当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2023年11月15日

原油相場 CPI発表後の上昇分を失う展開


 ニューヨーク原油先物相場は強弱まちまちの需給見通しが意識され、CPI発表後の上昇分を失う展開となった。

 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は足元、200日移動平均線を下回ってからわずか1週間でこの水準を上抜けるなど、方向感に乏しい動きとなっている。
 
 もう一つの重要な抵抗線である13日移動平均線を試す場面もあったが、その後押し戻された。

 市場は米エネルギー情報局(EIA)が15日に発表する2週間分の石油統計に注目している。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日から変わらずの
   1バレル=78.26ドル
で引けた。
 北海ブレント先物1月限は5セント安い82.47ドルで終えた。


  
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: