当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年05月28日

日中韓が4年半ぶり3カ国首脳会談、経済で意見交換も米中対立が影

 日中韓3カ国の首脳会談が27日、ソウルで行われた。
 経済・貿易などの協力について意見交換したが、中国は日韓に対し、サプライチェーン(供給網)などでの切り離し(デカップリング)を拒むよう求めるなど米中対立の影響回避を目論む要求で、米国との間に楔を打ち込む戦術を駆使しているようだ。

 岸田文雄首相、中国の李強首相、韓国の尹錫悦大統領が出席した共同記者発表で、尹大統領は3カ国が「透明な」サプライチェーンを目指すと中国に近い発言を行った。
 また、岸田首相は幅広い分野で協力を進める
   決意を再確認
したと説明した上で、2019年から交渉が中断している日中韓の自由貿易協定(FTA)について「率直な意見交換を行っていきたい」とリップサービスで述べている。

 一方で、中国の国営新華社通信からは、首脳会談で李首相が日韓に保護主義やデカップリングを拒み、自由貿易を堅持するよう要求する圧力を行った旨の報道で中国政府の会談における成果を伝えている。
 
 なお、米国は同盟国に対し、軍事覇権を強め、AI兵器への転用など破壊兵器の性能向上を目論むる中国に対して、中国による半導体技術へのアクセスを制限する措置を一段と強化するよう求めている。

 各国が持ち回りで議長を務める3カ国首脳会談は9回目の開催となる。
 前回は19年12月に中国・成都で行われたが、その後は
   新型コロナウイルス禍
があり、開かれていなかった。
 その間、韓国では保守系の尹政権が誕生し、日本と共に米国との関係強化に動いており、中国首相の発言はこれをけん制した形となる。
 次回は日本が議長国となる。

 岸田首相は今回の会談が、日中韓協力の「再活性化を確固たるものとする重要な契機」となったと外交問題等における成果を誇張した。
 日中韓は会談の成果をまとめた共同宣言で、FTAについて「実現に向け、交渉を加速していくための議論を続ける」と明記した。
 また、貿易・投資に関しては市場の開放を維持し、サプライチェーンの協力を強化し、混乱を回避することへのコミットメントを再確認すると続けた。

 日中韓首脳会談に先立つ27日未明、北朝鮮が同日午前0時から6月4日午前0時までの間に「人工衛星」を打ち上げると日本政府などに通報した。
 日韓が米国の北朝鮮担当高官と電話協議を行い、北朝鮮に中止を求めていくことを確認するなど対応に追われる中で、3カ国首脳会談を迎え、中国政府に対しての「踏み絵」をさせ反応を見方もある。

 尹大統領は共同記者発表で、衛星発射計画は国連安全保障理事会決議違反と指摘した上で、国際社会は厳しく対応すべきだと述べた。
 岸田首相も「強く中止を求める」と発言した。
 なお、北朝鮮の非核化については日中韓共通の利益と確認したという。
   
   
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: