当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年05月23日

ケネス・R・チェン(Kenneth R. Chien) 医療研究会社モデルナ セラピューティクスを共同設立

ケネス・R・チェン(Kenneth R. Chien)
   1951年生まれ
 米国人の医師兼医学者
 2013年からストックホルムのカロリンスカ研究所で研究責任者を務めている。

 専門分野は心臓血管科学で、特にハーバード幹細胞研究所の心臓血管プログラムの所長を務めていた間の心臓血管再生医学の研究が、2010 年の ModeRNA Therapeutics の共同設立につながった。
 2018年に、同社はModerna , Inc.に変更された。

 Chien は、アメリカ生理学協会のWalter Bradford Cannon AwardとPasarow Awardを受賞した。
 彼はノルウェー科学文学アカデミー、オーストリア科学アカデミーの会員であり、エディンバラ大学から名誉博士号を取得している。

 ケネスの父ルーサーは中国で生まれ、第二次世界大戦を逃れた。
 彼は海軍で働きながら、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学の学者、そしてデュポン社の科学者になった。

 ルーサーはケネスが神経科医になることを望んでいた。
 ケネスは、ハーバード大学生物学部で学士号を取得した後、ペンシルバニア州のテンプル大学で博士号と医学博士を取得した。
 彼はダラスのテキサス大学サウスウェスタン医療センターで内科と心臓病学を学び続けた。
 テンプルでは、​​チエンの博士論文は「不可逆的な虚血性肝細胞傷害における生化学的事象」と題された。
 彼はハーバード大学の 3 世卒業生でもある。父と祖父を追って1983 年に博士論文を執筆した。
 
 ケネスはカリフォルニア大学サンディエゴ校の教員となり、 2000 年から 2005 年まで分子医学研究所の所長を務めた。
 また、ソーク研究所の教授として非常任された。
 この期間中、チエン氏は北京の北京大学分子医学研究所の共同設立にも責任を負った。
 その後、チェンは 2005 年から 2012 年までマサチューセッツ総合病院の心臓血管研究センターの科学ディレクターとして働き、同時に 2007 年から 2013 年までハーバード幹細胞研究所の心臓血管プログラムを指揮した。

 ケネスはハーバード大学で働いている間、ハーバード幹細胞研究所の同僚で
   デリック・ロッシ氏
から、mRNAによる幹細胞の再プログラミングに関するロッシ研究室での発見に基づいて新会社を共同設立することについて打診された。
 最終的に、2011 年にフラッグシップ ベンチャーラボの支援の下、ロッシ、チェン、ボブ ランガーによって共同設立された医療研究会社モデルナ セラピューティクスとなった。

 2011 年、チェン研究所は、心筋におけるVEGF mRNAの高効率発現により、治療用途に向けたmRNAを誘発する発見に関する特許が取得された。
 2013 年に、Chien と彼の同僚は、冠状血管の再生に対する VEGF mRNA の能力と心機能不全の発症を逆転させる能力を文書化した。
 それによって合成メッセンジャー RNA (mRNA) を使用して心臓機能不全を引き起こす可能性を研究する可能性を開拓した。
 患者の筋肉細胞に治療上の望ましい効果をもたらした。

 カロリンスカ大学のチェン研究室は、ヒト胚性幹細胞から大量のヒト膵島心臓前駆細胞を生成する能力を実証した結果、プロジェクトを臨床応用に向けて進めるためのアストラゼネカとの提携が実現した。

 2019年2月、アストラゼネカとチェン研究所は、VEGF mRNAによる糖尿病患者の血管機能不全の回復に注目し、mRNA治療薬のヒトにおける初の研究を報告した。

    
posted by まねきねこ at 22:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: