当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2022年09月22日

神田財務官 24年ぶり円買い介入、「断固たる措置踏み切った」と?


 日本政府・日本銀行は22日夕、円買い・ドル売りの為替介入を実施した。

 神田真人財務官が記者団に認めたが日米金利差の拡大を背景に急激に円安が進む中、24年ぶりの円買い介入によって過度な円安の阻止に向けた姿勢を示したと自画自賛の様相だが、対応の遅れは話にもならず、これまで日本国民が稼いで国内に溜め込んだ資産をウクライナへのロシア侵攻によるエネルギー価格の上昇で馬鹿高い価格で購入しており、国力を削ぐ金融政策は早急に停止し、1ドル100円まで塩害を行う必要がある。
 
 神田氏は、政府として為替の「過度な変動を憂慮」しており、「先ほど断固たる措置に踏み切った」と述べた。断固たる措置とは介入だと説明した。

 外国為替市場では、日銀の黒田東彦総裁の記者会見での発言を受け、円が一時1ドル=145円90銭まで下落していたが、介入の実施を受け141円台まで上昇したが、円売りが止まる可能性はまだ未知数だ。

 円買い介入は、アジア通貨危機による急激な円安に対応し、1998年6月に日米通貨当局が円買い・ドル売りの協調介入に踏み切って以来24年ぶりとなる遅さで、無能な安倍政権の金融政策の害悪はまだまだ続いているのが現状だろう。
 
 円売り介入を含めると、東日本大震災後の円高進行を食い止めるために行った2011年11月以来、11年ぶりとなったが一時的な話であり、国際資本に忖度を続ける岸田政権の対応の遅れも問題だ。

 為替市場への介入の判断は財務省が行い、日銀は財務省からの具体的指示に基づいて介入を実施するという説明だが効果がいつまで続くか未知数だ。
 
 急激な円安に対応するためには、財務省所管の外国為替資金特別会計(外為特会)の保有するドル資金を売却して、円を買い入れるが機体の耐久性に問題のあるポンコツF35の支払いも大盤振る舞いのままだ。

 神田財務官は午後1時半過ぎ、為替介入はまだ行っていないとする一方、「ステルス(覆面)でやる場合も正直ある」と述べていた。
 また、「必要な時は必ずやることになる」とも強調したうえ「スタンバイの状況」とし、今すぐにも対応できる状態との認識を示していた。

 松野博一官房長官は22日午後の記者会見で、最近の為替市場でみられる過度な変動を憂慮しており、継続する場合には「あらゆる措置を排除せず、適切な対応を取りたい」と述べた。
 
 東京市場の終盤での介入では欧州、米国市場まで続くことが出来るかどうかには疑問符だ。
 
    
posted by まねきねこ at 18:51| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]