当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2023年10月13日

NY金はそれまでの上昇を消してマイナス圏に沈んだ。 

 
 ニューヨーク金相場は米国の物価統計を受けて年内に政策金利がもう一度引き上げられるとの見方が強まり、金はそれまでの上昇を消してマイナス圏に沈んだ。 

 こうした動きを背景に、利息を生まない投資先である金の価格は大きく反転。それまでの2週間は下げが続いていた。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、
   1オンス=1883.00ドル
と前日比ー0.2%で終了した。
  

 
posted by まねきねこ at 07:17| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月11日

有事の逃げ足は早そうだ

 
 ニューヨーク金スポット相場は前日の取引でハマスのイスラエル攻撃を背景に逃避需要から上昇したが、利益確定の売りが優勢になった。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は11ドル(0.6%)上昇し、1875.30ドルで引けた。

    
posted by まねきねこ at 18:23| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油市場はイスラエル奇襲の影響を消化する格好


 ニューヨーク原油先物相場はハマスによるイスラエル奇襲の影響を消化する格好となり、売りが優勢になり反落した。

 イスラエルとガザ地区が世界の石油市場に与える影響力は小さいものの、原油生産面からいえば中東は世界供給の約3分の1を占めており、市場は潜在的な脅威を懸念している。
 
 イラン産原油の輸出に対する米国の制裁強化のほか、主要石油航路の封鎖や船舶への攻撃が主なリスクとなる。
 この紛争は、米国、サウジアラビア、イスラエルの安全保障協定の可能性をめぐる状況を一変させる可能性もある。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は
   1バレル=85.97ドル
と前日比41セント(0.5%)安で引けた。
 また、北海ブレント12月限は50セント下落し、87.65ドルで引けた。
 
 
ひとこと
 
 リスクを消化し、利益の確保を行ったようだ。

 
posted by まねきねこ at 07:56| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月07日

NY原油相場は利益確保の反発

  
 ニューヨーク原油先物相場は反発して引けた。
 ただ、週間では9%下げ、3月以来の大幅安となった。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は
   1バレル=82.79ドル
と前日比48セント(0.6%)高で終了した。
 なお、北海ブレント12月限は51セント高の84.58ドルで引けている。

 追加利上げの可能性が金融市場を混乱させており、現物市場でのタイトな状況を打ち消す格好となった。

 追加利上げや金利高止まりへの懸念が強まっていることが、最近の原油安の背景にある。
 同時に、テクニカルな売りやアルゴリズムに基づいた取引も下げにつながった。

 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油は週間では8ドル下落した。
 取引時間中では8月以来の安値を付ける場面もあり、サウジアラビアとロシアの供給削減継続による上昇分を帳消しにした。

 今週は米エネルギー省の統計がガソリンの消費量減少と在庫増加を示したため、地合いが悪化した。この統計を受け、価格上昇が製品需要を破壊したかどうかを巡る議論が噴出した。
 
 ただ、ゴールドマン・サックス・グループやバークレイズなどの銀行は、この懸念は行き過ぎだとしている。

  
posted by まねきねこ at 09:00| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月06日

NY金相場は金利高値維持の環境もあり続落状態


 ニューヨーク金相場は9日、3月以来の安値を付け続落したが、米国債利回りの低下が金相場を下支え、小幅な下げにとどまった。

 スポット価格では先週初め以来、米国債利回りの上昇を受けて5%余り下げた。
 その後、1820ドル近辺で小動きとなっている。

 米金融当局が金利高止まりを示唆していることから、金市場では売りが出やすい状態が続いている。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は3ドル(0.2%)下げ、1831.80ドルで引けた。 

  
posted by まねきねこ at 06:41| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月23日

鴨ネギを引き出す流れかも


 ニューヨーク原油先物相場はロシアがガソリンとディーゼル油の輸出を一時的に禁止すると発表したことが引き続き買いにつながり反発した。

 ただ、週間ベースでは0.8%安となり、4週ぶりに下げた。

 米金融当局が高水準の金利をより長期にわたって維持する公算が大きいことを示唆したため、週初に付けた年初来高値からは下げている。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は
   1バレル=90.03ドル
と前日比40セント高で終了した。
 ただ、北海ブレント11月限は3セント安の93.27ドルで引けた。

    
posted by まねきねこ at 06:55| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月16日

NY金相場はほぼ変わらず

 
 ニューヨーク金相場はほぼ変わらずで引けた。
 この日発表された8月のPPIは伸びが市場予想を上回り、インフレ圧力が根強く続いていることが示唆された。

 米経済指標ではPPIのほか、8月の小売売上高も予想を上回る伸びとなった。
 これを受けてドルが上昇したため、金には下押し圧力がかかり、スポット相場は一時0.4%安となる場面もあった。
 その後は0.3%高まで持ち直すなど、前日終値を挟んだ推移となった。

  
posted by まねきねこ at 10:12| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月08日

NY金相場 小幅ながら3日続落

 
 ニューヨーク金先物相場は米雇用に関するデータが力強い数字となったのを受け、米金融当局が政策金利を高い水準で維持するとの見方が強まったため、小幅ながら3日続落して引けた。

 米国経済における労働市場は緩やかに軟化しつつあるが、景気を支える極めて重要な要素だ。

 オックスフォード・エコノミクスの
   ナンシー・バンデン・ホーテン氏
は顧客向けリポートで「この先の利上げを見送るためには、雇用の伸びがもっと緩やかになる必要がある」と指摘した。

 金利上昇は通常、金相場にとっては逆風となる傾向が強い。

 金スポット価格は8月、1オンス=1900ドルを割り込んで推移したこともあった。
 ただ、市場予想を下回る経済指標を受けて米利上げ休止の可能性が意識される中で持ち直しつつあった。

 
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は
   1942.50ドル
と1.70ドル(0.1%)安で終えた。

  
posted by まねきねこ at 07:07| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短期国債の利回りは低下

 
 米国債市場では2年債利回りが失業保険統計の発表直後に一時上昇する場面もあったが、その後は5%を下回ってじりじりと下げた。

 BMOキャピタル・マーケッツのストラテジスト
   イアン・リンジェン氏
は顧客向けリポートで「一連の堅調な雇用関連データは、雇用市場がしばらくは底堅さを維持するとの見方を後押しする」と指摘した。
 
 また、「市場ではここから、企業のヘッジに関連したフローへの警戒が続くだろう。9月に入って以降、こうしたフローは値動きを左右する最大要因となっているためだ」と続けた。


   
posted by まねきねこ at 06:52| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月02日

NY原油 7営業日続伸と、1月以降で最長の上昇局面


 ニューヨーク原油先物相場は7営業日続伸と、1月以降で最長の上昇局面となった。
 バレル当たり85ドルを上回り、昨年11月以来の高値で引けた。 

 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が数カ月続けてきた供給削減が、現物市場に影響を及ぼし始めた。
 
 また、世界の原油消費の主要なけん引役である中国が景気押し上げ策を講じていることも強材料となっている。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は
   1バレル=85.55ドル
と前日比1.92ドル(2.3%)高で終了した。
 
 週間では7.2%上昇し、3月以来の大幅な上昇率を記録した。

 また、ロンドンICEの北海ブレント11月限は1.72ドル(2%)上昇し、88.55ドルだった。
 

     
posted by まねきねこ at 07:27| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月11日

原油価格が90ドル台前半に上昇するとの見通し?

  
 ゴールドマン・サックス・グループの商品リサーチ世界責任者
   ジェフリー・カリー氏
は、顧客向けリポートで今回の石油輸出国機構(OPEC)の減産で石油在庫が減少し、原油価格は90ドル台前半に上昇するとの見通しを示した。


 なお、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は、前日比1.12ドル(1.6%)安の1バレル=70.17ドルで終了している。
 また、ロンドンICEの北海ブレント8月限は1.17ドル(1.5%)安の74.79ドルで引けた。


ひところ

 サウジが原油の減産を発表したが市場は踊らずに70ドル割れ寸前まで下落し引けており、こうした流れとはやや異なる見方だ。

 ただ、世界経済のブロック化が強まればロシアへの軍事支援を影で実施し、北朝鮮への支援なども継続している原油最大使用国のひとつである中国の経済が低迷し、原油需要は高くはならないといった見方もある。

 天候がエルニーニョで今冬が暖冬になれば更に原油の使用量は低迷し、OPEC加盟国の間で消費先を求めたたたき売りが加速することもあるだろう。
 

 米エネルギー省は同日、戦略石油備蓄(SPR)として、新たに原油300万バレルを購入する計画を明らかにした。 
 原油価格上昇時に戦略備蓄を取り崩して空いた穴を埋める動きだ。

 これに対して、日本政府は戦略備蓄を売って市場価格を安定化させる判断が適時適切な量を調整できずに市場の動きを見守る(?)のは政治とは言えない。 

 同じことは円安時に日本が保有する米国債券と外貨の保有量を適時適切に調整すら出来ないままで放置し、発展途上国には戦略すら幼稚な思考で金をばらまく成金の如き政治家の対応は問題そのものだ。
  

    
posted by まねきねこ at 06:45| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月08日

NY近先物市場は年内の利下げ観測が後退したことで反落


 ニューヨーク金相場は米雇用統計が市場予想より強い内容となり、年内の利下げ観測が後退したことで反落した。

 米金融当局が年内に複数回の利下げを実施するとの期待は弱まる可能性がある。

 銀行セクター混乱の中、米リセッション懸念で利下げ観測が高まったことから、金は3月初旬から10%余り上昇してきた。
 緩和的な金融政策は金のような利回りを生まない資産に恩恵となる傾向がある。
 
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は
   1オンス=2024.80ドル
で前日比30.90ドル(1.5%)安となった。
 スポット価格は一時2.5%安の1999.61ドルを付けた。 

 
posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油先物相場は反発


 ニューヨーク原油先物相場は反発した。
 ただ週間ベースでは今年最長となる3週連続の下落となった。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物6月限は
   1バレル=71.34ドル
と前日比2.78ドル(4.1%)高で終了した。
 また、ロンドンICEの北海ブレント7月限は2.80ドル高の75.30ドルで引けている。

 需要軟化を巡る懸念が薄商いで増幅されたような動きだ。

 米国地銀問題の再燃やリセッションに向かっているとの懸念を背景に、今週の取引レンジは13ドルに及んだ。

 現物市場では強さの兆しも見られ、こうした原油の売りは行き過ぎだった可能性も示唆される。 
 
 英国の原油大手シェルのワエル・サワン最高経営責任者(CEO)は4日、原油市場は実際には「かなりタイトだ」とメディアの取材で話した。


posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月03日

原油下落はOPECの思惑通りに動かない市場の原理だ


 英国金融仲介業者ICAPのエネルギースペシャリスト
   スコット・シェルトン氏
は「原油市場は投資家不在で砂漠のような状態だ」と指摘したうえ「予測できそうな値動きを生み出す需給の材料がない」と続けた。

  
ひとこと

 OPECの思惑通りにいつまでも動くものではない。


    
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月01日

NY金相場 小幅に上昇


 ニューヨーク金相場は小幅に上昇した。
 
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は、前日比10セント高の1オンス=1999.10ドルで引けた。 
 
 
    
posted by まねきねこ at 05:40| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月22日

原油相場 週間ベースでは5週間ぶりの下落


 ニューヨーク原油先物相場はウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油先物は先週に200日移動平均を突破できず、そこから下げ基調が続鋳ていたが、この日は反発した。
 
 ただ、週間ベースでは5週間ぶりの下落となった。

 4月初めに石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」がサプライズ減産を発表した。
 その後、原油相場は急伸したが、その勢いは需要懸念に押されて失速した格好だ。

 ニューヨーク商品取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は
    1バレル=77.87ドル
前日比50セント(0.7%)高で終了した。
 
 ロンドンICEの北海ブレント6月限は56セント上げて81.66ドル。
  

 スタンダードチャータードのアナリスト、エミリー・アシュフォード氏は「OPECプラス減産を巡る興奮の一部は薄れたようだ」と指摘した。

 ただ、多くの市場関係者は引き続き中国の需要回復を見込んでいる。18日発表された中国の1−3月の国内総生産(GDP)は前年同期比4.5%増と1年ぶりの高い伸びとなり、景気の持ち直しが軌道に乗っていることを示唆した。

   
posted by まねきねこ at 07:09| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月20日

WTI原油は1バレル=80ドルを割り込んだ。


 ニューヨーク原油先物相場は米原油在庫が減少したものの、需要懸念を払拭するまでには至らなかったため反落した。
 
 米ドルの堅調な値動きや金融市場全般のリスクオフの動きにも押され、WTI原油は1バレル=80ドルを割り込んだ。

 原油市場では需要への不安が再び強まっており、石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」の減産による影響を鈍らせてた。

 
 ニューヨーク商品取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は
   1バレル=79.16ドル
と前日比1.70ドル下落して終了した。
 なお、ロンドンICEの北海ブレント6月限は1.65ドル下げて83.12ドルで引けている。
 
   
  
posted by まねきねこ at 20:27| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月15日

世界の市場に需給引き締まりの兆候が出ていることに支えられ反発

 
 ニューヨーク原油先物相場は世界の市場に需給引き締まりの兆候が出ていることに支えられ反発、週間でも値上がりした。

 国際エネルギー機関(IEA)は、価格が上昇する恐れがあると警告している。

 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は終値で1バレル=82ドルを上回った。
 週間ベースでは4週連続高となり、昨年6月以来の長期連続上昇となっている。

 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」による予想外の減産発表した後、原油相場は5カ月ぶり高値付近で推移している。

 また米国での在庫減少やロシアからの供給減少、イラクのクルド人自治区からの供給混乱も相場の押し上げ要因となっている。

 
 ニューヨーク商品取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)5月限は
   1バレル=82.52ドル
と前日比36セント(0.4%)上昇して引けた。週間では2.3%上昇だった。

 また、ロンドンICEの北海ブレント6月限はこの日、22セント高い86.31ドルだった。週間では1.4%上げた。

   

posted by まねきねこ at 08:09| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月30日

NY原油 燃料需要の低調さが嫌気され下げに転じ3日ぶりに下落


 ニューヨーク原油先物相場はアルゴリズム取引での買いが続いていたが、燃料需要の低調さが嫌気され下げに転じ3日ぶりに下落した。

 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は、終値でバレル当たり73ドルを下回った。

 米国エネルギー情報局(EIA)によると、工業や暖房に利用されるディーゼル油の需要は、この時期としては7年ぶりの低水準で推移しており、経済活動の低調さが示唆される。

 WTI先物は午前中は堅調に推移し、74ドルを上回る場面もあった。

 ただ、原油在庫が先週700万バレル余り減少したとのEIA発表に反応し下落に転じた。トレーダーらが原油先物に再び買いを入れる中で、モメンタム投資の商品取引顧問業者(CTA)が原油上昇を下支えしていた。

  
 ニューヨーク商品取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は、
   1バレル=72.97ドル
と前日比23セント(0.3%)安で終了した。
 また、ロンドンICEの北海ブレント5月限は37セント安い78.28ドルだった。

  
posted by まねきねこ at 07:02| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月01日

NY原油市場では先物4月限が高く引けた


 ニューヨーク商品取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は28日
   1バレル=77.05ドル
と前日比1.37ドル(1.8%)高く終了した。

 また、ロンドンICEの北海ブレント4月限は1.44ドル高い83.89ドルだった。
 ブレント4月限はこの日が最終取引であった。中心限月となった5月限はこの日、1.41ドル上昇の83.45ドルだった。


   
posted by まねきねこ at 21:31| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする