当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2023年12月03日

FRBは「慎重に」行動するが、追加引き締めの選択肢は維持


 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は1日、アトランタの講演で22年ぶり高水準にある借り入れコストに関して連邦公開市場委員会(FOMC)は慎重に行動するが、追加利上げの選択肢も維持すると明らかにした。
 この発言は米金融市場で広がる2024年前半の利下げ観測を押し返した格好だ。

 また、「十分に景気抑制的なスタンスを達成したと確信を持って結論づける、あるいは金融緩和の時期について臆測するのは時期尚早だ」と述べ、「追加の金融引き締めが適切になる場合は、そうする用意がある」と続けた。

 パウエル氏はFOMCが12月12−13日の会合で金利を据え置き、景気を評価する時間を得る見通しであることを示唆した形だ。
 
 2022年3月にゼロ付近だった政策金利を、FOMCは今年7月に5%を超える水準まで積極的に引き上げてきた。
 米経済の減速やインフレ率の低下を背景に、市場では早ければ3月にも利下げが開始されるとの観測が広がっている。

 「かなり急ピッチでここまで来たあと、FOMCは慎重に前進している。引き締め不足と引き締め過ぎのリスクは一段とバランスがとれてきている」とも語った。

 パウエル議長の発言を受けて米国債利回りは低下し、ドルは下落した。
 また、S&P500種株価指数は上昇した。

 金融政策は今「かなり景気抑制的な領域に入っている」との発言など、これまでよりもハト派的と示唆される内容が注目された。

 「FOMCはインフレ率を時間とともに2%に引き下げること、またインフレが同目標への軌道上にあると確信するまで景気抑制的な政策を維持することに強くコミットしている」と言明してみせた。

 最近の進展を挙げ、10月まで6カ月間の食品とエネルギーを除いた
   コアインフレ率
が年率2.5%だったと指摘した。

 また、「金融政策が経済状況に影響を及ぼすには遅れが伴うと考えられている。引き締めの完全な影響はまだ実感されていない可能性が高い」と続けた。

  

posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: