当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2014年08月19日

カネがなければ知恵を出せ! 赤字会社のサバイバル術 債務超過でもOK! 経営革新支援制度とは? [Kindle版]



 逆境や不安が一瞬のきっかけで消え、新しく生まれ変わるためのチャンスとして活かすために、本書があります。

 本当の自分に気づき、生まれ変われば、人生や仕事が驚くほど好転します。

 著者自身の実体験に基づく方法で、数々の成功例を導き出してきた著者が愛と喜びに溢れた人生を送るためのコツを公開!





  





ひとこと

 赤字会社のサバイバル術であるが、カネがなければ知恵を出せ!と言われても、知恵が悪くては赤字が餓えるだけだろう。
 事業意欲ばかりが旺盛では話にもならない。

 自由経済の市場で生き残るために滅私奉公的な思考は不自由なだけだ。


 サービス残業などを行う企業も社員も自由経済ではご法度であり、市場から淘汰すべきことが筋だろう。

 ルール破りの経営を継続させること事態が自由経済とは相容れないものだ。





   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 05:08| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

中国人に対する「労働鎖国」のすすめ


 待ったなしの外国人移民問題。計画国家中国の恐るべき対日侵略。




 





ひとこと

 中国政府要人等の師弟は留学という名を借りで海外に資産を移動させていると考えることも出来るだろう。
 表面的には日本の資産を買い占めて侵食するといったことも懸念されるところであるが、中国共産党の政権が維持できなくなるのは時間の問題だ。

 メディアを統制して情報を流さずに、教育等で洗脳する手法は文化大革命等で実践済みだが、ネット社会ではこうした統制をかいくぐるような隠語等が多用されるため、反乱等が起こった場合の対応は不可能となるだろう。




  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 15:47| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

中国が世界地図から消える日 狡猾な中国ネズミは沈み行く船から逃げ出し始めた


 政府官僚の腐敗、貧富の格差拡大、経済破綻、農民・少数民族の暴動・テロ、深刻な環境汚染。

 「反日」という目眩まし政策もすでに限界となっている。

 中国で今起きている「亡党亡国」への激流はもはや止めることはできない。




 





ひとこと

 中国国内における人民の不満の解消で意図的に公安等を活用した抗日・反日運動も限界に来ており、来日する中国人による情報が大きく中国共産主義者の悪行を白日のもとに晒している。

 香港における民主化デモは中国国内では言論統制で全く流れないものの、隠語を使って情報は大きく流れ拡大して人の知るところとなっている。

 中国の共産主義者が情報を隠せば隠すほど、人民からの信頼性は低くなるだけだ。

 中国の共産党幹部の指定はすでに海外に資産を移動させ、いつでも逃げ出せる準備は整っているという。




  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 16:02| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

バカの人 その傾向と対策 [Kindle版]

 
 物事が理解できない頭の悪い馬鹿も時に迷惑となります。
 この本の中に出てくる「バカの人」は、時々社会生活にいわゆる馬鹿以上に支障をきたし、あるいは他人にまで取り返しのつかない被害を与えるものです。
 
 この本では、そんな「バカ」について詳細に語られ対処法も示されています。
 「バカ」との関わり方を身につけ、悪影響から自分の身を守ることを試しましょう。
 
  
 
 
  
 
 ・ バカの人 その傾向と対策
 
 
 
 
  
 
ひとこと
  
 人の素行は気になれば迷惑なもの。意識の範囲外での行動等であれば意識もしないため関係もないことだろう。
 ただ、他の人が関係すればまわりまわって影響を受けることにもなりかねない。
 
 知識として知ることも無駄ではないだろう。
 
 
  
   
 
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 10:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バカになれるヤツほど成功する! [Kindle版]

 
 成功するために必要なのは知識ではなく地頭を鍛えること。
 
 本書では、社内外での人間関係や時間の使い方などビジネスマンが身につけておきたい有効なセオリーを多数ご紹介する。
 
 どうすればクライアントとの間に信頼を築けるのか? 
 
 自然と他人から助けてもらえる人は普段どのように仕事をしているのか? 


 頑張って仕事しているわりに報われない、そんな人は仕事の取り組み方に問題があるのかも!? 
 
 変化激しい現代、真面目に仕事しているだけではもう遅い! 
 いまこそ発想を転換すべきとき。

 悩めるビジネスマンのために人気著者が仕事の知恵をお届けします。
 さあ、あなたも愛されるバカになって成功を手に入れよう!
 
 
  
 
 
  
 
 ・ バカになれるヤツほど成功する!
  
 
 
 
  
 
ひとこと
  
 ビジネスは人とのかかわり方が影響を与えるものだ。
 愚か者に従う必要などない。
 石の上にも3年といった諺もある。
 
 我慢して周囲を見てみるのもいいだろう。
 価値の無いことをすることで、価値の無いことの価値を知ることも出来る。
 
 
 
  
   
 
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 09:27| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

人生はタイム・マネジメントで変わる! 緊急なことに振り回されない なぜ人は緊急なことばかり行うのか [Kindle版]

 
 時間の使い方を変えればすべてが変わる!

 全世界で2100万人が愛用するシステム手帳「フランクリン・プランナー」。
 その優れた時間管理システムことタイム・マネジメントは、単純なスケジュール管理という枠を超えて、あなたの人生そのものを変える力を持つ「ライフ・プランニング」を実現できます。
  
 
 本書は、プラン通りに進行していても、どうしても避けられない
   イレギュラーな緊急事態
にどう対応できるか、のノウハウが詰まっています。
 
 ビジネスにも、あなたの人生設計にも大いに役立つ一冊です。
 
   
  
 
 
  
 
 ・ 人生はタイム・マネジメントで変わる! 緊急なことに振り回されない なぜ人は緊急なことばかり行うのか
  
 
 
 
  
 
ひとこと
  
 物事が思うがままに進めば、こんなに楽しい事はない。
 多くは全く逆のことが多い。
 
 平々凡々とした流れの中で突然起こる緊急事態に対処できるのは、平時の人材ではない。
 適材適所だが、いろいろなタイプの人材をそろえるのが生き残りには必要だ。
 
 短絡的に斬り捨てるような企業では生き残りは難しい。
 
 
 
  
   
 
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 09:22| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

徳川家康公遺訓 人の一生は重荷を負って遠き道を行くが如し、急ぐべからず [Kindle版]



 家康が残した人生の教えに耳を傾けよう!


 織田信長や豊臣秀吉と比べ、我慢・忍耐の人の徳川家康。

 その家康が残したという人生の教え、つまり遺訓がある。

 家康の生涯を表すものとしてこれほどまでに優れた名文で、人生の困難に対して家康がどう向き合ったのかがわかるものは、他にはないだろう。


 本書では家康の遺訓の内容をわかりやすく紹介し、家康の生涯のどの部分に相当するものなのか、をひとつひとつ見ていく。





   

  

  

ひとこと

 人が大成するには、努力だけでは実現しない。時と運と努力だ。

 それに、人との関わり方もあるだろう。



   
  
    ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ 
  


   


    
  
 
      
 
   【 BRAND AVENUE 】へのリンク
  


     
    
posted by まねきねこ at 09:15| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

「日銀デフレ」大不況 失格エリートたちが支配する日本の悲劇


 大不況の本当の原因は
   日銀の金融政策
にあるデフレ下では金融政策と政府支出で不況克服を目指すのが最良の手段だ。

 これはノーベル経済学賞受賞者を含む世界の常識だが、日銀はなぜマネーを市場に供給しないのか?




    




ひとこと

 円高時に市場に資金を投入できていないのが一番問題だった。

 円の実力以上に円を買う勢力がおれば、日本国内で流通している国債海外投資家に売り飛ばすような動きをすべきであった。

 円を売り外貨を手に入れ、円を安くしてから円を買い戻せばいい。


 ただ、日銀は為替介入し他資金で米国債を購入しており、それを売らないのが問題だ。日銀はあまりにも米国政府に媚びすぎている。



    ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ











     
posted by まねきねこ at 16:25| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

帰化人が見た靖国神社のすべて―日本人になった中国人


 なぜ靖国神社は建てられたのか?

 なぜ天皇・首相が靖国参拝できなくなったのか?

 国防精神の要としての靖国神社とは?

 誕生の裏側から靖国問題の背景まで、徹底解剖!




 




  

ひとこと

 日本の国益を守りきれずに無謀な戦争を継続させた軍人が合祀されたのが一番問題だ。

 戦犯という視点ではなく、日本が開国した後に獲得した海外領土を無能な大本営が手放す戦争を行ったのが一番問題だ。

 敗戦で敵に裁かれたということではなく、負け戦をした軍人を合祀することが一番問題だ。


 敗戦の責任を取らずに、神として合祀することには納得ができない。





  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 16:39| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

これでも公共放送かNHK!―君たちに受信料徴収の資格などない


 偏向反日番組やデタラメな韓流ドラマを垂れ流し、NHK職員の平均年収は1750万円!
 放送法を楯にとって受信契約、受信料徴収を強いるこんなNHKなどもういらない!




 





ひとこと

 NHKの役目はそもそも終わっている。

 資格などはそもそも関係がない。

 公共放送による国民の知的レベルを引き上げる目的などで法律で受信料を支払わせる仕組みもネット社会では不要だ。



 経済活動が広がった現状ではNHKを民営化することで、国庫に資金を還流させるのが筋だろう。

 また、法律でNHKの食い扶持を確保してやることはそもそも不要であり、国民負担を引き下げることが必要だ。

 役割を終えた法律をいつまでも使って、組織を存続させる必要はそもそもない。

 放送法を改正し、受信料の徴収は廃止すべきだ。


 放送を見たいものがお金を支払う仕組みに改正すればいいだけだ。




  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 16:18| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

韓国人の品格 ~13歳の子どもに「日本人は死ねばいい」と言わせる祖国へ


 親日派韓国人の文筆家が、実名で書き上げた衝撃的な「醜韓論」!

 靖国神社参拝、従軍慰安婦問題、独島領有権の主張、パク・クネ大統領の反日外交、キム・ヨナ&サムスン万歳(マンセー)、反日大河小説「アリラン」のデマゴーグなど、

 
 「反日」と「愛国心」が表裏の関係になった韓国人特集の「集団狂気」と「被害者感情」の背景について、極めて軽やかかつシャープな筆致で書き下ろした衝撃的な1冊!

 
 現代韓国人の品格をなげき、真の日韓理解に希望を託す命がけの書。




 





ひとこと

 歴史の事実を歪曲して教え込むような韓国の教育では、愚かな国民が大量生産されているのだろう。




  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 16:33| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

優位戦思考で世界に勝つ


 「靖国参拝」「地球儀外交」で「強い日本」を取り戻す戦いが始まった!

 優位戦思考を持てば、いままで見えなかった選択肢が見えてくる。

 肝心なのは「アメリカや中国がこう言っているから」ではなく、自分の頭で考えることである。




 





ひとこと

 米国政府にいつまで金を貢ぎ続けるのか疑問だ。金丸信副総裁の時代に脈絡もなく「思いやり予算」が計上され現在も支払いが続いている。

 愚かなるこうした予算を支払うことは日本の力を削ぐことにほかならない。

 日米安保条約を見直し、広大な海域を防衛するため、退役した空母やF14戦闘機を米国の半数の艦隊に相当する分だけ無償で日本に引き渡すべきだろう。それが同盟国というものだ。

 そもそも、集団的自衛権の締結をする前に対等な同盟国であれば、隷属的取り扱いの日米安保は廃止し、これまで屈辱的な対応となっていることに対する侘びとして、軍備を引き渡すよう日本政府は米国に要求すべきだ。




  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 16:08| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

知られざる日本国憲法の正体―マッカーサーはなぜ「帝国憲法」を改正したのか


 戦後の日本で固定した間違いだらけの「定説」を覆し、今なぜ「憲法改正」なのかを問う、渾身のノンフィクション。




 





ひとこと

 マッカーサー一族の権益が張り巡らされたフィリッピンなどが再び日本により影響を受けることがないように日本の力を復活させない意図があったのだろう。




  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 15:34| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

中・韓「反日ロビー」の実像


 なぜ日本は中国・韓国という隣国に、こうも悪しざまにいわれるのか――。

 本書の著者だけでなく、心ある多くの日本人がそう感じていることだろう。


 
 2013年7月30日、カリフォルニア州・グレンデール市の中央公園に、韓国から急送してきた「慰安婦像」が設置された。韓国からは地球の裏側になるほど離れたアメリカの中級都市で、なぜ慰安婦問題が論議され、その像を建てることまでが決められたのか。

 理由を一言でいえば、アメリカにおける
   韓国ロビー
のためだ。

 その背後には強大な中国ロビーもが暗躍していた。

 そしてアメリカがアメリカであるからこそ、この種の外国勢力が物事を動かせるのだ、と著者はいう。

 
「歴史認識」を掲げて日本を非難する中・韓「反日」ロビーとは何者なのか。
 彼らの目的は何か。日本にとって、どのような意味を持つのか――。

 
 アメリカにおける中・韓ロビーの動きを20年近く取材してきた著者が、その衝撃の「現実」をリポート。




    




ひとこと

 金になるならなんでもする政治家だ。日本の国益を弱め、カネを奪う目的があるのだろう。






       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

   人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 16:41| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

韓国が次に騒ぎ出す「歴史問題」


 うんざりしているヒマはない。次の刃は仕込まれている!

 関東大震災での朝鮮人虐殺、三・一独立運動、元徴用工への賠償、朝鮮人被爆者問題…


 「反日」日本人が火をつけ、韓国が大騒ぎし、日本を貶める問題の数々。




 





ひとこと

 何事についても、金を無心するような韓国との関係は清算して関係を立つ覚悟をすべきだ。

 日本にとって韓国や中国は隣人だが、無理難題を要求し続けるのでは良好な関係を続けることはできない。

 日本にとっては韓国や中国との貿易を止めても支障は少ない。ただ、韓国や中国にとっては大きな問題となるが無視すればいいだけだ。




  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 16:29| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界征服を夢見る嫌われ者国家 中国の狂気


 日本人は中国を捨てる覚悟を持て!チャイナウォッチ石平による渾身の提言!




 





ひとこと

 自らの権力基盤の強化のため、長老に対する圧力を強めている感じだ。もともと利権を獲得するために作り上げられた中国共産主義者の集団のことでもあり、権益を奪う輩は的とみなされる。




  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 15:56| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

新たな反日包囲網を撃破する日本


 中国・韓国の侮日外交、米国の「失望」、メディアの嘘。

 激化する日本叩きに仕掛けられた罠を見抜く!




 





ひとこと

 日本のメディアの本質を探れば海外勢力の手先に成り果てた姿を現す。
 失望が怒りになることを知った段階では手遅れだ。



  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ











posted by まねきねこ at 09:46| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

アインシュタイン式 子供の論理脳ドリル



 累計25万部突破の大人気シリーズ

 『アインシュタイン式論理脳ドリル』が、子供向けにやさしくなって登場!


 見やすい大判サイズでイラストも満載!

 親子で楽しく“アイン”で脳トレ!!



★ 対象年齢 : 小学校低学年から


  




ひとこと

 人が新しい能力を身につけようとするとき、ほとんどの人間は失敗し悩み苦しみます。

 チャレンジするものが大きければ大きいほど、たくさんの失敗をすることも多くなります。


 この本では答えが簡単意は見つからない、ヒントから順番に解いていくと最後に答えが出てくるという思考の流れを頭に作っていくきっかけにもなります。

 いろいろ考えをめぐらして答えを求めるいろいろなプロセスを考え出すといった体験をすることが重要で、単に答えを出すことが重要ではありません。



  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ 
  


   




        



  
posted by まねきねこ at 17:29| 愛知 ☀| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

集中力&持続力が高まる!アインシュタイン式子供の論理脳ドリル

 ~ワンランク上の思考力を身につける~

【好奇心が情熱を生み、情熱が集中力を育む】

 「わたしには特別な才能はない。ただわたしは情熱的に好奇心が旺盛なだけだ」

 これはアインシュタイン博士のことばです。
 
 優れた結果を残すためには、1つの物事に対して集中することが大切です。
 
 大人でも子供でも、何かに集中するというのは、ことばを変えるとその物事に夢中になることといえるでしょう。
 
 博士は情熱的ということばを使っていますが、これがまさに夢中になっていることなのです。
さらに博士は、好奇心ということばを用いています。
 情熱的になることと出会うきっかけを作ってくれるのが、この好奇心です。

 お子さんに本書のページを開いて見せてみてください。
 
 
 
  
   
 ・ 集中力&持続力が高まる!アインシュタイン式子供の論理脳ドリル [ アインシュタイ...
 
 
 
ひとこと
 物事に熱中して取り組むことが重要だ。嫌々ながら取り組むのでは体に悪い。
 楽しんで物事に取り組むようにするには、そのものを好きになることが必要だろう。
 仕事でも勉強でもだ。
 
 
  
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 

 


 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 17:36| 愛知 ☀| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

脳が目覚める アインシュタイン式論理脳ドリル

 ひらめきを育てる頭のストレッチ!

 アインシュタイン考案の問題をもとにした論理的思考が身につくドリル。
 アインシュタインが「世界の98%の人が解けないだろう」と豪語した問題を見事解き明かし、あなたは世界の2%に入ることができるか。
 
 ミニ問題&特別収録問題を含む全58問を収録した
 
 
 
  
  
 ・ 脳が目覚めるアインシュタイン式論理脳ドリル [ アインシュタイン研究会 ]
 
  
 
ひとこと
 論理的思考を身につけることは考えをいろいろめぐらす際に気分で結果が全く異なるような揺らぎを防ぐことにもつながるものだ。
 
 思考はとかく外部の影響を受けるし内部の気分にも結果が左右される。
 こうした思考は誤りを作り出すことにもつながりかねない。
 
 頑固一徹ではないが、正しい答えを導き出し誤った考えに至らないフレームを頭の中に作ることは、失敗をしないためには必要だろう。
 
  
  
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 

 


 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 17:46| 愛知 ☀| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]