当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年07月08日

ルドルフ・ウィリアム・ルイス・ジュリアーニ3世 マフィア掃討作戦の陣頭指揮


 
ルドルフ・ウィリアム・ルイス・ジュリアーニ3世
   (Rudolph William Louis "Rudy" Giuliani III)
               (1944年5月28日 - )
  

 1981年に共和党の
   ロナルド・レーガン大統領
の政権発足するとともに司法省のナンバー3にあたる司法次官に任命されている。
 
 1983年にはニューヨーク南部管轄の連邦検事として
   マフィア掃討作戦
の陣頭指揮を取った。
 また、組織犯罪や薬物事件、経済事件などで対応・対策に取り組んだ。
 
 
 検事時代には、ウォール・ストリートの大物として知られていた仕手筋の
   アイヴァン・ボウスキー
と、「ジャンクボンドの王」と呼ばれた投資銀行家
   マイケル・ミルケン
の両名をインサイダー取引で告発し、その名を高めている。
 
 他にも、マーク・リッチなどの大物投資家をインサイダー取引で起訴している。
 
 同時に暗黒街にもメスを入れ、レーガン政権が展開した撲滅作戦ではジュリアーニが検事として陣頭に立った。
 当時「ニューヨークの五大ファミリー」と呼ばれたマフィアの一掃作戦を始めた。
 
 そして、ガンビーノ一家のボスであった
   ポール・カステラーノ
などファミリーのボスたちを次々と起訴し、有罪に持ち込んだ。

 FBIの主導による
   RICO法(組織犯罪対策法)
を使って組織犯罪対策が開始され、その成果が出始めた1980年代から1990年代に組織の体制はほぼ壊滅状態に陥っていた。
 
 
 ジュリアーニは事件の度にメディアに登場し、知名度を上昇させていた。

    
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

   


posted by まねきねこ at 01:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国の対イラン制裁により市場への原油供給が不足になるとの見通し



 ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は反発した。
 米中の貿易摩擦が悪化し、需要を抑制する可能性がある。

 ただ、米国の対イラン制裁により市場への原油供給が不足になるとの見通しが強まり買いが優勢になった。


 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は86セント(1.2%)高の
   1バレル=73.80ドル
で終了した。

 なお、ロンドン北海ブレント9月限は28セント安い77.11ドルで終えている。



ひとこと

 OPECの供給増加の要請をトランプ大統領が主張し、原油高がOPECの責任といったものは政治家としての資質の悪さを露呈したものと同じだ。

 こうした感情に流され、発言してしまう情緒的な政治家は日本の多くの政治家にも見られ増加している。

 劇場型(激情)の政治家で見ているだけで影響がなければ問題は少ないが、多くは無用の存在でしかない。
 害が生じてからは遅いが、マスコミが視聴率を上げるため面白おかしく発言する政治家を重宝したがるのが、権力を持たせることで大きな禍が生じかねないものだ。

 日本にとっては米国に劇場型の大統領が誕生したことで第二次世界大戦以降に米国が張り巡らした権益を取り返す可能性も出てきているとも言えるだろう。   
   
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
  
   
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

シリア政府軍による大規模な攻勢


 
 イスラエルが占領する
   ゴラン高原
とヨルダンに隣接する南部の
   反体制派掌握地域
では、ここ2週間以上にわたり、ロシアの支援を受けた
   シリア政府軍による大規模な攻勢
が続いていた。

 シリア政府と同国南部ダルアー県を拠点とする反体制派は6日、同県の全市町村を政府側に引き渡すことで合意した。


   
   

 国営シリア・アラブ通信(SANA)によると、合意には全市町村での重火器の引き渡しが含まれている。
 なお、合意を拒否する戦闘員らは、家族と共に反体制派が掌握する北西部イドリブ(Idlib)県に移される。


 政府軍の攻勢ではクネイトラ県とスウェイダ県も対象となっているが、英国に拠点を置くNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」によると、今回の合意の対象はダルアー県のみという。

 反体制派の報道官はメディアの取材に「この合意は戦闘員の命を救うための最善策だった」と述べている。


 国連(UN)によると、先月19日に始まった軍事作戦により32万人以上が避難を余儀なくされた。
 SANAは今回の合意により避難民らは帰宅できる見込みと伝えた。   
   
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
posted by まねきねこ at 15:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JPモルガンと中国工商銀行(ICBC)がドイツ銀出資に関心?


 ドイツ誌ウィルトシャフツウォッヘ(WiWo)はフランクフルトを拠点とする複数の投資バンカーの「臆測」として、英国の欧州連合(EU)離脱後にフランクフルトの重要性が増すことからJPモルガンと中国工商銀行(ICBC)がドイツ銀出資に関心を示していると報じた。

  

ひとこと
  
 資本の所在が変わるだけのこと。
      
   
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
  
   
posted by まねきねこ at 08:32| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茹で蛙の様相。 



 米大統領経済諮問委員会(CEA)の
   ハセット委員長
は米国の雇用統計と貿易収支の発表、および新たな関税発動の後にブルームバーグテレビジョンとのインタビューに応じ、米国が既に賦課している鉄鋼とアルミニウム関税に関する懸念は雇用統計に表れていないと述べた。
  
 ハセット委員長は「通商を巡る不安が、われわれが最も警戒する業界に打撃を与えているとの明確な証拠はデータには見られない」と発言した。
 
 また、企業が「それを実際に懸念しているなら、レイオフが見込まれていただろう」と指摘した。
  
 6月の米雇用者数では市場予想を上回る伸びとなった。
 このほか、5月の米貿易赤字は2016年10月以来の低水準に縮小している。
  
 ハセット氏は「われわれが注視していることの一つは、通商を巡る不安の悪影響がデータに表れているかどうかだ」と指摘した。
  
   
 今回の雇用統計を見る場合、注目点の一つは「鉄鋼を使用する業界だろう。鉄鋼・アルミニウム関税が導入されているためだ。実際には、川下産業では雇用は増加した」と続けた。



ひとこと

 茹で蛙の様相。   
   
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
  
   
posted by まねきねこ at 08:11| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報復の応酬が続くだけ。



 米国の追加関税に対して中国が報復関税を課し、トランプ大統領は
   別の関税
を発動する可能性もあると警告した。
   
 報復の応酬で世界経済が不安定化し、貿易摩擦は早期には終わらないとの懸念が強まっている。
  

 ヘッジファンド運営会社
   ブリッジウォーター・アソシエーツ
を創設した資産家、レイ・ダリオ氏は「きょうは対中戦争の初日だ」と指摘した。


 コモンウェルス・ファイナンシャル・ネットワークの
   ブラッド・マクミラン最高投資責任者(CIO)
は過去数年に教訓があったとすれば、政治が市場を動揺させないことだと指摘した。

 しかし、次の段階では毎日のように出来事が起こり、醜い状況になり始めていると続けた。
  
  

ひとこと

 感情で政治を動かす愚かさで米国経済は失速しかねない。
   
   
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
   
posted by まねきねこ at 07:09| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国は7月6日、340億ドル相当の中国製品に25%の追加関税の適用を開始



 中国商務省は、米国が世界貿易機関(WTO)ルールに違反し、経済史上最大の
   貿易戦争
を仕掛けたと主張する声明を出した。
 
 声明では、このような関税は典型的な貿易上のいじめであり、こうした行動はグローバルなサプライチェーンとバリューチェーンを脅かすものだと指摘した。
 
 また、世界的な景気回復を阻害するだけでなく、グローバル市場の動揺を招き、より多くの罪のない多国籍企業や一般企業、一般消費者を苦しめると続けた。
 
 米国の企業と国民にとってもプラスにならず、害を及ぼすものだと説明した。
  
  
 中国は先に発砲しないと約束したが、
   国家の中核的な利益と人民の利益
を守るために反撃せざるを得ないと説明し、中国はこの状況について速やかにWTOに報告し
   自由貿易と多国間体制を守る
ために世界各国と協力すると続けた。
(なお、時間差で先に対抗措置が中国で発効している。)
  
  
 中国は同時に今後も引き続き
   改革開放
を推進するとともに起業家精神と知的財産権を保護し、中国で事業展開する世界中の企業にとって
   良好なビジネス環境
を整えるとあらためて表明すると述べ、中国は米国の追加関税が中国企業に与える影響を引き続き評価・検証し、企業を支援する有効な手段を講じると結んだ。
   
   
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
  
   
posted by まねきねこ at 06:57| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボロ政権のプルイット米環境保護局(EPA)長官が批判を止めれず辞任



 これまで公費を無駄遣いしていると批判を浴びていたトランプ政権の
   プルイット米環境保護局(EPA)長官
が辞任した。
 
 共和党議員からも、移動でのファーストクラス利用や、ロビイストの妻からコンドミニアムを1泊50ドルで借りていた問題などで、同長官の職務遂行能力に疑念が示されていた。
  

 トランプ大統領は5日のツイッターへの投稿で、辞任を承認したことを明らかにしたうえ、「EPA内でプルイット氏は素晴らしい仕事をしてきた。私は感謝の念を持ち続けるだろう」と続けた。
  
 なお、トランプ大統領は、アンドルー・ウィーラー副長官が長官代行を務めることを明らかにした。
   
   
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
  
   
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

モラー特別検察官のチームを解散させる動きに対応か


 2016年に行われた米国の
   大統領選挙へのロシア介入疑惑
を巡る捜査が拡大を続ける中で
   モラー特別検察官
は連邦検察や司法省本部、連邦捜査局(FBI)にいっそうの協力を要請した。
 
 最終的に捜査の一部を移管する地ならしかもしれないと、米国の現役・元当局者数人が述べた。
 
 これらの関係者によると、17人の連邦検事からなるモラー氏のチームは予想を上回る仕事量を抱え、内容もここ数カ月で複雑さを増しているという。
 
 ただ、情報漏れを懸念してか今のところチームの人員を増やす方向にはないと見られる。
  
 特別検察官のチームが最近公表した費用報告では、この疑惑捜査でチーム自体よりも
   司法省の常設部門
が費やした額の方が多かった。
 
 2017年5月の捜査開始から今年3月までで、前者が770万ドル(約8億5200万円)だったのに対し後者は900万ドルに上ったという。
 こうした事情に詳しい関係者がメディアに明らかにした情報によると、ニューヨークやバージニア州アレクサンドリア、ピッツバーグなどの捜査員が特別検察官チームの作業をすでに補っているという。
 
 特別検察官はすでに重要な捜査案件の一つであるトランプ氏の元個人弁護士マイケル・コーエン氏に対する捜査をニューヨーク州南地区連邦検察に移管した。
   
   
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
  
   
posted by まねきねこ at 14:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油価格の上昇はトランプ氏の発言や政策が発端だろう。



 石油輸出国機構(OPEC)の
   カゼンプール・アルデビリ理事(イラン)
は、トランプ氏のツイートが「米国に協力的なOPECの国々を直撃している。実際、そのような国々の信用を汚し、主権を傷つけている。礼儀をわきまえていただきたい」と主張した。
  

   

   
  
 イラン革命防衛隊幹部は4日、同国の原油輸出を阻止しようとする試みがあれば
   ホルムズ海峡
を閉鎖すると警告した。
 
 同海峡を通過する大型タンカーは、全世界で海上輸送される原油やその他液体燃料の約3割を運んでいる。
 
 5日の市場で原油価格は1バレル=78ドル前後で取引された。
 
 
ひとこと
 
 そもそも、原油価格を上昇させたのはトランプ氏の率いる政権がイランの核問題での合意を破棄すると主張したことから始まったものだ。
 
 無責任な発言が送り返されて原油価格の引き上げを目論む国際資本のシナリオ通りの動きでもある。
 原油の上昇で米国内のシェールガス・オイルの開発業者の懐も膨らむ効果がある。


 
   
    


    
    
posted by まねきねこ at 06:46| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]