当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年06月15日

ジル・アン・ショー、レディ・ラドック(Jill Ann Shaw, Lady Ruddock) ロンドンを拠点とする慈善家、作家、元投資銀行家

ジル・アン・ショー””レディ・ラドック”ラドック
           (Jill Ann Shaw, Lady Ruddock)
   1955年11月生まれ
 ロンドンを拠点とする慈善家、作家、元投資銀行家
 その慈善活動は 50 歳以上の人々の芸術と生活の質に焦点を当てている。
 彼女はサー・ポールと結婚しています。。
 
 ラドックは米国メリーランド州ボルチモアで生まれ、ボウディン大学で政治学の学位を取得した。
 Young & Rubicam , Inc. MagazineとThe Atlanticで広告と出版の初期の職に就いた。
 その後、1983 年にロンドンに拠点を移し、Alex に入社する前に
   The Government Research Corporation
を共同経営した。
 1985 年にBrown & Sons に入社し、1994 年に常務取締役に就任した。
 そこで彼女は、同社の欧州株式事業とバンカーズ トラストおよびドイツ銀行の両社との合併を監督した。
 
 1999年にアレックス・ブラウンと離れた後、ラドックは演劇に関わるようになった。
 ドンマー・ウェアハウスと、恵まれない若者たちに演劇を届けようとする教育演劇慈善団体「マウストラップ・シアター・プロジェクト」の主要役員に加わった。

 彼女は10 年間、ボウディン大学の主要理事会の理事を務めた。
 彼女の夫とともに、彼らはヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、大英博物館、コートールド美術館、ニューヨーク市のメトロポリタン美術館の寄付者である。
 彼らは、ガーナの先住民族コミュニティと協力して、拒絶され弱い立場にある子どもたちの生活の質を改善するために活動する子どもの権利団体、AfriKids の大使でもある。
 彼女と夫は、ドンマー ウェアハウス、ネズミ捕り劇場プロジェクト、ハムステッド劇場、国立劇場、アルメイダ劇場の後援者。
 2015 年 5 月、ラドックはフランス芸術への功績を称え、フランス政府文化大臣から「芸術文化勲章シュヴァリエ」を授与された。
 彼女は、高齢者に対する慈善活動が評価され、2016 年の新年栄誉賞で大英帝国勲章司令官(CBE)に叙爵された。
  
 ラドック氏は、恵まれない人々から少数派の人々まで、50歳以上のあらゆる背景を持つあらゆる人々の50代以上の孤独と孤立に対処しようとする慈善団体であるセカンド・ハーフ・オブ・ライフ財団(登録番号1141988)の会長兼創設者である。
 コミュニティセンターの設立によって孤立した人々。最初のセカンドハーフセンターは、2012 年 10 月にノース ケンジントンの NHS セント チャールズ病院にオープンした。
 このセンターは、彼女の著書で引用されている、うまく老化するための「Five a Day」を実現し、高齢者に少額の料金で社交、新しいスキルの習得、運動の機会を提供している。
 このプロジェクトの支持者には、ジェレミー・ハント議員、モーリーン・リップマン、ルビー・ワックスなどが含まれる。

 ケンジントンとチェルシーの市長は、2011 年から 2012 年の年間最優秀慈善団体としてセカンド ハーフ財団を指名した。
 Second Half Foundation は、21 世紀の高齢化人口が直面する問題に対する 21 世紀の解決策を反映する自立型テンプレートを作成している。
 現在オープン・エイジが運営するセカンド・ハーフ・センター(会員数は4000人を超え、毎週80時間の活動を行っている)に加えて、ラドックはロンドンに拡大し、ロンドン教区と提携して礼拝のない日に教会内に4つのセカンド・ハーフ・クラブを設立した。
 (セント・スティーブン、セント・アンドリュース、セント・ポールズ、セント・メアリー・ザ・ボルトンズ)
   
   
posted by まねきねこ at 10:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: