当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2013年07月06日

三菱マテリアル(5711) サフラナル銅鉱山(ペルー)開発プロジェクトへ参画

 三菱マテリアル(5711)は5日、ペルー南部でカナダのテック・リソーシズ が権益の50%、カナダのAQMカッパー が30%を保有している
   サフラナル銅鉱山(Zafranal)
の探鉱事業に出資すると発表した。(発表記事
 
 
 事業化が決まれば2018年にも生産を開始する予定で開発が決まった場合の総事業費は
   約15億ドル(約1500億円)
を見込む。
 なお、その場合の資金負担の割合などは現状では未定という。
 
 銅地金ベースで年平均9000トンを生産する計画。
 
 
 三菱マテリアルはこの探鉱事業全体の2割に当たる権益を約23億円で8月までに取得する予定で、今回拠出する資金は事業化調査の運営費に充てる。
 
 なお、今後2年程度をかけて事業化調査を進める予定で、最大で約15億円を追加負担する。
 
 
 三菱マテリアルにとって今回はフィジーと豪での2件に次ぐ4件目の銅探鉱案件となる。

 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
  
 
 
posted by まねきねこ at 06:11| 愛知 ☁| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

アダロ・エナジー インドネシアの大手石炭会社

アダロ・エナジー
  (Adaro Energy Tbk
 インドネシア国内石炭大手2位の企業2004年7月28日に設立
 スイスのエクストラータ、インドネシアの ブミ・リソーシズ、英国のアングロアメリカンに次ぐ世界4位
 
 子会社を通じて、石炭の採掘・ 取引、石炭火力発電所等を運営している。
 
 BHPビリトンが100%権益を保有していたカリマンタン島の東部と中部に跨る
   マルワイ鉱区
の石炭資源量は鉄鋼生産用、発電用合わせて、7億7400万tでアダロは権益の25%を3.5億ドルで取得している。
 
 
 インドネシア鉱山エネルギー省石炭局によれば、インドネシアの石炭埋蔵量は
   389 億トン
で、そのうちカリマンタンの埋蔵量は
   約 210億トン
でインドネシア全体の約 54%を占める。
 
 確定埋蔵量は66 億トンだが可採埋蔵量は 25 億トンである。

 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
  
 
 
 
posted by まねきねこ at 20:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

ニュークレスト・マイニング Newcrest Mining

ニュークレスト・マイニング
       (Newcrest Mining
  
 豪最大の産金企業で産金量では世界10位。
 資源企業としては3番目の規模を誇る。
 
 豪国内を中心として、インドネシアやフィジーでも事業展開している。
 
 
 米国の産金大手
   ニューモント・マイニング
        (Newmont Mining)
が豪大陸において金探査を目的とし設立されたニューモント・オーストラリア(Newmont Australia)が前身。
  
 
 Telferプロジェクトの開発を行い、資源メジャーである
   BHPビリトン
とJVを結び、1990年にNewmont AustraliaとBHP Billitonの金部門であるBHP Goldの統合によりニュークレスト・マイニングが設立された。
 
 なお、従来のNewmont Australiaの資産および統合前に取得した
   Australmin Holdings
   BHP Gold
の資産を加えることによりオーストラリア最大級の資源企業として誕生した。
 
  
 2010年3月にはパプアニューギニアの金生産大手
   リヒール・ゴールド
        (Lihir Gold)
に買収提案を行った。
 
 
 この買収が成立すれば産金企業としての時価総額ではバリック・ゴールド、ゴールド・コープ、ニューモント・マイニングに次いで世界第4位の企業となる(時価総額約245億豪ドル)。
  
 
 なお、金生産量の減少は主力である
   Cadia Hill鉱山
からの生産の大幅な減少が影響している。
 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
  
 
 
posted by まねきねこ at 19:54| 愛知 ☁| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

チェサピーク・エナジー Chesapeake Energy

チェサピーク・エナジー
    (Chesapeake Energy)  
 全米第2位の天然ガスの探索・生産会社
 石油や天然ガスが出そうなところの見当をつけ、その土地に眠っている地下資源の利用、処分する権利(ミネラルライツ)を買い取る仕事をするランドマン(Landman)
   オーブリー・マクレンダン
が創業、一代で全米第2位の天然ガス会社を築いた。
 
 大手石油会社がこれまでに「喰い散らかした」残りモノの天然ガス田を
   ホリゾンタル・ドリリング(水平掘り)
という方法で開発、効率良く天然ガスが閉じ込められている地層に到達させ
   パーフィング・ガン
と呼ばれる発破の装置でシェール層を破砕する採掘技術を開発し閉じ込められたガスやオイルを取り出す事業を拡大させていきました。
 
 
 2008年9月アーカンソー州フェイエットビルに保有するシェールガス田の資産の25%を19億ドルで英国の石油大手BPの子会社に売却した。
 天然ガス純生産は約1億8000万立方フィートで
   約54万エーカーの借地権
のうち、BPが約13万5000エーカー、チェサピークが約40万5000エーカーを保有している。

 天然ガス価格の高騰や大規模鉱床の存在などから探査・生産会社はフェイエットビルやルイジアナ州ヘインズビルなどの北米のシェールを取得するようになった。
 
 

   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
   
  
 
posted by まねきねこ at 23:19| 愛知 ☁| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

ロスネフチ Rosneft ロシアの石油企業

 
ロスネフチ

  (Rosneft
 
 ロシアの石油企業
 ソビエト連邦時代のソ連石油工業省を母体に設立された。
 

 サハリン、シベリア、Timan-Pechora行政区とチェチェンを含む南ロシアで石油と天然ガスを生産している。
  
 ロスネフチが所有する石油精製施設は
     トゥアプセ(黒海沿岸のクラスノダール地方)
とロシア最東端の精油所として西シベリアで製産された高品位の重油精製に特化した石油精製施設が
     コムソモリスク・ナ・アムーレ(極東)
にある。
 
  
 ロスネフチは、他のロシアの新興財閥同様、コングロマリット化し、本業の石油、天然ガスから派生して船舶、パイプライン及び販売促進会社を傘下に運営している。

 名目上、ロスネフチは株式が公開されているが、ロシア連邦政府の国有財産管理庁に管理されている。
  
 なお、2004 年、ロスネフチとガスプロムは合併に一旦は合意したが後に破談している。
 
 
 2004年12月22日、ロスネフチは、
    バイカル・ファイナンス・グループ
               (Baikalfinansgrup)
を買収した。
 
 また、ユコス社の子会社であったユガンスクネフチガスを買収することにも成功している。




     ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ 
  


   




   


    
posted by まねきねこ at 16:56| 愛知 ☁| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

トタル Total

トタル (Total
 フランスのパリに本部を置く民間の総合石油エネルギー企業
 国際石油資本でのひとつであり、スーパーメジャーと呼ばれる6社の内の一社
  TOTAL, ELFブランドで展開している。

 トタルは1924年に
  フランス石油会社
   (CFP,Compagnie Française des Pétroles)

として設立された。
 
 1985年6月21日にトタルフランス石油に改名、さらに1991年6月26日にトタルに社名変更した。
 
 
 ベルギーの
   ペトロフィナ
の経営権を1999年に取得し統合、トタルフィナとなった。
 
 さらに2000年にはフランスのエルフアキテーヌを吸収し統合当初の社名はトタルフィナエルフ(Total Fina Elf)だった。2003年に社名をトタルに戻した。

 第二次世界大戦後から1970年代まで、世界の石油の生産をほぼ独占状態に置いた
     エイト・メジャーズ 8社
の内の一社であった。
 
 現在のトタルは、世界42ヶ国以上で原油や天然ガスの採掘を行い、世界30ヶ所の製油プラントで精製、50ヶ所に及ぶ生産拠点がある。
 
 150ヶ国以上に販売拠点を持って世界17000ヶ所のガソリンスタンドを展開している多国籍企業

 また、2000年の初期頃から風力発電などの次世代エネルギーへの投資を積極的に展開している。
 
 
 潤滑油の分野では、モータースポーツに進出している自動車企業へのサポートや技術コンタクトを行っている。

 日本ではエンジンオイルのメーカーとして知られている。
 
 
 トタルグループの化学部門は
   アトフィナグループ
で接着剤、樹脂、ゴム製品などの特性のあるポリマー関連の基礎化学を専門にしている。
 
 同じくグループ会社の
   アトテック
では電解めっきに使う添加剤および無電解めっきの薬液を研究開発しており、アジア圏内では最大シェアを誇っている。
 
 
  
posted by まねきねこ at 13:34| 愛知 ☁| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

スタトイルハイドロ ノルウェーのエネルギー企業

スタトイルハイドロ
   StatoilHydro ASA
 
 ノルウェーのエネルギー企業
 スタトイル(Statoil)とノルスク・ハイドロ(Norsk Hydro)の石油部門が1972年7月14日に合併
   Statoil (Den Norske Stats Oljeselskap)
としてノルウェー政府が所有する非公開有限会社として設立された。

 2001年、会社は民営化され有限会社として公開され、オスロとニューヨークの両証券取引所に上場された。政府は株式の過半数を保持した。企業合併して設立された。

 世界最大級の石油・ガス企業のひとつで、世界最大の沖合石油・ガス会社
 ノルディック地方で最大の売上高を持つ。また、北欧諸国では最大の企業

 13カ国で石油生産を行い、8カ国で販売を行っている。
 
 
 
 ノルスク・ハイドロ(Norsk Hydro ASA)は1905年12月2日、スウェーデンの
   ヴァレンベリ家
       (Wallenberg ワレンバーグ)
とフランスの銀行からの資金調達を受け、エンジニアで水力発電で成功を収めていた実業家の
   Sam Eyde
が設立したもの。
 水力発電の電力を使い大気中の窒素を使用して人工肥料製造の新技術を開発した。 
 
 1965年になるとノルスク・ハイドロは、フランス南西部のアキテーヌ地域圏、サン=マルセで発見されたガス田を利用するために創設された
   エルフ・アキテーヌ
    (Elf Aquitaine 現在 トタル)
とフランス企業6社とともに、北海で石油・ガスの探査を行うPetronordを設立した。
  
 ノルスク・ハイドロはその後、北海の石油産業における大企業となり、オセバーグ(Oseberg)を皮切りに様々な油田のオペレーターになっていった。
 
 1999年にノルスク・ハイドロは、ノルウェーで3番目に大きい石油会社
   Saga Petroleum
を買収、主としてノルウェーとイギリスで大規模な油田開発探査事業を行った。
 なお、イギリスでの操業は後にBPに売却された。

  
 
 スタトイル・ハイドロは過去17年間アンゴラで操業してきた。
 現在は9社と生産現場で連携している。
 アンゴラとの最初の関わりは、アンゴラ
   のBlock 17
に対するトタル(Total)の入札に始まる。
 スタトイル・ハイドロはBlock 17の13.3%、Norsk Hydro が10%を獲得、アンゴラ事務所は1999年に開設されている。
 
 なお、アンゴラはノルウェー国外におけるスタトイル・ハイドロの中核的地域の一つである。
 
  
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
  
 
posted by まねきねこ at 06:07| 愛知 ☁| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

スタンダード・オイル Standard Oil

スタンダード・オイル
     (Standard Oil)
 米国の石油会社で当時世界最大の規模を誇った。
 
 ジョン・ロックフェラーとそのパートナーによって1863年に設立された
   オハイオ州の組合
     (パートナーシップ)
を前身として、1870年に設立された。
 
 ロックフェラーは事業の拡大を行い
   ヘンリー・M・フラグラー
が所有した石油精製所を含む五つの精製所を所有するパートナーシップの会社
   ロックフェラー・アンドリュース・アンド・フラグラー
を経営した。
 会社は1868年までに世界最大の製油所を所有するまでになった。
 
 
 1870年1月10日にロックフェラーはオハイオ州法に基づき
   スタンダード・オイル・オブ・オハイオ
を創設したのち買収によって企業間競争を勝ち抜き
   South Improvement Company
による製油所の統合戦略をペンシルバニア鉄道と共に進めた。
 
 1874年にチャールズ・プラット・アンド・カンパニー
を買収、創立者の
   チャールズ・プラット
   ヘンリー・H・ロジャーズ
は買収と同時にスタンダード・オイルに加わった。
 
 1878年までにスタンダード・オイルはアメリカ合衆国内における石油精製能力の90%を保持した。
 
 州法によって会社の規模を制限する動きに対応して、1882年に同社は
   信託(ビジネス・トラスト)
を企業形態とするスタンダード・オイル・トラストが、傘下の企業を支配する体制に再編成された。
 
 スタンダード・オイル・トラストの三人の重要人物はヘンリー・H・ロジャーズ、ウィリアム・ロックフェラー、そしてジョン・ロックフェラーであった。

 この独占による弊害を防ぐため、1890年に連邦議会が
   シャーマン法
を制定し、これに基づき1892年にオハイオ州最高裁からトラストの破棄命令が下された。

 ジョン・ロックフェラーは1899年に規制の緩いニュージャージー州法に基づく株式会社を親会社とする持株会社方式によって再編し、独占を維持した。
 
 マクルールー誌の取材を通し、ジャーナリストの
   アイダ・ターベル
が1904年に「スタンダード・オイルの歴史」を発行したことをきっかけに市場独占をなすトラストが問題視され、ジャーナリスト等の注目を浴び等に批判されるようになった。
 
 反トラストの流れは防げず、1911年に連邦最高裁から解体命令が出され、スタンダード・オイルは34の新会社に分割された。
 
 なお、シャーマン法はアメリカで最初に制定された独占禁止法であり、クレイトン法、連邦取引委員会法とともに反トラスト法の中心をなす法律となっている。

 また、バレル樽に代わって1900年に開発されたばかりのドラム缶を1902年から量産して使用するようになった。
  
  
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
  
  
posted by まねきねこ at 20:06| 愛知 | Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

