当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2023年12月03日

円は2024年のトップを推奨、他の主要通貨はアウトパフォーム


 ピクテ・アセット・マネジメントのチーフストラテジスト
   ルカ・パオリーニ氏
は、円は今年、主要10通貨の中で最悪のパフォーマンスとなっており、日本銀行が金融政策を来年さらに正常化させるとの期待を踏まえ、円を2024年のトップ推奨に挙げた。
  
 同社では、円は対ドルで1ドル=135−140円に向かうと予想している。
 
 日銀は早ければ1−3月(第1四半期)にもマイナス金利から脱却し、他国・地域の金利が上昇しない限り、円上昇につながる可能性があると続けた。

 ピクテ・アセット・マネジメントのエコノミストも日本経済に関して強気な見方をしていると続けた。

 あた、米国経済が
   「異例」の年
を経て減速するのに伴い、米ドルは少なくとも5%下落するとの見通しも示した。

 ただし、日本のインフレ容認姿勢は円上昇を抑える可能性もあると指摘した。
 
 「日本では、インフレは賃金などを上昇させる手段であり、ポジティブなものとみられている」とし、「日本にとって、これは正常化の一環だ」と続けた。

 世界的なリセッション(景気後退)となれば、円は同社の目標以上に上昇するだろうとも予想した。
 ただ、こうしたリセッションは同社の基本シナリオではないと明らかにした。
 
  
ひとこと
  
 日本国民が保有する資産を意図的に
   異次元の金融政策
などという、愚かで馬鹿げた経済運営により、名目上の中小企業や住宅購入者のローン負担への配慮のごとく装うが、背景にあるのは視点を変えれば明白な、国際資本への低利で円安を誘導させることで浸蝕させるままにして、日本国内の企業や観光サービス文化資産などを安価に提供し、戦後形づくられた海外からの資本侵略を防ぐ規制や仕組みを愚かなる政治家の規制緩和や行政改革、事業仕分けなどというフレーズをマスコミを使って偏向情報を垂れ流したことで意識誘導を行っている状況はいまだ止まらない。
 
 世界の常識などという腐ったNHKや池上などという腐ったマスコミのニッチな思考で視聴者の意識誘導を続け、パブロフの犬画の如き条件反射を高めさせるクイズ番組も多い。このまま、国際資本の掌の上で日本国民を踊らせる政策を是認し続ければ破綻に近づき奈落の底に落ちることになるだろう。
 
 世界の常識などは日本のマスコミが国際資本の意のままに動くための道具でしかない。
 第二次世界大戦後に、連合分の占領によりGUQの日本国民に与える情報が統制され、それに加担したのが日本のマスコミだ。
 
 左翼・右翼の思考を持つマスコも、GHQがマッチポンプでコントロールしており、未だ続いていることは、米国の権益に逆らう場合、醜聞が流れ政治家や論客などが徹底的に叩かれ排除されてきた。資源脱却と消費地の拡大を狙った外交が問題視された田中角栄首相に対するロッキード事件や日米通商摩擦で日本が保有する米国債券を売却すると匂わせた橋本龍太郎氏に対するハニートラップなどなどだ。
 逆に言えば米国の権益強化に協力的な政治家の郵政民営化や規制緩和、行政改革、事業仕分けなどだ。
 表面的には旧来の特権を叩くということを旗頭にしているが、背景を見れば、外資が日本国内に入り込むための経済的な壁を破壊させることでしかない。その結果、日本の大手証券会社は外資により分社化され、保有してきた日本企業の情報がすべて外資に筒抜けにされてしまった。
 
  
posted by まねきねこ at 02:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: