当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2022年09月24日

英大型減税でポンドと英国債が急落 欧州市況で株は弱気相場入りの流れ


 欧州株は23日下落して引けた。
 ストックス欧州600指数が米国などに続き弱気相場入りし、リセッション(景気後退)入りへの不安が高まり、リスク資産需要は後退した。

 ストックス600指数は2.3%下落し、2020年12月以来の安値を付けた。
 1月に記録した最高値からの下げは21%となり、定義上の弱気相場に陥った。

 世界的な利上げが経済成長の重しとなり、需要冷え込みへの懸念から商品相場が下落した。
 これを受けてエネルギー、鉱業株が特に売られた。

 食料品やヘルスケアなどディフェンシブな業種は下げが比較的小さかった。シクリカル銘柄は値下がりした。

 また、欧州債市場では英国の5年、10年債利回りが過去最大の上昇を記録した。
 短期金融市場は、イングランド銀行(英中央銀行)が11月に125ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)利上げする確率を50%織り込む。

 投資家は英国の大型減税策や債務管理庁(DMO)が計画する国債発行規模拡大などを受け、同国の財政の持続可能性を疑問視している動きだ。

 ポンドは対ドルで一時3.5%下落し、1985年以来となる1ポンド=1.09ドルを下回った。

 また、英10年債利回りは33.3bp上昇。5年債は51bp上昇の4.07%となった。

 短期金融市場が織り込む11月の英中銀の利上げ幅は114bpと前日からは44bpの大幅上昇となった。

 ドイツ債は中期債を中心に下落した。
 短期金融市場では、欧州中央銀行(ECB)による来年9月までの利上げが計242bp織り込まれ前日から15bp上昇した。

 ドイツ債とイタリア債のスプレッドは8月2日以降で最大の11bp拡大し、232bpとなった。
 なお、イタリアでは25日に総選挙を控えている。

  
posted by まねきねこ at 06:41| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]