当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年02月29日

29日に発表される個人消費支出(PCE)価格指数に注目する市場は揉み合い

 米国株式相場は28日、29日に発表される個人消費支出(PCE)価格指数に注目が集まり小幅安で引けている。

 2023年10−12月(第4四半期)の米実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から若干の下方修正となったことも影響し、在庫の下方修正を反映した流れだ。
 一方で、個人消費と設備投資は上方修正され綱引き状態とも言える。

 消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)の急上昇に続き、米金融当局がインフレ目標の基準とするPCEコア価格指数も、2%のインフレ目標達成に向けて紆余曲折が予想されることを浮き彫りとし、さらに、金融緩和を急がないとの当局者の最近のコメントも市場の意識を誘導していくとみられる。
 
 AI関連銘柄の高騰を牽引したエヌビディアは過去最高値からの下落幅を拡大させている。
 また、アップルは下落したものの、テクニカルな支持線である180ドルを上回る水準を維持した。 
 
 これに対して、テスラは上昇、米司法省が反トラスト法(独占禁止法)調査を開始したとの報道が流れたことでユナイテッドヘルスは下落した。

  
posted by まねきねこ at 07:23| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: