当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2023年03月29日

マイクロソフトが競合AI検索ツールへのデータ制限を警告


 米国のマイクロソフトは、2月、「ChatGPT(チャットGPT)」の開発元であるオープンAIの最新技術を搭載した自社の検索エンジンの新バージョンを公開した。

 ライバル各社も独自のチャットボットを投入しており、アルファベット傘下のグーグルでは「Bard(バード)」を公開した。
 
 マイクロソフトは、「Bing(ビング)」検索インデックスのデータをヤフーや検索サービスを提供するライバル企業にライセンス供与している。
 
 マイクロソフトは、ライセンス供与を受けた検索エンジンを運営しているダックダックゴーなどの競合他社に対し、人工知能(AI)を搭載した独自のチャット製品のベースとしてデータを利用するのをやめなければ、提供を打ち切ると警告した。
  
 また、ダックダックゴーはAIを駆使して検索クエリへの回答をまとめる「ダックアシスト」を投入、新規参入組のYou.ComとNeevaも「YouChat」と「NeevaAI」のサービスをそれぞれ開始した。

 ダックダックゴーとYou.Com、Neevaの通常の検索エンジンは、いずれも一部の情報についてBingに頼っている。
 
 ウェブ全体のインデックス化にはコストがかかり、そうしたデータを検索チャットボットと統合するのは同様に複雑で多額の費用がかかる。

 対立が公にされていないことを理由に匿名を条件に語った関係者によれば、マイクロソフトはBing検索インデックスのデータをAIチャットのツールに利用するのは契約違反だと、少なくとも2社の顧客に伝え、検索インデックスへのアクセスを認めるライセンスの打ち切りもあり得ると警告したという。

 マイクロソフトは、「コンプライアンスに従っていないパートナーと連絡を取っている」と明らかにし、これらパートナーと「引き続き直接協力し、前進する道を見つけるために必要な情報を提供する」と続けた。
  
 マイクロソフトのインデックスから遮断された場合、小規模な検索エンジンが代替手段を見つけるのは困難となる。ウェブ全体をインデックス化しているのはマイクロソフトとグーグルの2社のみの状況にある。

 なお、グーグルが自社インデックスの使用を制限しているため、他のほぼ全ての検索エンジンはBingを使用している。
 
 
    
posted by まねきねこ at 06:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: