当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2023年10月07日

NY原油相場は利益確保の反発

  
 ニューヨーク原油先物相場は反発して引けた。
 ただ、週間では9%下げ、3月以来の大幅安となった。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は
   1バレル=82.79ドル
と前日比48セント(0.6%)高で終了した。
 なお、北海ブレント12月限は51セント高の84.58ドルで引けている。

 追加利上げの可能性が金融市場を混乱させており、現物市場でのタイトな状況を打ち消す格好となった。

 追加利上げや金利高止まりへの懸念が強まっていることが、最近の原油安の背景にある。
 同時に、テクニカルな売りやアルゴリズムに基づいた取引も下げにつながった。

 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油は週間では8ドル下落した。
 取引時間中では8月以来の安値を付ける場面もあり、サウジアラビアとロシアの供給削減継続による上昇分を帳消しにした。

 今週は米エネルギー省の統計がガソリンの消費量減少と在庫増加を示したため、地合いが悪化した。この統計を受け、価格上昇が製品需要を破壊したかどうかを巡る議論が噴出した。
 
 ただ、ゴールドマン・サックス・グループやバークレイズなどの銀行は、この懸念は行き過ぎだとしている。

  
posted by まねきねこ at 09:00| 愛知 | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: