当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2023年12月09日

来年初めの米国株式投資は方程式「利回り低下=株安」に転換し苦戦(BofA)


 バンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジスト
   マイケル・ハートネット氏
は7日付の顧客向けリポートで2024年1−3月(第1四半期)の米株式市場は苦しい展開になると予測した。
 経済成長が失速する兆候が米国債相場の上昇に表れているという。

 S&P500種株価指数が年初から約19%上昇してもなお、弱気見通しを維持しているハートネット氏は、今四半期の株高は米国債利回りの低下が主な一因だったと指摘した。
 
 しかし、3%に向けてさらに下がるのは経済の「ハードランディング(硬着陸)」を意味するという。

 「利回り低下=株高」という考え方は、「利回り低下=株安」に化けるだろう指摘しと述べた。
 
 
 米株式相場は過去に例を見ないような好調で11月を終えた。
 その後、12月入り後の展開はさえない状況が続いている。
 
 連邦準備制度理事会(FRB)がいつ利下げを始めるのかという問題が、投資家の関心を集めている。米10年債利回りは10月下旬に5%を突破し2007年以来の高水準を付けた。
 その後、4.2%付近まで低下した。

 センチメント指標もリスク資産のさらなる上昇を支持するものではなくなっているとして留意を促した。
 
 BofA独自の強気・弱気シグナルは6日までの1週間で2.7から3.8へ、2012年2月以来の大幅な上昇となった。
 一般的には2を下回ると、逆張りの買いシグナルとされる。

   
posted by まねきねこ at 09:41| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: