当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年06月04日

メギア氏のタウラ・キャピタル、開始初日に新規資金の受け入れ停止

 米ミレニアム・マネジメントのシニアトレーダーだった
   ディエゴ・メギア氏
は、50億ドル(約7830億円)規模のヘッジファンドを立ち上げた。
 新興ヘッジファンドとしては近年で有数の規模となる同ファンドは、開始初日から新規資金の受け入れを停止した。

 この事情に詳しい関係者がメディアの取材に対し匿名で明かしたという情報によれば、メギア氏のタウラ・キャピタル・マネジメントは、ミレニアムから30億ドル、残りを資産運用会社や年金プラン、政府系ファンドといった投資家から調達したという。
 ミレニアムでメギア氏の同僚だった
   ステファン・エリクソン氏
が、副最高投資責任者(CIO)としてタウラに加わったとのこと。 
 タウラは、6月1日に運用を開始した。

 欧米のヘッジファンド業界では、安定したリターンを約束する規模のより大きな
   マルチ戦略ヘッジファンド
に顧客が集まる傾向が強まっており、新興ファンドを巡る環境は厳しさを増している。
 そうした中でメギア氏のファンドは、数十億ドルを集めた数少ないヘッジファンドの一つとなった。

 タウラの規模は、2018年に80億ドルでデビューしたエクソダスポイント・キャピタル・マネジメント以来の大きさだ。

    
posted by まねきねこ at 12:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: