当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年05月11日

NY原油市場 WTI先物は続伸


 ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は続伸した。
  

 米国トランプ政権による核合意からの離脱表明で
   対イラン制裁
が懸念されたものの、サウジアラビアが他の産油国と共に
   影響緩和
に取り組む準備があると明らかにし、上値が限定された。

 ロンドンICEの北海ブレント7月限は0.26ドル高の77.47ドルで終えた。



NYMEX
 WTI先物6月限

 1バレル=71.36ドル
   前日比+0.22ドル(0.3%) 


   
ひとこと

 OPECでの勢力争いの感じにも見える。

 サウジアラビアなどスンニ派のアラブ国家はイランが原油市場に復帰すれば、イランの
   パーレビ体制崩壊
で引き起こされた
   石油ショック
を利用して消費国の囲い込みに成功し莫大な権益を確保した。

 イランの原油市場復帰で軟化していた原油価格の引き上げを目論む国際資本との権益の確保の方向性が一致した動きでもある。

 原油価格も余り上がると、代替燃料や非在来型のシェールガスやオイルの生産が急増してしまい市場確保が出来なくなるリスクがあり、お湿りともいえる発言対応だろう。
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

  
    
  
  
    
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

金融業界開放に向けた取り組み


 貿易を巡る米中の対立が過熱する中、中国の
    習近平国家主席
は10日、中国の海南島で開催中の博鰲(ボアオ)アジアフォーラムで本土の金融業界開放に向けた取り組みを年内に推進すると表明した。
 
 
 習主席は銀行や証券会社、保険会社に対する外資の出資制限緩和という昨年11月に発表した方針を2018年に確実に実施すると明らかにした。


   


 トランプ米政権が中国の輸入品への関税案を示す中
   40兆ドル(約4290兆円)規模
の本土金融セクターの自由化に向けた期限を示した形。

  
 中国当局は銀行に対する外資の出資制限を撤廃した。
 本土の証券合弁会社の過半数の株式取得を海外企業に認めるなどの案を11月に発表した。

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  

  
   
posted by まねきねこ at 18:58| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

米中貿易摩擦 外交的打開策の見通しは低い。


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は6日午前に、77WABCラジオとのインタビューで米中の
   貿易摩擦
の拡大に伴う対抗措置の広がりについて
   「私は少しの痛みがないとは言っていない」
と指摘したうえで、「われわれは若干失うかもしれないが、達成した時には米国がはるかに強い国になるだろう。私の意味するのはこういうことだ」と述べ投資家への短期的な痛みの後は
   長期的な利益
がもたらされると説明した。 

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  

  
   
posted by まねきねこ at 05:47| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

米中貿易戦争への懸念 原油市場は売りが膨らみ下落



 NY原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は反落した。
 米国が中国に対する大規模な関税を発表したことから、米中間において貿易戦争に発展するとの不安で株式相場が下落した。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物5月限は前日比87セント(1.3%)安の
   1バレル=64.30ドル
で終了した。

 ロンドンICEの北海ブレント5月限は56セント下げて68.91ドルだった。
  
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
posted by まねきねこ at 06:16| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ関税 金市場では買いが集まり上昇


 米国金融市場では米大統領
   ドナルド・トランプ氏
が中国製品約500億ドル(約5兆2800億円)を対象とした
   大規模な関税賦課
を命じた。

 その後、投資家の注目はトランプ政権の米金融政策から、世界経済の成長を妨げかねない
   米中間貿易戦争
への懸念に移り、ニューヨーク金先物相場は続伸し終値では3月6日以来の高値となった。 

 トランプ米大統領の新たな対中関税発表にかけて、金の未決済建玉 (オープンインタレスト)は1月以来の高水準に増加した。

 こうした動きは報復措置を誘発し、世界成長見通しが悪化するとの警戒が広がった。



ニューヨーク商品取引所(COMEX)

 金先物6月限
   1オンス=1333.20ドル
    前日比+0.4%
  
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
posted by まねきねこ at 06:13| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

ロズセイ・ライフに年金保険資産120億ポンド(約1兆8000億円)相当を売却



 英国最大の保険会社
は英国内の年金保険資産
   120億ポンド(約1兆8000億円)相当
を英国のロズセイ・ライフに売却した。

 なお、プルーデンシャルはアジアでの成長を重視しており、英国に本拠を置くM&Gプルーデンシャル部門のスピンオフ(分離・独立)も計画している。
  

 プルーデンシャルの
   マイク・ウェルズ最高経営責任者(CEO)
は、M&Gプルーデンシャルのスピンオフが英国と欧州の
   貯蓄・退職年金市場
の発展でより大きな役割を果たすことを可能にすると述べ、プルーデンシャル本体は「アジアと米国における市場をリードする事業の魅力的なリターンと成長の潜在力に焦点を絞ることができる」とコメントした。

  
 なお、ロズセイへの資産売却は資本負担を軽減する戦略の一環となる。

 なお、ブルームバーグ・ニュースは先に、米国の投資会社
が出資するロズセイがプルーデンシャルの年金資産購入の最有力候補だと報じていた。 

ひとこと

 投資資金の有効な活用を模索したのだろう。


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

    


  
   
posted by まねきねこ at 03:00| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

投資銀行部門で約250人を配置転換する計画


 クレディ・スイス・グループは、英国の
   欧州連合(EU)離脱
への対応の第一弾として、投資銀行部門で
   約250人を配置転換する計画
だと、この事情に詳しい関係者がメディアの取材で非公開のため匿名を条件に明らかにした。

 計画ではトレーディングやM&A(企業の合併・買収)助言を手掛ける従業員がロンドンからフランクフルトまたはマドリードに移る公算が大きい。

 移転先としてパリは却下されたという。

 現地の監督当局や政府当局者らとの協議後、フランスへの移転計画を撤回したと述べた。

 
 クレディ・スイスは英EU離脱後に現在ロンドンで行っている業務をどうするかについて
   まだ明確にしていない
という。

 ウルス・ローナー会長は今月、離脱交渉の行方が不透明な中で各銀行は今後2、3カ月内に
   応急的な計画
を発動させなければならないだろうと語っていた。
 
 
 クレディ・スイスの広報担当者は、EUと英国の間に合意ができない状態での離脱となる
   「ハード・ブレグジット」
の場合にEU内の顧客と市場へのアクセスを維持するための最良の方法を
   「引き続き模索している」
と説明し、計画の詳細についてはコメントを控えたとのこと。
  
  
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
posted by まねきねこ at 20:19| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

強力な規制措置を提案がいつ出るのか?


 仮想通貨ビットコインは12日の取引で9000ドル回復に近づいた。
 これまで、当局による規制強化への懸念で下落してきたが、この懸念が後退しつつある動きが見られる。

 取引市場における価格で、ロンドン時間午前10時26分は2.6%高の8774ドルだった。
 なお、信用不安が広がった6日には日中取引で一時6000ドルを割り込んでいた。

 また、リップル、イーサ、ライトコインはそれぞれ3.5%以上の上昇となった。
 
 
 米証券取引委員会(SEC)と米商品先物取引委員会(CFTC)の委員長が先週の
   議会証言
で強力な規制措置を提案しなかったことで今のところは安心感が広がり、タイの中央銀行が12日に銀行の
   仮想通貨取引禁止
を発表したことは響かなかった。
  
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    
posted by まねきねこ at 05:48| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

ヘッジファンドやマネーマネジャーは、どんなトリガーポイントを持っていようと、今はそれに基づいて動いている。


 ウィリアムズ・キャピタル・グループ
   スティーブン・カール氏
は米株式相場が8日、調整局面入りしたことについて、メディアの取材に対し、ヘッジファンドやマネーマネジャーは、どんなトリガーポイントを持っていようと、今はそれに基づいて動いていると指摘し、静観することはできないと続けた。

 トレーダーは週末前最後の営業日である金曜日に備えていると述べ、先週金曜日も大きく売り込まれたと語った。

 明日の市場が不安定な場合、今日のように終盤で急落することもあり得ると語った。 


ひとこと

 休みの間に何が起きるかわからない。 


     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    
posted by まねきねこ at 06:38| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

株式の下落は「ガス抜き的な調整」であれば、6ー7割程度は既に完了


 野村証券・金融市場調査部のクオンツ・ストラテジスト
   田将成氏
は投機資金の動きを分析し、米国株急落、ボラティリティー急騰、センチメント悪化と典型的なベア局面の症状を確認し、リスクオフ局面に突入したと判断したという。
  
 
 アルゴリズム勢のポジション解消が急ピッチで進んだ結果
   「ガス抜き的な調整」
であれば、6ー7割程度は既に完了との見方も示した。

 2日の米雇用統計では平均時給の予想以上の上昇を確認した。
 インフレ懸念の高まりから米10年債利回りは一時4年ぶり高水準となる2.8%台に上昇した。
 
 急ピッチの金利上昇が米経済や株式市場を冷やすとの懸念は、米国株投資家の恐怖心理を表すCBOEのボラティリティー指数(VIX)が15年8月以来の高水準に急騰したことからもうかがえる。。 


ひとこと

 ガス抜きだけであれば長い回復をするなかのお湿りだ。
 フレームが壊れなければ問題はない。 


     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    
posted by まねきねこ at 19:38| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

対北朝鮮制裁品目と贅沢品がメディアの目に晒される様の周到に準備


 南北(韓国・北朝鮮)スキー選手合同練習が1月31日から1泊2日の日程で行われた北朝鮮の
   馬息嶺(マシクリョン)スキー場で
は、対北朝鮮制裁品目と贅沢品がメディアの目に晒される様の周到に準備され、意図的に見せつける戦略が見られたという。

 
  北朝鮮は国際社会が対北朝鮮輸出を禁止したスノーモービルSki−Doo4台を見せつけるように出した。
 このカナダ産の装備は1台あたり1万ドル(約110万円)にもなる。
 
 
  欧州連合(EU)は2006年、対北朝鮮輸出禁止品目に「スキー・ゴルフおよびダイビングなど水上スポーツ関連装備」を含めた。

  スキー場内の馬息嶺ホテルで販売する化粧品の陳列台には欧州のバーバリー・ランコム・ケンゾー、日本の資生堂クリームなどが並んでいた。

  ホテル1階のロビーには「鶏卵クリーム菓子」と書かれたマカロンのほか、クロワッサン、DOVEのチョコレートが置かれていたが、いつ購入したものだろうか...
  
  

ひとこと

 経済制裁を受けても、手に入れることは可能だといった金正恩の思惑を感じさせるものであり、制裁で核開発を諦めることはないとの主張でなのだろう。

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


     
   
posted by まねきねこ at 02:00| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

台湾の検察当局 軽油を北朝鮮に密売した疑いで捜査


 台湾の検察当局は1日、50代の貿易商の男が
   軽油を北朝鮮に密売
した疑いがあり、捜査していると発表した。
  

   

    
 検察当局や台湾メディアによると、男は昨年12月、自身が実質的に所有するタンカーで
   軽油7000トン
を台中港から東シナ海の公海上に運ばせ、北朝鮮側に引き渡した疑いが持たれている。

 男は海外で登記したペーパーカンパニーを使ってタンカーの所有権を取得した。
 なお、目的地を香港と偽って申告していた。
  
  
 検察当局は、密売は複数回にわっているとみて捜査を本格化させる方針で、男に
   海外への渡航禁止
などを命じた。
 
 
 台湾では別の貿易商が、同様の手口で北朝鮮に石油製品を密売したとして
   テロ支援防止法違反
で資産を凍結されたほか
   無煙炭
を密売した疑いのある貿易商が逮捕された。

 この捜査のきっかけはいずれも米国からの情報だったという。 


ひとこと

 利を追い求めた結果だが、北朝鮮ン関係者との接触ルートが明らかにされていない。
 情報源をを明らかにすることで諜報網が明らかになってしまうことにもなりかねない。

 偵察衛星できた朝鮮へ向かう船舶を捕捉していたのだろう。
  
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
posted by まねきねこ at 10:00| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

NY原油先物相場は3営業日ぶりに反発


 ニューヨーク原油先物相場は3営業日ぶりに反発した。
 指標の米国産標準油種(WTI)の3月渡しが
   1バレル=64・73ドル
      (前日比+0.23ドル)
で取引を終えた。

 米週間石油統計でガソリンや石油精製品の在庫が減少したことが材料視され、買い注文が優勢となった。
 ただ、原油在庫が市場の予想以上に増えたことが相場の重しとなり、上げ幅は限定的だった。 

   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    
posted by まねきねこ at 06:43| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽観的な業績見通しでブロードコムが急上昇


 米株式市場では楽観的な業績見通しを示したことが好感されブロードコムが急上昇した。

 同社は2017年11月−18年1月(第1四半期)の調整後利益について、前年同期比40%増の1株当たり約5.10ドルになると予想した。

 なお、事前のアナリスト予想平均では1株当たり4.95ドルだった。

 同社は米クアルコムに対し、1050億ドル(約11兆4700億円)での買収案を提示している。

 11−1月の売上高は53億−53億5000万ドルになる見通し。
 従来予想は調整後売上高が53億ドルにプラスマイナス7500万ドルだった。

 同社株価は一時5%上昇した。 

   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    
posted by まねきねこ at 05:35| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

原油急騰し1バレル70ドルを窺う動き


 北朝鮮問題やイランへの米国による再制裁の動きなどを背景に今年に入ってから原油価格の値上がり傾向が続いている。
 こうした背景の中、イランの国営放送IRIB通信によると、今月12日の時点でイラン産軽油は1ドル69セント値上がりし
   1バレル=69ドル26セント
に達した。

 また、同時点におけるイラン産重質油も1ドル24セント値上がりし
   1バレル=65ドル62セント
に達し、今年に入ってから現在までの平均価格は1バレル65ドル7セントとなっている。

 同時点でのOPEC石油バスケット価格は
   1バレル=66ドル81セント
となり、これはその前の週に比べて1ドル32セントの値上がりを示している。
 
 また、WTI原油価格は、今月12日までの時点で1ドル91セント値上がりし
   1バレル=63ドル27セント
に達し、さらに北海ブレントは1ドル68セント上昇して
   1バレル=69ドル62セント
となっている。

 アラブ首長国連邦・ドバイとオマーンの原油価格指数は順に、1バレル65ドル87セント、66ドル22セントとなっており、その前の週に比べてドバイは1ドル16セント、オマーンは1ドル23セント値上がりしている。

 米国では、例年にない厳しい寒波の到来により一部の油田での産油活動が困難となっている。
 こうしたことから、同国の石油の生産量は1日あたり30万バレル減少し、950万バレルにまで落ち込んだ。

 米国のEIAエネルギー情報局は、今年の同国の産油量が1日当たり1027万バレルに到達すると予測している。 

   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

   
posted by まねきねこ at 12:41| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

NY金先物相場 週間では2016年半ば以降で最長の5週連続上昇


 NY金先物相場は続伸、週間では2016年半ば以降で最長の5週連続上昇となった。
 米ドルが下げ幅を拡大したことが手掛かり。

 米国のインフレは加速したものの、材料視されなかった。

  

COMEX部門
 金先物2月限

 1オンス=1334.90ドル
  前日比+0.9%   

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
 
  

   

     
posted by まねきねこ at 07:46| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WTI先物は続伸


 NYME原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は続伸した。

 これで5営業日続伸となる。

 米原油在庫の着実な減少などが背景となったもので、週間ベースでも値上がりした。。

 WTI先物2月限は前日比50セント(0.8%)高の
   1バレル=64.30ドル
で終了した。

 これは2014年12月以来の高値水準だった。

 また、ロンドンICEの北海ブレント3月限は61セント上げて69.87ドルとなった。
 北海ブレント原油は前日、バレル当たり70ドルを上回る場面もあった。 

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
 
  

   

      
posted by まねきねこ at 07:43| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

アリンタ・エナジーにロイ・ヤンB石炭火力発電所を売却


 仏エネルギー会社
   エンジー
と三井物産は石炭火力発電所への投資を拡大している豪公益企業
   アリンタ・エナジー
にオーストラリアのビクトリア州にある出力1000メガワットの
   ロイ・ヤンB石炭火力発電所
を売却することで合意した。
   
 発電所はエンジーが70%、三井物産が30%保有していた。
 
  
 アリンタの親会社で香港の
   周大福
は23日、この買収で条件付きの法的拘束力ある合意を結んだと電子メールで発表した。
 
 オーストラリアン紙は発表に先駆け、情報源を明かさずに取引はおよそ12億オーストラリアドル(約1000億円)相当だと報じた。  
     
  
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ


 
   

     
posted by まねきねこ at 06:45| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

成長重視型の米税制改革に対する期待感も根強い


 米供給管理協会(ISM)が2日に発表した9月の製造業総合景況指数は
   60.8(前月 58.8)
に上昇、13年ぶりの高水準となった。
 なお、市場予想では58.1への低下が見込まれていた。

 受注の堅調やハリケーン襲来後の復興需要も影響したと見られる。

 こうした製造業における良好な統計を材料に2日の米国株は素材やヘルスケア、金融、資本財セクター中心に買われた。
 S&P500種株価指数は0.4%高の2529.12と最高値を更新した。

 成長重視型の米税制改革に対する期待感も根強かった。

 米国株オプションの指標で、投資家の恐怖心理を示すシカゴ・ボラティリティー指数(VIX)は5営業日連続の低下、9.45と7月25日以来の低さとなっている。 

ひとこと

 衣食住の充実が経済の基本。 
 付帯的な産業が拡大するのは一時的であり、本末転倒の思惑も調整が強く入る時に修正される。 


     
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ


 
   

     
posted by まねきねこ at 05:12| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

操業再開の動きが活発化 原油が上昇


 NY時間、原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物では
   ハリケーン「ハービー」
の影響で閉鎖されていた製油所で
   操業再開の動き
が活発になったことを背景に、4週ぶり高値に上昇した。
 
 ロンドンICEの北海ブレント11月限は82セント上昇の54.20ドルだった。

  

COMEX部門
 
 WTI先物10月限
  1バレル=49.16ドル
   前日比+50セント(1.03%)
   

    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ


 
   

   
posted by まねきねこ at 05:47| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]