルの
   フルタロム・インダストリーズ
を現金と株式を組み合わせて買収することで合意した。

 企業価値を約71億ドル(約7800億円)と評価する取引で、フルタロムの負債も引き受けるという。


 7日の共同発表文によると、フルタロムの株主は1株につき現金71.19ドルとIFF株0.249株を受け取る。
 総額では1株当たり106.25ドル相当となる。

 これはフルタロムの6日の株価終値を11%上回る水準となる。
 なお、今回の合意は両社の取締役会に全会一致で承認された。
   
  
   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

  

     

    
posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多様な需要に対応する戦略


 
 日本航空(JAL)の大川順子副会長は7日、シンガポールでメディアのインタビューを受け、JALが
   多様な需要
に対応する戦略の一環として
   新たな格安航空会社
の設立を複数の選択肢の中の一つとして検討していると述べた。
  
 ただ、まだ決定はしていないと同副会長は付け加えた。
 
 また、JALは中期計画に基づき
   国際線からの収入の比率
を2020年までに50%と、昨年の30%から高めることを目指していると語った。
  
  
 JALは既に格安航空の
   ジェットスター・ジャパン
に出資している。
   
  
   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

  

     

    
posted by まねきねこ at 05:25| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]