Eni(エニ) イタリアの半国有石油・ガス会社

Eniエニ
 炭化水素公社 (Ente Nazionale Idrocarburi) の略
 イタリアの半国有石油・ガス会社
 1926年、ムッソリーニ政権下で、イタリア政府が60%出資して設立した
   Agip(イタリア石油公団)
が母体となっており、第二次世界大戦後、1953年にAgip他の石油ガス関連企業を統合している。
 
 当初は100%国有だったが、段階的に株式を売却し、現在の政府保有率は30%と重要な決定に拒否権を有する黄金株が20%、Cassa depositi e prestiti を通じ間接的に保有する株が10%ある。

 イタリア最大の工業会社であり、70ヶ国に展開する。
 
  
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
   
  
posted by まねきねこ at 19:39| 愛知 ☀| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

ペトロナス Petronas

ペトロナス
 (Petronas
 1974年8月17日に創設されたマレーシアの石油及びガスの供給を行う国営企業
 正式社名はPetroliam Nasional Berhad

 マレーシアの自動車メーカー
   プロトン
の株主でもある。

 クアラルンプールに本社ビルがあり
   ペトロナスツインタワー
として知られている。

 世界30カ国以上で事業展開、日本でも液化天然ガス市場においてシェアを確保している。

 2008年11月から日本の潤滑油市場に高性能エンジンオイル
   「SYNTIUM」シリーズ
を投入。日本での販売は株式会社ペトロプランが行っている。

 1996年からF1のザウバーチームのプレミアムスポンサーとなっており1997年からは同チームがフェラーリからエンジン供給(フェラーリの前年使用エンジン)を受け、バッジネームとして使用されるようになった。

 一時期は、バッジネームにとどまらず、自社製作のエンジンを開発する構想が明らかにされたこともあったが、その後計画が頓挫した。

 2006年1月17日、BMW(本社ドイツ)がザウバーを買収、BMWザウバーとして2006年F1参戦を発表した。
 ペトロナスは引き続き同チームのスポンサーとして残留しており、BMWザウバーのマシンにはペトロナスのロゴが入っている。

 2009年をもってBMWザウバーがF1から撤退したため今後の去就が注目された。
 2010年からは新たにメルセデスGPのスポンサーとなることが発表された。
 
  
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
   
  
 
posted by まねきねこ at 09:51| 愛知 ☔| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

ルクオイル ロシア最大の石油会社

ルクオイル
 (ルークオイル ロシア語:Лукойл、英:LUKoil

 ロシア最大の石油会社でロシアの新興財閥(オリガルヒ)の一つ。

 1991年にソ連閣僚会議決定により
    ランゲパスネフトガス (Langepasneftegaz)
    ウライネフテガス (Uraineftegaz)
    コガィムネフトガス(Kogalymneftegaz)
という3つの石油採掘企業が統合され国家コンツェルン
    ランゲパスウライコガリネフト
        (LangepasUraiKogalymneft)
として発足した。

 1992年11月のロシア大統領令と1993年4月の政府命令に基づき株式が公開され
    ルクオイル
となった。

 1995年ロシア連邦政府の決定により、ルクオイルは、西シベリアを始めとして、バシコルトスタン(後に離脱)、ボルゴグラード、ペルミなどの精油所、石油化学工場を保有し、更にアストラハン石油などをグループに加えた。

 なお、2004年9月
   コノコ・フィリップス
はルクオイルに対して7.6パーセント出資金を増額し、更に今後20パーセント以内の増資が可能な協定に署名している。
 両者は、ロシア北部ティマン・ペチョラ地区で油田及びガス田と、イラク西部のクルナ地区を共同開発することでも合意した。
 
  
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
   
  
 
posted by まねきねこ at 19:30| 愛知 | Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロスネフチ Rosneft

   
ロスネフチ

   (Rosneft
 
 ロシアの石油企業で旧ソビエト連邦時代の
   ソ連石油工業省
を母体に設立されたロシア国策会社のひとつ。
 
 
 サハリン、シベリア、Timan-Pechora行政区とチェチェンを含む南ロシアで石油と天然ガスを生産している。
 
 ロスネフチが所有する石油精製施設は
     トゥアプセ(黒海沿岸のクラスノダール地方)
とロシア最東端の精油所として西シベリアで製産された高品位の重油精製に特化した石油精製施設が
     コムソモリスク・ナ・アムーレ(極東)
にある。
  
 
 ロスネフチは、他のロシアの新興財閥同様、コングロマリット化し、本業の石油、天然ガスから派生して船舶、パイプライン及び販売促進会社を傘下に運営している。

 名目上、ロスネフチは株式が公開されているが、ロシア連邦政府の国有財産管理庁に管理されている。
   
 
 なお、2004 年、ロスネフチとガスプロムは合併に一旦は合意したが後に破談している。
 

 
 2004年12月22日、ロスネフチは、
    バイカル・ファイナンス・グループ
               (Baikalfinansgrup)
を買収した。
 
 また、ユコス社の子会社であったユガンスクネフチガスを買収することにも成功している。




     ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ 
  
 
 
   




    
 
 
      
posted by まねきねこ at 07:45| 愛知 ☀| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

ロイヤル・ダッチ・シェル Royal Dutch Shell

ロイヤル・ダッチ・シェル
     (Royal Dutch Shell)
 オランダのハーグに本拠を置くオランダとイギリスの世界第2位の石油エネルギー企業
 スーパーメジャーのうちの1社
 ロイヤル・ダッチ・シェルの事業は、垂直統合で行っており、探鉱 、生産、輸送、精製、販売までの事業を一括でしている。
 
 幕末から明治維新という騒乱の時代を抜け文明開化が花盛りとなった新興国家日本で一旗上げようとして1871年、父親にもらった片道切符と懐に入れた5ポンドで18歳の
   マーカス・サミュエル
     (Marcus Samuel バーステッド子爵)
はロンドンから単身船に乗り来日した。
 商売の種を探そうといてたまたま立ち寄った湘南や三浦海岸で見つけ美しいものや珍しい貝殻を英国に送った。
 父親はロンドンで貝殻を受け取り装飾箱に仕立てて販売するという商売が大いに繁盛したという。

 サミュエルは、1876年(23歳の時)に、横浜で
   マーカス・サミュエル商会
を創業し、日本の雑貨類をイギリスへ輸出、日本に工業製品を輸入したりした。
 また、日本の石炭をマレー半島へ、日本の米をインドへ売るなど、アジアを相手に商売を拡大させていった。

 日本に拠点を置いた貿易で大成功をおさめたサミュエルは、インドネシアで石油探査を行い
   ライジング・サン石油株式会社
をつくって、日本に石油を売り込み始めた。


 原油はバレル樽に詰めて輸出を行っていたものの運搬に手間隙が掛かることからサミュエルは造船の専門家を招いて、世界で初めてのタンカー船「ミュレックス号」を考案し、やがて「タンカー王」として知られるようになった。
 なお、新造タンカー「ミュレックス号」がスエズ運河を通過し、シンガポールに航路をとったのは、1892年8月23日であったという。

 サミュエルは1894年に「日清戦争」が勃発すると、日本軍に食糧や石油、兵器、軍需物質を供給して助けた。 これらの大きな功績によって、明治天皇から
   「勲一等旭日大綬章」
を授けられた。

 サミュエルは「シェル運輸交易会社」を1897年に設立し、本社を横浜の元町に置いた。
 湘南海岸で自ら「貝」を拾った日々の原点に戻って、「シェル」と称した。
 こうして横浜が「シェル石油会社」の発祥の地となった。
 
 ロイヤル・ダッチは、オランダ領東インド(現インドネシア)を拠点に活動していた
   ジャン・バプティスト・オーガスト=ケスラー
            Jean Baptiste August Kessler)
が1890年にオランダ王室からの特許状を受けて
   オランダ領東インド石油開発会社
を設立して石油開発に着手し過酷な気候や風土病に悩まされながらも1892年に操業を開始した。
 その際スタンダード・オイルへの対抗もありシェルに石油運搬を委託していた。
 
 
 当時、世界各地でアメリカのロックフェラー系の
   スタンダード・オイル
      (現 エクソンモービル)
との競争が熾烈になり、英国に拠点を移した金融資本家
   ロスチャイルド財閥
の仲介により、オランダの
   ロイヤル・ダッチ石油会社
とイギリス資本の「シェル石油会社」が石油の利権を確保するため1907年に事業提携し
   ロイヤル・ダッチ・シェル
が誕生した。
 
 このイギリス=オランダ連合の「ロイヤル・ダッチ・シェル」の子会社的存在が、イギリスの
   ブリティッシュ・ペトロリアム(英国石油 略称BP)
という関係にある。

 サミュエルは、石油事業に成功しイギリスに戻ると名士となり1902年に、ロンドン市長になった。
 なお、ユダヤ人として、5人目のロンドン市長である。

 1960年代以降ナイジェリアでも操業し、政府系企業などと合弁で
   シェル・ナイジェリア
として活動している。
 この事業提携が事実上の単一企業と看做されて98年続いてきた。

 2001年ごろから傘下の油田の埋蔵量を下方修正するなど財務上の問題が明らかになり、株主よりコーポレートガバナンス(企業統治)上の透明性向上の要求から単一法人化を求める圧力が急激に高まっていた。
 2005年5月、98年間続いた2社提携の状態に終止符が打たれ、両社は合併して単一の法人ロイヤル・ダッチ・シェルとなった。

 2012年2月10日、近年国家戦略としてエネルギー資源の獲得に意欲を見せる中華人民共和国の中国石油天然気勘探開発公司(中国石油天然気集団の子会社)が、ロイヤル・ダッチ・シェルが保有する、カナダブリティッシュコロンビア州グラウンドバーチの権益の20%を買収し、同地域の天然ガス液化工場での共同プロジェクトに参画することとなった。
 
 現在、売上高が世界2位の民間石油エネルギー会社であり、ヨーロッパ最大のエネルギーグループである。

 グループ企業は145の国に広がり、世界中に47以上の製油所と、4万店舗以上のガソリンスタンドを展開している。

 事業の多角化を早くから行っており、ロイヤル・ダッチ・シェルは石油事業、ガス事業、石炭事業、化学事業、原子力発電事業、金属事業など様々な事業を保有している。

 2000年代の初めからは代替エネルギーにシフトし、太陽光発電 、風力発電、水素プロジェクトなどの新規分野にも積極的に投資をしている。

 
  
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
   
  
 
posted by まねきねこ at 13:39| 愛知 ☔| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

コノコフィリップス ヒューストンに本社を置くエネルギー会社

 
コノコフィリップス

  (ConocoPhillips、NYSE:COP)

 コノコ石油とフィリップス石油が2002年8月30日に合併して設立。
 アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンに本社を置くエネルギー会社。

 旧セブン・シスターズのエクソンモービル・シェブロンBPロイヤル・ダッチ・シェルと共にスーパーメジャーと呼ばれる6大石油会社の1つに名を連ねている。




     ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ 
  


   




   


     
posted by まねきねこ at 19:33| 愛知 | Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

アクエリアス・プラチナ Aquarius Platinum

アクエリアス・プラチナ
    Aquarius Platinum
 オーストラリアの資源開発企業で白金族金属(PGM)生産大手
 バミューダ諸島で免税会社として設立
  
 
 
 白金生産は南アフリカ共和国のアングロ・プラチナ(Anglo Platinum)、南アフリカ共和国のインパラ(Implas)、英国のロンミン(Lonmin)に次いで世界4位である。
 
 本拠を置くオーストラリアの主要証券取引所であるオーストラリア証券取引所の他、英国のロンドン証券取引所、南アフリカ共和国のヨハネスブルグ証券取引所に上場している。
 
 登記上の本社住所はバミューダ諸島にある。
 なお、インパラが株式8.33%を所有する筆頭株主となっている。
 

 生産拠点は世界最大級のPGM開発地域である南アフリカ共和国のブッシュフェルド(Bushveld)コンプレックスであり、南アフリカ共和国における傘下企業である
   Aquarius Platinum South Africa(AQPSA)
を通じて複数の鉱山権益を所有している。
 
 ブッシュフェルドコンプレックスでは主力鉱山はKroondal鉱山などアングロ・プラチナとのJVがメインとなっている。
 
 また、ジンバブエでMimosa鉱山の権益を取得することによりインパラとJVで事業を行っている(M。
  
 
 鉱床における鉱山生産(鉱石採掘から精鉱生産(選鉱)までの工程)に特化しており、製錬などその後の作業は行っていない。
 
 生産した精鉱はJVパートナーであるアングロ・プラチナやインパラへ供給している。

 2009年に同業のブッシュフェルドコンプレックスでPGM開発を行っていた
   リッジ・マイニング
       (Ridge Mining)
を買収している。
   
 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
   
 
 
posted by まねきねこ at 08:23| 愛知 ☀| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

センプラ・エナジー Sempra Energy

センプラエナジー
    Sempra Energy
 (通称 センプラ)

 ロサンゼルスなどを供給エリアとする都市ガス会社
    サザン・カリフォルニア・ガス
とサンディエゴ周辺を供給エリアとする電力・ガス会社の
    サンディエゴ・ガス・アンド・エレクトリック
の2社を傘下に持つエネルギー供給企業である。

 会社は3組織から構成されており、供給会社2社はセンプラユーティリティーズの傘下にあり、 LNG事業や発電、パイプライン事業、エネルギー・金属資源のトレーディングは、センプラグローバル社、さらに金融関連事業を担当するセンプラフィナンシャルとなっている。

 傘下のサザン・カリフォルニア・ガスは、メーター数540万の米国最大規模のガス会社。
 サンディエゴ・ガス・アンド・エレクトリックは電力とガスの双方で320万の需要家を持っている。
 
 エネルギー商品や金属資源のトレーディング部門、発電事業、パイプライン事業の利益が急拡大している。
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
   
   
  
posted by まねきねこ at 18:10| 愛知 ☁| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

住友金属鉱山 ニッケル生産は世界7位の体制を構築

 住友金属鉱山は100%子会社である
   タガニート・エイチパル・ニッケル・コーポレーション
が業務の主体としてニッケルの中間原料を生産するフィリピンの
   タガニート・プロジェクト
が2013年秋にも商業生産を始める見通しを示した。
 
   ・ 人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本
 
 
 昨年10月にタガニート鉱山が中国を信奉する
   新人民軍(New Peoples Army, NPA)
の影響を受けたゲリラとみられる
   武装勢力約50名からの襲撃
を受けて建設工事が一時中断した。
 
 襲撃直後は生産開始時期が半年程度遅れるとして
   14年3月までの開始
を目指すとしていた。
 
   ・ 「自分磨き」はもう卒業! がんばらずに、ぐんぐん幸運を引き寄せる方法
 
 
 当初は施設を破壊されるなどの襲撃を受け操業開始の遅れも当初懸念されていたが、被害を受ける前の計画と比べて1−2カ月の遅れにとどまりそうだ。
 この建設工事は日揮と千代田化工建設の合弁会社などが請け負っている。
 
 同事業は住友鉱が62.5%を出資して主導し、フィリピンの
   ニッケル・アジア・コーポレーション(NAC)
が22.5%、三井物産が15%それぞれ出資している。
 
   ・ お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」 ――本物のお金持ちしか知らない55の法則
 
 
 世界トップ10内の非鉄メジャークラス入りを目標とする位置付けとしていた同事業の生産開始で住友鉱のニッケル生産は世界7位の
   年間10万トン体制
となる。
 
 日本の最大のニッケル鉱石輸入先のインドネシアが
   14年以降の鉱石輸出禁止
を打ち出している。
 
 日系企業はニューカレドニアやフィリピンで新たな鉱山を開発するなど共同で新規調達先の確保に乗り出した。
 
   ・ 金は暴落する!2011年の衝撃 ロスチャイルド黄金支配のシナリオを読み解く
  
 
 また、銅の権益投資については自社の出資比率に応じた生産量が
   年間20万トンクラスの鉱山開発
を50%以上の権益を持って主体的に運営する目的があるという。
 ただ、年間30万トンの持ち分生産を目指す20年までの取得は困難とも見られる。
 
 現在、チリやペルーで開発の早期段階にある2−3件の銅鉱山の権益入札に応札中である。
 住友鉱の現在の年間生産量は12万トンとなっている。

 世界経済の回復の足取りが重いものの地金製錬業については、採算は厳しい状況にあるという。
 資源メジャーとの
   銅鉱石の輸入価格交渉
は新規銅鉱山の稼働により今後需給緩和が見込まれ、改善に向かうと予想しているという。
 
   ・ 長崎奉行の研究
  
 
 住友鉱は12年4−9月期の連結業績見通しを下方修正した。
 ただ、通期業績については見直しを据え置いている。
 
 欧州の債務危機対応や中国の1兆元の景気対策、QE3(量的緩和第3弾)といいものはすべて出てしたため、景気回復が本格化するかについては不透明感がある。
   
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
   
 
 
・  出銑にすべてを懸けた男 大島高任
  
 
 近代日本に決定的な影響を与えた産業人の姿を、克明に活写した力作評伝小説。   
 安政4年(1857)、日本の近代製鉄は岩手・釜石で産声をあげた!
 
 幕末、日本の近代化を推進するのは鉄だとはっきりと見定め
   洋式高炉
の建設にすべてを懸けた男 大島高任。
 次代をつくるために邁進する知的好奇心と向学心、そして“鉄”を中心に鉱工業の近代的な開発・発展に全エネルギーを燃焼させていく決断力と行動力。
 
 大島こそ、日本の産業界の礎を築いた偉人である。
 
 
    
 
   
  
posted by まねきねこ at 21:50| 愛知 ☀| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

XTOエナジー

XTOエナジー
  (XTO Energy
 米国の原油生産企業で1985年にボブ・R・シンプソンにより創業された。
 生産拠点は米国内が中心。
 
   ・ 金儲けが日本一上手かった男―安田善次郎の生き方
   

 同業独立系石油会社
   Headington Oil
   Hunt Petroleum
を買収したことで原油、天然ガスの生産を倍増し、規模の拡大を目指している。
 
 なお、2009年12月14日、米国石油最大手の
   エクソンモービル
がXTOエナジーを310億ドル(約2兆7457億円)で買収することで合意した。
 また、同買収は全額株式交換方式で実施された。
   
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
   
  
 
タイタン〈上〉ロックフェラー帝国を創った男  
  
 奴は守銭奴か。アメリカとはジョン・D・ロックフェラーの遺産だ。
 
  
    
  
 
   
posted by まねきねこ at 01:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

エクソンモービルが米国のデンベリーからシェール資産を取得

 時価総額で世界最大の石油会社
   エクソンモービル
は、米国で原油と天然ガスの生産を復活させた
   掘削技術をポーランドに移転
するエクソンの試みは、生産に結びつかずに終わっている。
 
   ・ 億万長者の秘密をきみに教えよう!
  
  
 エクソンモービルは米国内のバッケン・シェール(頁岩)層で事業拡大するため
   デンベリー・リソーシーズ
から、現金16億ドルと2つの油田権益合わせて
   約20億ドル(約1570億円)相当
と引き換えに、ノースダコタ州とモンタナ州にまたがる
   19万6000エーカー(純ベース)
のシェール層の採掘権を取得する。
   
 エクソンの20日の発表によると、今回の合意を受け、同社が同地域で保有する事業地は約50%拡大することとなる。
 
   ・ ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」
  
  
 今回の取得は、同社が2010年にシェール掘削会社
   XTOエナジー
     (XTO Energy
を350億ドルで買収して以来最大規模となる。
   
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
   
 
アメリカン・ドリームの軌跡―伝説の起業家25人の素顔
 
  アメリカの「伝説」である25人の起業家は、みな常識の枠には収まりきらない波乱に満ちた生涯を送っている。
 著者は淡々とした筆致で、そのエッセンスを描きだしている。

たとえば、金融界の「最高神」
   J・P・モルガン
は、病弱な少年時代を送っている。
 重い鼻の病気にかかり、人に恐怖心を与える醜い顔になってしまう。
 彼がビジネスに興味を抱くのはその病弱さのためだった。
 
 アンドリュー・カーネギーは、一家で借金をしてスコットランドから渡米した移民である。「世界一の富」を築く歩みは、逆境からのスタートだった。
 
 
    
    
   
 
posted by まねきねこ at 20:07| 愛知 ☀| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

ヘリテージ・ゴールド

ヘリテージ・ゴールド(Heritage Gold NZ)
 ニュージーランドに本拠を置く資源探査企業
 1986年に設立しNZX(ニュージーランド証券取引所)に上場、翌年にはASX(オーストラリア証券取引所)に上場している。
 
   ・ アメリカの経済支配者たち
 
 ニュージーランドで行っている金開発と、オーストラリア国内有数の鉱業都市
   ブロークン・ヒル(Broken Hill)の
近隣でのコバルトプロジェクトがメイン事業となっている。
 
   ・ 資本主義崩壊の首謀者たち
  
 また、オーストラリア・北部準州のDunmarra地域で
   ウラン探鉱のライセンス
を取得しており、金・コバルトの他にウラン探鉱も行うことで取り扱う資源の多角化を図る動きがある。
 
   ・ 二酸化炭素温暖化説の崩壊
  
 ニュージーランドでの金事業はKarangahakeで1875年から約40年間金を生産していた
   Talisman鉱山
を所有、年間5万オンスの生産を見込んでいる。
 また、近隣の町Waihiでも探鉱に携わっている。
 
 同国北部のノースランド(Northland)地区では傘下(完全子会社)のNorthland Mineralsを通して金・銀・銅・亜鉛・鉛などの探鉱も手がけている。
 
   ・ 「地球温暖化」神話 終わりの始まり
  
 Broken HillでのコバルトはHeritage Goldが権益を33%所有する企業
   Broken Hill Cobalt
がThackaringaプロジェクトを行っている。
    
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
  
  
危機―平和ボケ日本に迫る
 
 欲望をむき出しにする中国。
 指導者の継承で揺れる北朝鮮。
 潤沢な資源で強硬外交に打って出るロシア…
 
 危機管理の専門家が明かす、脅威の実態、そして、対策。
 日米安保の維持強化・憲法の改正・自衛隊の強化…
 今こそ第二の維新の時である。
 
  
    
    
  
 
posted by まねきねこ at 08:50| 愛知 ☁| Comment(0) | 貴金・鉱物資源会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]