当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2020年03月28日

カナダは 大規模な資産購入プログラム


 カナダ銀行(中央銀行)は27日、同行初の
   大規模な資産購入プログラム
を発表した。
 また、政策金利を過去最低まで引き下げた。

 金融市場にかかる負荷を和らげ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う影響から経済を守るための措置だ。
  

 カナダ中銀は再度の緊急利下げで、政策金利を0.5ポイント引き下げ0.25%とした。
 中銀ではまた週間で少なくとも50億カナダ・ドル(約3800億円)相当の国債および企業の短期債を購入する計画も発表した。


 ポロズ総裁は記者会見で、金融システムの適切な機能を回復することが第一の目的だと述べた。
 金融システムに著しい負荷がかかっており、特に
   コマーシャル・ペーパー(CP)市場
は「凍り付いている」と述べた。
  

 会見の冒頭で、「今回の決定が意図することは2つある。信用供給を継続できるよう金融システムを直ちに支援することと、長期的に経済が正常な状態に戻れるよう基礎を築くことだ」と説明した。


ひとこと

 日銀の政策の質の悪さが日本の国益に害を与えてきたが、何も対応できない状況では話にもならない。
 円安ではなく、円の価値を高めて日本資産をタダ同然で国際資本に引き渡すような動きが早急に停止すべきだ。

 海外勢力の影響下にあり、ユダヤ系の論理を中心として権益網を与えた責任は重い。
 
   

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

    
posted by まねきねこ at 17:23| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

原油備蓄は早急に調整すべき


 NY原油先物相場は国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長が
   新型コロナ肺炎
の感染拡大に伴う経済活動縮小で、石油需要が最大で
   日量2000万バレル相当
が減少する可能性があるとの見方を示した。

 米国政府が戦略石油備蓄(SPR)増強を目的とした原油購入方針を取り下げたことも弱材料となった。
ひとこと
 バレル20ドル割れから15ドル付近まで値を消す可能性がある。
 日本政府は保有する原油戦略備蓄の調整で、手持ちを半減させ損失の調整を早急に実施すべきだろう。
   


   
posted by まねきねこ at 21:11| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

原油市場は売りが多く底値が見えなくなりつつある


 
 ゴールドマン・サックスのアナリストらは
   「新型コロナウイルスの感染拡大」
による原油需要の減少がより顕著になっているリポートで明らかにした。
 
 OPEC第2位の産油国であるイラクのタミール・アリ・ガドバン副首相兼石油大臣は、原油価格の下落に反応し、OPECに宛てた書簡の中で石油市場協調に向けた
   OPECプラス臨時会合
を早急に行うよう呼びかけた。
 この書簡には「石油市場は現時点で不確実な状況にある。この状況はOPECプラス合意が締結された時の条件とは全く異なっている」ことも言及した。
 イラクにとって都合のよい原油価格は1バレル=60ドル前後だが、現実は大きく値を崩しており、経済再建への道筋が消えているため、収益確保から協調を促したかたちだ。
 ロシアなどは市場確保の観点もあり減産合意に反対しているためOPECプラスに参加する各国担当大臣は2016年末から減産取引のパラメータを合意できないでいる。
 
 OPECプラス減産合意は今年4月末に有効期限を迎える。
 
 交渉決裂から油価は30%以上の下落を見せた。ブレント原油価格は1バレル=29ドル前後、WTI閣下右派27ドル40セントだが、主導権を握りたいサウジが増産を発表して以降売りが膨らんでいる。


ひとこと

 原油市場では消費国の市場確保の争いとなっており、価格維持のため合意したとしても収益確保のため裏で増産が行われることが多い。
 ただ、価格下落により北極海や高深度における場所の原油を発掘するための資金は回収が難しくなるため底値の限界はある。
 
   

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
  

    
  
posted by まねきねこ at 04:55| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油市場が緩んでいる


 ロンドン市場ではブレント原油先物5月限の価格が
   1バレル=26.88ドル(前日比−6.51%)
まで下落した。

 また、NY原油市場ではWTI原油先物5月限の価格が前日比で10.72%安の1バレル=24.4ドルまで底値が緩んだ。

  
   
posted by まねきねこ at 04:41| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

中国などで需要が減少するとの見通しを踏まえ、2020年の世界の原油需要予想を下方修正


 モルガン・スタンレーは3日、新型ウイルスの感染拡大に伴い、中国などで需要が減少するとの見通しを踏まえ、2020年の世界の原油需要予想を下方修正した。
 
 第2・四半期のブレント先物の価格見通しを
   1バレル=55ドル
と、従来の57.5ドルから引き下げた。
 また、米国WTIも52.5ドルから50ドルに引き下げた。
 
 

        ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
     
  
posted by まねきねこ at 04:56| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

石油製品も下落していく可能性が高い


 ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は大幅に続落した。
 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の4月物は
   1バレル49.90ドル( 前日比−1.53ドル)
で取引を終えた。

 終値で50ドルを割り込むのは11日以来となる。

 新型コロナウイルスのまん延で世界景気の先行き不透明感が高まり、原油需要が減るとの見方から先物は売りが優勢だった。

 石油輸出国機構(OPEC)と、ロシアなど非加盟国の追加減産を巡る不透明感も相場の重荷となった。サウジアラビアは新型コロナの影響を考慮した追加減産に前向きな一方、ロシアは最終的な判断を示していないと伝わった。

 原油市場では「新型コロナの影響で原油需要が減る中、追加減産が十分な規模にならない可能性が意識された」ようだ。

  
   

posted by まねきねこ at 06:23| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

NY原油相場は反落


 ニューヨーク原油先物相場は反落、週間では2018年以来最長の5週連続下落となった。

 新型ウイルスの感染拡大で需要見通しが曇った形だ。

 なお、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国で構成する「OPECプラス」は減産を提案した後、ロシアの決定を待っている状況である。



ひとこと

 景気後退で収入が減る状況で減産に合意できる可能性は低い。
 OPECが原油価格の決定権を持つことが出来なくなりつつある。
  
posted by まねきねこ at 18:31| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

NY貴金属相場は堅調


 ニューヨーク金先物相場は反発している。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は
   1オンス=1560.30ドル(前日比+0.6%)
で終了した。
  
  
 また、パラジウムのスポット価格は
   供給不足と堅調な需要
を背景に2008年以来の大幅高となり、連日で最高値を更新した。
 
   
  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  


     

posted by まねきねこ at 06:18| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油相場 週間ベースでは2週連続で値下がり


 ニューヨーク原油先物相場は先週末はほぼ変わらずで引け、週間ベースでは2週連続で値下がりした。
 供給の余剰が続いている兆しが重しとなり
   米中貿易合意
の署名を受けた楽観を相殺した。


 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物2月限は2セント(0.1%未満)高い1バレル=58.54ドルで終了した。
 なお、週間では0.9%安だった。

 ロンドンICEの北海ブレント3月限は前日比23セント上げて64.85ドルで引けた。
    

  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  


    

posted by まねきねこ at 06:15| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

NY金相場 スポット価格が3カ月ぶり高値


 ニューヨーク金先物相場はドル安や世界経済の不安、貿易摩擦を背景に、スポット価格が3カ月ぶり高値を付け、年間では19%高と2010年以来の大幅高となった。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は
   1オンス=1523.10ドル
と前日比0.3%高い水準まで買われ終了した。



   
posted by まねきねこ at 07:02| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油相場 1バレル=61.06ドル


 ニューヨーク原油先物相場はバグダッドで米国大使館の敷地内に群衆が突入する事態が発生したため、買いが先行した。
 その後、群衆は敷地内から排除されたとのスカイ・ニュースの報道が伝わり、売りが優勢になり続落した。
  

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物2月限は
   1バレル=61.06ドル
と62セント(1%)安で終了した。

 年間では34%上昇し、2016年以降で最大の上げとなった。

 また、ロンドンICEの北海ブレント3月限は前日比62セント安の61.06ドルで引けている。



    
posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

NY金市場は買いが集まった。


 ニューヨーク金先物相場は金スポット価格は中国の代表団が米農家の視察を中止したことを受け反発した。
 
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.6%高の1オンス=1515.10ドルとなった。なお、一時0.9%高まで買われた。


  
posted by まねきねこ at 05:43| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油は小反落


 NY原油は主要石油施設が攻撃されたサウジアラビアだが、供給契約は履行されると市場が確信を強め、遅い時間に上げの大半を失い小反落した。
 
 ただ、攻撃されたことに続く混乱から、週間ベースでは6月以来の大幅高となった。
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミデエート(WTI)先物10月限は
   1バレル=58.09ドル(前日比−4セント(0.1%))
で終了した。
 
 なお、10月限はこの日が取引最終日だった。

 ロンドンICEの北海ブレント11月限は12セント安の64.28ドルだった。
 
   
   
posted by まねきねこ at 05:39| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

金相場下落


 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.5%安の1オンス=1529.40ドルで引けた。


  

posted by まねきねこ at 06:11| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油相場大きく下落


 ニューヨーク原油先物相場は米国の原油生産は過去最高水準に達しており、貿易摩擦だけでなく、株価下落も注目されたため売りが膨らみ大幅反落し、月間ベースでも6%近く下げた。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物10月限は
   1バレル=55.10ドル(前営業日比ー1.61ドル(2.8%))
となった。

 ロンドンICEの北海ブレント10月限は65セント下げて60.43ドルだった。
  
 
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

 
   


posted by まねきねこ at 06:07| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

安全逃避資産としての金の需要が後退


 ニューヨーク金先物相場は米国が対中追加関税の発動を一部品目に関し延期したことで、安全逃避資産としての金の需要が後退し反落した。

 
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は
   1オンス=1514.10ドル(前日比−0.2%)
で終了した。
 なお、日中は1.9%高となる場面があった。 


   

posted by まねきねこ at 07:29| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

金相場 FOMC会合を来週に控えて様子見姿勢


 ニューヨーク金先物相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)会合を来週に控えて様子見姿勢が広がりほぼ変わらずだった。
 
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は
   1オンス=1426.90ドル
で引けている。
 

   
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
  
 

 
posted by まねきねこ at 06:19| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油相場 ここ1週間余りで最大の上げ


 ニューヨーク原油先物相場はイランによる英タンカー拿捕(だほ)でエスカレートする中東での緊張を巡り、懸念が強まったことを背景に上昇。ここ1週間余りで最大の上げとなった。
 
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物8月限は
   1バレル=56.22ドル
と前週末比+59セント(1.1%)上昇した。
 
 上昇率は10日以降で最大だった。
 なお、8月限の取引は22日で終了する。
 
 事実上の中心限月となった9月限は46セント高の56.22ドルだった。
 なお、ロンドンICEの北海ブレント9月限は79セント高の63.26ドルで引けている。

   
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
   
posted by まねきねこ at 06:18| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

代替資産としての金の需要が後退


 ニューヨーク金先物相場はニューヨーク地区連銀の
   ウィリアムズ総裁
の18日の講演内容を巡り、発言の趣旨を明確にする説明を行ったことを受けて米ドルが上昇したことを背景に3日ぶり反落。
 代替資産としての金の需要が後退した。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は0.1%安の1オンス=1426.70ドルだった。


   
posted by まねきねこ at 03:00| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

原油 5営業日ぶり反発


 ニューヨーク原油先物相場はイランによる英タンカー拿捕で
   重要な原油輸送路
に影響が出るとの懸念が強まり5営業日ぶり反発した。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物8月限は33セント(0.6%)高の1バレル=55.63ドルとなった。

 なお、ロンドンICEの北海ブレント9月限は83セント上げて62.76ドルで引けている。
   
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
  
posted by まねきねこ at 07:19| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]