当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年02月11日

香港特別行政府が外国領事館に23条説明


 香特区政府は、基本法第23条に基づく立法に関する協議作業を継続している。
 香港各紙は2月7日の報道によると、6日には李家超・行政長官、林定国・司法長官、保安局の●炳強・長官は、総領事らを含む約100名の外国公使代表、商工会議所のリーダーや代表者を対象にしてブリーフィングを開催した。

 林長官は会議後の記者会見で「会議は率直で建設的であり、参加者全員が意見を表明する十分な機会があった」と述べた。林長官は第23条の法律に対する外国商工会議所の態度について問われ、「この法律を支持しないという声は聞いたことがない」と述べ、香港市民と外国の友人は皆、香港が憲法上の責任を果たす必要があることを十分に理解していると主張した。

 ケ局長は、政府が過去1週間ほどで23件の現地法をさまざまな分野に説明するため、10回以上の協議・交流会を開催したことを指摘した。
 参加者は総じて「国家機密」「域外干渉」に関する2つの提案により注目したと述べた。
 政府もこれについてさらに時間をかけて説明し、前向きな回答を得た。ケ局長はまた、第23条は一般のビジネスマンや市民には何の影響も及ぼさないと繰り返し、スパイ行為等で逮捕される可能性があることを隠蔽し、海外資本の流出や中国国民の移民の増加を牽制した。
 
 同法第23条が会社法人代表者に適用されるかどうかとの質問に対し「公司条例は第23条には含まれず、元の会社法にそのまま残される」と答えたが、身柄拘束されるリスクは残ったままだ。
 草案の文言を修正できるかどうかについて、例えば「域外干渉」条項の「次の分野をカバーできる」という「できる」という言葉が「限定された数」を意味するかどうかについて、ケ局長は「域外とさまざまな手段で協力するということはどういうことなのか、介入効果が得られた場合には、さらなる最適化の余地があるかどうかについて意見を聞き続けることを約束する」と述べるに止めただけの話しかできていない。
 

    
posted by まねきねこ at 14:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: