当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2017年04月19日

脱税や詐欺では? 「調査委託料」名目の架空の領収書


 民進党島根県連代表の
   和田章一郎県議(69)
は2013〜15年度
   「調査委託料」名目の架空の領収書
を県議会に提出し、140万円の政務活動費(政活費)を不正に受け取っていたことが明らかになった。

 和田氏は全額を返還する意向を示した上で、18日、県議会議長に辞職願を提出、受理された。
 
 和田氏の説明によると
   太陽光発電
   バイオマス発電
の農業利用など3件の調査委託について
   実際に支払っていない
にもかかわらず、知人のコンサルタント会社社長の男性に30万〜60万円の領収書3枚を作らせ、政活費を受け取ったという。

 男性に貸した金と相殺したと説明し、「不適切だった」と話した。

 男性はメディアの取材に対し領収書の金額やただし書きは和田氏に言われるまま書いたと説明した。
  

 和田氏は「正式に調査委託はしていなかった」ことを明らかにした上で
   「日常的に多くの情報」
を男性からもらっており、それらを調査報告として取り扱った」と釈明した。

   

ひとこと


 何を釈明しておかしいだろう。

 誤った記載などすること自体が問題である。

 政治家が引き起こす問題では秘書等他人の責任に転嫁するが、政治家として管理が出来ないことを意味するもので、政治家としての資質自体が問題だろう。 


    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
 


   
   

   
posted by まねきねこ at 06:59| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

米国の生産急増で原油相場が急落


 NYMEXの原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落した。

 シェールオイル開発の拡大を示すデータを受け、米国の生産急増で石油輸出国機構(OPEC)主導の減産分が帳消しになるとの観測が広がった。

   
 
COMEX部門
  
 WTI先物5月限 
  1バレル=52.65ドル
   前営業日比−53セント(1.00%) 


 

ひとこと


 産油国が濡れ手に粟のお金を湯水のごとく使ったのも過去の歴史の一コマになるだろう。


 石油収入が減少すればアラブは砂漠の民に戻ればいい。

 当然、資金で民を支配し続けた首長は力を失うこととなる。

  


    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
 


   
   

   
posted by まねきねこ at 05:33| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

WTI先物が反落


 NYMEXの原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落した。

 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国は週末クウェートで開いた産油国閣僚会合で
   協調減産の延長
を検討する方針を決定した。

 原油市場では世界の余剰在庫解消にはまだ時間がかかるとの懸念が解消することはなかったようだ。

  
 WTI先物5月限
  
   1バレル=47.73ドル
       (前週末比−24セント(0.50%))
で終了した。
 なお、日中は47.08ドルと、22日につけた昨年11月末以来の安値の47.01ドルに近づく場面があった。

 また、北海ブレント5月限は5セント安い50.75ドルで取引を終えた。 


ひとこと
  
 原油市場に供給サイドの生産増加が反映できていないため、もっと下落することになるだろう。 
 北朝鮮問題が拡大し軍事的な動きが出れば急騰する場面もあるが、単に一時的な変動でしかないだろう。


    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
 



   
       
posted by まねきねこ at 05:33| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

NY原油相場 WTI先物が反発


 NYMEXの原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反発した。

 週間ベースでも上昇し、3週連続高となった。

 米国のドナルド・トランプ米政権はイランが実施した
   弾道ミサイル
の発射実験に抗議し、イランに対する追加制裁を発表した。

 調査によれば、石油輸出国機構(OPEC)は減産目標の約60%を履行したという。

 

  

COMEX部門


 WTI先物3月限

  1バレル=53.83ドル

   前日比+29セント(0.54%)
 


       
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
 



   
     
posted by まねきねこ at 07:11| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

NY原油先物市場 WTI先物が反落


 NYMEXの原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落した。

 米国エネルギー情報局(EIA)の週間統計で原油在庫が2週連続で増加したことが明らかになり、9営業日ぶりに下げた。
 
 
  
COMEX部門

 WTI先物2月限
  1バレル=53.77ドル
   前日比−29セント(0.54%) 
     
 
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   

     
posted by まねきねこ at 06:56| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

エネルギー分野への投資だけでロシアの経済成長をけん引するのは不十分


 日露ビジネスカウンシルの
   アレクセイ・レーピック会長
は14日、メディアとのインタビューで、エネルギー分野への投資だけでロシアの経済成長をけん引するのは不十分と指摘した。

 これまで日ロの経済協力で中核を担ってきたエネルギーやインフラ案件だけでは十分ではないとし、両国が協力可能な範囲はそれ以外の分野にも広がっているとの見方を示した。

    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  
 
   
posted by まねきねこ at 07:02| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

原油生産の減産実行への期待からNY市場は上昇


 NYMEXの原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物がサウジ国営石油会社
   サウジアラムコ
が顧客に1月の出荷量削減を通知したことが明らかになり続伸した。

 また、週末の石油輸出国機構(OPEC)非加盟国の協議を控え、減産実行への期待も広がった。
 
  
  
COMEX部門

 WTI先物1月限
  1バレル=51.50ドル
   前日比+66セント(1.30%) 


ひとこと

 世界経済の拡大が伴えば、減産しても原油価格の引き上げが起これば産油国には朗報になるだろう。 
 ただ、世界経済がこのまま拡大するかどうかは予測が立たない。



    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  
 
   
posted by まねきねこ at 06:16| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

NY(WTI)先物が反発 アルジェリア 生産調整で合意に達する確信を得た?


 NYMEXの原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反発した。

 ドーハで開かれた石油輸出国機構(OPEC)とロシアの協議を終えて、アルジェリアは生産調整で合意に達する確信を得たとの見方を示したことが背景。

 米ドル高と米国内の
   石油リグ(掘削装置)稼働数
が1年半ぶりの大幅増加となったことを嫌気し、原油価格は下げる場面もあった。

 ただ、週間ベースでは10月中旬以来初めて上昇した。

  

COMEX部門

 WTI先物12月限
  1バレル=45.69ドル
   前日比+27セント(0.59%)

  
     
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  


   
       
posted by まねきねこ at 05:50| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

原油相場 ほぼ2カ月ぶり安値


 NYMEXの原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大幅続落し、ほぼ2カ月ぶり安値となった。

 サウジアラビアの産油量が過去最高に近いことに加え、イランとイラクも増産したことが明らかになり、石油輸出国機構(OPEC)は増産合意の詳細をまとめられないとの悲観が広がった。

  
 
COMEX部門

 WTI先物12月限
  1バレル=43.41ドル
   前日比−1.25ドル(2.80%)

  
     
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  


   
       
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

投下用株式市場は急速に信用不安の谷を埋めた。


 東京株式相場は全面高となり、主要株価指数の上昇率は9カ月ぶりの大きさを記録した。

 一時的に米国大統領選でのトランプ氏勝利後にお金融市場がパニック状態となり急激に信用不安が悪化した。

 こうした混乱がトランプ氏の勝利宣言時の発言を好意的に受け止めたためか早々に収束、米金利の上昇を受けた為替のドル高・円安進行もあり、企業業績の先行き期待が広がった。

 保険や銀行など金融株中心に東証1部33業種は全て上昇した。

  TOPIXの終値は前日比75.19ポイント(5.8%)高の1376.35と反発した。
 また、日経平均株価は1092円88銭(6.7%)高の1万7344円42銭と3日ぶりに上げた。

  
     
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  


   
      
posted by まねきねこ at 21:39| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

NY原油 バレル45ドル割れ


 NYMEXの原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続落した。
 石油輸出国機構(OPEC)が具体的な減産合意をまとめられないとの不安が広がった。
 週間ベースでは約10カ月ぶりの大幅下落となった。
 
  
  
COMEX部門

 WTI先物12月限
  1バレル=44.07ドル
   前日比−59セント(1.32%)

  
     
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  


   
       
posted by まねきねこ at 05:41| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

減産合意の実施を目指す石油輸出国機構(OPEC)への圧力


 NYMEXの原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大幅続落した。

 米国の原油在庫が過去最大の増加となり、減産合意の実施を目指す石油輸出国機構(OPEC)への圧力が高まった。
 原油相場は米エネルギー情報局(EIA)の在庫統計発表前から、OPECの10月増産を嫌気して軟調に推移していた。

  

COMEX部門

 WTI先物12月限
  1バレル=45.34ドル
   前日比−1.33ドル(2.85%)

  
     
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  


   
       
posted by まねきねこ at 05:57| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

NY金先物相場は3営業日続伸


 NYMEXの金先物相場は3営業日続伸し、2週間ぶりの高値となった。

 米ドルの下落を背景に金連動型上場投資信託(ETF)の買いが活発になった。
 米国の利上げは緩やかなペースになるとの観測が広がっている。

 銀先物は0.1%上げて17.663ドル、プラチナとパラジウムは下落した。

  
 
COMEX部門

 金先物12月限
  1オンス=1269.90ドル
   前日比+0.6%

     

     
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

 

   
   
posted by まねきねこ at 06:04| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

金は小幅反発


 NYMEXの金先物相場は小幅反発した。

 機関投資家や大口投機筋のネットロングポジションは過去2週間に大幅に減少。
 一方では、金連動型上場投資信託(ETF)の投資家は過去1週間に投資を増やし、ETFを通じた保有量は2013年以来の高水準にとどまった。

  

COMEX部門

 金先物12月限
  1オンス=1256.60ドル
   前週末比+0.1%未満
     

     
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

 

   
  
posted by まねきねこ at 05:49| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

ポンド急落の介入は経済面の衝撃克服を助ける


 イングランド銀行(BOE 英中央銀行)の
   ブロードベント副総裁
は17日に放送されたBBCラジオとのインタビューで、ポンドが下がりすぎればBOEは介入するかとの問いに、英国が6月23日の国民投票で欧州連合(EU)離脱選択以来ポンドは約18%下落したが
   この決定
による経済面の衝撃克服を助けるだろうと指摘した。

 なお、過去1週間には英中銀当局者の多くが急落に言及し、カーニー総裁もポンドの水準に無関心ではないと語った。
 

 柔軟な通貨を持っているというのは極めて重要で、自国経済が貿易相手国と異なる衝撃に見舞われるような環境では特にそうだと発言した。

 国民投票という形で、われわれはまさにそのような類いの衝撃を受けた。
 この衝撃への通貨の対応を許容することは重要な緩衝材だと続けた。

  一方、ポンド安は輸入コストを押し上げ、向こう数カ月で消費者物価に波及するとみられる。

 ブロードベント副総裁は向こう数年のうちにインフレ率が恐らく英中銀の目標である2%を「幾分」超えるとの認識を示したものの、これに関する懸念は示さなかった。
     

     
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

 

   
  
posted by まねきねこ at 20:03| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

米ドル指数が7カ月ぶりの水準に上昇と相反し、原油の下げが加速


 NYMEXの原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続落した。

 石油輸出国機構(OPEC)の減産合意が現実の供給減少につながらないとの見方が広がった。
 米ドル指数が7カ月ぶりの水準に上昇するにつれ、原油の下げは加速した。

  
  
COMEX部門

 WTI先物11月限
  1バレル=50.18ドル
   前日比−61セント(1.20%)
    

     
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

 




     
posted by まねきねこ at 05:28| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

ロシアは産油国合意に否定的


 NY原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落し
   1バレル=50ドル
の水準を割り込んだ。

 来週トルコのイスタンブールで開かれる産油国の会議について、ロシアは9月に決定した減産の履行方法で合意に至らないとの見方を示したことが背景。

  

COMEX部門

 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限
  1バレル=49.81ドル
   前日比−63セント(1.25%)  

  
   
ひとこと 

 消費市場を確保した国とこれから市場を求める国としては立場が全く異なるだろう。
 ロシア、イラン、イラク、リビアなどをはじめとする国は産油国であるが、経済制裁や内戦の影響を受け原油生産が出来ず消費市場を手放してきた。
  
  
  
 
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
     人気ブログランキングへ  

      

   
  
 
     
posted by まねきねこ at 08:05| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

OPEC減産合意で原油価格が50ドル台乗せ。


 NY原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続伸し、6月以降で初めて
   1バレル=50ドル台
に乗せた。

 米原油在庫の減少と石油輸出国機構(OPEC)の
   減産合意
を受けて、世界的な供給超過が解消に向かうとの期待が広がった。
 
 
  
COMEX部門

 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限
  1バレル=50.44ドル
   前日比+61セント(1.22%) 


ひとこと

 原油生産が安定するかどうかも疑問だろう。
 価格がある点を超えればシェールガス・オイルの開発が増えることになり生産量が拡大していくことになる。 



   
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
     人気ブログランキングへ  

      

   
  
 
     
posted by まねきねこ at 05:41| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米ドルが円に対して8営業日続伸。2014年7月以降で最長の連続高


 NY時間、外国為替市場では米ドルが円に対して8営業日続伸と、2014年7月以降で最長の連続高となった。
 7日発表の米国の雇用統計で年内利上げの可能性が高まるとの観測が広がっている。

 米ドルが主要10通貨全てに対して値上がりしている。

 朝方発表された先週の新規失業保険申請件数は減少し、1973年以来の低水準付近となった。

 また、前日に米供給管理協会(ISM)が発表した9月の非製造業総合景況指数は、約1年ぶりの高水準だった。

 こうした経済状況を背景に、利上げの可能性が高まっており、主要6カ国の国債に対する米2年債の上乗せ利回りは拡大、年初来で最大幅となった。 


ひとこと

 米ドルを買う動きは金利先高期待の流れが背景にあるのだろう。 



   
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
     人気ブログランキングへ  

      

   
  
 
   
posted by まねきねこ at 05:34| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

WTI先物が続伸し、1カ月ぶりの高値


 NY原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続伸し、1カ月ぶりの高値をつけた。
 石油輸出国機構(OPEC)が8年ぶりに減産で合意したことを受けた買いが続いた。

 
  
COMEX部門

 WTI先物11月限
  1バレル=47.83ドル
   前日比+78セント(1.66%)


    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
     人気ブログランキングへ  

      

   
  
 
   
posted by まねきねこ at 06:24| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]