当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2019年09月22日

NY金市場は買いが集まった。


 ニューヨーク金先物相場は金スポット価格は中国の代表団が米農家の視察を中止したことを受け反発した。
 
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.6%高の1オンス=1515.10ドルとなった。なお、一時0.9%高まで買われた。


  
posted by まねきねこ at 05:43| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油は小反落


 NY原油は主要石油施設が攻撃されたサウジアラビアだが、供給契約は履行されると市場が確信を強め、遅い時間に上げの大半を失い小反落した。
 
 ただ、攻撃されたことに続く混乱から、週間ベースでは6月以来の大幅高となった。
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミデエート(WTI)先物10月限は
   1バレル=58.09ドル(前日比−4セント(0.1%))
で終了した。
 
 なお、10月限はこの日が取引最終日だった。

 ロンドンICEの北海ブレント11月限は12セント安の64.28ドルだった。
 
   
   
posted by まねきねこ at 05:39| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

金相場下落


 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.5%安の1オンス=1529.40ドルで引けた。


  

posted by まねきねこ at 06:11| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油相場大きく下落


 ニューヨーク原油先物相場は米国の原油生産は過去最高水準に達しており、貿易摩擦だけでなく、株価下落も注目されたため売りが膨らみ大幅反落し、月間ベースでも6%近く下げた。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物10月限は
   1バレル=55.10ドル(前営業日比ー1.61ドル(2.8%))
となった。

 ロンドンICEの北海ブレント10月限は65セント下げて60.43ドルだった。
  
 
           
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

 
   


posted by まねきねこ at 06:07| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

安全逃避資産としての金の需要が後退


 ニューヨーク金先物相場は米国が対中追加関税の発動を一部品目に関し延期したことで、安全逃避資産としての金の需要が後退し反落した。

 
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は
   1オンス=1514.10ドル(前日比−0.2%)
で終了した。
 なお、日中は1.9%高となる場面があった。 


   

posted by まねきねこ at 07:29| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

金相場 FOMC会合を来週に控えて様子見姿勢


 ニューヨーク金先物相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)会合を来週に控えて様子見姿勢が広がりほぼ変わらずだった。
 
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は
   1オンス=1426.90ドル
で引けている。
 

   
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
  
 

 
posted by まねきねこ at 06:19| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油相場 ここ1週間余りで最大の上げ


 ニューヨーク原油先物相場はイランによる英タンカー拿捕(だほ)でエスカレートする中東での緊張を巡り、懸念が強まったことを背景に上昇。ここ1週間余りで最大の上げとなった。
 
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物8月限は
   1バレル=56.22ドル
と前週末比+59セント(1.1%)上昇した。
 
 上昇率は10日以降で最大だった。
 なお、8月限の取引は22日で終了する。
 
 事実上の中心限月となった9月限は46セント高の56.22ドルだった。
 なお、ロンドンICEの北海ブレント9月限は79セント高の63.26ドルで引けている。

   
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
   
posted by まねきねこ at 06:18| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

代替資産としての金の需要が後退


 ニューヨーク金先物相場はニューヨーク地区連銀の
   ウィリアムズ総裁
の18日の講演内容を巡り、発言の趣旨を明確にする説明を行ったことを受けて米ドルが上昇したことを背景に3日ぶり反落。
 代替資産としての金の需要が後退した。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は0.1%安の1オンス=1426.70ドルだった。


   
posted by まねきねこ at 03:00| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

原油 5営業日ぶり反発


 ニューヨーク原油先物相場はイランによる英タンカー拿捕で
   重要な原油輸送路
に影響が出るとの懸念が強まり5営業日ぶり反発した。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物8月限は33セント(0.6%)高の1バレル=55.63ドルとなった。

 なお、ロンドンICEの北海ブレント9月限は83セント上げて62.76ドルで引けている。
   
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
   
  
posted by まねきねこ at 07:19| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

NY金相場は反発


 ニューヨーク金先物相場は米金融当局者によるハト派寄りの発言や、貿易問題で米中間の緊張が再び高まったことで反発、週間でも上昇した。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は
   1オンス=1412.20ドル(前日比+0.4%)
と上昇した。週間では0.9%上げた。
 
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
  
posted by まねきねこ at 06:24| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

G20目前にメルケル独首相の健康不安、また震え止まらず


 ドイツのアンゲラ・メルケル首相が27日、先週に続き再び
   体の震えが止まらない状態
になった。

 独首相府は、メルケル首相が大阪で開催される
   20か国・地域(G20)首脳会議
への出席に向けて出発したことを明らかにし首相の健康状態に対する懸念の払拭に努めた。

  
 来月65歳になるメルケル氏は、新法相を正式に指名する式典で、演説を行った
   フランクワルター・シュタインマイヤー大統領
の隣に立っていた際に、体を震わせ始めた。

 会場にいたDPA通信の写真記者によると、震えは約2分続いたという。


 この出来事は、メルケル氏の健康不安説を再燃させた。

 メルケル氏は18日にも、ウクライナの
   ウォロディミル・ゼレンスキー大統領
を首相府に迎えた際、真昼の日差しの下で行われた式典で体を震わせる様子を見せており、その時は暑さで脱水状態になったと説明していた。
  
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
 
posted by まねきねこ at 05:22| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

金相場の買いは続かず、ほぼ変わらずで引けた。


 ニューヨーク金先物相場は米国による
   対イラン追加制裁
を受けて国際市場で不透明感が高まり、逃避先資産としての金の妙味が高まったものの、ほぼ変わらずで引けた。

 今週末の20カ国・地域(G20)首脳会議で
   米中首脳の貿易協議
が予定されることも投資家の関心を集めた。


 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限はほぼ変わらずの
   1オンス=1418.70ドル
で終了した。

 一時は1.7%値上がりする場面もあった。
 
  
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
 
posted by まねきねこ at 06:09| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油先物相場 小幅反落


 NY原油先物相場は米国とイランの応酬は継続しているものの、上昇は続かず小幅反落した。

 エスパー米国防長官代行が米国はイランとの戦争を望んでいないとの考えを示したことも背景。


 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物8月限は7セント(0.1%)安の1バレル=57.83ドルで終了した。
 なお、ロンドンICEの北海ブレント8月限は19セント(0.3%)高の65.05ドルだった。
 
  
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
posted by まねきねこ at 06:06| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

ニューヨーク金先物相場は続伸し2013年以来の1400ドル台乗せ。


 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は
   1オンス=1400.10ドル(前日比+0.2%)
で取引を終えた。

 1400ドルを突破したのは2013年以来となる。

 各国・地域の中銀がハト派姿勢を強めていることや利回りがマイナスの債券残高の増加など、金に対して強気になる理由は幾つもある。
 週間では4.1%上昇した。  
   
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
   
posted by まねきねこ at 02:00| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

NY株式 小反落


 米株式相場は21日小反落した。

 S&P500種株価指数は前日更新した最高値から一段と上値を伸ばす場面もあったものの引けにかけて下げた。
 今週は主要中央銀行のハト派傾斜でリスク資産が上昇したがイランでドローンが撃墜されるなどで軍事的な緊張が広がり重しとなった。
   
   
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
 
posted by まねきねこ at 07:11| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

金スポット相場が上昇


 ニューヨーク金市場では、FOMC声明発表で利下げへの構えを示唆したことに反応し金スポット相場が上昇した。

 アバディーン・スタンダード・インベストメンツの投資戦略ディレクター
   マクスウェル・ゴールド氏
は、「今回利下げはなかったが、ハト派的な環境を市場が期待していること、また7月に利下げが行われる可能性は、金にとりポジティブだ」と電子メールで指摘した。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物9月限はFOMC声明発表前に、0.1%安の1オンス=1348.80ドルで終了した。
 
   
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
posted by まねきねこ at 06:25| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油相場 貿易や供給過剰への懸念に押され反落


 ニューヨーク原油先物相場は米政府統計でガソリン需要が過去最高に達したことを受けて1%近く値上がりしたが失速、貿易や供給過剰への懸念に押され反落となった。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物7月限は14セント(0.3%)安の1バレル=53.76ドルで終了した。

 ロンドンICEの北海ブレント8月限は32セント安の61.82ドルだった。


    
posted by まねきねこ at 06:23| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

逃避先資産としての金が買われた。


 トランプ大統領がメキシコ製品に5%の関税をかける計画を表明したことで金融市場が動揺した。
 逃避先資産としての金が買われニューヨーク金先物相場では大きく続伸した。

 金はこれまで、ドル高によって圧迫されていた。
  
   
 中国が国内企業の利益を害する
   外国企業のリスト
を作成すると明らかにしたことでも世界的な不透明感を高めた。

   
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は
   1オンス=1311.10ドル
と前日比1.4%高となった。
 中心限月としては4月10日以来の高値だった。
 なお、月間では2%の上昇となった。
     
    
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
   
posted by まねきねこ at 06:00| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油相場 3.09ドル(5.5%)安


 米国トランプ大統領が不法移民を理由にメキシコに対する関税賦課を警告したことから
   世界的な貿易摩擦
がエスカレートし、ニューヨーク原油先物相場はエネルギー需要見通しが悪化するとの見方が広がり大幅続落した。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物7月限は3.09ドル(5.5%)安の1バレル=53.50ドルで引けた。

 月間では16%安と、5月としては2012年以来の大幅下落となった。
 また、ロンドンICEの北海ブレント7月限は前日比2.38ドル下げて64.49ドルだった。
     
    
 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
posted by まねきねこ at 05:57| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

NY原油先物相場は自力反発


 ニューヨーク原油先物相場は株式相場の反発に追随し反発した。

 ただ、米中貿易摩擦を重しに、週間ベースでは6.8%安と年初来最大の下げを記録した。


 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物7月限は
   1バレル=58.63ドル
と72 セント(1.2%)高で終了した。

 また、ロンドンICEの北海ブレント7月限は93セント高の68.69ドルだった。
  

 
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
   

posted by まねきねこ at 18:50| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]