当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年02月12日

企業の利益見通し、上方修正相次ぐ展開にウォール街も想定外の好シナリオ 


 米国では決算シーズンの3分の2が終わった段階で、米企業業績は予想を着実に上回り、ウォール街は週ごとに利益見通しを上方修正している。
 米株市場では9日、S&P500種株価指数は、終値で初めて5000の大台を上回った。

 米国の大企業を取り巻く環境は明るさを増し、年初の株式市場の堅調を支えている。
 それもアナリストが先月初めに想定していたよりはるかに良いシナリオとなっている。 
 
 ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のデータによると、S&P500種の構成銘柄のうち、アマゾン・ドット・コムやメタ・プラットフォームズなど決算発表を終えた企業の約80%は業績が予想外に上振れした。
 この割合は10年平均の74%を上回る規模だ。
 エネルギーやIT(情報技術)、生活必需品関連が先頭を走っており、投資銀行の思惑通りに相場が描かれてきたとも言える。

 こうした企業決算のなか、アナリストらは予測の上方修正で対応している。
 BIによれば、S&P500種構成企業の今年10−12月(第4四半期)利益が、前年同期比で平均6.5%増加するとウォール街はみていると伝えた。
 1月初めの1.2%から大幅に引き上げ、2022年半ば以来の好業績を予想する。
 
   
posted by まねきねこ at 10:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: