当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年02月28日

原油下落


 ニューヨーク原油先物相場はインフレ加速で緩和的な金融政策が巻き戻されれば、商品市場に波及するとの懸念から米ドルが上昇し、ドル建て商品の投資妙味が後退した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は
   1バレル=61.50ドル(前日比−2.03ドル(3.2%))
で終了した。

 ただ、月間ベースでは、世界的な在庫減少や需要回復進展を背景に18%高となった。
 ロンドンICEの北海ブレント4月限は75セント安の66.13ドル。


ひとこと

 低金利な資金が市場に流れたままで、ダブついた安価な費用で使える資金を利用した国際資本による買い上がりが背景にあるのだろう。
 金利が上がれば、経費が掛かる資金を引き揚げる動きになれば原油は下落するのは当然だ。

 国債の取引も価格が下落している動きが出ており、日銀も金利を引き上げるタイミングを検討すべきだ。


   
posted by まねきねこ at 07:25| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

金相場下落


 金スポット相場は5営業日ぶりに反落した。

 ドル指数が下げを縮小し、米国債利回りが上昇した。

 こうした状況から、金利の付かない金の魅力が低下した。


 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は
   1826.80ドル
と前日比−0.9%下げて終えた。

  
      
posted by まねきねこ at 08:15| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油先物相場は9営業日ぶりに反落


 ニューヨーク原油先物相場は9営業日ぶりに反落した。

 国際エネルギー機関(IEA)が世界の石油需要予測を引き下げた。
 このほか、テクニカル指標で買われ過ぎのサインが示され、いったん利益を確定する動きが見られた。
  

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は
   1バレル=58.24ドル
     (前日比−44セント(0.8%))
で終了した。
 2週間ぶりの大きな下落率となった。

 ロンドンICEの北海ブレント4月限は前日比−33セント(0.5%)の61.14ドルと、1月22日以来の大幅安。


   
posted by まねきねこ at 08:13| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

原油 2019年2月以来最長の8営業日連続高


 ニューヨーク原油先物相場は世界的な供給減があらためて意識され、2019年2月以来最長の8営業日連続高となった。

 米国エネルギー情報局(EIA)の週間統計では米原油在庫が減少、昨年3月以来の低水準となった。
  
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は32セント(0.6%)高の1バレル=58.68ドルで終了した。

 ロンドンICEの北海ブレント4月限は38セント高の61.47ドルだった。


     
posted by まねきねこ at 08:52| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

中国に向かっているタンカーの数が半年ぶりの多さ


 ニューヨーク原油先物相場は産油国の供給抑制が続いていることが背景に5日続伸した。
 世界最大の石油輸入国、中国に向かっているタンカーの数が半年ぶりの多さとなっている。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は
   1バレル=56.85ドル(前日比+62セント(1.1%))
で終了した。
 週間ベースでは9%近く上昇した。

 ロンドンICEの北海ブレント4月限は前日比50セント高の59.34ドルとなり、週間では3週連続高となった。



posted by まねきねこ at 09:11| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月31日

原油市場は売りで終了するも50ドル台を維持


 ニューヨーク原油先物相場では株式をはじめ幅広い資産が売られる中
   石油需要の回復状況も依然として不確実な状況
となって売られた。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は
   1バレル=52.20ドル
と前日比−14セント(0.3%)と安くなって終了した。

 週間ベースでも前週に続きマイナスとなった。

 なお、ロンドンICEの北海ブレント4月限は6セント安の55.04ドルで引けた。
 この日が最終取引の3月限は35セント高の55.88ドルだった。

   
posted by まねきねこ at 09:59| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

金先物相場は3日ぶりに反落


 ニューヨーク金先物相場は3日ぶりに反落した。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は
   1オンス=1869.30ドル(前日比−90セント(0.1%))
と売られた。


    
posted by まねきねこ at 10:12| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

金相場は続落


 ニューヨーク金先物相場はドルの上昇が売りを誘い続落した。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は
   1オンス=1829.90ドル(前日比-1.2%)で
終了、金スポット相場は2週続落となり、年初来の下落幅を拡大した。


    
posted by まねきねこ at 09:20| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油相場 3週間ぶりの大幅安


 ニューヨーク原油先物相場は米ドルが上昇し、ドル建てで取引される原油の投資妙味が後退し3週間ぶりの大幅安となった。
 消費者マインド指数をはじめ、この日発表された米経済指標は総じて低調だった。
  

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物2月限は
   1バレル=52.36ドル(前日比-1.21ドル(2.3%))
で終了した。

 週間では1%未満の上げとなった。

 ロンドンICEの北海ブレント3月限は前日比1.32ドル安の55.10ドルで引けた。



  
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
   人気ブログランキングへ 
  


   
posted by まねきねこ at 09:18| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

NY金相場は小反発


 ニューヨーク金先物相場は米経済対策が大きく強化される可能性と、各国で拡大する新型コロナウイルスの感染を見極める展開となり反発した。
  

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は
   1オンス=1882.90ドル(前日比+0.1%)
で終了した。

 スポット価格はニューヨーク時間午後2時過ぎの時点で、0.2%上昇の1877.82ドルとなった。

 新型コロナワクチンを巡る楽観が広がったものの、インフレ加速とドル安の見通しが意識されて売りが入ってきた。


    
posted by まねきねこ at 08:30| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

金相場軟化


 ニューヨーク金相場は米株価指数が過去最高値を更新し、米国債利回りが大きく上昇する中、金は代替資産としての投資妙味が薄れ反落した。

 ニューヨークでは金スポット価格は
   1オンス=1837.03ドル(前日比−0.2%)
となった。
 週間では11月上旬以来で初のプラスとなった。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は
   1840.00ドル(前日比−0.1%)
で終了した。
 
      
posted by まねきねこ at 07:33| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油 週間では5週連続高


 ニューヨーク原油先物相場は石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」が協調減産の段階的縮小で合意したことが、引き続き価格を支え3日続伸、週間では5週連続高となった。

 また、米国議会共和党と民主党の間で米景気対策がまとまる可能性が浮上したことも追い風となった。
  
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物1月限は、前日比62セント(1.4%)高い1バレル=46.26ドルで終了した。
 週間では1.6%上昇した。

 また、ロンドンICEの北海ブレント2月限は54セント上昇の49.25ドルで引けた。
 週間での上昇は2%を超えた。

 いずれも3月上旬以来の高値となった。


      
posted by まねきねこ at 07:31| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

金スポット価格は7月以来初めて1800ドル割れ


 ニューヨーク金先物相場は新型コロナワクチンが普及すれば
   世界的な景気回復
につながるとの見方が強まり、売りが優勢となり下落した。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は
   1オンス=1788.10ドル(前日比−1.3%)
で終了、金スポット価格は7月以来初めて1800ドルを割り込んだ。


   
posted by まねきねこ at 20:49| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

NY金相場 1オンス=1872.40ドル


 ニューヨーク金先物相場は米財務省およびFRBには経済を支えるための貸し出し能力が十分にあるとするムニューシン長官の発言に反応し反発した。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は
   1オンス=1872.40ドル(前日比+0.6%)
で終了した。


   
posted by まねきねこ at 08:01| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油 買いが集まりほぼ3カ月ぶりの高値


 ニューヨーク原油先物相場は
   新型コロナワクチン
での進展が、より持続的な原油需要の回復につながるとの楽観が広がり反発し、ほぼ3カ月ぶりの高値となった。
  
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物12月限は41セント(1%)高の1バレル=42.15ドルで終了した。

 週間では5%上げて、3週連続の上昇した。
 ロンドンICEの北海ブレント1月限は
   44.96ドル(前日比+76セント)
だった。
 週間では5.1%値上がりした。



posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

金は続伸


 ニューヨーク金先物相場は米国株の回復を背景にドルが軟調となったため、金買いが続いた。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は12.90ドル(0.7%)高い
   1オンス=1886.20ドル
で終了した。
posted by まねきねこ at 06:28| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油 売りが優勢


 ニューヨーク原油先物相場は新型コロナウイルスの感染再拡大により米国の主要都市で
   制限措置
が厳しくなり需要が弱まるとの懸念から、売りが優勢になった。
  
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物12月限は99セント(2.4%)安い1バレル=40.13ドルで終了した。

 回復期待があったため週間では8.1%上昇し、1カ月ぶりの大幅高となった。

 また、ロンドンICEの北海ブレント1月限は前日比75セント下げて42.78ドルで引けている。


   
    
posted by まねきねこ at 06:17| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

金市場は底が緩み始めた?


 ニューヨーク金先物相場は3日ぶり反落、週間では今月初の値下がりとなった。
 市場では今週、米追加景気対策協議の見通しや欧州での新型コロナウイルス感染拡大が意識された。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-0.1%の1オンス=1906.40ドルで引けた。
 また、週間では1%下落した。



posted by まねきねこ at 21:39| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油市場は売り圧力がやや低下傾向?


 ニューヨーク原油先物は小幅続落したが週間では前週に続き上昇して取引を終えている。

 新型コロナ感染の再拡大が市場に影を落としているが、需要が上向きつつある兆候が材料視された。
 米国で原油在庫が減少し、中国とインドでは需要改善の兆しが見られた。



    
posted by まねきねこ at 21:37| 愛知 ☔| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

お湿りで利益確保の一時的な動きかどうかは不明


 NY商品取引市場では金スポット価格が続落した。

 株式相場が一時下げる中、損失カバーのためにポジションを解消する動きがあったためだ。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.8%安の1オンス=1947.90ドルで引けた。


    
posted by まねきねこ at 19:42| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]