当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年05月26日

ロバート・サミュエル・ランガー・ジュニア (Robert Samuel Langer Jr.) マサチューセッツ工科大学の9 人の研究所教授のうちの 1 人 モデルナの共同設立者 世界で最も被引用数の多い研究者の 1 人

ロバート・サミュエル・ランガー・ジュニア
           (Robert Samuel Langer Jr.)
   1948 年 8 月 29 日生まれ)
 米国のバイオテクノロジー学者、実業家、化学技術者、化学者、発明家
 彼はマサチューセッツ工科大学の9 人の研究所教授のうちの 1 人。

 以前はゲルメスハウゼン化学生物医工学教授であり、 MIT の化学工学部と生物工学部で活動を続けている。
 また、ハーバード大学 MIT 保健科学技術プログラムおよびコッホ統合がん研究研究所の教員でもある。

 ランガーは 1,400 を超える取得済みまたは申請中の特許を保有し、世界で最も被引用数の多い研究者の 1 人。
 彼のh インデックスは現在 (2023 年 9 月 16 日のGoogle Scholarによる) 320 で、現在 413,000 件以上引用されている。
 また、バイオテクノロジー、特に薬物送達システムと組織工学の分野で広く知られ、引用されている研究者でもある。

 歴史上最も引用されたエンジニアであり、あらゆる分野で 4 番目に多く引用された人物。
 1,500 以上の科学論文を執筆している。

 ランガー氏は多才な実業家でもあり、アメリカの有名な製薬会社
   モデルナ
を含む 40 社を超えるバイオテクノロジー企業の設立に参加してきた。
 MIT のランガー研究所は世界最大の生体医工学研究所で、年間1,000万ドル以上の助成金と100人以上の研究者を維持している。
 彼はその業績が認められ、数々の主要な賞を受賞している。
 
 ランガー氏はニューヨーク州アルバニーで生まれ、ミルン スクールの卒業生であり、コーネル大学で化学工学の学士号を取得し、理学博士号を取得した。
 1974 年にマサチューセッツ工科大学で化学工学の学士号を取得した。
 彼の博士論文は「ATP の酵素的再生」と題され、クラーク K. コルトンの指導の下で完成された。
 1974 年から 1977 年まで、彼はボストン小児病院とハーバード大学医学部でジュダ フォークマンの下で博士研究員として働いた。
 
 ランガーは医学とバイオテクノロジーへの貢献で広く知られている。
 彼は、針やその他の侵襲的方法を使用せずに皮膚を介して薬物を投与したり、身体から分析対象物を抽出したりする
   制御放出システム
   経皮送達システム
など、多くの新技術の先駆者とみなされている。

 ランガー氏はボストン小児病院のジュダ・フォークマン氏と協力して、腫瘍内での血管の広がりを阻止する高分子である初の血管新生阻害剤を単離した。
 高分子は、注射または吸入されると消化によって分解され、体組織によってブロックされる傾向があるため、それらの送達システムを見つけるのは困難であった。
 ランガー氏のアイデアは、腫瘍に移植して阻害剤の放出を制御できる非炎症性合成ポリマー系に血管新生阻害剤をカプセル化することであり、最終的に、機能するポリマーシステムを発明しました。
 この発見は、今日のドラッグデリバリー技術の多くの基礎を築くと考えられている。

 また、ジョンズ・ホプキンス大学医学部のヘンリー・ブレム氏と協力して、腫瘍部位に直接化学療法を送達する脳腫瘍治療用の薬物送達システムにも取り組んだ。
 彼と彼のチームが設計したウエハーインプラントはますます洗練されており、現在では複数の薬剤を送達し、刺激に反応できるようになっている。

 2019年、彼と彼のチームは、マイクロニードルタトゥーパッチを使用して目に見えないインクで人々にラベルを付け、医療情報を皮下に保存できる技術を開発し、特許を取得した。
 これは、インフラの不足が医療記録の欠如を意味する「発展途上国」への恩恵として提供された。
 この技術では、「ワクチンとともにマイクロニードル パッチによって送達される量子ドット色素」が使用されている。

 ランガーは、再生医療における組織工学の創始者とみなされている。
 彼と彼の研究室の研究者たちは、人工血管や血管新生した人工筋肉 組織の作成など、組織工学の分野で進歩を遂げてきた。
 生体工学によって作られた合成ポリマーは、新しい皮膚、筋肉、骨、臓器全体を成長させるための足場を提供ている。
 このような基質が配置されていると、重大な事故や先天性欠損症の犠牲者は、欠損した組織をより容易に成長させる可能性が期待されている。
 また、このようなポリマーは生体適合性があり、生分解性である可能性がある。

 ランガーは、糖尿病に関連するいくつかのプロジェクトに携わっている。
 ダニエル G. アンダーソンと並んで、彼は、インスリン産生ベータ細胞を免疫系の攻撃から保護することによって
   1 型糖尿病を治療
するための埋め込み型デバイスを製造するという、MIT、ハーバード大学、その他の機関のチームが参加するプロジェクトに生物工学の研究に貢献した。
 彼は、1 型糖尿病患者に経口インスリンを投与するために使用できる薬剤カプセルを開発した MIT のチームの一員でもある。

 ランガー氏は、全米科学アカデミー、全米工学アカデミー、全米医学アカデミーという米国の 3 つの科学アカデミーすべての会員に選出された史上最年少 (43 歳) である。
 彼は全米発明家アカデミーの創立会員にも選出され、2010 年には王立工学アカデミーの国際フェローに選出された。
 ランガーは 220 以上の主要な賞を受賞している。
 彼は、米国国家科学勲章と国家技術革新勲章の両方を受賞した存命の 3 人のうちの 1 人。

     
posted by まねきねこ at 22:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: