当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年07月08日

米大統領選でバイデン氏の撤退を望む民主党下院議員がじわり増加する傾向が出ている

 米国議会下院民主党トップのジェフリーズ院内総務は7日午後、非公開のオンライン会合を開催し、同党有力下院議員のうち数人が11月の大統領選で再選を目指すバイデン大統領に撤退を望む考えを新たに示した。

 会合の様子に詳しい複数の関係者が匿名を条件にマスコミの取材を受け明らかにしたもので、バイデン氏撤退を求める民主党下院議員はこれで計9人に増えた。
 その中には下院の各委員会で党トップの筆頭理事を務める議員も含まれている。

 先月27日のトランプ前大統領との討論会でバイデン氏のパフォーマンスが精彩を欠いたことを契機に、比較的重鎮とされる議員の中にも同氏以外の新たな候補擁立を望む動きが徐々に広がりつつあることが示された。

 バイデン氏はこうした撤退要求にもかかわらず、立候補を辞退する考えはないと繰り返し表明している。だが討論会以降、年齢や職務執行能力について民主党内でも懸念が増したバイデン氏は、今週もクリアしなければならないハードルを幾つか抱えている。

 議会休会明け8日には、議員がワシントンに戻ってくる予定で、9日午前には民主党下院議員全員が参加する定例会合が開かれる。

 7日のオンライン会合の参加者は11月の下院選で議席を失うリスクが小さい議員が大半だったが、9日の会合には激戦が見込まれる議員も含まれ、同党下院全体としてのムードが一段と明確に示されると考えられる。

 現在少数ながらも民主党が多数派となっている上院よりも、11月の選挙での多数派奪還に強い期待を抱いていた下院の方が同党議員の間の焦りが濃厚となっている。
 ジェフリーズ院内総務の報道官は7日の会合について、非公開であることを理由にコメントを控えた。

 9日からはワシントンで北大西洋条約機構(NATO)首脳会議が開催され、バイデン氏は開催国として会議を取り仕切る。
 会議に参加する首脳や当局者の一部は、先月にイタリアで開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)の際、バイデン氏の高齢や注意力について舞台裏で懸念を表明していた。

  
ひとこと
 西側政府の入れ替わりが激しくなりそうだ。
 
  
posted by まねきねこ at 13:33| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

周囲が見えない政治家が首相では話にもならない滑稽さだ!!

 共同通信によると、茂木派の
   笹川博義元環境副大臣は
7日の党群馬県連大会で、「残念ながら、組織のトップにけじめをつけてもらわなければ困る」と発言した。聞く耳がないトップの存在は組織全体に害毒を垂れ流し続けるだけだろう。
 対人の引導を渡す人物がいないのも組織的には問題の根が深くなるばかりだ。

 林芳正官房長官は8日午前の記者会見で、都議補選について問われ、国民の政治に対する不信の声を受け止めつつ、能登半島地震からの復興や経済再生、外交など「先送りできない課題に専念して結果を出したい」と論点をすり替えるかのごとき、質問の回答にはなっていないトンチンカンな発言ではぐらかされた記者では話にもならない。
 
  
posted by まねきねこ at 13:24| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財政改革が最大リターン生む、新興国債券市場では高利回りよりも重要

 新興国市場では
   金融政策よりも、優れた政府の方が重要
だとのシグナルを債券投資家は発している。

 4月に入って以降、投資家は政府が財政政策を緩和している
   高利回り国の債券
をさらに積極的に売り始めた。
 一方で、財政への警戒を促している国の債券は、低利回りあるいはマイナス利回りであっても意欲的に購入している。

 この傾向は第2四半期(4−6月)のパフォーマンスに表れている。 
 3月までの2年間にわたって、新興国債券の投資家は高い利回りを追い求め、最もタカ派的な中央銀行を持つ国々が最高のリターンをもたらしていた。

 メキシコの債券のリターンはこの期間に37%。ブラジルは22%、ポーランドとコロンビアは18%だった。
 また、トルコやアルゼンチン、南アフリカ共和国などパフォーマンスが悪かった国は、金融政策がハト派的過ぎるとみなされ、懲罰を受ける格好となった。

 その後、為替のボラティリティーが再燃し、マネーマネジャーは方針を変更した。
 キャリー戦略が巻き戻され、米国債に対するドル建て国債の上乗せ利回りが四半期ベースで2022年以来最大の上昇を記録する中、リスクプレミアムが再び重要視されるようになった。

 今は厳格な財政政策を選択している政府が最も報われており、例えばアルゼンチンは、現地通貨建て債券のパフォーマンスで4−6月期にトップとなった。
 ミレイ大統領が挫折を乗り越え、財政目標の達成とインフレの抑制につながる税制措置の承認を獲得したことが背景にある。
 これと同様に、エジプト国債もシシ大統領が経済改革の準備を進めていることの恩恵を受けている。投資家は財政の正常化に回帰したトルコも評価している。

 アルゼンチンやトルコ、エジプトなどパフォーマンス上位国は、いずれも財政改革に取り組んでおり、その対極にあるのは財政赤字が拡大している国で、メキシコやブラジルなどがこれに当たる。

   
posted by まねきねこ at 10:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週議会証言でパウエル議長がインフレ鈍化の「一層の確認必要」と説明するとの予想

 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   パウエル議長
は今週、上下両院の委員会が開催する公聴会で金融政策に関する半期に一度の証言を行う予定だ。
 
 米国の経済統計では経済成長と雇用が減速している兆候は見られるものの、議長は公聴会で、金融当局が利下げへの態勢に入るにはインフレが鈍化していることをさらに確認する必要があると説明する公算が大きいと市場では予想している。

 利下げに向けた新たな一歩になると予想されるのが
   6月の消費者物価指数(CPI)
だが、同統計が発表されるのは11日となるため、パウエル議長が議会証言を終えた後のことだ。
 パウエル氏は9日に上院銀行委員会で、10日に下院金融委員会でそれぞれ証言する予定。

 失業率が2021年遅く以来の水準に上昇しており、その他のデータでも
   経済成長の減速
が示されている。
 そうした状況を受け、議員らは金融当局が利下げにちゅうちょしている理由をパウエル氏に問いただす可能性が高い。

 パウエル議長は2日、最新の経済データはインフレが再び鈍化傾向をたどっていることを示唆していると指摘してるものの、当局者らは利下げに動く前にさらに多くのデータを目にしたい考えだと付け加えている。

 市場調査では、食品とエネルギーを除くコアCPIは6月に前月比0.2%上昇と、前月と同率の伸びが予想されている。
 実際そうなれば、連続した2カ月の伸びとしては昨年8月以来最小となり、金融当局にとってより許容可能なペースとなる。
 コア指数は、基調的なインフレをより正確に反映すると捉えられている。

 総合CPIについては前月比0.1%上昇と、小幅な伸びにとどまる見通し。
 前年同月比では3.1%上昇と、過去5カ月で最も低い伸びとなると見込まれている。

  
posted by まねきねこ at 09:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイデン氏に再選断念を促す米財界リーダー168人が署名した書簡

 米財界トップリーダーたちの間でバイデン米大統領に
   再選を断念
させようとする動きが進んでいる。
 バイデン氏に選挙戦からの撤退を求める
   企業家団体「リーダーシップ・ナウ・プロジェクト
の書簡には168人が署名した。

 同書簡の署名者には、ウォルマート・ストアーズ創業一族ウォルトン家の一員である富豪
   クリスティ・ウォルトン氏
や、暗号資産(仮想通貨)投資会社ギャラクシー・デジタル・ホールディングスの創業者で最高経営責任者(CEO)の
   マイケル・ノボグラーツ
ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のコミッショナーだった
   ポール・タグリアブ氏
らが名を連ねている。
 この書簡では「米国の民主主義は11月、まさに危機にさらされる」と指摘したうえ、同団体が3日に発表した無署名の声明では「現在の路線について深い懸念を共有しながらも、発言するのを恐れているという多くの人の声が聞こえている」としていた。

 署名入りの書簡はバイデン氏について、「南北戦争以来の深刻な脅威から米国の民主主義を救った」と称賛した上で「そのレガシーを確固たるものとするため、再選を断念することで次世代の民主党指導者たちにリーダーシップの灯火を渡してもらいたい」と書かれている。

  
ひとこと
 米国大統領としてのフットワークが後退しているバイデン氏に変わる若手有力候補が出れば、トランプの劇場型政治に嫌悪感を抱く共和員も多くおり、トランプに変わる候補が出る可能性もある。
 
    
posted by まねきねこ at 09:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優勢とみられた極右のRN、マクロン氏連合にも及ばない見通し

 フランスの国民議会(下院、定数577)選挙で7日投開票され、マクロン氏の支持基盤ともなる左派連合が第1党となる見通しとなった。
 これは出口調査の結果で明らかになったもので過半数を確保して次期政府の組閣を狙っていた極右政党・国民連合(RN)を実質的に率いるルペン氏は予想外の打撃を被った形だ。

 出口調査によると、穏健派の社会党から極左の「不屈のフランス」まで寄り集まった左派連合「新人民戦線」は172−210議席を得る見通しで、ただ、過半数に必要な289議席には大きく届かない状況。

 先週の世論調査では第1党になる見通しが示されていたRNは113−155議席で第3党にとどまる見込みであった。
 マクロン大統領の中道連合は150−175議席でRNを上回りそうな情勢だという。

 なお、フランスの公的財政状況を懸念する投資家にとってはマクロン大統領の
   新人民戦線の勝利
は警戒すべき要因となる公算が大きい。
 選挙戦では、最低賃金の引き上げや定年の引き下げなど公的支出の大幅な拡大を公約しているためだ。
 これらの措置は、欧州連合(EU)との深刻な対立を引き起こす可能性がある。

 左派勝利の見通しを受け、シドニーで始まった8日の外国為替市場でユーロは対ドルで下落している。

 「不屈のフランス」のメランション党首は7日、「新人民戦線は政策を実行する」と記者団に表明したうえ、政策しかない。全て政策だ」と述べた。

 左派が単独で政府を担えるだけの議席を獲得しない場合、政府発足のため左派はマクロン氏に新たな支出への確約を要求する可能性があるが調整には時間が必要となるだろう。

 いずれの政党も過半数の議席を取れない見通しのため、マクロン氏は少数内閣を率いる首相を指名することになる。
 首相は通常、議会内第1党から指名されるものの、明確な勝者のいない結果であれば複数の政党が一定期間連立を組む展開もあり得る。

 フランス大統領府の発表文によると、次期首相の指名についてマクロン氏は「新議会の構成」を見てからさらなる決定を下すと話しており、大統領が7日夜に選挙結果に関して話すことはないとい続けた。

 マクロン氏は先週の第1回投票でルペン氏のRNに圧倒されており、出口調査の結果通りであれば、議会解散に踏み切った同氏の決定は完全には間違っていなかったことになる。
 第1回投票で与党連合はRNに得票率で大差を付けられ3位にとどまり、解散の判断は広く批判されており、フランス国民のバランス思考で調整されたようにも見える。

 マクロン氏は以前、「極端なグループ」を阻止するため対立する諸政党がともに統治することもできると示唆しており、少数の中道連立内閣の可能性に言及していた。

  
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テスラ中国部門の6月出荷台数は前年比−24%減と今年4回目の数前年割れ

 米国のイーロン・マスク氏が率いる電気自動車(EV)メーカー
   テスラ
の中国部門が6月に出荷した台数は7万1007台と前年同月比で24.2%減少した。
 価格競争が続く中国で、テスラ車の出荷台数前年割れは今年4回目となった。

 全国乗用車市場情報連合会(乗連会)が2日発表した暫定集計データを基に、ブルームバーグが試算したもので、販売者すの少なさもあり、テスラ車の出荷台数は前月比でも2.2%減少するなど売れない車となっている。

 業界全体の新エネルギー乗用車販売台数(卸売りベース)は6月に前年同月比28%増の97万台に拡大したとみられ、前月比でも8%の伸びと市場が拡大する中での減少だ。

 
ひとこと
 欧米国際資本の投資会社がスタートアップ企業として資金を投入してきた企業のひとつであり、株価の上昇を促す地球温暖化対策などのツールのひとつとしてもてはやすべく、積極的に購入しメディアを使って情報誘導し意識を向けてきた分野で、株価の上昇後半で利益確保で売り抜け懐に資金を入れた後のネガテイブな情報でしかないだろう。
 
    
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロが対ドルで下落、仏下院選で左派が予想外の勝利となる方向

 週明けのアジア時間8日の外国為替市場で、ユーロはドルに対して下落して始まった。
 7日投開票されたフランスの国民議会(下院、定数577)選挙で左派連合が第1党となる見通しが出口調査の結果で明らかになったことが背景だ。
 これは市場にほとんど織り込まれていなかった結果で、市場混乱を再び招く恐れがある兆候だ。

 シドニー時間早朝の取引でユーロは一時、前週末比0.3%安の1ユーロ=1.0807ドル付近まで売られた。

   
posted by まねきねこ at 07:25| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロが対ドルで下落、仏下院選で左派が予想外の勝利となる方向

 週明けのアジア時間8日の外国為替市場で、ユーロはドルに対して下落して始まった。
 7日投開票されたフランスの国民議会(下院、定数577)選挙で左派連合が第1党となる見通しが出口調査の結果で明らかになったことが背景だ。
 これは市場にほとんど織り込まれていなかった結果で、市場混乱を再び招く恐れがある兆候だ。

 シドニー時間早朝の取引でユーロは一時、前週末比0.3%安の1ユーロ=1.0807ドル付近まで売られた。

  
posted by まねきねこ at 07:20| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイデン氏の大統領候補辞退を警戒するウォール街がポートフォリオ見直し

 バイデン米大統領が
   選挙戦から撤退するか否か
を巡る観測はウォール街を揺らしている。
 トレーダーは、トランプ氏がホワイトハウスに返り咲いた場合に影響を受けるであろうドルや国債、その他の資産の間で資金を移動させている。

 ポートフォリオの再調整は、大統領選に向けて6月27日夜に行われた第1回討論会が終わった直後から始まった。
 同討論会でバイデン氏は一時固まったように見えたり、同じことを繰り返したりする場面があるなど、散々な結果となった。
 最も大きく反応したのは国債市場で、10年債利回りは翌日以降の数日で一時20ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)近く上昇した。

 バイデン氏が候補を辞退するとの観測は急速に高まっている。
 賭け市場では選挙戦を継続する可能性は50%未満とみられている。
 投資家は米独立記念日の祝日や週末に何らかの発表がある場合に備え、対応策を急いでいる。

 匿名を条件にメディアの取材で語ったファンドマネジャーは、バイデン氏撤退によって引き起こされるであろう
   リスク急増に対するヘッジ
として、休みの前にポートフォリオのポジションをドルと短期債に傾けていると語った。

  
posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月07日

ジェフ・ルービン(Jeff Rubin) 国際ガバナンス・イノベーション・センターのシニアフェロー

ジェフ・ルービン(Jeff Rubin)
   1954年8月24日生まれ
 カナダの経済学者、作家で元CIBCワールド・マーケッツの主任エコノミスト。
 現在は国際ガバナンス・イノベーション・センターのシニアフェローである。

 ルービン氏は1988年からCIBCワールド・マーケッツとその前身企業で勤務し、1992年から2009年に退職するまでチーフエコノミストを務めた。 
 ルービン氏はトロント大学で経済学の学士号を取得し、マギル大学で修士号を取得した。
 その後、オンタリオ州政府財務省で経済学者として勤務し、将来の金利の予測を担当しました。
 1988年、ルービンはカナダの大手株式仲買および投資銀行会社
   ウッド・ガンディ
に移ったが、この会社はCIBCに買収され、最初はCIBCウッド・ガンディ、次にCIBCワールド・マーケッツに名前を変えた。

 彼は金利とカナダドルの価値の変動を正確に予測した。
 また、1990年代初頭、彼はオンタリオ州の不動産市場の大幅な下落を予測して有名になった。
 2000年の石油価格の高騰を正確に予測した最初の経済学者の一人であり、現在は
   石油枯渇
とその経済的影響に関する人気のあるコメンテーターとなっているが、2008年に原油価格が1バレル135ドルだったとき、ルービンは2012年までに価格が225ドルに達すると予測していた。
 この予測は、2009年に原油価格が暴落したことで間違いであることが判明した。
 2011年から2014年にかけての回復にもかかわらず、2016年まで比較的低い水準にとどまった。
 
 ルービンは、毎週水曜日にグローブ・アンド・メール紙にブログを投稿している。
 このブログはハフィントン・ポストにも掲載されている。
 彼は熱心な釣り人で、執筆活動の中で釣りの比喩を頻繁に使用している。
  
 ルービンは、中国などの低賃金国からの工業生産の回帰は労働者、特に労働組合に加入しているブルーカラー労働者の交渉力を強化すると
主張している。
 また、穀物が石油と同じくらい重要になる可能性があると書き、ロシアが自国の軍事計画を支持する国にのみ穀物を売ることを決定する可能性があることを示唆した。


posted by まねきねこ at 22:09| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政権末期に醜態を晒すのがわからない政治家は困ったもの

 バイデン米大統領は5日、ABCテレビのインタビューで、自身の功績として
   「日本に防衛予算を増額させた」
と述べた。
 日本の防衛費増額方針は自身が岸田文雄首相を説得した結果だと訴えようとしたとみられる。
 昨年6月にも同様の認識を示した際、岸田政権は「防衛費増額は日本自身の判断」と反発したが、そもそも、安倍政権由来の政権であり戦闘機の機体の耐久性に問題のある米国のF35を当時のトランプ政権への忖度からか、戦闘機の本来の価値の倍とも言える「言い値」で購入したことで、周囲や自らの醜聞で政権を追われることもなく、政権維持をしてきたと同様の動き継承している岸田政権だが、政権に対する批判が大きく日本国民の支持率の低さの背景の多くが、経済回復に回す資金がありながら、消費税増税や国債の発行残高を持ち出して、保有する資金を米国の軍産複合体生へ貢ぎ続ける行為を繰り返し行ってきた流れが変えれず、大型空部や時刻の戦闘機の開発など自力防衛力の強化させない米国政権の思惑を支援していることの裏返しだ。
 
 米国内ではバイデン氏を巡っては高齢不安が再燃しており、本来不要な発言を持ち出すところが限界を超えている状況にあるということだろう。

 バイデン氏は「あと4年間しっかり務められるか」との質問に、北大西洋条約機構(NATO)の結束を強化したと実績を強調し、日本にも言及し、米国の付加価値の高い兵器を日本に買わせるという目論見を示した。

    
posted by まねきねこ at 13:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24年後半のアジア株式 日本株よりも選好される中国とインド株、蚊帳の外の日本は諸外国と比べ、与野党政治家の政治能力の低さや思考の幼稚さなど政治家としても資質がそもそも問題が多い。

 新興国市場のテーマに投資家の関心が集まる中、中国とインドの株式が今年後半にアジアでアウトパフォームする可能性があるとみられている。

  ブルームバーグ・ニュースがアジアを拠点とするストラテジストやファンドマネジャー19人に非公式に実施した調査で、約3分の1が今後半年に中国株が大半をしのぐと回答した。
 また、同程度がインドを最有力候補に挙げ、与野党の政治家の金に対する卑しい思考や政策が幼稚な岸田政権の末期的支持率の低さなどが背景にある日本は遠く離れて3位だった。

 中国とインド市場にとって、今後見込まれる
   米利下げが追い風に
なると考えられているためだが、それぞれ独自の材料も多くあるという。
 回答者は低いバリュエーションと期待される
   政策変更を理由
として中国株を選好する一方、選挙後の楽観的な見方や地政学的緊張に比較的影響を受けにくい点でインド株を選んだ回答が多い。

 回答者の半数超が米利下げや割安なバリュエーションを理由に、今年末までアジア株が米国株をアウトパフォームする公算が大きいと答えたが、大半は上昇率が10%以下にとどまると見込んでいる。

posted by まねきねこ at 11:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HSBCが売却模索の独ウェルス事業について、BNPやUBSが関心

 英国金融機関大手HSBCホールディングスが売却を模索しているドイツのウェルスマネジメント事業に、仏BNPパリバやスイスのUBSグループなど複数の同業他社が暫定的な関心を示していると、この事情に詳しい関係者が匿名を条件に明らかにした。
 HSBCは世界の拠点の合理化を図っている。

 この関係者によると、HSBCの独ウェルスマネジメント事業は
   3億−6億ユーロ(約523億−1045億円)
と評価される可能性があり、スイスの資産運用会社
   ジュリアス・ベア・グループ
も事業内容を精査していると続けた。

 HSBCは世界的なブランドを持ち、ドイツで既に事業を展開している買い手を求めていると、関係者が説明した。
 同事業の資産はおよそ260億ユーロに上り、KPMGが売却を支援していると話した。

 一方、HSBCはドイツのファンド管理事業
   「インカ(Inka)」
の売却可能性をバンク・オブ・アメリカ(BofA)の協力を得つつ探っているとも言われている。
 インカは管理資産が約4000億ユーロと業界最大級だと、非公表の情報だとして匿名を要請した関係者が語った。

 HSBCは現在、インカとともに独の
   カストディー(証券保管)事業
の買い手候補を探っており、両者の売却額は数百万ユーロとなる可能性があるとも関係者は明かした。
 同事業にはこれまでに、ステート・ストリートユニバーサル・インベストメントなどが具体的な関心を示したという。


posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア軍は黒海のクリミア拠点を失いつつある(ウクライナ海軍司令官)

 ウクライナ海軍司令官の
   オレクシー・ネイジュパパ中将
はロイター通信とのインタビューに応じ、ロシア海軍の
   黒海艦隊
がほぼ全ての戦闘可能な艦船を占領下のクリミアからノボロシスクやアゾフ海に移動させることを余儀なくされ、主要拠点はウクライナによる攻撃のため無力化しつつあると明らかにした。
 
 ミサイルと水上ドローン(無人艇)の攻撃でロシアにとって重要な兵站拠点
   セバストポリ基地
は大きな被害を受けたと指摘したうえ、「彼ら(ロシア)は明らかにこの拠点を失いつつある」と続けた。

 ネイジュパパ氏は、黒海東部沿岸にあるロシアのノボロシスク海軍基地にはクリミアのセバストポリのような大規模な設備はなく、巡航ミサイルの保管・装填場所として機能しているだけだと述べた。
 同氏によると、ウクライナはこれまでにドローン攻撃などで27隻の艦船を破壊したり、損傷させたりした。
 そのうちの5隻はセバストポリ湾近くにウクライナの水上ドローンが敷設した機雷によって破壊したという。

    
ひとこと
 ロシア海軍の施設はもともと、トルコ帝国との間の露土戦争 (1768年-1774年)などで手に入れたもの。
 支配力がなくなれば手放すのも必定だろう。

  
posted by まねきねこ at 06:43| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラン製兵器でウクライナ侵攻するロシアは改革派大統領との軍事協力を維持したい考えだが... 

 ロシアはイラン大統領選の結果にかかわらず、ロシア軍の兵站線の一部を担う
   軍事・エネルギー協力の路線
を維持したい考えを示している。

 プーチン大統領は、勝利した改革派
   ペゼシュキアン元保健相
に祝意を示すべく、近く電話会談するとみられ調整が行われている。
 プーチンの停戦条件はウクライナの敗北を認めるものでしかないため、そもそも停戦合意が不可能な条件が並べてある。
 停戦の道筋が立たず、ウクライナ侵攻がさらに長期化するのが必死な中、継戦には兵站線として安定した兵器調達が必要となっている。

 ロシアにとってイランは北朝鮮と並び、
   弾道ミサイル
   無人機 など
を供給してきた友好国で、西側諸国との距離感を注視することになりそうだ。
 プーチン氏は、イランのモフベル大統領代行と電話を重ねており、4日にカザフスタンで会談した。
 選挙結果に関係なく「両国関係が強化されると確信している」と伝えており、モフベル氏は、最高指導者ハメネイ師の言葉として「政府のいかなる変化も関係を損なわない」と応じた。
 ロシアとイランは、シリア内戦では
   アサド政権
を支援して共闘しており、西側諸国から経済制裁を受け、米国に対抗する立場も共通している。
 イランの強硬派でもあったライシ大統領が死亡したヘリコプター事故では、制裁による部品不足が改めて指摘された。
 ロシアでも同じ問題が起こりかねないが、ペレストロイカ以降のロシアの資産を食い荒らしてきた新興財閥との関係が強いプーチンの姿とイラン政治とは異なる部分も大きく、蜜月となるかどうかは不明だ。

    
posted by まねきねこ at 06:19| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイデン氏の選挙戦が不安化するなか、米下院民主党トップが異例の週末会合を開催

 米国議会下院民主党トップの
   ジェフリーズ院内総務
は5日夜、党幹部らとの異例の週末会合を急きょ設定したとNBCニュースが報道した。
 11月の米大統領選で再選を目指すバイデン大統領が選挙戦にとどまるべきか、党内では不安がくすぶっているためだ。

 バイデン氏に代わる有能な若手候補者の選出までは支持率離散を回避すべく、米連邦議会などの民主党エスタブリッシュメントではバイデン大統領の選挙戦を公に支持し続けているのが現状だろう。
 インディアナ州選出のマイク・クイグリー民主党下院議員はMSNBCの取材に対し、バイデン氏は出馬すべきではないと語った。

 また、 イリノイ州のマイク・クイグリー民主党下院議員は「あなたの遺産は決まった」と話したのち、「私たちはあなたに最大の感謝を抱いている。それをいつまでも確固たるものにし、大惨事を防ぐために、あなたが今できる唯一のことは身を引いて他の誰かに任せることだ」と訴えた。

 ジェフリーズ院内総務は議員らに7日午後に開く
   バーチャル・セッション
の具体的なテーマを示していない。
 同会合については計画に詳しい下院民主党幹部が確認した。

 バイデン氏がトランプ前大統領との先月27日の討論会で精彩を欠き、党内に衝撃が走った。
 その後、下院がワシントンで再招集される前日に今回の会合は開催される。
 下院民主党は9日、より広範な非公開会合を開く予定という。
  
  
ひとこと
 バイデン氏が選挙戦を降りるとして、誰が民主党の候補なって、入れ替えるタイミングが重要である。鮮度が落ち、日持ちが悪くなっているバイデン氏と次期候補の支持基盤を作り上げ知名度を高めるための時間が少なくなっていく。
 
    
posted by まねきねこ at 06:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブロードコム(Broadcom Inc. ) 米国の多国籍企業 幅広い半導体およびインフラストラクチャ ソフトウェア製品の設計、開発、製造、およびグローバル サプライヤー

ブロードコム(Broadcom Inc. )
 米国の多国籍企業
 幅広い半導体およびインフラストラクチャ ソフトウェア製品の設計、開発、製造、およびグローバル サプライヤーである。
 Broadcom の製品は、データ センター、ネットワーク、ソフトウェア、ブロードバンド、ワイヤレス、ストレージ、および産業市場に提供されている。
 2023 年現在、Broadcom の収益の約 79% は半導体ベースの製品から、21% はインフラストラクチャ ソフトウェア製品とサービスから得られている。
(企業名の履歴)
 ・HPアソシエイツ(1961年〜1999年)
 ・アジレント半導体製品グループ (1999–2005)
 ・アバゴ・テクノロジーズ(2005年〜2016年)
 ・ブロードコム・リミテッド(2016年〜2018年)
 
 収益 358.2億米ドル(2023年)
 営業利益 162.1億米ドル(2023年)
 純利益 140.8億米ドル(2023年)
 総資産 728.6億米ドル(2023年)
 就業者数 40,000(2024年6月)
 
 子会社
  ・ヴイエムウェア
 タン・ホック・エングが同社の社長兼CEOを務める。
 本社 リフォルニア州パロアルト

 アバゴ・テクノロジーズ・リミテッドは、 2016年1月に
   ブロードコム・コーポレーション
を買収し、その名称のブロードコム部分を引き継いだ。
 旧アバゴを表していたティッカーシンボルAVGOは、現在、新しく合併した企業を表している。
 ブロードコム・コーポレーションのティッカーシンボルBRCMは廃止された。
 当初、合併後の企業はブロードコム・リミテッドとして知られていたが、2017年11月に現在の名称を採用した。

 2019年10月、欧州連合は、欧州連合の競争法に違反するとされる反競争的なビジネス慣行に関して、ブロードコムに対して暫定的な独占禁止命令を発行した。
 2022年5月、ブロードコムは690億ドル相当の現金と株式による取引で
   VMware
を買収する契約を締結したと発表した。
 この買収は2023年11月22日に完了した。

 ブロードコムは、1961年にヒューレット・パッカード社の半導体製品部門である
   HPアソシエイツ
として設立された。
 この部門は1999年に
   アジレント・テクノロジーズ
のスピンオフの一環としてヒューレット・パッカードから分離した。

 KKRとシルバーレイク・パートナーズは2005年にアジレント・テクノロジーズの半導体製品グループを26億ドルで買収して
   アバゴ・テクノロジーズ
を設立した。
 アバゴ・テクノロジーズは2005年10月にI/Oソリューション部門を
   PMC-Sierra
に4,250万ドルで売却することに合意した。
 2008年8月、アバゴ・テクノロジーズは4億ドルの新規株式公開を申請した。
 2008年10月、アバゴ・テクノロジーズはミュンヘンに拠点を置く
   インフィニオン・テクノロジーズ
のバルク音響波事業を2,150万ユーロで買収した。
 2009年8月6日、アバゴ・テクノロジーズはNASDAQにティッカーシンボルAVGOで上場した。

 アバゴ・テクノロジーズは2013年4月、光チップおよび部品サプライヤーである
   サイオプティクス
を4億ドルで買収する契約を発表した。
 この買収は、アバゴ・テクノロジーズの光ファイバー製品ポートフォリオの拡大を目的としていた。

 2013年10月、アバゴ・テクノロジーズは、両社間の戦略的投資契約の一環として、パワーエレクトロニクス技術プロバイダーである
   アマンティス
に500万ドルを投資した。
 2013年12月に
   LSIコーポレーション
を66億ドルで買収する契約を発表した。
 この買収により、アバゴ・テクノロジーズは特殊な製品から離れ、チップ、特にデータセンターのストレージを含むより主流の業界へと移行することができた。
 2014年5月にSSDコントローラー事業を
   シーゲイトテクノロジー
に売却した。
 2014年8月、同社は第9位の半導体企業となった。

 アバゴテクノロジーは、LSIのAxxiaネットワーキング事業をインテルに6億5000万ドルで売却することに合意した。
 また、集積回路設計業者である
   PLXテクノロジー
を3億900万ドルで買収することに合意した。

 2015年2月、アバゴテクノロジーズリミテッドが
   エミュレックスコーポレーション
を1株当たり8ドルの現金で買収することに合意したことが発表された。 
 
 2015年5月28日、アバゴは
   ブロードコム社
を370億ドル(現金170億ドル、株式200億ドル)で買収すると発表した。
 合併後の会社はブロードコム社となり、年間売上高は150億ドル、時価総額は770億ドルとなる。

 技術コンサルティング会社LexInnovaの分析によると、ブロードコム社はモバイル、データセンター、モノのインターネットなどの分野でアバゴ・テクノロジーズの特許地位を大幅に強化し、同社をトップ半導体ベンダーの中で9番目に多い特許保有者にした。
 同社のウェブサイトによると、取引は2016年2月1日に完了した。

 2016年5月、
   サイプレスセミコンダクター
は、ブロードコムコーポレーションのIoT製品ポートフォリオ全体を5億5000万ドルで買収すると発表した。
 この取引で、サイプレスはブロードコムのIoT製品とWi-Fi、Bluetooth、Zigbee接続の知的財産、およびブロードコムのWICEDプラットフォームと開発者向けSDKを取得する。
 この取引では、ブロードコムのIoTデバイス向け開発者ツールと接続技術と、低電力デバイス向けのメモリ、コンピューティング、グラフィックス処理を提供するサイプレス独自のプログラマブルシステムオンチップ(SoC)製品が統合された。

 2016年、ブロードコムはブロケード・コミュニケーションズ・システムズとの合併を提案した。
 この買収提案には55億ドルの買収価格が含まれ、現金で提示された。

 なお、これは対米外国投資委員会による審査のため延期された。
 2017年11月2日、ブロードコムはシンガポールからデラウェア州に法定住所を移転し、審査を回避すると発表した。
 この措置は、親会社が
   Broadcom LimitedからBroadcom Inc.
に社名変更されたことに関連していた。
 2016年の合併前のブロードコムであるBroadcom Corporationは、社名変更後の親会社Broadcom Inc.の完全子会社のままである。

 2017年11月中旬、ブロードコムは
   クアルコム
を1300億ドルで買収することを提案した。
 しかし、クアルコムの取締役会によって拒否された。
 その後に1170億ドルに修正されたこの敵対的買収提案は
   国家安全保障上の懸念
を理由にトランプ政権によって大統領令で阻止された。
 具体的には、対米外国投資委員会が懸念を表明した。

 当時シンガポールに本社を置いていたブロードコムは、中国とチップメーカーの
   ファーウェイ
に近すぎる企業と考えられていた。
 「5Gにおける中国の優位性への移行は、米国にとって国家安全保障上の重大な悪影響を及ぼすだろう」とCFIUSは発表した。
 また、「米国は現在、標準設定の分野で優位に立っているが、この敵対的買収の結果クアルコムが残した空白を埋めるために、中国が激しく競争する可能性が高い」しかし、この動きを批判する人々は、この決定は安全保障上の懸念よりも競争力を重視したものだと述べている。
 ブロードコムは大統領令の2日後に買収提案を取り下げた。

 観測筋は、トランプ氏の決定は安全保障上の懸念と同じく貿易収支の目的にも合致していると述べた。
 もともと、歴史的には半導体のみを扱う企業であったが、クアルコム買収の失敗により、ブロードコムとそのCEOは規模拡大の代替手段としてインフラソフトウェアの買収を検討するようになった。

 2018年7月11日、報道によると、ブロードコムと
   CAテクノロジーズ
が189億ドルの買収条件で合意したという。
 以前はコンピュータ・アソシエイツとして知られていたCAテクノロジーズは、メインフレームコンピュータ向けソフトウェアの長年の大手企業であり、クラウドコンピューティング向けソフトウェアにも提供を拡大していた。
 2018年11月5日、ブロードコムはCAテクノロジーズの買収を完了したと発表した。

 2019年8月9日、報道によると、ブロードコムは
   シマンテック社
のエンタープライズセキュリティ事業(消費者向けソフトウェア部門は現在ジェンデジタルとして知られている)を107億ドルの現金で買収することを決定したという。

 ]この取引は、ブロードコムによる企業インフラに不可欠なソフトウェアへの進出を継続するものとなった。
 そして2019年11月4日、ブロードコムは同事業の買収とシマンテックの名前とブランドの買収を完了したと発表した。 
 2019年、ブロードコムは総収益率1,956%で2010年代の5番目に優れた株式として発表された。
 
 2018年1月17日、FTCが顧客との交渉における反競争的戦術に関してブロードコムを数か月間調査していたことが報じられた。
 2019年10月、ブロードコムは欧州連合から
   反競争的行為の停止
を命じられた。
 2021年、ブロードコムは、制限的な契約条件と不遵守の顧客に対する報復の脅迫を通じて独占力を乱用したとする
   反トラスト法違反の訴え
を解決することに同意した。  
 このような契約条件はイノベーションを阻害し、世界の供給市場での競争を阻害する。

 欧州競争委員のマルグレーテ・ベステアー氏は、ブロードコムの主要6顧客との契約条件は、何の対策も講じなければ「競争に深刻かつ回復不能な損害を与える」と述べた。
 2021年、ブロードコムは、米国連邦取引委員会が同社が独占力を乱用し、制限的な契約条件と、同社が「不誠実」とみなした顧客に対する報復の脅迫を行ったと主張した反トラスト法違反訴訟の和解に合意した。

 同社は欧州委員会との同様の反トラスト法訴訟に直面していた。
 その後、ブロードコムが特定のビジネス慣行を控えることを約束した後に和解した。
 これには、独占または準独占契約を含む契約を一時停止するという約束と、7年間そのような契約を締結しないという約束が含まれていた。
 
 2017年、ブロードコムは
   スマートテレビメーカー
に対して特許訴訟を起こした。
 米国国際貿易委員会はスマートテレビメーカーに有利な判決を下した。

 2020年、ブロードコムは複数の特許侵害で
   Netflix
を訴えた。
 批評家は、ブロードコムがNetflixを訴えているのは
   ストリーミングサービス
の台頭により従来の有料テレビ加入者数が減少していることを理由に、自社の成功度が高いためだと主張している。

 ライヒトマン・リサーチ・グループの計算によると、米国最大の有料テレビプロバイダー(市場の約95%を占める)は、2019年に約491万5000人の純ビデオ加入者を失った。
 定期顧客は1人あたり年間231ドルをボックス料金として支払っており、ケーブル業界の年間利益は合計で約200億ドルに上る。

 2020年1月7日、アクセンチュアはシマンテックの300人規模のサイバーセキュリティサービス部門をブロードコムから買収することに合意した。
 2020年2月、ブロードコムは世界初のWiFi 6EクライアントデバイスであるBCM4389を発表した。
 2020年初頭、ラズベリーパイ社は新しいボードにブロードコムBCM2711チップが搭載されることを明らかにした。

 2022年5月、ブロードコムは、仮想化およびクラウドコンピューティングソフトウェアベンダーの
   VMware
を現金と株式の組み合わせで610億ドルで買収する契約を発表し、ブロードコムはVMwareの80億ドルの負債を引き受けた。
 2022年11月、英国の競争・市場庁規制当局は、ブロードコムによるVMwareの買収が「英国の商品またはサービスの市場における競争の大幅な低下につながる」かどうかを調査すると発表した。
 また、欧州委員会も買収案を調査中であると述べ、その結果、ブロードコムとVMwareは予定完了日を2023年5月26日まで延長した。
 2023年5月19日、英国とEUの規制当局の両方がまだ調査を完了していなかったため、完了日は正式に2023年8月26日まで延長された。
 その後、2023年11月26日までさらに延長された。

 2023年11月21日、ブロードコム社は翌週の水曜日に690億ドルのVMware社の買収を完了させる計画を発表した。
 テクノロジー分野では最大規模の買収の一つであるこの買収は、中国を含む世界的な規制当局の精査を受け、中国は特定の条件付きで取引を承認した。
 これらの条件では、VMwareのサーバーソフトウェアが現地のハードウェアと互換性があり、顧客がブロードコムのハードウェア製品を使用することを制限しないことが求められている。

 米中緊張の高まりに対する懸念にもかかわらず、最後の規制上のハードルであった中国の承認により、取引は進められた。
 取引は2023年11月22日に完了した。
 完了後、CEOのホック・タンは、同社がサンノゼの本社をパロアルトのVMwareキャンパスに移転すると発表した。

 2024年2月、ブロードコムはVMware買収により継承したエンドユーザーコンピューティング部門をKKRに40 億ドルで売却した。
  
   
posted by まねきねこ at 06:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BYDが欧州へのアクセス改善のため、トルコに1600億円でEV工場建設へ

 トルコ政府は中国の電気自動車(EV)メーカー
   比亜迪(BYD)
が同国西部に10億ドル(約1600億円)を投じて工場を建設する合意を近く発表すると中国当局者が公に話す権限がないとして匿名を条件にメディアの取材で明らかにした。
 貿易摩擦が激しくなる中、欧州向けでBYDのプレゼンスが高まる。

 この当局者らによれば、エルドアン大統領は工場が建設されるマニサ県で8日開かれる式典で、今回の合意を発表する見通しと明かした。

 トルコは欧州連合(EU)と関税同盟を結んでいるため、新工場でBYDのEUへのアクセスが改善することになる。
 EUは中国から輸入されるEVに追加関税を暫定的に課す計画で、BYDには現行の10%に17.4%の関税が上乗せされるため、企業生き残り戦略とも言える。

 ただ、金額から言えばノックダウンの組立工場とも言えるため、部品に対する課税が検討されることになり、今後、日本の部品供給企業への影響が起きるかどうか注目したい。

  
posted by まねきねこ at 05:45| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイデン氏、強気インタビューでも民主党内で不安後退の可能性は低い

 バイデン米大統領は5日、ABCニュースとのインタビューで、大統領職をあと4年務めるスタミナはあると主張したうえ
   自らの認知能力
に関して国民を安心させるため
   独立した検査
を受けることを約束する発言は聞かれなかった。
 
 11月の大統領選での
   再選を断念するよう求める声
を退けるとともに、トランプ前大統領との先月27日の討論会での
   低調なパフォーマンス
が選挙戦に大きなダメージを与えたとの見方を否定した。
 バイデン氏が自身にとって最大の政治危機に誠実に取り組んでいないのではないかと懸念する民主党関係者もおり、こうした姿勢は不安をさらに増幅させるリスクが高い。

 バイデン氏は世論調査でトランプ前大統領に後れを取っているとは認めず、民主党幹部の間で身を引くよう求める話は
   直接聞いていない
と説明した。
 自身に選挙戦撤退を検討するよう促すことができるのは「全能の神」だけだと言明した。

 バイデン大統領は先の討論会で
   精彩を欠いたパフォーマンス
に付きまとったような大きな失言を回避できたものの、トランプ氏に勝てないだけでなく、再選を果たしても、さらに4年は務められないのではないかという不安をこの1週間で抱いている有権者や献金者、民主党関係者が増えており、プライムタイムで今回放送された22分間のインタビューによって、こうした懸念が和らぐ公算はほぼない。

 このインタビューで示したバイデン氏の姿勢は2期目を視野に挑戦を続ける決意を固めた候補者にとって、周囲に蔓延している懸念を回避するための選択できる唯一の戦略ともいえる。
 5日の演説では、自身の年齢を認めた上で、トランプ氏に対する攻撃を強めた。
 7日には激戦州ペンシルベニア州などで
   イベントに参加する計画
をバイデン氏陣営は明かしている。

 討論会後に公表された複数の世論調査は、トランプ氏に対してバイデン大統領の形勢が不利になりつつあることを示唆した。
 なお、トランプ氏との差が6ポイント開いたとする調査もある。
 ニューヨーク・タイムズシエナ大学の世論調査では、74%の有権者がバイデン氏は大統領を務めるには高齢過ぎると回答した。

 しかし、インタビューでバイデン氏は自分が後れを取っていないと信じているかと尋ねられ、「私が話をする世論調査の担当者は皆、トスアップ(五分五分)だと言っている」と答えた。

 率直に話すとして匿名を条件に語ったある民主党の献金者は、バイデン大統領周辺の人々がバイデン氏に身を引くよう勧めないことに腹を立てていると話し、
   選挙運動の継続は妄想的で身勝手
だとの見方を示しているという。

 オバマ元大統領の上級顧問を務め、バイデン氏に批判的な
   アクセルロッド氏
は今回のインタビュー後、「彼は人々の懸念に危険なほど無関心だ」とX(旧ツイッター)に投稿した。

 なお、バイデン氏は
   マーク・ウォーナー上院議員
が他の議員を集めて選挙戦から撤退するよう圧力をかけようとしていることを認識し、インタビューでバイデン大統領は「マークと私は異なった見方を持っている」と語った上で、他からは選挙戦に残るべきだという意見も聞いていると主張した。

 「もし全能の神が降りてきて、『ジョー、選挙戦から撤退しなさい』と言われたら、私は選挙戦から退くだろう。全能の神は降りてきていない」と続けた。

 バイデン氏は討論会での低調なパフォーマンスについて
   ひどい風邪
によって引き起こされた「一度きりの悪いエピソード」のせいだったと説明した。
 また、「いかなる深刻な状態を示す兆候もない」と続けた。
 悪い夜を過ごしていることにいつ気付いたかと尋ねられたバイデン大統領は、トランプ氏が叫んだため、途中で気が散っていた局面があったことを示唆した。

 当時を振り返り「自分がコントロールできていないことに気付いた」と語った。

 民主党議員や献金者の懸念が高まる中、今後1週間で
   一連の問題が
試されることになる。

 バイデン大統領はペンシルベニア州を訪れた後、9日からワシントンで
   北大西洋条約機構(NATO)加盟国首脳
を招いたサミットを開催することになる。
 大統領のスケジュールは、ホワイトハウスであと4年間務める能力があることを有権者に証明するため、さらなる努力を求めるパニックに陥った民主党内への踏み絵となりそうだ。
 
 
ひとこと
 民主党にとって肝心要なのは、バイデン氏が候補を辞めて、次の候補をハリス副大統領に替えることは順当だが、左翼的思想が強すぎるため民主党支持層が割れかねず、トランプ氏に対抗するには無理がある。
 次の候補として担ぎ出せる若手知事等から選抜できるかどうかにかかっている。
  
  
posted by まねきねこ at 05:38| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする