当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年05月31日

為替介入額は29日までの1カ月間で過去最大の9兆7885億円というが、日銀総裁らの市場を舐めた発言を見透かされ押し戻され、日本経済は茹でガエル状態からスタグフレーションに突入しかねない

 財務省は31日、4月26日−5月29日の為替介入額が9兆7885億円だったと発表した。
 月次ベースの介入額として過去最大を更新したが効果はなし。
 
 日本銀行が3月に17年ぶりの利上げに踏み切った後も日米金利差を主因に円安の流れに歯止めはかからず、通貨当局は介入も辞さない構えを示していたが不発。
 
 円買い介入はこれまで最大だった2022年10月分(6兆3499億円)を上回り、24年ぶりに実施した同年9月22日分(2兆8382億円)を合わせた約9.2兆円も超えたが、欧米の国際資本の売りに押し戻され、「ポンド危機」と同様の売りが広がるリスクを軽視した結果だ。
 
 日銀の当座預金残高を基づく短資会社の推計では、円が34年ぶり安値水準の1ドル=160円台に急落した4月29日と、再び157円台に下落した5月2日に政府・日銀は総額9.4兆円を投じた可能性があるとみられていた。
 
 日次ベースの介入実績は、4−6月分が公表される8月上旬にも判明する。
 財務省の神田真人財務官は、為替介入は「24時間体制」で必要な時には適切な対応すると述べて市場を強くけん制するが欧米通貨当局との協調介入はインフレ対応に神経質な他国の協力もリップサービスでしかないだろう。
 一方、介入実施を肯定も否定もせず「ノーコメント」を貫いてきた姿勢がそもそも問題だろう。
 今回の結果により過度の円安阻止へ通貨当局の断固たる姿勢が改めて示された格好と主張するが、ポンド危機におけるジョージ・ソロスらの動きと同様の勢力を取りかねない勢力は当時よりも十数倍巨大だ。
  
 月次ベースの介入額の過去最大は11年10月28日−11月28日の9兆916億円だった。
 当時の円は10月末に一時75円35銭と戦後最高値を記録し、当局がさらなる円高を阻止するため円売り介入に動いていた。
 為替介入額は過去最大の9兆916億円、10月末以降も「覆面」実施したとされるも、政権自体が米国の顔色をうかがう始末では円高誘導と内需拡大で経済の回復と国債発行残高を保有する米国債券を売り抜けることで精算す好機だが、醜聞等で政権を手放させられることを恐れるのでは不可能だろう。
 
 今回の介入額が市場の推定を上回ったことで、介入の効果に対する疑問が高まる可能性が再燃する。
 円相場は29日に一時157円台後半まで下落し、介入観測があった2日の水準まで押し返されてしまった。
 繰り返し押し戻され、茹でガエル隣りつつある日本経済の息の根が止まりかねない。
 
 好調な米国経済を背景に日米の金利差を意識した円売り圧力が根強い中、日本の介入余力にも関心が集まるが、保有する米国債が売れないのでは実弾は限定的で、国債発行をさらに増やすつもりか。
 痴れ者政治家に忖度する官僚の質の低下は長期政権由来のものだ。
 
 介入の原資については財務省が6月7日に発表する5月末の外貨準備高で明らかになるが米国債は売れていないところに注目すべきだろう。
 4月末時点では政府が保有する
   外貨準備約1兆2790億ドル(約200兆円)
のうち、介入に直ちに投入できる預金は1577億ドル、米国債などで運用される証券は9780億ドルだったと言われるが、隠している資産を表に出し、金利引き上げと円高誘導、内需拡大に大きく舵を切り替え、岸田政権ら政治家の醜聞が出れば、新たな政治家が県議や市議から転籍して無能で金に卑しい代議士は全て淘汰すべき時代になっているのは明らかだろう。
    
    
posted by まねきねこ at 22:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: