当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年06月09日

トランプ氏盟友ベセント氏がイエレン氏を「バイデン氏支援で省利用」と批判

 2024年米大統領選挙で返り咲きを目指すトランプ前米大統領にとって有力な資金調達者で、ヘッジファンド運営会社キー・スクエア・グループ創業者
   スコット・ベセント
は7日、イエレン財務長官が財務省の国債発行を通じて「金融政策を掌握した」と指摘し、「イエレン氏は昨年10月に国債発行のペースを変え、金融状況を大幅に緩和し、金融状況が信じられないほど緩和された」と続け、イエレン氏が選挙を前に
   バイデン大統領を支援するため
同省を利用しているとして、痛烈に批判した。

 ベセント氏は11月の大統領選でトランプ氏が当選した場合に、経済政策分野トップの座に就く可能性があると目されている。
 
 ベセント氏のイエレン長官批判について財務省の
   ヘイデン報道官
は、同省は需要と借り入れの必要性に基づいて国債発行を決定していると説明した。
 また、最近の国債発行決定は「市場の予想の範囲内」だったと付け加えた。

 ベセント氏は、11月の選挙で有権者の争点となる
   バイデン氏の経済運営
を鋭く批判しており、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の
   高インフレ対策が遅い
と指摘している。

 11月の大統領選で共和党候補指名が確実なトランプ氏は、大統領在任中にパウエル氏をFRB議長に指名した。
 しかし、昨年、再任はしないと述べており、ベセント氏はこれについて、2026年の任期満了前にパウエル氏の解任をトランプ氏が目指す可能性を軽視していることを明らかにした。


posted by まねきねこ at 08:49| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金スポット相場は3日ぶりに反落

 NY商品取引市場で金スポット相場は3日ぶりに反落した。
 米雇用統計が力強い内容となったことで、早期の利下げ期待が後退し、ここ2年余りで最大の下げとなった。
  
 同日の金相場は米雇用統計の発表前も軟調な展開となっていた。
 中国人民銀行(中央銀行)が5月に金購入を見送ったことが手掛かりとなった。
 中国は、1年半続けていた大規模な金買い入れに終止符を打った。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は65.90ドル(2.8%)下落し2325ドルちょうどで引けた。
   
      
posted by まねきねこ at 07:19| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘス・コーポレーション(Hess Corporation  旧称Amerada Hess Corporation ) 原油と天然ガスの探査と生産に携わる米国の世界的な独立系エネルギー会社

    (Hess Corporation  旧称Amerada Hess Corporation )
 原油と天然ガスの探査と生産に携わるアメリカの世界的な独立系エネルギー会社
 1968 年にヘス オイル アンド ケミカルとアメラダ ペトロリアムが合併して設立された。

 レオン ヘスは1960 年代初頭から 1995年までCEO を務め、その後息子の
   ジョン B ヘス
が会長兼 CEO を引き継いだ。
 同社はライバルの石油会社シェブロンに買収されることに合意した。  

 総資産 217億米ドル(2022年)
 就業者数 1,623人(2022年)
 
 ニューヨーク市に本社を置き、2016 年のフォーチュン 500企業の年間ランキングで 394 位にランクされた。
 2020 年、フォーブス グローバル 2000では、ヘスは世界で 1,253 番目に大きい上場企業にランクされた。
 米国陸上 (ノースダコタ) とリビアで探査および生産活動を行っており、海外では米国 (メキシコ湾)、カナダ、南米 (ガイアナおよびスリナム)、東南アジア (マレーシアとタイの共同開発地域)で探査および生産活動を行っている。

 1919 年、英国の石油起業家
   ロード・カウドレー
は、北米での石油生産を調査するために
   アメラダ コーポレーション
を設立した。
 アメラダ コーポレーションは、主要子会社であるアメラダ石油公社の持株会社として、1920 年 2 月 7 日にデラウェア州で設立された。
 この石油生産者は 1920 年代のほとんどを通じて成長を経験し、1926 年には純利益 490 万米ドルでピークに達した。
 しかし、大恐慌に至る数年間、石油市場の低迷が利益の低迷につながった。
 市場暴落の余波は、すでに不安定だった石油業界をさらに悪化させ、1930 年の第 1 四半期に、同社は若干の損失を被った。
 大恐慌の初期は、一部の地域では需要の変動と過剰生産との闘いであったが、1930 年代後半になると、アメラーダの財務予測はより前向きなものになった。

 1941年12月、同社は持株会社と主な事業子会社であるアメラダ石油株式会社を合併し、簡素化された事業会社に改組した。新しい法人も以前の子会社の名前を採用した。
 1955 年には、戦後の力強い成長により、同社の年間売上高は 1 億米ドルを超えるまでに成長した。

 ヘス オイル アンド ケミカルは、1930 年代に
   レオン ヘス
によって設立された石油精製および販売会社。
 1966 年に英国政府から同社の株式の 10% を 1 億米ドルで買収した。
 アルバート・レビンソンが上級副社長に就任し、現代のヘスのロゴをデザインした。

 1968年12月、ヘスとアメラーダは合併計画を発表すると
   モートン・アドラー氏
が率いるアメラダ株主の一部は、この取り決めに対して、
   アメラダの石油埋蔵量
が提案会社の資産の大半を占めることになるため、アメラダの株主は新会社に対する
   より大きな支配力を保持すべき
と主張し、ヘスにとって有利すぎると批判した。

 この問題について株主投票が行われる前に、総合石油会社
   フィリップス・ペトロリアム
がアメラダに合併提案を持ちかけていたが、その申し出は1969年3月に拒否された。
 それでもなお関心を示していたにもかかわらず、フィリップスはヘスの提案された取引に対して訴訟を起こすつもりはないと述べた。

 ヘス氏はそのような戦略を懸念して、1億4,000万米ドルでアメラーダの株式110万株を追加で公開買い付けした。
 同社の保有株を2倍にすることになった。

 新しい主張は、合併の運命を決定する5月の株主投票で採用されることになる。
 投票は、アドラー氏の主張に同調するだけでなく、最近完了した公開買い付けに対するアメラーダの資金提供に反対する株主の憎しみの中で行われた。
 ヘス氏は株式を消却し、新たに設立された会社が買収費用を負担する予定だった。
 会合に出席したある株主は「ヘス氏がアメラーダの金でアメラーダを買収しているように私には見える」と皮肉った。

 この取引の支持者らは勝利し、純粋な生産会社と精製所および販売会社の事業を統合する24億米ドルの合併が完了した。
 しかし、この論争は株主の承認によってもまだ消えていなかった。

 1972年には代理投票の情報が誤解を招くとして連邦集団訴訟が起こされた。
 1976年、裁判所は、同社が合併の理由として各企業の資産を考慮したとの虚偽の主張を認めた。

 2000 年 2 月、ヘスは
   ミードビル コーポレーション
を買収し、178 か所すべての
   メリットガソリン スタンド
のブランド名をヘスに変更した。
 メリット ガソリン スタンド チェーンは主にボストン、ニューヨーク、フィラデルフィアの市場にあった。

 2001 年、アメラーダ・ヘス(Amerada Hess )は約 32 億米ドル相当の現金入札取引で
   トリトン(Triton Energy Limited)
を買収した。
 米国最大の独立系石油・天然ガス探査・生産会社のひとつであるトリトンは、海外探査で大きな成功を収めながらも潜​​在的に危険を伴うことから、異端の石油会社としての評判を得ていた。

 現在のアメラーダ・ヘスのプレスリリースによると、西アフリカ、ラテンアメリカ、東南アジアにおけるトリトンの主要な石油・ガス資産は、その探査・生産事業を強化し、長寿命の国際埋蔵量へのアクセスを提供することになる。
 ヘスはまた、この買収により同社の日量バレル生産量が即座に25%以上増加することが期待されると明らかにした。
 同様に 2001 年に、Amerada Hess はノースカロライナ州ウィンストンセーラムの
   AT Williams Oil Co.
と合弁事業を締結した。
 会社とガソリンスタンドは
   WilcoHess
に変更され、共同合併後、約 1,200 の WilcoHess ステーションが存在した。

 トリトン社の買収後、エネルギー価格は下落し、世界経済は低迷した。
 そのため、アメラーダ・ヘスはその後数年間苦戦し、2002年には主にセイバ油田の評価損に関連した5億3,000万米ドルの費用により2億1,800万米ドルの損失を計上した。
 2002 年 3 月
   TXU Europe
は、Amerada Hess の英国の小売ガスおよび電気事業を買収した
 しかし、2003 年から 2006 年にかけて、Amerada Hess は 19 億 2,000 万米ドルの純利益を報告し、着実に利益を増加させた。
 2006年5月、Amerada Hess Corp.はHess Corp.に社名変更した。

 2012年1月18日、同社は米領バージン諸島セントクロイ島の
   ホベンサ製油所
を2012年2月中旬までに閉鎖すると発表した。
 この製油所は引き続き保管ターミナルとして機能することになった。

 2013 年 2 月末までに、ヘスはニュージャージー州ポート レディングの石油精製所を永久に閉鎖した。
 ガス価格は2012年10月以来の最高水準に上昇しており、ヘスは同工場の従業員217人中170人を解雇し、製油所事業から撤退し、19の貯蔵ターミナルの買い手を探すと発表した。
 同社は今後は探査と生産に注力することを決定した。

 ヘスのプレスリリースでは、「小売、エネルギーマーケティング、エネルギー取引を含む当社の下流事業から完全に撤退する」という同社の計画を発表した。
 ニュージャージー州ウッドブリッジ(ポート・リーディング)施設の閉鎖の発表とその後のガソリン価格の上昇との間に関連性はなかった。
 なぜなら、同施設の生産量は自動車グレードではなく航空および特殊燃料市場向けだった。

 2013年3月4日、ヘスは国内の製油所と小売事業を売却すると発表した。
 ニューヨーク・タイムズ紙は、ヘスの小売業と製油所の運営が同社の収益の約4%に貢献していると報じた。
 また、ヘスがインドネシアとタイの保有株を売却する予定であることにも言及した。
 企業が下流資産を分離し、より収益性の高い上流事業に注力するという石油業界の傾向に従い、同社は石油生産のみに注力することになった。

 コノコフィリップスとマラソン・オイルも近年、それぞれフィリップス66とマラソン・ペトロリアムとして同様のスピンオフを行った。
 2013年4月、ヘス社はロシア部門を
   ルクオイル
に20億5000万ドルで売却すると発表した。
 2013年7月、ヘス・コーポレーション(Hess Corp)はエネルギーマーケティング部門を英国企業
   セントリカ
に約10億3000万ドルで売却すると発表した。

 2013 年 10 月、Hess Corp は東海岸とセントルシアのストレージ ターミナル ネットワークを
   Buckeye Partners LP
に8 億 5,000 万ドルで売却する計画を発表した。

 2013年12月、ヘス・コーポレーションはインドネシアの資産をインドネシアの石油コンソーシアムに売却すると発表した。
 2014 年 1 月 8 日、ヘスはガソリン スタンド ネットワークの非課税スピンオフを申請した。
 新しく設立された会社は
   Hess Retail
として知られ、米国東部全域に 1,200 店舗以上を展開する予定であった。
 スピンオフが完了する前に、マラソン・ペトロリアムの子会社
   スピードウェイLLCは
2014年5月22日、ヘス・コーポレーションの小売部門を28億7000万ドルで買収すると発表した。
 2014年末に買収が完了した後、2017年末までにヘスのすべてのガソリンスタンドは
   スピードウェイガソリンスタンド
にブランド変更された。
 この取引により、ヘスの探査と生産のみに焦点を当てたエネルギー会社への転換が完了した。
 約50年前のAmeradaの合併を事実上覆すことになった。

 2014年、ヘスはすべての下流事業から撤退し、探査・生産会社として認められるための複数年にわたる変革を完了し、2013年から始まった資産売却で約130億ドルを生み出した。
 ヘスはガソリンスタンドのネットワークをマラソン・ペトロリアム(同社)に売却した。
 小売ブランドSpeedwayで運営されており、石油、天然ガス、電力の卸売りおよび小売販売事業を
   Direct Energy
に売却した。
 また、ニュージャージー州ポート・リーディングとUSVI州セント・クロイ島の製油所(PDVSAとのHovensa JV )を閉鎖した。
 バルク貯蔵およびターミナル事業のほとんどを
   Buckeye Partners
に売却し、ニュージャージー州の2つの発電所の50%権益もそれぞれの JV パートナー ( Bayonne Energy Center : ArcLight Capital およびNewark Energy Center : Ares EIF)に売却した。

 ヘスはまた、合弁商品取引部門 HETCO (Hess Energy Trading Company) の 50% 権益をオークツリー キャピタルに売却した。
 HETCO は現在、Hartree Partners として知られている。

 2023年10月、シェブロン社はヘス社を全株式取引で530億ドル、負債を含めると600億ドルで買収すると発表した。

 1990 年 10 月 28 日、ニューヨーク タイムズ紙は、31,000 バレル (4,900 m 3 ) の灯油を積んだはしけがハドソン川の岩礁に衝突し、163,000 米ガロン (620 m 3 ) の燃料が流出したと報じた。
 すぐにヘスは清掃の責任を引き継いだ。
 沿岸警備隊はレッドスター社と協力して清掃し、ある地域への流出を阻止した。

 沿岸警備隊職員のホームズ氏は、「天候と風の条件は可能な限り完璧に近い」と述べ、これが他の場合よりも迅速かつ確実な撤去に貢献したと述べた。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、ホームズ氏はまた、灯油の自然蒸発速度により、流出物の70パーセントは3日以内に消えるだろうとも述べた。
 なお、ほとんどの灯油は蒸発しますが、ベンゼンなどの有毒化学物質は水中に残り、特定の魚に害を与える。
 ヘス氏は、自社の企業方針が「適用される環境、健康、安全に関する法律および規制を遵守するという基本的な取り組み」を「長年強調」しており、発生した流出物はすべて洗浄すると主張した。

 ニューヨーク州環境保護局(DEC)の合意に従い、ヘス・コーポレーションは罰金110万ドルを支払い、さらに「65のガソリンスタンドと石油貯蔵施設を州の要件に準拠させる」ことになった。
 この合意は、65のガソリンスタンドとヘスの
   ブルックリンの主要石油貯蔵施設での100件以上の違反
に対処したものである。
 この合意は、DECのニューヨーク市とハドソンバレー下流地域におけるヘスの違反行為を解決することを目的としていた。

 最近、米国の大手石油会社数社に対する水汚染訴訟で、ヘス社は
   4億2,200万ドルの和解金
の一部の支払いを余儀なくされた。
 この訴訟は、「ガソリン添加剤メチルターシャリーブチルエーテル(MTBE)による飲料水汚染をめぐって」17州の153の公共水道事業者が石油会社を相手取って起こしたもので、和解案では、今後30年間、汚染されるか処理が必要となる原告の井戸の処理費用の一部を和解当事者が支払うことも定められた。

 ヘスは、2006 年の企業持続可能性報告書の中で、温室効果ガス排出量を削減および制御するための「4 要素」戦略の概要を説明した。
 この戦略の手順には、排出量の監視、測定、管理、緩和が含まれる。
 同社は、結果の報告、エネルギー効率と回収の向上、炭素回収と取引への参加を通じて、環境への影響を改善することを目指していた。[38]
 
 2024年1月、ヘスと他の米国の石油・ガス生産者7社とともに
   シェールオイルの生産を抑制するための違法な価格操作計画
により、米国のドライバーが本来よりも高いガソリン代を支払わされたとして集団訴訟が起こされた。
  
 2014 年 5 月、マラソン ペトロリアム カンパニーの子会社であるスピードウェイ LLC は、ヘス コーポレーションの小売事業を 26 億ドルで買収すると発表した。
  
 2021年、セブンイレブンはマラソン社からスピードウェイ社を買収し、ヘスの旧店舗も傘下に収めた。
 独占禁止法を理由に、連邦取引委員会はセブンイレブンとマラソンに対し、スピードウェイの291店舗を第三者バイヤーに売却するよう強制した。
 これらの拠点の大部分は、フロリダとニューヨークにある元ヘスの拠点であり、マラソンが2018年のアンデバー買収で取得したカリフォルニアのいくつかの拠点も同様だった。
 2018 年の時点で、ヘスの拠点はコネチカット州を含む一部の州に残っている。

   
posted by まねきねこ at 02:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月08日

ジャン=ピエール・シュトー( Jean-Pierre Chouteau) フランス・クレオールの 毛皮商人で政治家、奴隷所有者

ジャン=ピエール・シュトー( Jean-Pierre Chouteau)
   1758年10月10日 - 1849年7月10日
 フランス・クレオールの 毛皮商人、政治家、奴隷所有者
 ニューオーリンズからセントルイスに初期に移住した最も著名な住民のひとり。
 シュトーと彼の家族は、市内での毛皮貿易の確立において有名で、それが初期の富の源となった。

 1975年に、シュトーはオクラホマ州オクラホマシティにある
   国立カウボーイ & ウェスタン文化遺産博物館
のグレート ウェスタンナーの殿堂に殿堂入りした。

 通称ピエールとして知られるジャン・ピエール・ショトーは著名な貿易商の娘
   マリー・テレーズ・ブルジョワ・ショトー
とフランス南西部のベドゥーの出身の
   ピエール・ド・ラクレード・ド・リゲスト
の息子として生まれた。
 ピエールは、ニューオーリンズがまだフランスの植民地
   ヌーベルフランス
の統治下にあったときにニューオーリンズで生まれた。
 彼には3人の妹がいました。
 
 ジャン=ピエール・シュトーは、1783年7月26日に両親と定住していたセントルイスで
   ペラジー・キエールロー
と結婚した。
 彼らには一緒に4人の子供がいたと伝わる。
 ・オーギュスト・P・シュトー(1786年 - 1838年)
   ウェストポイント大学の卒業生で、毛皮貿易商として働いていた
 ・ピエール・ショートー・ジュニア(1789–1865)
   サウスダコタ州フォートピエールを含むミズーリ川上流の毛皮交易所と
   モンタナ州ショートー郡の交易所の創設者
 ・ペラギー・シュトー(1790年〜1824年以降)
   シュトー家と提携していたイタリア生まれの毛皮商人
      バーソロミュー・ベルトルド
   の妻となった。
   なお、ベルトホールド砦は彼にちなんで名付けられた
 ・ポール・リゲスト・シュトー(1792–1851)
   セントルイスでコンスタンス・ショーヴェ=デュブルイユと結婚した。
 
 ペラジーの死後間もなく、シュトーは1794年2月17日にセントルイスで
   ブリジット・ソシエ
と結婚した。
 彼らには5人の子供がいましたが、そのうちの1人は幼児期に亡くなっている。
 ・フランソワ G. シュトー(1797–1838)
   最初の正式なヨーロッパ人入植者
   ミズーリ州カンザスシティの創設者
 ・シプリアン・シュトー (1802–1879)
   カンザスシティに本拠を置くシュトー・サーピー毛皮会社の従業員
 ・ファラモン・シュトー (1806–1831) 24 歳で死去
 ・フレデリック・シュトー (1809–1891)
   ミズーリ州ウェストポートの毛皮貿易商およびブローカー
 
シュトー・オサージュ毛皮貿易
 「川の男爵」として知られるジャン・ピエールと彼の異母兄弟
   オーギュスト・シュトー
は、1803年に米国がルイジアナ州を買収した後、街がスペイン統治から米国の一部に変わった際に生じた多くの政治的変化に適応した。
 彼らは引き続き多くの政党と政治的同盟を締結した。
 長い間、彼らはグレート プレーンズに住む中西部アメリカの部族
   オーセージ族
との儲かる毛皮貿易の独占権を保持し、セントルイスのビジネスを新興経済の多くの地域に拡大させた。

 1760 年代初頭になると、ショートー家はオーセージ インディアンとの毛皮貿易を開始した。
 ジャン・ピエール・シュトーはオーセージ族の中でかなりの時間を過ごし、そこで彼らの言語、文化、習慣を学んだ。
 1796 年、彼は彼らの領土の西部、ネオショー川とセイライン クリークの合流点に交易所を設立した。
 これが、現在のオクラホマ州サリナにある最初のヨーロッパ人 (白人) の定住地となった。

 1800年代初頭、ショートー・オサージュ同盟はセントルイスで取引されるインド製品の50%に貢献した。
 1799年3月19日、ショートーは現在ミズーリ州ショートー スプリングスとして知られる領土 30,000 のオルピーヌをオーセージ族から取得しました。

 1804 年 7 月 14 日、トーマス ジェファーソン大統領は、ミシシッピ川以西の
   インディアン問題
の米国代理人にシュートーを任命した。
 これは、シュトー氏にとって、新しいアメリカ連邦政府の職員と接触するための大きな一歩となり、同時に自らの責任も果たした。
 米国インディアン問題代理人に任命された後、シュトーはニューオーリンズ出身のスペイン人貿易商
   マヌエル・リサ
とともに、1804年にセントルイスにミズーリ毛皮会社を設立した。
 彼は他の家族とともに自分の会社の毛皮取引活動に多くのエネルギーを注ぎ、セントルイスで最も裕福な住民の一人になった。

 ショートーはセントルイスで非常に裕福で影響力のある人物となり、米国によるルイジアナ買収後もかなりの政治的権力を保持することができた。
 1808年のオーセージ条約としても知られるフォート・クラーク条約の交渉人として、ショートーはオーセージ族に現在のミズーリ州とアーカンソー州の土地の大部分を連邦年金のためにヨーロッパ系アメリカ人入植者に売却するよう説得した。
 さらに、ショトー兄弟はさらに西のスペイン当局とのつながりを維持した。

 スペイン人は1817年にピエール・シュトーに、米国領土の西側にある彼らの地域のオーセージ族と貿易するための
   独占的ライセンス
を与えたことで、彼の毛皮貿易事業は繁栄し、セントルイスで最も裕福な男の一人になった。
 シュトーはセントルイス理事会のメンバーに選出され、初代理事長に就任した。
 彼の影響力の尺度として、彼は 1810 年から 1822 年の間に選出された 12 の理事会の半数に選出された。
 また、治安判事にも任命されました。

 セントルイスは、「不当な奴隷化」というさまざまな理由で自由を求める奴隷たちによって数百件の「自由訴訟」が起こされた場所である。
 1826年、ピエール・シュトーは奴隷の
   マルグリット
によって訴えられた。
 マルグリットは1805年にセントルイスで元主人に対して
   最初の自由訴訟
を起こしていた。
 彼女はアフリカ人とナチェズの子孫で、後者は亡くなった母親
   マリー・ジャン・シピオン
とナチェズの祖母を通して受け継がれた。
 スペイン当局は旧フランス領土を占領した後の1769年に
   インディアン奴隷制度を非合法化
した。なお、それ以前からフランス統治下のミズーリ州では一般的であった。

 シピオンの子供たちは、母方の祖母がナチェズ・インディアンであった。
 このため、母親は1769年に解放されるべきであり、分娩の原則に従って出生時に自由とみなされるべきだったと主張した。

 植民地時代以来、子供の社会的地位は母親の社会的地位によって決まっていた。
 したがって、奴隷の子供は、父方の祖先に関係なく、奴隷として生まれた。
 シピオンの娘たちとその子孫は勝訴したが、判決は上級裁判所によって取り消された。
 30 年間、スキピオンの子孫は自由の夢を諦めなかった。

 1824年末、ミズーリ州総会は、奴隷にされた人々が自由を求めて訴訟を起こし、その過程で一定の保護を受けるための手続きを規定する法律を可決した。
 1825年、マルグリットはセントルイス巡回裁判所で、その時までに彼女の主人であった
   ピエール・シュトー・シニア
に対する訴訟を更新し、姉妹たちも同様に主人に対して訴えを起こした。
 この事件はマルグリットの名前で一つにまとめられた。 

 ミズーリ州最高裁判所への判決と控訴はシピオンの子孫に不利なものであった。
 しかし、この訴訟は1834年に再検討され、新たな裁判が命じられた。

 奴隷側の弁護士は、セントルイスにおけるシュートー家の著名性を理由に裁判地の変更を求め、裁判所がこれを認めた。
 1836年11月8日に裁判が始まる前に、裁判地はまずセントチャールズ郡に変更され、次にジェファーソン郡に変更された。
 陪審は満場一致でマルグリットと他のスキピオンの子孫に有利な決定を下し、この決定は米国への控訴に耐えた。

 1838 年の最高裁判所。この訴訟はミズーリ州におけるインディアン奴隷制を正式に廃止するとみなされた。

 ミズーリ州における影響力のある大家族の当主、ジャン=ピエール・シュトーがセントルイスで90歳で死去した。
 
      
>>続きを読む
posted by まねきねこ at 15:00| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国債、トランプ氏勝利予想なら10年債利回りが5%?

 米資産運用会社クロックタワー・グループのチーフストラテジスト
   マルコ・パピック氏
は顧客向けリポートで、米国の次期大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利する確率が上昇し続ければ、10年物米国債利回りは選挙前に5%に近づくリスクがあると予想した。

 トランプ氏勝利への期待が高まれば「債券市場はより高いレベルの放漫財政を織り込み始めるだろう。経済が減速している時に債券利回りが上昇したらどうなるか。市場が大混乱に陥る可能性がある」と指摘した。

 パピック氏の主張は、共和党の大統領の下で議会共和党は
   常に財政規律が緩む
というものが背景にある。
 同氏はトランプ大統領時代の2017年の減税・雇用法を例に挙げた。

 現在のコンセンサスは、トランプ氏勝利の確率25%程度を示唆している。
 しかし、クロックタワーは50%に近いとみており、その場合10年債利回りはコンセンサスの4.5%ではなく4.8−5%になるとリポートで試算した。

 同社は昨年9月、トランプ氏勝利について「接戦で予測がつかない」から確率60%に引き上げ、この結果はドルや新興国市場など全てに波及する可能性があると警告した。

 パピック氏は、トランプ氏の当選は
   債券にとって「壮大な災難」
となるとみており、
 16年の同氏勝利後の2週間に利回りが50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)近く上昇したと指摘している。

 米10年債利回りは現在、トランプ氏が当選した16年11月の水準を250bp余り上回っている。
 さらに、米国の高金利が長期化するとの懸念から、利回りは4.5%前後で高止まりしており、ボラティリティー上昇のリスクを高めている。

 ポピュリストの台頭という
   潜在的なリスクが債券市場
を覆うことになれば「実体経済は成長鈍化と借り入れコストの上昇という悪循環に直面することになる」と分析したうえ、「このような逼迫は自律的に悪化する恐れがあり、その後6カ月の成長をさらに抑制する可能性がある」と警戒感を示した。


posted by まねきねこ at 11:00| 愛知 | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賢者は考えを変えるが、愚者はけっして変えない。

 「君子豹変」というと態度や意見が
   コロコロ変わる軽薄な奴という意味
で使われている。
 また、日本には「武士に二言はない」なんて言葉があるように、こういう人間は軽蔑されている。
 しかし、本来の「君子豹変」とは、君子(立派な人)は自分の過ちを改めるときには、豹の斑文がはっきりしているように、はっきりと過ちを認めるという意味もある。

 相場の世界も、日々パラメーターが動いているため、既に状況が変わっているのに最初の考えにいつまでも固執していると、
   時に命取り
にもなりかねない。
 間違ったときは素直に「君子豹変」でよい。

 日本銀行が異次元の金融政策が時間経過とともに役に立たなくなる中で、方向転換できないのと同じだ。
 都合が置い経済統計の数値を情報する姿勢自体が誤りであり、経済理論が常に書き換わってきた意識の変化が読み切れていない。

    
posted by まねきねこ at 09:16| Comment(0) | 用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘンリー・ロイファー(Henry B. Laufer) ルネッサンス テクノロジーズの研究担当副社長 Medallion Fundの共同設立者

ヘンリー・ロイファー
     (Henry B. Laufer)
   1945年生まれ
 米国のヘッジファンドマネージャー、投資家、数学者、慈善家
 ルネッサンス テクノロジーズの研究担当副社長を務めた。
 ユダヤ人の家族に生まれ、1965年にプリンストン大学で博士号を取得し、同大学の数学教授で、複雑な解析を専門とするロバート ガニングに師事した。
 
 1971年にニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の数学部に教員として加わった。
 彼の研究は、複素変数と代数トポロジーに焦点を当てていた。
 1992 年にストーニー ブルックを退職し、ルネッサンス テクノロジーズに入社した。
 2015年、中国の清華大学でロイファーの70周年を記念するカンファレンスが開催された。

 ローファーは、1988 年にジム・シモンズと
   メダリオン基金(Medallion Fund)
を共同設立しました。
 ローファーは、その親会社であるルネッサンス テクノロジーズで主席科学者および研究担当副社長を務めた。
 彼は現在、取締役会のメンバーを務めている。

 ラウファー氏は、 2007年から 2008年の金融危機の間の 2008 年に 1 億 2,500 万米ドルを稼いだ。
 翌年の 2009年に、彼はフォーブス誌によって「ウォール街の最も稼ぐ人」の 1 人に選ばれ、その収入は 3 億 9,000 万ドルであった。
 
 ラウファーとその妻は、2008 年に寄付によりストーニー ブルック大学に物理的および定量的生物学のための
   ルイス & ベアトリス・ラウファーセンター
の設立を可能にした。
 夫妻はジム・シモンズとマリリン・シモンズに加わり、数理科学研究所に寄付をした。
 カリフォルニア大学バークレー校には、2022 年に無制限の 7,000 万ドルを寄付した。
 学校は寄付者に敬意を表し、研究所の名前をシモンズ ローファー数理科学研究所に変更した。

 ローファーは、2016年2月にヒラリー・クリントンの2016年大統領選挙運動を支援する
   政治活動委員会「レコード・コレクト」
に50万米ドルを寄付した。
 一方、2016年4月、ローファーと妻はクリントンのために500米ドルのチケット募金活動を組織した。
 夫婦はまた、ジョー・バイデンの2020年の大統領選挙キャンペーンに約95万ドルを寄付した。

 ラウファーは、言語聴覚士、慈善家、政治活動家であるマーシャ・ズラティン・ラウファー博士と結婚した。
 彼女は2001 年から 2009 年までニューヨーク州ブルックヘブン市の民主党委員長を務めた。
 2023 年の時点で、ラウファーの純資産はフォーブスによって 26 億ドルと推定されている。

     
posted by まねきねこ at 07:07| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナダ中銀が政策金利を4.75%に下げたうえ、追加利下げも示唆

 カナダ銀行(中央銀行)は5日、政策金利を0.25ポイント引き下げ4.75%とした。
 経済のソフトランディング(軟着陸)が視野に入る中、主要7カ国(G7)の先陣を切って金融緩和に着手した。

 カナダ中銀は、インフレ率が2%の目標に向かっているとの確信を深めており、さらなる進展が得られれば「追加利下げを想定するのは理にかなう」としている。

 マックレム総裁は会見の冒頭、「基調的なインフレが緩和傾向にあることを示す持続的かつ一段の証拠により、金融政策はこれまでほど景気抑制的である必要がなくなった」と指摘した。

 カナダ中銀は、金融緩和の軌道はインフレ鈍化の進展に左右されるとの考えを示しており、「インフレ抑制の道のりはまだら模様となる可能性が高い」と述べた。
 見通しに対する潜在リスクとして、世界的な緊張、予想を上回るペースでの住宅の値上がり、生産性に対する賃金上昇率の高さを挙げた。

 マックレム総裁は「インフレ率を目標に戻す上で、金融政策を必要以上に引き締めることはしたくない」とする一方、「利下げをあまりに急げば、これまでの成果を台無しにする恐れがある」と述べた。

 発表を受けて、カナダ国債は上昇した。
 また、カナダ・ドルは対米ドルで下落した。

   
posted by まねきねこ at 02:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月07日

フランシス・カボット・ローウェル(Francis Cabot Lowell)米国に産業革命をもたらすことに尽力したことで知られる実業家 

フランシス・カボット・ローウェル
        (Francis Cabot Lowell)
   1775年4月7日 ー 1817年8月10日
 マサチューセッツ州ローウェル市の名前の由来となっている米国の実業家で
   米国に産業革命
をもたらすことに尽力したことで知られる。

 ローウェルは、マサチューセッツ州ニューベリーポート市で生まれた。
 父親はジョン・ローウェルで
   大陸会議
の議員であり、マサチューセッツ地方連邦地方裁判所の裁判官であった。
 母親はスザンナ・カボットであった。
 ローウェルは若い頃から数学の才能があり、1786年、フィリップス アカデミーを卒業し、1793 年にはハーバード大学を卒業した。
 卒業後の 1795年7月、ローウェルは海運と商人について学ぶため、スペインのバスク地方やフランスのボルドーを含むさまざまな場所に貨物を運ぶ商船に乗船し、その旅行ではフランスについて学ぶために利用した。

 ローウェルは革命に巻き込まれたフランス(フランス王国で1789年7月14日から1795年8月22日にかけて起きた市民革命)1年間旅行した。
 1796年7月、彼はボストンに戻り、ロングワーフで商人としての事業を開始した。

 1798年から1808年の間、ローウェルは海外貿易に積極的に関与し、中国からの絹と茶、インドからの手紡ぎや手織りの綿織物の輸入を専門としていた。
 1802年に父親が亡くなると、ローウェルは相続財産を主に 8 隻の商船に投資し、ローウェルは
   ユーライア・コッティング
   ハリソン・グレイ・オーティス
らとともに、ボストン港にインディア埠頭とその倉庫を設けるなどしてアジアとの貿易の中心地となった。
 その後、同じ投資家グループが小売業向けにブロード ストリート エリアを開発した。

 ローウェルは財産を増やすために、カリブ海の砂糖を生産する島々から糖蜜を輸入するラム酒蒸留所を購入した。
 また、ローウェルはラム酒の蒸留プロセスの機械を改良するのに何か月も費やした。
 政治的独立にもかかわらず、米国は依然として工業製品を輸入に依存していた。

 ヨーロッパ列強間の紛争と戦利勝利品とした略奪行為に対して、1807 年米国の通商禁止により、アメリカ、イギリス、フランス、そしてアジアの間の貿易が著しく混乱した。
 ローウェルは、真に独立するには、米国が国内で製品を製造する必要があるという結論に達した。

 1810年6月、彼は家族とともに英国を2年間訪問した。
 彼の体調不良が主な理由であると言われているが、これが唯一の理由ではなかった可能性がある。
 ローウェルはランカシャーとスコットランドの繊維産業、特に水力や蒸気力で作動する紡績機や織機に興味を持った。
 しかし、技術の秘匿もあったため彼は力織機の図面や模型を買うことができなかった。

 エディンバラでは、後にローウェル工場のパートナーとな米国人
   ネイサン・アップルトン
に出会った。
 1812年イギリスの植民地であるカナダ及びイギリスと同盟を結んだインディアン諸部族とアメリカ合衆国との間で行われた
   米英戦争
が始まると、ローウェルと家族はヨーロッパを離れ、帰国の途中、イギリスから密輸品が持ち出されていないかを確認するために、ハリファックス港でボートとすべての私物が検査された。
 ローウェルは何も書き留めることなく、英国の力織機の仕組みをすべて暗記していた。

 工場の運転資金を調達するために、ローウェルとパートナーの
   エイダン
   メルクアック
は、ジェームズ・ロイド・ジュニア上院議員やクリストファー・ゴア上院議員、イスラエル・ソーンダイク・シニア上院議員、ハリソン・グレイ・オーティスなどの選ばれた裕福な投資家グループに株式1000ドルを売却するという、現代の企業金融の基本ツールの先駆者となった。
 この株主法人の形態は、よく知られた株式公開の形態として今日まで存続している。

 1814年、彼は3人の義理の兄弟
   チャールズ
   ジェームス
   パトリック・トレイシー・ジャクソン
の支援を求め、商人のネイサン・アップルトンと
   イスラエル・ソーンダイク
の資金援助を得て、マサチューセッツ州ウォルサムにチャールズ川の水力を利用し
   ボストン・マニュファクチャリング・カンパニー(BMC )
を設立し、ウォルサムのチャールズ川沿いに最初の工場を建設した。
 ローウェルは、イギリスのモデルに基づいて、ニューイングランドの条件に適した多くの技術的改良を加えた効率的な綿紡績機と織機の設計を支援するために、才能ある機械工
   ポール・ムーディ
を雇った。ローウェルとムーディは 1815 年に力織機の特許を取得した。
 BMC は、原綿を完成布地に加工するためのすべての作業を 1 つの工場の建物内で実行できる、アメリカ初の「統合型」繊維工場であった。

 この工場には、原綿から最終生地まで加工する一連の統合技術が組み込まれていた。
 パトリック・トレイシー・ジャクソンがBMCの初代マネージャーとなり、ポール・ムーディが機械を担当した。

 ウォルサム工場は、原綿を最終布地に加工する工場で、19 世紀のアメリカ工場の前身であった。
 ローウェルはまた、ニューイングランドの農家の15 歳から 35 歳までの女性を繊維労働者として雇用した。
 女性たちは付き添い付きで会社運営の下宿に住み、宗教活動や教育活動に参加していた。

 BMC に併設されたウォルサム機械工場は、他のアメリカの綿工場に販売するために力織機を製造した。
 ネイサン・アップルトンは、BMC が製造した生地を地域全体で販売するシステムを確立した。

 ウォルサムでの成功は、他の場所を探す動機を与えイースト・チェルムズフォードで最適な場所を発見した。
 ローウェルの死後、その名にちなんで改名された。

 1812 年戦争の終結は、イギリスが安価な綿布をアメリカ市場に投げ売りしたことで、新興の国内繊維産業にとって深刻な脅威となった。
 1816年、ローウェルはワシントンを訪れ、綿製品に対する
   保護関税
のロビー活動に成功し、その後1816年の関税に組み込まれた。

 最初の工場を建設してからわずか 3 年後に、ローウェルは肺炎により 42 歳で亡くなった。
 1821 年にボストン・マニュファクチャリング・カンパニーは、27.5% の配当が株主に支払われました。
 ウォルサムでの BMC の成功したが、チャールズ川の水力が枯渇した。
 事業を拡大するため、1822 年にローウェルのパートナーはより強力なメリマック川に北上した。
 メリマック川沿いのポータケット滝にある新しい工場の町を、彼らの先見の明のあるリーダーにちなんで「ローウェル」と名付けた。

 ローウェルによって開拓され、最初にウォルサム工場で導入された
   ウォルサム・ローウェル システム
は、新興工業都市ローウェルに拡張され、すぐに中西部と南部に広がった。
 フランシス・カボット・ローウェルによって導入された機械化繊維システムは、産業が中西部と南部に移るまで、1世紀にわたってニューイングランドで支配的であった。
 19 世紀の終わりまでに、米国では自家消費用と輸出用の繊維産業が繁栄した。
 
 1798年、ローウェルはジョナサン・ジャクソンとハンナ・トレイシーの娘
   ハンナ・ジャクソン
と結婚し、4人の子供を授かった。
 ・ジョン・ローウェル・ジュニア
   ローウェル研究所の後援者
 ・フランシス・カボット・ローウェル・ジュニア
 ・エドワード・ローウェル(弁護士)
 ・スザンナ・ローウェル
   いとこのジョン・エイモリー・ローウェルと結婚した。

 フランシス・カボット・ローウェルは死後、ジュニア・アチーブメント米国ビジネス殿堂入りを果たした。

   
posted by まねきねこ at 13:00| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場の不透明感示唆。JPモルガンとモルガンSが米国株で異なる見解

 JPモルガン・チェースのストラテジスト
   ミスラフ・マテイカ氏
が率いるチームでは顧客向けリポートで「米株式相場は夏場に上昇余地が限定的になるとみている。ディスインフレやノーランディング、企業の業績拡大加速に対するコンセンサス予想が一貫していないためだ」と、リポートに記し、「向こう数カ月に米国株が一段と上昇することに賭ければ、失望することになる。」と指摘している。 

 また、マテイカ氏は小型株が今年下期に反発するとみているが、それは米国より欧州でより多く見られると予想した。
 「欧州で予想される利下げ開始と域内活動のモメンタム改善が原動力になる」とし、「米国ではこうしたカタリストはそう明確でない」と分析した。
  
 
 これに対して、モルガン・スタンレー
   マイケル・ウィルソン氏
は顧客向けリポートで、「自身の強気シナリオが今のところ有効だ」と話し政府債務の増加で支出が引き続き拡大すると指摘した。
 また、債券市場が緊張の高まりを示唆しない限り、株式を含む資産価格は短期的に上昇すると続けた。

 ウィルソン氏のチームはその上で、質が低く、ファンダメンタルズに難がある銘柄が短期的に値上がりするのを追いかけないよう助言した。
 また、こうした銘柄や消費関連の景気循環株、小型株にハイテク株から本格的なローテーションが起きるとは考えにくいと指摘した。
 S&P500種株価指数は、高金利下でも過去7カ月のうち6カ月で上昇した。
 
 ただ、相場見通しに関するこうした見解の相違は、米国株の記録的な上昇が今後も続くのかに関して不透明感が強まっていることを示唆するものだ。
 相場が急ピッチで上昇しているため、ストラテジストらも予測を維持するのが難しくなっている。

 
ひとこと
 相場は売買が成立して価格が決まるため、強弱の見方があるのが当然のこと。
 大きな相場であれば、どちらかが成功した、相対する者が損をする。
  

posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘッジファンドに手数料開示求めたSEC規制を米連邦高裁が無効

 米国連邦高裁は5日、ヘッジファンドやプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社に対し、四半期ごとに
   手数料と経費の詳細
を投資家に説明することを義務付けた
   米証券取引委員会(SEC)の規則
は無効との判断を示した。
 プライベートファンド業界を取り締まりたい当局にとって打撃となった。

 ニューオーリンズの高裁判事3人は、SECが
   権限を逸脱
しており、プライベートファンドに資金を投じる「極めて精通している」投資家にこうした規則は不要だと主張する業界団体を支持した。
 エンゲルハート判事はSECがこの規則を採用したのは「法的権限を逸脱している」と述べた。

 SECはこの判断を精査しており「適切な次の段階を決める」とした。

    
posted by まねきねこ at 02:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月06日

ウィリアム・ウォレス・カーギル(William Wallace Cargill) 穀物商社カーギルの創業者

ウィリアム・ウォレス・カーギル
       (William Wallace Cargill)
   1844年12月15日 - 1909年10月17日
 米国の実業家で 1865年に穀物商社カーギルを設立した。
 カーギルは、2008年までに収益の点で米国最大の非公開企業に成長し、68 か国で 150,000 人以上の従業員を雇用した。
  
 1830 年代後半にニューヨークに移住したスコットランド人の船長
   ウィリアム・ディック・カーギル
の 7 人の子供の3 番目としてニューヨーク州ポート・ジェファーソンで生まれた。
 彼の母親、エドナ・デイヴィスはニューヨーク出身であった。
 1856 年、カーギルの両親は農業生活を追求するためにウィスコンシン州ジェーンズビルに移住した。
 
 ウィリアム W. カーギルは1865年にアイオワ州コノバーで小規模な穀物貯蔵事業を営んだ。
 最終的にはカーギル社となるまでに成長させることになる。
 1867には、カーギルは 2 人の弟、サムとシルベスターとともにアイオワ州ライム スプリングスに移り、そこで
   グレーン フラット ハウス
を建設し、製材所を開設した。
 1875 年に、もう一人の弟、ジェームス F. カーギルが会社に加わった。
 
 カーギルは 1868 年 10 月 1 日にエレン ・テレサ・ストウェルと結婚した。二人の間には 4 人の子供がいた。
・ウィリアム(「ウィル」)・サミュエル・カーギル、妻はメアリー・マクミラン・カーギル
・エドナ・クララ・カーギル(1871〜1963)、ジョン・H・マクミラン・シニア(1869〜1940)と結婚
・フレッド・M・ハンシェットと結婚したエマ・カーギル。
・オースティン・カーギル、妻はアン・レイ・カーギル。
 
 1904 年、カーギルは脳卒中を患い、それが原因で社内でのほとんどの日常業務から引退した。
 1909 年 10 月、カーギルはモンタナ州への旅行中に病気に罹り、自宅に戻り治療を受けたが、1909年10月17日に肺炎で亡くなった。
 カーギルの全財産は法律により妻に引き継がれるが、検認手続き中に未亡人のエレンも 1910 年 3 月 23 日に亡くなった。
 そのため、カーギル会社が彼の子供たちに平等に分割された。
 彼の後任は義理の息子であるジョン H. マクミラン シニアがカーギルの社長に就任した。
 なお、穀物メジャーカーギルの株式は88%を一族で所有している。
 
    
posted by まねきねこ at 11:00| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来年にはドルがキャリー取引の調達通貨になる可能性(マッコーリー)

 マッコーリー・フューチャーズの世界通貨・金利ストラテジスト
   ティエリー・ウィズマン氏
は5日、メディアとのインタビューで、「来年には米当局が緩和モードに入り、ドルに対してショートする方が興味深くなる状況になり得る。特に世界経済が強い場合にはそうだろう」と述べた。

 米国の金利が一段と長期にわたり高水準で維持されることにトレーダーは賭け、それが年初から米国債利回りを支えてきただけに、こうしたシフトはドル相場の急激な反転をもたらすだろうと続けた。
 
 新興国の利回りが高止まりする一方で、米金融当局が金利を引き下げることから、2025年にはキャリー取引の主要調達通貨として米ドルに目が向かう可能性があると予想した。

 円はキャリー取引の共通した調達通貨だが、介入リスクがあるため「円に対するドルのロングは非常に危険」との見方を示した。

 なお、「これまで目にしたボラティリティーにもかかわらず」、メキシコやインド、チリなど成長力と比較的高い利回りのある市場について同氏はロングにしていると述べた。

    
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国ISM指数が活発なサービス業況示し、9カ月ぶり水準に上昇

 米国供給管理協会(ISM)が発表した5月の非製造業総合景況指数は53.8(前月49.4)に上昇した。なお、市場予想の中央値は51で全ての予想を上回った。
 総合景況指数の4.4ポイントの上昇幅は昨年1月以来の高水準となった。
 業況指数は61.2に上昇し、2022年11月以来の高水準となった。
 10.3ポイントの上昇幅は21年3月以来の大幅なもの。
 最近では弱いデータが続いていたため、今回の指標は経済に対する一定の安心感をもたらす。

 3日に発表された製造業の総合景況指数は3カ月ぶりの低水準だった。
 先週発表された1−3月(第1四半期)の米実質国内総生産(GDP)改定値は、前期比年率1.3%増だった。
 これは22年以来の鈍いペースとなった。

 仕入れ価格指数は58.1(前月59.2)と前月と比べ下げたが依然として高水準にある。
 米連邦公開市場委員会(FOMC)は物価圧力が緩和している兆候を見極めようと、サービスセクターの動向に注目している。

posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米ADP民間雇用者数が製造業で大幅減となり、1月以来の低い伸び

 ADPリサーチ・インスティテュートのデータで5月の米民間雇用者数は15万2000人増加し、伸びが1月以降で最も低かったことが分かった。なお、4月はが18万8000人増(速報値19万2000人増)に下方修正された。
 なお、エコノミスト予想値は17万5000人増であり、大きく下回っている

 製造業は2万人減と、昨年7月以来の大幅な減少となった。
 製造業での著しい人員減少が影響しており、労働市場の鈍化を示す新たな証左となった。
 また、専門職およびビジネスサービスも過去1年余りで最も多くの雇用を削減した。
 鉱業と情報産業の雇用も減少し、娯楽およびホスピタリティーの雇用は昨年11月以降で最も低い伸びにとどまった。

 データはADPとスタンフォード・デジタル・エコノミー・ラボが共同で算出した。
 転職した人の賃金は前年比7.8%上昇と、2カ月連続で伸びが鈍化した。
 同じ職にとどまった人の賃金は前年比5%上昇と、2021年以来の低い伸びに並んだ。
 
 政府部門の雇用も含む5月の雇用統計は7日に発表される。
 非農業部門雇用者数に関するエコノミスト予想は18万5000人増で、実際にそうなれば、4月よりは伸びがやや加速することになるが、それまで数カ月間の伸びを大きく下回る。

 ADPは2500万人以上の民間部門従業員の給与データに基づいて調査結果を発表している。
 
   
posted by まねきねこ at 06:50| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする