当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年02月21日

HPS インベストメント・パートナーズ ニューヨーク市に本社を置く米国籍の投資会社 運用資産 1,060億米ドル(2023年10月)

 ニューヨーク市に本社を置く米国籍の投資会社
 プライベートエクイティや不動産資産から、プライベートクレジットや公的クレジットへの投資にも重点を置いている。
 同社は米国外にも、ヨーロッパ、中東、アジア太平洋地域にオフィスを構えている。
 運用資産 1,060億米ドル(2023年10月)

 2022年、プライベート・エクイティ・インターナショナル傘下の
   プライベート・デット・インベスターズ
により、直近5年間の資金調達総額に基づいて第3位のプライベート・デット投資会社にランクされた。

 2007年に
    スコット・カプニック
    スコットランド系フランス人
    マイケル・パターソン
はゴールドマン・サックスを退職した後、ハイブリッジ・プリンシパル・ストラテジーズを共同でJPモルガン・アセット・マネジメント内の
  ハイブリッジ・キャピタル・マネジメント(ハイブリッジ)
のプライベート・エクイティおよびクレジット投資部門として共同設立した。
 その戦略には、メザニン資本、債券、直接融資、成長資本が含まれている。

 2000年から2008年の金融危機の結果、2009年になると多くのヘッジファンドが償還に苦しんだ。
 しかし、ハイブリッジ プリンシパル ストラテジーズはこの期間に大幅に成長した。

 2011年2月、ハイブリッジがGávea Investimentosを買収した。
 イベント主導のトレーディング チームを手放した後、ハイブリッジ プリンシパル ストラテジーズが拡大した。
 Institutional Investorは2014年12月、カプニック氏とハイブリッジの経営陣が同社の経営陣による買収を主導するためJPモルガン・チェースと協議していると報じた。
 この会談では主にハイブリッジの主要戦略に焦点が当てられた。
 買収の主な理由の1つは、ハイブリッジにとって不利益となるオルタナティブ投資への銀行の投資額に厳しい制限を設けた
   ボルカー・ルール
だった。
 もう一つの理由は、ハイブリッジのスタッフが銀行株で報酬を受けていたため、銀行は高度に規制されていた。
 このため、非公開のヘッジファンドと比較してスタッフの雇用や維持において同社が不利な立場となっていた。

 最後に、 JPモルガン・アセット・マネジメントを率い、2004年のハイブリッジ買収に尽力した
   ジェス・ステイリー氏
は2013年に退社し
   メアリー・キャラハン・エルドエス氏
が後任となった。
 なお、この時期までに、ハイブリッジの共同創設者グレン・デュビン氏とヘンリー・スウィーカ氏、そしてハイブリッジ元社長のトッド・ブイリオーネ氏は全員ハイブリッジを去っていた。

 2015年までに、ハイブリッジ・プリンシパル・ストラテジーズは、その業績と投資家の間での人気が高まり、ハイブリッジのより大きな支配的な部分になった。
 運用資産は220億ドルでヘッジファンド側は60億ドルを運用した。
 これはハイブリッジの最も成功した事業の 1 つだ。

 2015年10月、ハイブリッジ・プリンシパル・ストラテジーズのみがJPモルガン・チェースから分離すると報じられた。
 JPモルガン・チェースはハイブリッジとそのヘッジファンド事業、および
   ハイブリッジ・プリンシパル・ストラテジーズ
の少数株式を維持することになった。
 2016年3月、ハイブリッジとJPモルガン・チェースからの買収が完了した。
 これにより、独立した会社が HPS Investment Partners としてスピンアウトした。

 2018 年 7 月、Dyal Capital はHPS への少数出資を取得した。
 2023年4月、フィナンシャル・タイムズは、HPSが新たなジュニア・クレジット・ファンドのために120億ドルを調達した。
 その後、運用資産が1000億ドル近くになったと報じた。
 2023年12月、HPS は極秘に新規株式公開を申請した。

 2018年11月21日、LBI メディアはデラウェア州連邦破産裁判所に連邦破産法第 11 条に基づく破産保護を申請した。
 その後、同社はHPSが会社を引き継ぐ破産脱出計画を作成した。

 ヨーク・キャピタル・マネジメントやカスピアン・キャピタルなどの同社社債権者は、この取引に反対する訴訟を起こした。
 この計画はインサイダー取引と詐欺の産物であると主張した。
 LBIメディアとHPSはいずれも疑惑を否定し、計画は標準的な市場慣行に従っており、ビッグボーイレターに署名されたと述べた。

 2019年4月、HPSと社債保有者は社債保有者の回収額を増やすことで合意し、この計画に合意した。
 その後、HPS が LBI Media を買収した。

 2020年8月17日、シティグループはHPS、ブリゲイド・キャピタル、シンフォニー・アセット・マネジメントに対して訴訟を起こした。
 シティがレブロンの貸し手に誤って支払ったとする9億ドル近くの支払いのうち5億400万ドルの取り分返還を求めた。
 この支払いは、3社を含むさまざまな民間金融業者によるレブロンへの融資に関連していた。

 貸し手は、お金を返す義務はないとの立場をとった。
 2021年2月16日、連邦裁判所は、貸し手には誤って受け取った金銭を返還する義務はないという判決を下した。
 シティグループは米国第二巡回区控訴裁判所に控訴を求め、2022年9月8日、裁判所はシティグループに有利な判決を下した。
 2021年の判決を破棄した後、貸し手は控訴を請求したが、2022 年 10 月 12 日に裁判所によって却下されている。

 2023年6月、ジェイコブ・チェトリットは、同社が詐欺行為を行ったとして、 850 Third AvenueをめぐるHPSを訴えた。
 チェトリット氏は、不動産をHPSに引き渡した際、ローン残高が3億2000万ドルであることを示す証書に署名したと主張した。
 しかし、HPS は残高がわずか2億 6,600 万ドルであることを示す別の証書を作成した。
 融資額が減額されたことで、HPS は撤退手数料や利息などのその他の費用として Chetrit に追加料金を請求できるようにった。
   
    
posted by まねきねこ at 15:00| 愛知 ☔| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: