当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2023年12月08日

イスラエル軍が居座り続けて、ハマスの地下トンネル網を完全破壊に数カ月を要すると主張


 イスラム組織ハマスはパレスチナ自治区ガザに地下トンネルを推定500キロメートルにわたって張り巡らし、イスラエル軍はこのトンネルの破壊に数カ月を要するとメディアには明らかにした。
 
 トンネル破壊を口実にした都市基盤でもある上下水道や送電線、通信インフラなどの破壊は復旧不可能な規模の焦土化の完結となり、入植者を投入する土地の確保を目論む手段のひとつを露呈した。

 トンネル破壊と並行して空爆や地上戦を続け、長期化するハマス壊滅作戦は、そもそも、パレスチナ人約220万人が居住の地をどこに得られるのかという疑問を残しており、結果的にパレスチナ人の生活基盤を破壊し、生きられない環境を作り出すことで民族浄化も行う政治的な目的が見え隠れしている。

 ガザ地区北部に位置しパレスチナ人5万人以上の
   ベイトハヌーン
では、イスラエル軍が100近いたて坑と数十ものトンネルに爆発物を仕掛けたと、作戦を監督する中佐は、軍の規律に従って名字を伏せた上でメディアの取材で明らかにした。

 ベイトハヌーンはハマスが10月7日にイスラエルへの奇襲攻撃を開始した拠点の一つだ。
 この攻撃ではイスラエルの情報機関が情報をネタニアフ政権に伝えながら、汚職まみれのネタニアフらが、司法改革での反対派への対応に苦慮していたこともあり、情報を握り潰し攻撃を阻止しなかったといた疑惑も出ている。
 奇襲攻撃の情報を握り潰したことでハマスの奇襲攻撃が成功し約1200人が死亡し、現在続く対ハマス攻撃の引き金となった。
 イスラエル政治では挙国一致内閣が出来、ネタニアフは政権を追われることもなく首相の座に居座り続けることに成功した。
 
 なお、ハマスは米国と欧州連合(EU)からテロ組織に指定されている。

 匿名で情報を提供したイスラエル軍中佐は「現時点でこの町は居住可能とは思えない」と、記者への説明で話したという。「われわれがやっていることは美しくない。戦争には何ら良いことはないが、これは必要なことだ」と続けた。

 トンネルの破壊は、ハマスのインフラを解体し10月7日のような攻撃の再発を不可能にするというイスラエルの公約を前進させているものの、トンネルの建設はイスラエル軍が過去、ガザに侵攻した際に建設した堅固な構造物が多く含まれ、ハマスが建設した軟弱なものとは異なるとされる。
 
 イスラエル軍によるトンネル破壊は同時にガザの大部分を瓦礫と化するということが主目的であり、米国を含む国際社会からは懸念が寄せられている。

 ハマスが運営する現地当局によれば、これまでに少なくとも1万6000人が死亡したうえ、そのほとんどが民間人で、イスラエル軍の主張するハマス戦闘員の消耗は少ない。

 ガザの住民はイスラエル軍による攻撃で南に追いやられているが、そこでもイスラエルの作戦が動き始めており、い国連は住民にとって安全な場所がなくなったとして、近隣諸国に避難する必要があるかもしれないとイスラエルに対して警告した。
 
 ただ、国境の管理はイスラエルが握っており、避難民を国境から外部に出さない動きが見られる。

  
ひとこと

 ナチスによるユダヤ人狩りと同じことをしているイスラエル軍の行為は戦争犯罪そのものだ。


    
posted by まねきねこ at 13:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: