当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年04月16日

ドイツ銀行(Deutsche Bank AG Deutsche 社内ではDB) ドイツの多国籍投資銀行および金融サービス会社 運用資産 8,960億ユーロ (2023年) 

ドイツ銀行(Deutsche Bank AG Deutsche 社内ではDB)
 ドイツの多国籍投資銀行および金融サービス会社で 1870年にベルリンで設立された。
 ドイツのフランクフルト、フランクフルト証券取引所とニューヨーク証券取引所で上場。
 運用資産 8,960億ユーロ (2023年) 
 就業者数 90,130人 (2023年) 
 
 ドイツ銀行は1929年から 1937年までは
   Disconto-Gesellschaft
との合併後、 Deutsche Bank und Disconto-Gesellschaftまたは DeDi-Bankとして知られていた。
 その後の買収では、1938年のメンデルスゾーン & カンパニー、1990年のモルガン グレンフェル、 1998年のバンカーズ トラスト 、および2010年のドイツ ポストバンクがある。

 2018年の時点で、この銀行のネットワークは 58 か国に広がり、ヨーロッパ、アメリカ大陸、アジアで大きな存在感を示している。
 ドイツ最大の銀行機関で DAX株価指数の構成要素でありる。
 ドイツ銀行は総資産 2 兆 2000 億ユーロでDWS グループの過半数の株式を保有するなどドイツ貯蓄銀行グループの
         (Sparkassen Finanz Group)
にも匹敵する規模がある。

 ドイツ銀行は、2014年後半に欧州銀行監督機関が発効して以来、ドイツ銀行は重要機関に指定されている。
 その結果、金融安定理事会によって直接監督されている。

 ニューヨーカー誌の2020年の記事によると、ドイツ銀行はさまざまな問題分野にわたる重大なスキャンダルに関与してきた。
 そのため、大手銀行の間で長い間「ひどい」評判を持っていた。
 アーデルベルト・デルブリュック とルートヴィヒ・バンベルガー は、ドイツ銀行の主要な創設者としてよく言われている。

 ドイツ銀行は、外国貿易への融資とドイツの輸出促進を目的とした専門銀行として1870年3月10日にプロイセン政府から銀行免許を付与されベルリンで設立された。
 同社の目的は、あらゆる種類の銀行業務を取り扱うことであり、特にドイツ、他のヨーロッパ諸国および海外市場との間の貿易関係を促進および促進することであった。
 ドイツ銀行の設立以前、ドイツの輸出入業者は世界市場において英国とフランスの銀行機関に依存していた。
 これは、ドイツ紙幣が国際商取引においてほとんど知られておらず、一般に嫌われ、イギリスやフランスの紙幣よりも高い割引率の対象となるという重大なハンディキャップがあった。

 ドイツ銀行の設立メンバーは
   Hermann Zwicker (ベルリン、Bankhaus Gebr. Schickler)
   アントン・アデルセン (Bankhaus Adelssen & Co.、ベルリン)
   アデルベルト・デルブリュック(Bankhaus Delbrück, Leo & Co.)
   Heinrich von Hardt (Hardt & Co.、ベルリン、ニューヨーク)
   ルートヴィヒ・バンベルガー(政治家、ビショフスハイム、ゴールドシュミット社の元会長)
   ヴィクトル・フライヘル・フォン・マグナス(バンクハウス・F・マート・マグナス)
   Adolph vom Rath  (ケルンのBankhaus Diichmann & Co.)
   グスタフ・クッター (フランクフルト、バンクハウス・ゲブリューダー・ズルツバッハ)
   グスタフ・ミュラー氏(シュトゥットガルト、ヴュルテンベルクフェラインス銀行)
であった。

 初代の頭取はヴィルヘルム・プラテニウス、ゲオルグ・シーメンス、ヘルマン・ヴァリッヒであった。
 なお、ゲオルク・シーメンスはヴェルナー・フォン・シーメンスのいとこの息子であった。

 この銀行は当初、フランツォージシェ通り 21 番地にある建物の 1 階で営業していた。
 最初の国内支店は 1871年と 1872年に、ブレーメンとハンブルクに開設され、最初の海外事務所は1872年に上海と横浜に、1873年にはロンドンに開設された。
 続いて 1874年から 1886年の間に南米事務所が開設された。

 1 回の失敗と別の部分的な失敗を経て、ロンドンに支店を開設された。
 当時世界の貨幣の中心地であったドイツの貿易に対する信用を確立するために最も必要なものでした。
 ドイツ銀行は、1873年の恐慌を利用して、1870年代初頭に多数の破綻した銀行を統合した。
 (ベルリンに本拠を置くドイツ連合を含む多くの銀行を買収して清算した。) 

 銀行の初期の主要プロジェクトには、米国の
   ノーザン・パシフィック鉄道
   バグダッド鉄道(1888年)
などがある。
 また、鉄鋼会社クルップ社の社債発行(1879年)の資金調達に貢献し、化学会社バイエル社をベルリン株式市場に紹介した。

 1890 年代後半には、ドイツ銀行の新たな拡大期が始まり、大手地方銀行と提携し、ドイツの主要工業地域への参入を果たした。
 このようにして、エルバーフェルトの
   ベルギッシュ・メルキッシュ銀行
およびブレスラウの
   シュレシッシャー銀行
と利益共同体パートナーシップを形成し、ラインラントとシレジアの急成長する工業経済と結びつき事業を拡大させた。
 最終的には、1914年と 1917年にそれぞれ 2 つの銀行を買収した。

 ドイツ銀行は、1889年に上海の
   ドイツ・アジア銀行
の設立、1894年にミラノのイタリア商業銀行、1898年にブリュッセル国際銀行の設立に参加した。
 1886年にドイツ労働銀行が設立され、その 3 年後に新しく設立されたドイツアジア銀行の株式を取得した。
 1908年末までに、ドイチェは預金総額で断然最大のドイツ株式会社銀行となった。

 ドイツ銀行は、ドレスナー銀行(2億2,500万マルク)、ディスコント・ゲゼルシャフト(2億1,900万マルク)、ダルムシュテッター銀行(1億900万マルク)を上回り、合計4億8,900万マルクを記録した。

 1912年にドイツ銀行がブリュッセル 支店のために建設したオフィスビルは第一次世界大戦後に接収され、後にクレディト銀行の本店となった。

 第一次世界大戦中とその直後、ブリュッセル、ロンドン、東京、横浜にあるドイツ銀行の営業は接収された。
 これとは逆に、オスマン帝国での活動は大幅に拡大させた。
 1919年、銀行は Universum Film Aktiengesellschaft ( UFA )の国有株式を購入した。
 また、1926年、銀行はダイムラーとベンツの合併を支援した。

 1930年までに、ドイツ銀行とディスコント・ゲゼルシャフトは第一次世界大戦前と同様の支配的な地位を維持した。
 総預金額は48億ライヒスマルクで、ダナート銀行(24億)、ドレスナー銀行(23億)、コメルツ・ウント銀行を上回った。

  1931年の夏の危機では、帝国銀行の子会社
   ドイツゴールドディスコント銀行
が部門全体の救済策の一環としてドイツ銀行の株式の35パーセントを取得したため、銀行の政府所有権の合計は38.5パーセントとなった。
 しかし、資本がほぼ完全に国有化されたドレスナー銀行とは異なり、これによって政府が会社経営に重大な介入をすることにはならなかった。

 アドルフ・ヒトラーがドイツの指導者になった後、ドイツ銀行はますますナチスの権力構造に統合され、ナチスの
   アーリア化政策
を全面的に実施した。
 1934年、ドイツ銀行は3人のユダヤ系経営委員
   オスカー・ワッサーマン
   テオドール・フランク
   ゲオルグ・ソルムセン
を解任、 1938年には最後のユダヤ人監査役を解任した。
 1938年末までに、ユダヤ人所有の事業の少なくとも363件の収用事件に仲介者および貸し手として関与した。
 1938年、ユダヤ人が支配するドイツの銀行
   メンデルスゾーン商会
を強迫的に買収した。

 その一方で、ナチス政府は 1935年から 1937年にかけて、主に予算上の理由からドイツ銀行を完全に再民営化した。
 1937年にその名前はドイツ銀行に戻った。

 なお、ナチスの金融抑圧政策はドイツ銀行や他のドイツ商業銀行の国内事業にはほとんど役に立たなかった。
 1938年、ヒトラーによるオーストリアのアンシュルス銀行に続き、ドイツ銀行は徐々に旧国の大手銀行
   クレディタンシュタルト銀行、フェライン
を支配下に置いた。

 1938年3月26日、後者はドイツ銀行と「友好協定」を結ぶよう強制され、これにより後者は取締役会での存在を確保した。
 クレディタンシュタルトの幹部
   ルイ・ド・ロスチャイルド
は即座に逮捕・投獄されたうえ地位と財産を剥奪された。
 その後、個人にとって史上最高額の保釈金とされる2100万ドルを支払って釈放され米国に亡命した。

 1939年。 1938年後半、クレディタンシュタルトは、VIAG 、ドイツ銀行、および帝国銀行を保有するドイツ政府によって補償なしで共同買収され、それぞれ資本の51パーセント、25パーセント、12パーセントを保有した。

 1942年4月、ドイツ銀行は VIAG から株式ブロックを取得し、所有権を 51% に引き上げた。
 戦時中、クレディタンシュタルトはナチス占領下のチェコスロバキア、ポーランド、ユーゴスラビアおよびナチスと同盟関係にあったブルガリアに事業を拡大した。

 1938年9月、ミュンヘン協定に続き、ドイツ銀行はプラハに本拠を置く
   ベーミッシェ ユニオン銀行(BUB)
のズデーテンラント支店を引き継いだ。
 1939年3月に、BUB 自体の支配権を強制的に引き継ぎ、クレディタンシュタルトの以前の株式を補完して過半数の株式を築いた。
 また、枢軸国のギリシャ占領中にギリシャ国立銀行の経営権も引き継いだもののイタリアの配慮から所有権を取得しなかった。

 ドイツ銀行は、クレディタンシュタルト銀行を通じて
   アルゲマイナー・ユーゴスラヴィッシャー銀行(AJB)
の大株主にもなった。
 この銀行は、1928年にベオグラードとザグレブのウィーン銀行とドイツ州立銀行の旧2支店を統合して設立された。

 サラエボのボスニアン・ヘルツェゴビナ政府は、ベルギー一般協会およびその関連会社
   ベルジェ・プール・レトランジェ銀行
とともに1940年にドイツによるベルギー侵攻の後、ドイツ銀行はベルギーの株式を強迫的に買い取り、88パーセントを直接またはクレディタンシュタルトを通じて保有しAJBの主要株主となった。

  ドイツ銀行は同時にサラエボの州立銀行を支配下に置いた。
 ドイツによるユーゴスラビア侵攻後、AJBは占領下のセルビアの
   ベオグラード銀行協会
とクロアチア独立国家の
   クロアティエン銀行協会
という2つの別々の機関に分割された。
 両銀行の資産は最終的に 1944年10月に新設された共産党当局によって没収され、その後清算された。

 第二次世界大戦時中、ドイツ銀行はゲシュタポに銀行施設を提供した。
 カトヴィツェの支店を通じてアウシュヴィッツ収容所と近くのIGファルベン施設の建設に使用される資金を融資した。

 ドイツ銀行は、1999年にアウシュヴィッツへの関与とナチス政権の金取引の主要な参加者でもあったことを公的に認めた。
 1942年から 1944年にかけて、ドイツ銀行は帝国銀行から 4,446 kg の金を購入した。
 そのうち 744 kg はホロコーストの犠牲者からのものであった。

 ドイツ銀行はナチス時代の過去と折り合いをつけようとして、1995年に独裁政権との絡みを詳しく記した歴史書を出版した。
 1999年12月、ドイツ銀行は他のドイツの大手企業とともに
   ホロコースト生存者
から起された訴訟を受けて52億米ドルの補償基金を拠出した。
 米国政府当局者からは、ドイツ銀行が基金に拠出しない場合には、ドイツ銀行による
   バンカーズ・トラスト買収(買収額 100億ドル)
を阻止すると脅したことが伝わっている。

 第二次世界大戦でのドイツの敗北後、連合国当局は 1948 年にドイツ銀行に地方銀行への分割を命令した。
 これらの地方銀行は1952年に 3 つの主要銀行、ドイツ銀行 AG、南ドイツ銀行AG、Rheinisch-Westfälische Bank AGに統合された。
 1957年、これら 3 つの銀行は合併して、フランクフルトに本社を置くドイツ銀行 AG を設立した。

 1959年に、ドイツ銀行 AGは小口個人向けローンを導入して
   リテール バンキング業務
に参入した。
 1970年代に当銀行は国際的な拡大を推し進め、ミラノ(1977 年)、モスクワ、ロンドン、パリ、東京などの新しい場所に新しい事務所を開設した。
 1986年に銀行が
   Banca d'America e d'Italia
を買収するために 6 億 300 万米ドルを支払ったときもこの状況は続きいた。

 1972年に当銀行は、個人資産部門をサポートする受託者サービス部門を設立した。
 1989年11月30日午前8時30分、ドイツ銀行会長
   アルフレッド・ヘルハウゼン
はフランクフルト郊外のバート・ホンブルクを旅行中に乗っていた車が爆発し死亡した。
 ドイツ赤軍派は爆発の犯行声明を出した。

 1989年、英国に拠点を置く投資銀行
   モルガン グレンフェル & カンパニー
を買収することで、投資銀行としての重要な存在感を確立するための第一歩が踏み出された。
 1994年にドイツ モルガン グレンフェルに社名変更した。
 1995年に、ドイツ銀行は、メリルリンチのリスクスペシャリストの
   エドソン・ミッチェル
を雇用し、彼は他の2人の元メリルリンチから
   アンシュ・ジェイン
   ウィリアム・S・ブルクスミット
を雇用するなど1990年代半ばまでに、大手競合企業から多くの著名人が到着し、資本市場運営を強化した。
 モルガン・グレンフェル買収から10年後、米国企業
   バンカーズ・トラスト
を買収した。
 このバンカーズ・トラストはロシア国債に多額のポジションを持っていたため、1998年の
   ロシア金融危機
の際に損失を被ったため、1998年11月にドイツ銀行に100億ドルで買収されて財政破綻は免れた。

 1999年6月4日、ドイツ銀行は同銀行はドイツ・モルガン・グレンフェルとバンカーズ・トラストを合併し
   ドイツ・アセット・マネジメント(DAM)
を設立、ロバート・スミスをCEOとした。
 これにより、ドイツ銀行はUBS、フィデリティ・インベストメンツ、日本郵便の生命保険基金に次ぐ世界第4位の資金管理会社となった。

 当時、ドイツ銀行はダイムラー・クライスラーの株式の12%を所有していた。
 しかし、米国の銀行法では銀行が事業会社を所有することを禁止しているため、ドイツ銀行は議会から1978年の法律を通じてこの禁止の例外を認められた。

 ドイツは、1993年にポポラーレ・ディ・ノヴァーラ銀行から
   ポポラーレ・ディ・レッコ銀行
を約4億7,600万ドルで買収し、イタリアでの拠点強化を図った。
 1999年に、カッサ・ディ・リスパルミオ・ディ・アスティの少数株主権を取得した。
 
 2001年9月1日のテロ攻撃では、ローワー マンハッタンのドイツ銀行ビル(旧バンカーズ トラスト プラザ) が世界貿易センターの南タワーの崩壊により大きな被害を受けた。

 2001年10月、ドイツ銀行はニューヨーク証券取引所に上場された。
 これは、9月11日の攻撃による中断後、初めてのNYSE上場となった。
 翌年、ヨーゼフ・アッカーマンはドイツ銀行の CEO に就任し、キプロス銀行に関わるようになる 2012 年まで CEO を務めた。

 2002年に入り、ドイツ銀行は
   スカダー・インベストメンツ
を買収して米国での存在感を強化した。

 一方、ヨーロッパでは、ドイツ銀行がルート・ブラス&シー社(2002年)と、米国の銀行家
   チャールズ・ライアン
とロシアの役人
   ボリス・フョードロフ
が設立したロシアの投資銀行
   ユナイテッド・フィナンシャル・グループ(2005年)
を買収してプライベート・バンキング事業を拡大した。
 これは、ロシアの国家パートナーとの強力な関係を築くための
   アンシュ・ジャイン
の積極的な拡大に続くものであった。

 ジェインはライアンにドイツ銀行のロシアの新しい事務所に残るよう説得した。
 その後、2007年4月にVTB銀行 の社長兼経営委員長であるアンドレイ・コスティンの息子アンドレイをドイツ銀行のモスクワ事務所に派遣した。

 2008年にVTB キャピタルを設立するために、ドイツ銀行のモスクワ支店から多数の銀行家が VTBキャピタルに雇用された。

 ドイツでは、ノリスバンク、ベルリン銀行、ドイツポストバンクなどの買収により、ドイツ銀行の自国市場での個人向けサービスが強化された。
 この一連の買収は、いわゆる「変革的」合併ではなくボルトオン買収という同行の戦略と密接に一致していた。
 これらは全体的な成長戦略の一部を形成し、持続可能な 25% の自己資本利益率を目標としていた。
 2005年に当銀行はこれを達成した。

 2003年10月1日、ドイツ銀行とドレスナー銀行はポストバンクと支払取引契約を締結し、ポストバンクが3 つの銀行の清算センターとして支払を処理できるようになった。

 1990年代半ば以降、ドイツ銀行の商業不動産部門は
   ドナルド・トランプ
に資金援助を提供した。
 1990年代初頭にはシティバンク、ハノーファー製造会社、化学薬品、バンカーズ・トラスト、その他68社がドナルド・トランプへの資金援助を拒否している。

 2008年、トランプはドイツ銀行を30億ドルで訴訟し、数年後、自身の金融ポートフォリオを投資銀行部門からドイツ銀行の個人資産部門に移した。
 元シティグループ、バンク・オブ・アメリカ、メリルリンチの
   ローズマリー・ヴラブリック氏
がトランプ氏の資産となった。

 2010年、カジノの元の開発業者が借入金を返済できなくなった。
 このため、ドイツ銀行は
   コスモポリタン オブ ラスベガス
を開発・所有したが2014年5月に売却するまで赤字で経営していた。
 売却時の銀行のエクスポージャーは40億ドル以上だったが、その不動産を17億3000万ドルで
   ブラックストーン・グループ
に売却した。
 
 2014年1月3日、ドイツ銀行が2008年の景気後退以前に
   不良不動産ローン
をまとめて売却したとしてドイツ銀行を非難した米国株主が起こした訴訟で和解すると報じられた。
 この和解は、ファニーメイとフレディマックへの住宅ローン担保証券の売却に関連した同様の訴訟を巡るドイツ社と米国住宅金融庁との
   19億3000万ドルの和解
に続いて行われた。

 エリック・ベン・アルツィ氏やマシュー・シンプソン氏を含む元従業員らは、ドイツ銀行は金融危機の間、レバレッジを活用した
   スーパーシニア取引の1,300億ドル
のポートフォリオで
   最大120億ドルの書類損失
を認識していなかったと主張した。
 しかし、同行はその主張を拒否している。

 2009年5月の会社文書は、この取引を「トレーディングブックにおける最大のリスク」と表現した。
 内部告発者らは、銀行がそのポジションを適切に会計処理していれば、資本は大幅に減少していたと主張した。
 彼らの一人は、「もしリーマン・ブラザーズが6ヶ月間帳簿を付ける必要がなかったら、まだ事業を続けていたかもしれないし、もしドイツが帳簿を付けていたら、リーマンと同じ立場にあったかもしれない」と主張した。

 ドイツはこの市場で最大の事業者となっていた。これは、CDO の最上級トランシェのように振る舞うように設計されたクレジットデリバティブの一形態であった。
 ドイツは優良企業のデフォルトに対する保険を投資家、主にカナダの年金基金から購入した。
 投資家は少額の担保を差し入れる代わりに収入として保険料を受け取った。

 その後、銀行は CDX信用指数を通じて米国の投資家に保護を販売し、両者のスプレッドはわずかだが、7 年間の取引で 2 億 7,000 万ドルの価値があった。
 多くの優良企業が同時に問題を抱える可能性は非常に低いと考えられた。
 このため、ドイツ社は契約額のわずか 10% の担保を要求しただけだ。
 危機で担保が全滅した場合にドイツが多額の損失を被るリスクは
   ギャップオプション
と呼ばれた。

 ベン・アルツィは、モデリングが「経済的に実現不可能」な結果を導き出した後、ドイツ社は最初に
   取引の単純な15%
の「ヘアカット」でギャップ・オプションを説明した後に、ギャップ・オプションを説明したと主張している。

 2008年には、ギャップ オプションだけでなくすべてのリスクをカバーするように設計された信用相関デスクに 10 〜 20 億ドルの準備金が投入された。
 2008年10月、同社はギャップオプションのモデリングを中止し、更なる市場混乱を防ぐために
   S&Pプットオプション
を購入しただけで、内部告発者の一人はこれを不適切なヘッジだと述べた。

  ゴールドマン・サックスにおける
   ベン・アルツィ氏
の前職のモデルによると、ギャップ・オプションの価値は取引額の約8%、104億ドル相当であることが示唆された。
 シンプソン氏は、トレーダーらは単にギャップオプションを過小評価していたのではなく、積極的に取引の価値を誤って評価していたと主張している。
 
 2008年、ドイツ銀行はAIGとの保険契約から数十億ドルを受け取ったが、50年ぶりの年間赤字を報告した。
 その中にはAIG救済のために米国の納税者から提供された資金からの118億米ドルが含まれていた。

 欧州銀行監督局(EBA)の暫定的な試算に基づくと、2011 年後半、ドイツ銀行 AG は、中期に始まった
   ソブリン債評価損
の後に必要とされる 9% の中核 Tier 1 比率の一部として、2012年には約 32 億ユーロの資本を調達する必要があった。

 2012年の時点で、ドイツ銀行のギリシャに対するエクスポージャーはごくわずかであった。 
 スペインとイタリアはドイツ銀行の欧州プライベートバンキングおよび法人バンキング事業の10分の1を占め、イタリアでは約180億ユーロ、スペインでは約120億ユーロの信用リスクを抱えていた。

 2017年、ドイツ銀行は規制当局が要求する12.25%をわずかに上回るために、2018年に普通株式Tier1自己資本比率を12.5%まで引き上げる必要があった。
 
 2014年1月、ドイツ銀行は2013年第4四半期の税引き前損失が12億ユーロ(16億ドル)だったと報告した。
 ファクトセットの推計によると、アナリストらは6億ユーロ近い利益を予想していた。
 売上高は前年比 16% 減少した。

 2015年にドイツ銀行の自己資本比率Tier-1(CET1)はわずか11.4%と報告。
 欧州の大手上場銀行24行のCET1比率の中央値12%より低いため、2015年と2016年の配当は無く、さらに1万5000人の雇用が削減されることになった。

 2015年6月、当時の共同CEOの
   ユルゲン・フィッシェン氏
   アンシュ・ジェイン氏
はともに同行の監査委員会に辞任を申し出て受理された。
 ジェイン氏の辞任は2015年6月に発効した。
 2015年7月にジョン・クライアン氏を共同CEOに任命することが発表された。
 フィッシェン氏は2016年5月まで共同CEOを務めた。
 クライアン氏はフィッシェンの任期の終わりに単独のCEOとなった。
  
 2017年5月、中国の複合企業
   海航集団
が筆頭株主となり、株式の9.90%を保有したが、海航集団の株式は 2018年2月16日時点で 8.8% に減少した。

 2018年11月、パナマ文書とマネーロンダリングを巡る捜査に関連して、同銀行のフランクフルト事務所が警察の家宅捜索を受けた。
 ドイツ銀行は声明を発表し、「検察と緊密に協力する」ことを確認した。

 AUTO1 FinTech は、AUTO1 グループ、アリアンツ、ソフトバンク、ドイツ銀行の合弁事業。
 2019年2月、海航集団はドイツ銀行の株式を6.3%に削減すると発表した。
 2019年3月時点ではさらに 0.19%に引き下げられた。

 2019年5月の年次株主総会で
   クリスチャン・ゼーヴィング最高経営責任者(CEO)
は銀行の業績について「批判の洪水」が予想されると述べ、コメルツ銀行との合併交渉の失敗を受けて
   「厳しい削減」を行う用意
があると発表した。

 2020年1月、ドイツ銀行はリストラ努力を受けて投資支店のボーナスプールを30%削減することを決定していた。
 2021年2月、ドイツ銀行は2020年に1億1,300万ユーロ(1億3,560万ドル)の利益をあげ、2014年以来初めて年間純利益を計上した。

 2021年3月、ドイツ銀行は
   アーケゴス・キャピタル・マネジメント
の爆縮で押収した保有株約40億ドルを非公開取引で売却した。
 この動きにより、アルケゴスが株式への高レバレッジの賭けを構築するために使用されたマージンローンのデフォルトを起こした。
 その後、ドイツ銀行は無傷で立ち上がることができた。

 2001年にドイツ銀行は、住宅ローン銀行事業とドレスナー銀行およびコメルツ銀行の事業を合併し
   ユーロハイポ AG
を設立した。
 2005年、ドイツ銀行はユーロハイポ AGの株式をコメルツ銀行に売却した。

ドイツ銀行の主な株主
・5.38% ブラックロック 2023年3月31日
・4.54% パラマウントサービスホールディングス株式会社 2023年1月25日
・3.18% ダグラス・L・ブラウンスタイン 2020年11月20日
・3.05% シュプリーム・ユニバーサル・ホールディングス株式会社 2015年8月20日 
  
   
posted by まねきねこ at 06:58| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: