当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年02月26日

現金水準が過去最高になっている?バフェット氏が「目を見張る」業績望めないとして現金化に軸足

 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資・保険会社
   バークシャー・ハサウェイ
は、手元現金水準が過去最高を更新した。

 バフェット氏(93)は24日、決算と同時に公表した年次株主書簡の中で、米国には、バークシャーの
   針路を真に動かすことのできる企業
がほんの一握りしか残っておらず、それらは当社や他の企業によって
   際限なく摘み取られ
ており、米国以外では、バークシャーの
   資本展開の選択肢として意味のある候補
は基本的に存在しないと指摘した。
 また、全体として、われわれが目を見張るような業績を上げる可能性はないと説明した。
 バフェット氏は、「目を見張るような業績」を達成できるような有意義な案件がないと指摘した。

 魅力的なバリュエーションの案件が見つからない中、バークシャーの現金保有高は昨年10−12月(第4四半期)に過去最高の
   1676億ドル(約25兆2000億円)
に膨らんだ。

 第4四半期の営業利益は84億8000万ドルと前年同期の66億3000万ドルから増加した。
 金利上昇と穏やかな天候を追い風に、保険引受利益と投資利益が増えた。

 ここ数年、バークシャーは買収を強化してきたもののバフェット氏の名声を高めたような大口の案件を見つけることができず、すぐには展開できないほどの資金を抱えている状況にある。

 バークシャーでは近年、米国の保険会社アリゲニーを116億ドルで買収、米石油・天然ガス会社
   オキシデンタル・ペトロリアム
の持ち分を増やしたが、これについてバフェット氏は24日、「無期限で」保有する予定だが、買収したり経営権を握ったりする計画はないと明らかにした。

 バークシャーはまた、昨年
   日本の商社5社
の持ち株比率を高めたものの、これらの投資によるバークシャーの昨年末の未実現利益は80億ドルで、投資リターンは61%だったという。

 魅力的な代替案が乏しい中で、バークシャーは自社株買いを続け自身の付加価値を高めて、投資家への忠誠が見られる。
 同社は昨年10−12月に22億ドルを自社株買いに費やし、通年では約92億ドルとなった。

 昨年15%上昇したバークシャー株は2024年に入ってから17%上昇し、過去7営業日は連日で過去最高値を更新している。

 
ひとこと
 暴落前の資金確保の動きかも。
 株価の高騰を利用した持ち高調整で資金を現金化している可能性もあり、資金の大きな欧米ファンドが
   鴨ねぎ投資家
を市場に招き入れ、円安上昇してきた株などの保有を減らしていく流れで組入を変えている手法が取られているようだ。
 日銀の金融政策の転換を利用して、これまで稼ぎ続けてきた欧米投資家の利益確保を膨らませる為転換時期が遅らされているといった視点もある。
 円高と株価の下落を作り出し、ワーテルローの戦いを利用したネルソンの逆買いと同じ環境が作り出される可能性もある。
 
  
posted by まねきねこ at 12:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: