当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2014年09月27日

明日ドカンと上がる株の見つけ方

     
 2020年東京五輪に向かって、上昇トレンド!
 面倒な企業分析は一切不要!

 チャート分析だけで脅威の的中率を実現する「本物のプロ」のトレード手法。 
 
 
  
   
 
 
  
 
 ・ 明日ドカンと上がる株の見つけ方






ひとこと
 
 相場は必ず相手がいるものだ。買うのであれば、売り手がいる。売るのであれば買いの手がいる。
 
 買うか売るかの判断は人の心理の変化とも言える。

 欲が無ければ相場は作れないが、欲が深ければ相場に飲まれることになる。






   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ













posted by まねきねこ at 15:56| 愛知 ☀| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

株は再び急騰、国債は暴落へ


 これから、株価は際限なく上がり始めるでしょう。
 デフレからインフレへの転換を図る政府は、インフレ到来に備えて国民の資金を強引に株式市場に誘導するつもりです。
 政府は早くもNISAの枠の拡大を目指しています。
 始まって半年も経たないうちに枠の拡大を目指すのですから、国の覚悟がわかるというものです。(中略)


 政府は、ありとあらゆる手段を使って、国民の資産を株式市場に投入させようとしている。
 この姿勢を甘くみてはならないのです。


 国民一人ひとりが、日本経済に何が起ころうとしているのか、真に理解せず、乗り遅れると、大変な目に遭うでしょう。






  







   ひとこと

 相場で仮想付加価値を作り出してきた欧米へ低利融資してきた日本が莫大な利益を吸い取られてしまっているのは周知の事実だろう。

 西欧というよりも米国式の経済理論にやられっぱなしの日本経済の姿は余りにも惨めだ。

 財政改革、規制緩和と叫んだ政治家は元を糾せば欧米への利益誘導を行った者でしかない。マスコミもしかりだ。

 大赤字の国際の価格を下落させ、安価に市場を使って買い戻せば株価上昇に伴う税収の増加等で容易に1000兆円の国債残高は短期に償還できるだろう。

 増税などといった愚かな手法では国力が低下するだけだ。






   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ













posted by まねきねこ at 16:04| 愛知 ☀| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

利食いと損切りのテクニック

     
 売りは大きく「手仕舞い売り」と「空売り」の2つのタイプに分けられる。

 本書は、こうした「売りの世界」について、深く掘り下げ、さまざまなアイデアを提供してくれる。

 2007~2009年の“超”弱気相場での
   具体的なトレード例
が満載され、内容の理解度をチェックするため、全115問の確認テストと詳細な解説も収められている






  







ひとこと
 
 売る心理を考えるといえば難しいことはない。利益を出して売るか、利益を出すために売るか、損をして手仕舞い売りにするかだろう。

 負けず嫌いで買ったものを損しても売らずに塩漬けするのは、時間軸を考えれば無駄の極地だろう。

 買うタイミングが悪かったということだ。


 下げ相場で買うタイミングを間違えれば、買ってもなかなか利益が出ないだろう。
 売り買い両建てでは金利負担等で手数料が抜けないことになりかねない。






   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ













posted by まねきねこ at 16:14| 愛知 ☀| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

株で富を築くバフェットの法則


 リーマン・ショック時に投資して1兆円の利益!
 なぜバフェットだけ勝てるのか?120万部超の投資ベストセラー、全面改訂の最新版がついに上陸。



  







ひとこと

 投資スタイルでは答えは出ない。視点を何処に置くかということだろう。
 経済は生き物であり、生かすも殺すも投資家の意思一つだろう。

 世の中見込み違いを起こすこともある。人の意識は頑固でもあり、軟弱でもある。
 意識の変化は思うよりも早いことが多い。

 意図的に相場を崩された場合に踏ん張れるかどうか。






   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ













posted by まねきねこ at 16:20| 愛知 ☀| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

     
 日本が「失われた20年」と言われている間に、世界のイノベーションを引っ張っているのはアメリカ、特に西海岸のシリコンバレーだ。

 アップルやフェイスブックといった名前がすぐに思い浮かぶけれど、数多のスタートアップが起業しては消えていく世界でもある。


 
 そんな中、次々と成功する企業を立ち上げる起業家集団がある。
 

 オンライン決済サービス・ペイパルの初期メンバーとして繋がりが深く、現在もシリコンバレーで絶大な影響力を持つことから「ペイパル・マフィア」とも呼ばれる彼らは、ご存知ユーチューブ(YouTube)をはじめ、電気自動車のテスラ・モーターズや民間宇宙開発のスペースXからイェルプ(Yelp!)、ヤマー(Yammer)といったネットサービスまで、そうそうたる企業を立ち上げてきた。

 
 本書はそのペイパル・マフィアの雄
   ピーター・ティール
が、母校スタンフォード大学で行った待望の起業講義録である。








ひとこと

 資本を集めて企業を創り、規模を拡大させていく流れがシステム化しているということだ。

 規制緩和とは全く次元が異なるものであり、補助金などとも異なるものだ。

 所得税率の大幅引き下げで、企業経営者の収入を拡大させ、エンゼルキャピタリストを増やしていく仕組みが日本経済には欠落している。

 広く税金を国民から徴収し、予算として補助金や助成金などで還元させる仕組みではなく、投資という観点から補助金や助成金などについては金額相当以上の株式や債券を担保を交換として提出させ、市場で売却できる仕組みを早急に作ることが必要だろう。


 米国政府のように国が一時的に金融機関を支援しても、その後、莫大な利益が受けれるシステムとされているように投資の何倍かの回収が行われている事実を日本国民は知るべきだ。






   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ














posted by まねきねこ at 17:37| 愛知 ☀| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

楽しい仕事はない。だから楽しくやる[Kindle版]


 人間は生きていくために嫌でも働かなくては生活が成り立ちません。

 多くの仕事は自分の好きなことだけをやるわけではないので、当然嫌なことも含まれます。


 それならいっそのこと、嫌なことを楽しむ方法を覚えたほうがいいと思いませんか?


 著者の岩瀬大輔氏は「この世に楽しい仕事とつまらない仕事があるわけではない。すべては気の持ちよう――」こう記します。

 つまり、考え方をほんの少し変えるだけで、仕事は楽しめるのです。


 本書は、そんな「仕事を楽しむための55の秘密」を公開。これからのあなたの人生を活き活きとさせるヒントがここにある!





  






ひとこと

 つまらない仕事の中にも面白いことを見つければいい。見つけられなければつまらない仕事を繰り返してつまらない人になってしまうことだろう。






   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ













posted by まねきねこ at 02:26| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

ヒラメキを、即、行動に移そう。 [Kindle版]


 「うまくいかなくても楽しいことが、好きなことだ。好きなことは、うまくいかなくても楽しい。」(「プロローグ」より)


 多くの人は、「好きなことをして、成功したい」と望むでしょう。


 しかし、それでは「好きなこと」の定義が少しズレています。

 「好きなこと」とは、うまくいってもいかなくても24時間365日やり続けられることを指すからです。


 夢を叶えるためのエッセンスを凝縮した。


 なかなか見つからない「好きなこと」を見つけたい人、「やらなければならないこと」が多くて「やりたいこと」がなかなかできない人、やる気を沸かせたい人にぜひ読んでほしい一冊です。





  







ひとこと

 「興味のあること=すきなこと」でもあり、何時間やっても飽きないものです。疲れはつまらないことや嫌なことと比べれば何も感じないとも言えるものです。

 ひらめきを信じるのもいいかもしれない。


 ただ、ひらめきが現実になった場合に対応できるセンスを持っていることは当然のことで、日々の鍛錬が必要だろう。

 センスは毎日磨く必要があり、放置していては鏡が曇るごときで写りは悪いことになりかねず甚だしいものだろう。






   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ













posted by まねきねこ at 08:44| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

中国人が選んだワースト中国人番付-やはり紅い中国は腐敗で滅ぶ  [Kindle版]


 メディアの意図的な中国・韓国の影響を受けた報道で安倍総理の靖国参拝が、「日中関係はこれまでにないほど悪化した」と宣伝されている。


 ただ、2013年暮れの靖国参拝でも尖閣国有化1周年、満州事変記念日にも反日デモは起きなかった。


 習近平政権は官製の反日デモを起こせなかった。

 この現実は、中国共産党による国家財政や国民の資産を奪取する強欲な高官等の腐敗は凄まじく、一党独裁が生んだ貧富の格差は、日本人の想像を絶する。


 ジニ係数が公式では0.4だが欧米メディアでは0.6台にあるという。

 中国人民は今もなお専制という悪魔の爪の下で苦しみ、もがいている。


 14年元日、ネットにこうした前文に続いて「クズ中国人番付」がアップされ、瞬く間に消された。

 ネット社会は中国国内の鏡にもなり、情報が統制されている中国人に情報を得る自由を与えている。

 そのため、グーグル香港に転載され一気に広まった。

 中国人が選んだ「クズ集団」と「クズ中国人」番付には庶民の怒りと心情が反映されている。

 習近平が恐れる「6億の網民(ネットユーザー)」と国民の怒りが沸点に達したとき」“紅い中国”は滅ぶことになるだろう。

 その準備に勤しむ中国共産党幹部「裸官」が如何に多いことか...






  







ひとこと

 中国共産党の思い上がり、歴史の偏向で史実をへし曲げてきた報いを受けることになるだろう。

 日清戦争で日本が満州族でもある清朝に支配されてきた漢民族を解放したのだ。

 南京事件などは国民党軍が占拠し、督戦隊便衣兵などを配置し、漢奸狩りと称して

   親日派等4万人以上

を虐殺したのち、日本軍とともに南京に入城してきた遺族等による報復や督戦隊による逃亡兵への処刑などに、恐れをなして中国人から金品・衣服等を略奪する兵士や便衣兵等が行ったともされてもいる。


 もともと、便衣兵はジュネーブ条約から言えば正規軍とは呼べず捕虜としての待遇はないもので即時射殺しても問題はないとの判断もある。


 ただ、国民党軍の南京からの脱出時の略奪行為等で治安が悪化し、治安の回復に日本軍が手間取ったのも事実だ。


 シベリアの「尼港事件」でのソ連赤軍の行為と同じ手法が取られている事実に目を向けるべきだろう。






   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ













posted by まねきねこ at 06:04| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

楽しい人生より、人生の楽しみ方を見つけよう。 [Kindle版]


 「楽しい人生があるのではない。人生の楽しみ方が、あるだけだ。」(プロローグより)


 どんなピンチも乗り越え、どんな状況をも楽しめるようになるための心構えとは――。 

 「ピンチだ、ピンチだ」と騒ぐ人がいるが、ほんとの「ピンチ」とは、例えば崖から落ちている状態のことを指す。


 崖っぷちにいる時に危機意識を持って、崖から落ちないように手を打つことが大切、と筆者は説く


 そのほか「『大変』『ごめんなさい』を使っていいのは、一生に一度。』など、数々のベストセラー、ロングセラーを世に送り出す中谷彰宏氏の、常識を撃破する金言多数。





  












ひとこと

 思考の起点をどこにおいて対処するかと言うことだろう。

 周囲の環境は人により代わるものだ。同じことでも人が変われば反応が変わるのは当たりまえだろう。

 同じ人でも体調や気候の変化などでも影響を受け反応が変わることもある。

 常に同じ結果になることはない。






   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ













posted by まねきねこ at 08:34| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

なぜ本気で自分を活かさないのか [Kindle版]

  
 逆境や不安が一瞬のきっかけで消え、新しく生まれ変わるためのチャンスとして活かすために、本書があります。
 本当の自分に気づき、生まれ変われば、人生や仕事が驚くほど好転します。
 
 著者自身の実体験に基づく方法で、数々の成功例を導き出してきた著者が愛と喜びに溢れた人生を送るためのコツを公開!

 
  
 
 
  
 
 ・ なぜ本気で自分を活かさないのか
  
 
 
 
  
 
ひとこと
  
 モチベーションを一定水準に保つことは至難の業です。
 時間経過とともに疲れれば、当然ながら、意識は低下するのは当然のこと。
 
 力を100%出すこともある場面では必要だが、常に出し切れば補充が効かないことになる。
 サッカーを見れば適材適所で、チャンスに一番仕事をする者が重宝されることになる。
 
 ボールが離れた場合には想像力が必要になるだろう。想像するためには動きを読む力が必要だ。
 動きを読み、次の流れを想像して適当な位置にいることが必要になる。
 
 当然ながら、技量等を備えているのは当たり前のことであり試合前の練習が重要だろう。
 
 
  
   
 
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 05:46| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国 [Kindle版]

 
  中国と韓国は領土問題や慰安婦問題による反日で連携を深めている。
 ただ、中国はシャドーバンキング崩壊リスク、韓国では金融デフォルト危機が迫り、経済は崩壊寸前となっている。
 
 両者は政治体制が変わっても過去同様に「対等」と言ったものではなく主従関係を作り出しつつあり、心理的に微妙なしこりが生じてもいる。
 
 先日、中国が韓国に「属国に戻れ」と打診したことも判明した。
 中韓の反日同盟の実態と、経済の行方、そして日本はこの反日同盟にどう反撃すべきかを、中国、韓国の専門家2人が論じていく。
 
 
 
 
 
  
  
 ・ 暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国
 
  
 
 
  
ひとこと
 
 歴史の事実をへし曲げても、事実は変わらない。
 
  
 
 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 06:44| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

破天荒な経営者たち          

     
 成功した投資家としての知恵を駆使して8つの会社とその経営者を細かく分析し、そのパフォーマンスを明らかにした。

 本書では、個性的なリーダーたちが
   桁外れのパフォーマンス
を上げる助けとなった特徴と手法を説明し、彼らの一貫性と執ようなまでの合理性を紹介していく。
 
 
  
   
   

 
  
ひとこと
 
 成功者と呼ばれる経営者は常道では大成功などない。周囲でバックアップする人のサポートがあることが必要であり、そうしたサポートを受ける環境を作り上げるのが上手というべきだろう。

 サポートを受け続けることができなければ途中で挫折する道に歩みが変わることになる。

 道がそれるかどうかは運もある。

 運は努力だけでかなうものではない。努力しなければなおさらかなわない。
  
  
  
 

 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
  人気ブログランキングへ 
 
 
  
 

  

   


  
 

  








   
   
   
posted by まねきねこ at 17:18| 愛知 ☀| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社人間の皮を脱ぎすてよ エゴの強い人ほど、変身も早い [Kindle版]


 あなたは、今、何を求めているのでしょうか?

 あなたは、あなたの心の奥深いところにある「愛」に自分で気づいていますか? 

 心の奥深いところ、いわゆる「本音」の愛からすべてを観れば、人生や仕事が好転していきます!

 もっと自分に期待してもいいのです!

 誰にでもある「本音の愛」を見つけるための方法を大公開。

 はじめに――逆境こそ、自分が生まれ変わるチャンス


   


  

  


  




ひとこと

 変化に疎いとしても周囲の影響を受けずにいられることは少ない。意識してもしなくても同じことだ。



  
  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

 人気ブログランキングへ 
  


   




   


  
posted by まねきねこ at 04:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

侮日論 「韓国人」はなぜ日本を憎むのか [Kindle版]



 目下、最悪の事態に立ち至っている日韓関係。かの国の徹底した「反日」は、メディアの洗脳報道で日本では
   「日帝による植民地支配」
が根本にあると考えられている。

 呉善花さんは古く14世紀から、朝鮮半島では
   「日本人は侮辱に価する民族」
と考えられてきたため、日韓併合が元凶ではないと説きます。

  

 その起源は、中華帝国周辺の諸民族を「文明の遅れた野蛮で侵略的な夷族」と蔑視する、古代以来の「中華主義」にあるとのこと。

 もともと、朝鮮半島は長らく中華帝国の属国として隷属しており、最後の王朝である李氏朝鮮は、自らこそ中華主義を正しく継承する唯一の国であると自虐的とも言える思考で誇ってきた。



 韓国の「侮日観」は高麗王朝を滅ぼした外来氏族でもある
   女真族により支配
された李氏朝鮮時代500年の間に根付いたものともいえる。

 2013年7月、親族の結婚式に出席するためソウル・仁川空港に到着したものの韓国政府から入国を拒否された著者も、かつては反日少女でした。
 しかし、歴史の真実に向き合ったことで真実が解り、その後、転じて日本に帰化したともいわれる。

 自らの体験を踏まえた独自の視点で、政治、経済、歴史、文化等、多角的に「侮日」文化を掘り下げる本書は、著者による反日韓国論の「総集編」といえます。 





  





ひとこと

 朝鮮族の最後の王朝ともいえる高麗王朝の王を蒙古が朝鮮半島から撤退するのと時期を同じくして高麗の武官で女真族の李成桂が高麗王一族を追放して処刑して乗っ取り成立させたのが李氏朝鮮だとも言われる。

 李氏朝鮮の歴史を見れば血に塗られた九族皆殺し等が頻繁に行われていたことを誰もが知ることだろう。

 こうした思考を受け継いだ韓国の朴政権が過去の史実を隠蔽して作り上げたような出来事などで謝罪や補償を要求するなどは笑止千万のことで、国際社会では信頼するに足りない程度の国家ということは明らかだろう。



    
  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

 人気ブログランキングへ 
  









  



   
   
posted by まねきねこ at 03:03| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

勉強嫌いが治る本 [Kindle版]



 子どもにやる気を出させるためには?

 親の仕掛け次第で子どもは伸びる!

 子どもを伸ばすための23のメソッド




  

  
  


ひとこと

 教育の本質を知る。

 放置してやりたいことをららせることが教育ではない。

 基本が出来ていなければ、発展はしていかない。単なる我流でしかない。


 逆にいつまでも型に嵌めて強制的に教育をすればいいということもない。

 自立心が低下してしまい、自ら学ぶと言うことをしなくなる。


 何事も基本が重要であり、基本を教え込み、時理的な学びを追求することが必要だろう。

  


    
  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

 人気ブログランキングへ 
  









  



   
     
posted by まねきねこ at 06:09| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

中国ニセ食品のカラクリ [Kindle版]



  中国食品が危ない! 

 だが、製造先を他国に切り替えるにしても対応する組織作りからはじめる必要がある。

 このため、中国製品・食品なしで、私たちの生活を送ることは直ぐには不可能だ。



 深刻な環境汚染、知れば知るほどおぞましい生産現場をレポートし、現実を見極めながら、隣国・中国と生き抜く方策を探る。




  

  


  
  

ひとこと

 食品の安全は健康につながる。不健康な環境で育った食材は栄養素のものがあるのかも疑問だ。

 手練手管で中国と言った労働力の安い場所で生産して日本に持ち込まれる食材は外見とは裏腹に栄養価は確保できているのだろうか。


 保存技術の向上で見かけは新鮮だが...



    
  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

 人気ブログランキングへ 
  









  



   
    
posted by まねきねこ at 06:50| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣

      
 総資産50億円以上のVIPたちを365日24時間お世話してきた一流執事が明かす、幸福な成功者になる方法

 お金のために働く自分を捨てよう。
 執事の丁寧な口調で語られる、今までの成功本とは一味違うビジネス書!


 著者は日本で唯一、執事サービスを提供する日本バトラー&コンシェルジュ代表・新井直之氏が大富豪を間近で見てきて発見したのは、世界中を飛び回る大富豪のイメージには程遠い
   「常にスケジュール帳は真っ白」
   「勉強はいっさいやらない」
などの意外な考え方だった。

 さらに驚くべきは、彼らに共通している成功のマインドが「遊びながら仕事をしている」ということ。


 本書は、日常のストレスから開放され、ビジネスで成功する方法を紹介します。




  
 ・ 執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣




ひとこと
 執事の耳に入る情報や目にした風景が漏れ出すのは困りものだ。
 ただ、執事が関わる事柄は裏方でもあり、ビジネスの全てに関わるものではない。断片的な情報でも役に立つこともある。

 色々な情報を組み合わせ見えないものを知ることが出来る能力が必要となる。





   ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ









  




   
posted by まねきねこ at 17:50| 愛知 ☀| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと

     
 君は今、すごい秘密を手にしたんだ!知っているかい?


 世の中にはね、素敵な友人や恋人がいて大好きな遊びや仕事をする時間もたっぷりある
   “本当に幸せな金持ち”
と、
   「お金しかない」不幸な金持ち
がいるんだ。

 君に教えるのは、シンプルだけど、最高に輝いた人生を送る真の大富豪たちが知る秘密だよ。
 
  

 
      
     ・ 世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと (王様文庫)
 
   
   
   
  
ひとこと
 
 守銭奴や成金ではつまらない人間として生きることになる。

 ある時点で方向を変えることで価値ある人生になる要ギアを入れ替えることは人それぞれの思考でもある。

 どちらを選ぶかは各個人の自由だ。他人がとやかく言うべきものでもない。
  
  
  
 
 
 
 
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
 
 
   


  






   
posted by まねきねこ at 17:55| 愛知 ☀| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷ったら、ワクワクするほうを、選ぼう。 [Kindle版]



  ◆好きだった場所に、行こう。
  ◆遠回りで、スピードを上げよう。
  ◆アイデアを出すより、一歩を踏み出そう。
  ◆迷ったら、「どっちも成功」と喜ぼう。

 中谷彰宏が贈る「言葉のプレゼント」シリーズ第二弾。

 日々の生活で疲れている心をほぐしてくれる温かい言葉に、ふっと心の緊張が解ける瞬間が味わえるはず。



     




ひとこと

 選択する事柄がある場合、平穏な方かリスクがあるほうか...

 やってみなければ解らないのが本当は事実だろう。

 ワクワク出来る方が刺激がある。つまらない仕事等よりは面白そうだ。




  
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

   人気ブログランキングへ 
  


   




    

      
posted by まねきねこ at 04:29| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

遂に崩壊が始まった!? 韓国五大産業総崩れで、どうなる韓国経済? [Kindle版]

 
 韓国企業の業績が悲惨なことになっている。
 4〜6月期決算ではサムスン電子が大幅減益となった。
 現代(ヒュンダイ)自動車やポスコなど、円高に苦しむ日本メーカーからシェアを奪っていた財閥企業が軒並み減益や赤字に沈んできた。
  
 今、何が韓国で起こっているのか?
 伸び悩む現在の韓国産業から韓国の未来を見据える一冊。
  
  
  
 
 
  
 
 ・ 遂に崩壊が始まった!? 韓国五大産業総崩れで、どうなる韓国経済?
 
 
 
 
  
 
ひとこと
  
 韓国や中国など国策で海外から技術を導入するため、薄情な経営者により待遇悪化してしまった日本の技術者の囲い込みを続けてきた。
 自らの研究では日本に太刀打ちなど出来ないのは周知の事実だ。
 
 欧米や中国、韓国の権益を確保するのが目的のようにも見える日本のマスコミや影響を受けた愚民政治家が国力を低下させる行動を繰り返し行っている。
 
 
 
  
   
 
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 10:24| 愛知 ☁| Comment(0) | 本 雑誌 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]