当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2023年12月11日

COP28の成果をゲイツ氏が称賛、パリ協定の目標である気温上昇2度未満の達成に懐疑的?


 米国の富豪のひとりとして知られるビル・ゲイツ氏はブルームバーグTVで、世界の平均気温を産業革命前に比べて2度未満に抑えるという
   パリ協定の目標
は恐らく達成できないとの見解を示した。
 ただ、国連気候変動枠組み条約第28回締約国会議(COP28)については、地政学的緊張がある中でも気候変動への取り組みを前進させたとして称賛した。

 また、COP28参加者が過去最多となったことなどに言及し、「われわれの最も高い目標は達成できないにしても、気候への取り組みは前進している」と指摘した。
 
 パリ協定の目標達成は「可能性がそれほど高くない」とした上で、「幸いなことに、気温上昇を3度未満に抑えられれば、人々が耳にしてきたような悪影響の多くは起こらないだろう」と続けた。

 ランセット・プラネタリー・ヘルスによる2018年の研究では、産業革命前に比べて気温が3度上昇した場合、世界の最大5000万人が
   人間の生存能力を超える環境
に定期的にさらされる恐れがあることが示されている。

 ゲイツ氏は、再生可能エネルギーなどで鉄鋼を生産する
   「グリーンスチール」 など
を自身が楽観する解決策として挙げた。
 
 マイクロソフト共同創業者の同氏は、自ら立ち上げた
   環境ベンチャーキャピタル(VC)
のブレークスルー・エナジー・ベンチャーズを通じ、多くのクリーンテクノロジー企業に投資している。

 COP28開催に合わせて行われる各会議についてゲイツ氏は、セメントなど
   脱炭素化
が必要な業界の大手企業とスタートアップが接するために極めて重要だと主張した。
 
  
ひとこと
 
 産業革命前の気温に戻すということだが、産業革命により欧米が急激な生産性の向上を行ったことで植民地化を加速させ資産を激増させてきた歴史がある。
 この現実を直視しないまま産業革命前の気温に戻すということは、発展途上国を現在のまま固定させることを意味するものであり、産業革命前に繰り返し起きた気候の変動で穀物が収穫できずに飢餓が繰り返し起きていることも理解していないようだ。
 
 産業革命前の気温に戻せば飢餓が起きないのだろうか?
 そもそも、産業革命前の気温の変化は太陽の活動との関係があり、強い影響を受けて人口爆発と人口崩壊が繰り返し起きていたことも意識すらしていない感じだ。
  
  
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: