当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年06月13日

パリ・オランダ銀行(Banque de Paris et des Pays-Bas) パリに本拠を置くフランスの投資銀行

パリ・オランダ銀行(Banque de Paris et des Pays-Bas)
 1982年から一般にパリバと呼ばれていた、パリに本拠を置くフランスの投資銀行
 2000年5月にパリ国立銀行と合併し、BNPパリバが誕生し消滅した。

 1820年代初頭、ルイ=ラファエル・ビショフスハイムはアムステルダムに自身の名義でプライベートバンキングを設立した。
 弟のジョナサン=ラファエルは1827年にアントワープに支店を設立した。
 その後1836年にブリュッセルに定住した。

 ルイ=ラファエル・ビショフスハイムは、ドイツ・フランクフルトの銀行家
   ハユム=サロモン・ゴールドシュミット
の娘ヘンリエッタ・ゴールドシュミットと結婚し、1846年にパリに、続いて1860年にロンドンに
   ビショフスハイム・ゴールドシュミット&シー銀行
を設立した。
 1863年に彼はこれらの銀行をアムステルダムに設立した
   オランダ信用預金銀行(NCDB Banque de Crédit et de Dépôt des Pays-Bas)
に合併し、ビショフスハイムは強力な
   多国籍銀行コングロマリット
を築いた。

 1869年、アドリアン・デラハントや
   エドモンド・ジュベール
   アンリ・チェルヌスキ
を含む銀行家や投資家のグループが、個人銀行家の
   ウジェーヌ・グーアン(トゥール)
フルド家の
   アドルフ・エルネスト・フルド
やE. et A. シュナッパー・シュテルン(パリ)、ブルグマン(ブリュッセル)、ティートゲン(コペンハーゲン)とともに、パリのオペラ座近くのアンタン通り3番地に本部を置く
   パリ銀行
を設立した。
 
 1872 年 1 月 27 日、2 つの銀行、Banque de Crédit et de Dépôt des Pays-BasとBanque de Parisが合併して
   パリ・デ・ペイ・バ銀行(Banque de Pari s et des Pays- Bas)
が設立された。
 設立初年度、この新銀行は
   クレディ・リヨン
と提携し、フランス政府に対する
   普仏戦争
の賠償金30億フランの3分の1を融資するために設立された
   金融コンソーシアム
のリーダーを務めた。
 パリ・デ・ペイ・バ銀行が調達した資金の大部分は、ドイツの金融業者と築いた密接な関係の結果として、ブリュッセル支店を通じて調達された。

 数年間の合議制統治の後、 1876年から1894年までは
   フランソワ=エルネスト・デュティユール
が、1895年から死去した1909年まではグーアンが総裁を務めた。
 この間、銀行は政府への大規模な融資や、フランスおよび外国の民間企業の株式や債券の発行を主導または参加した。
 その中で最も注目すべきものとして、
・フランス、ベルギーおよびそれぞれの植民地帝国に対する政府融資。
・フランスまたは帝政ロシアにおける公債発行(1888年以降)
・1904年にモロッコ債務管理局が設立され、バルカン諸国(多くの場合ドイツの銀行と提携)、スカンジナビア諸国、モロッコ向けの債券を発行した。
・1880年代と1900年代にラテンアメリカ向けに発行された債券(ベアリングス銀行などの英国の銀行と提携して発行されることが多い)。
 
 第一次世界大戦中、フランス政府は戦時貸付金「ボン・ド・ラ・デファンス・ナショナル」を通じて資金を調達した。
 また、スペイン、オランダ、スイス、スウェーデンにフランス財務省の信用口座を開設する交渉にも参加した。
 兵器産業(Compagnie Nationale de Matières Colorantes et de Produits Chimiques)の資金調達にも貢献した。

 1920 年代のインフレの影響と、復興努力、そしてホレス・ファイナリー(1919 年から 1937 年まで銀行のトップを務めた) の指導による銀行活動の拡大の動きが相まって、銀行の資本金が増加し、産業関連事業や公共事業へのさらなる投資が行われた。

 第二次世界大戦で資本が減り、同盟国の関連会社や取引銀行との取引が断たれた。
 中央ヨーロッパとノルウェーの海外資産の一部も失ったが、それでも、代替燃料、ガス生成物質、オイルシェールなどの製品の産業特許の開発に貢献した。

 パリバ銀行は商業銀行としての地位を確立していたため、1945年の国有化を回避した。
 1945年12月2日と1946年5月17日に制定されたフルサービス銀行の地位を承認する法律をフルに活用することができた。
 こうして、パリバ銀行はフランス企業向けの商業銀行業務を自由に展開し、やがて国際規模で展開する態勢が整った。

 1960年代から1980年代にかけて、パリバはニューヨークで投資銀行を設立した。
 多くの国にオフィスを持つ内部銀行ネットワークに拡大し、個人および機関投資家の顧客に対する資産運用サービスを開始した。
 クロード・ド・ケモウラリアはこの時期の銀行の重要な幹部である。
 また、ビジネスに対する活動も指揮し、 Bull、CSF、Thomsonなどのフランス産業の発展と再編に参加した。

 1982年、フランソワ・ミッテラン大統領率いる
   ピエール・モーロワ政権
により、5大産業企業、39の預金取扱銀行、インドスエズとパリバの2つの投資銀行を含む国有化の波の一環として、同銀行は国有化された。
 同年、同銀行は長年使用してきた電信アドレス「パリバ」をブランドと企業アイデンティティとして採用した。

 パリバは1987年1月、ジャック・シラク政権により再民営化された。
 1998年、パリバはフランスの銀行
   Compagnie bancaire
を買収し、その後Compagnie Financière de Paribasに社名を変更した。

 1999年、パリ国立銀行とソシエテ・ジェネラルは株式市場で複雑な争いを繰り広げた。
 ソシエテ・ジェネラルはパリバを買収しようとし、BNPはソシエテ・ジェネラルを買収しようとしてパリ​​バに対抗して買収提案を行った。
 BNPのソシエテ・ジェネラル買収提案は失敗したが、パリバ買収提案は成功した。

 その結果、BNPとパリバの合併は1年後の2000年5月22日に完了し、BNPパリバが誕生した。
 
 パリバは歴史的に石油市場の資金調達に積極的に関与し、米国の石油メジャー
と強い関係を築いてきた。
 これが、イラク石油食糧交換プログラムの資金調達契約でパリバが選ばれた理由の1つとされる。
 石油事前融資の手法は、将来の石油収入を担保とする融資であり、これは1970年代に
と彼の商品仲買業者 グレンコアによって開発され、国連と世界銀行によって石油生産国の貧困化の原因および泥棒政治の重要な現象の1つとして指定されている。
 
 パリバ・ルクセンブルクは、物議を醸したイラクの実業家
   ナドミ・アウチ
と密接な関係があった。
 その関係は、共同経営のルクセンブルク・コンチネンタル銀行との1970年代にまで遡ることができる。
 1990年初頭、アウチは持ち株会社
   ジェネラル・メディテラニアン・ホールディングス(GenMed )
を通じてパリバの株式12%を保有する筆頭株主だった。
 彼は、サダム・フセインと国連が署名したイラク石油食糧計画へのパリバの関与において重要な役割を果たした。
 アウチは、BNPパリバの合併でも主要な役割を果たした。
 
 フィリップ・クルロワ判事は
   ミッテラン・パスクア事件
として知られるアンゴラへの武器販売事件でパリバ銀行が果たした役割を調査した。
 クルロワ判事の調査によると、1995年から1997年の間に、当時
   アラン・ベルナール
が率いていた銀行決済部門は、ロシアとアンゴラ間の武器販売に5億7,300万ドルを融資した。
 アラン・ベルナールの副官、
   ジャン=ディディエ・マイユ
が融資を手配し、2人はその行為に対して外国口座で3,000万ドルの手数料を受け取っていた。
 この捜査におけるジャン=ディディエ・マイユの聴聞会で、彼は「経営陣はパリバの活動を知っていた...アラン・ベルナール...誰もが彼が手数料を払っていることを知っていた...私たちはこれらの活動を『特別業務』と呼んでいた」と述べた。

 一方、パリバの子会社であるカンパニー・バンケールのCEO
   アンドレ・レヴィ・ラング
は、この事件やアラン・ベルナールとジャン=ディディエ・マイユが請求した手数料については知らなかったと述べている。

      
posted by まねきねこ at 16:37| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: