当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2022年09月18日

ゴールドマンが今月から数百人規模で人員削減を再開


 米ゴールドマン・サックス・グループは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まって以来最大の人員削減に着手することが明らかになった。

 ゴールドマンは今月から数百人規模の人員を減らす計画で、この規模はこれまでに行われた人員削減の幾つかより少ない。

 ただ、批判が広がりかねない時期でもあったパンデミックでほぼ停止していた同行の年次削減が再開したことを意味する動きだ。

 また、記録的な好業績が続いた数年が終わり、減収で銀行業界全体が冷え込みつつあることを示す明らかな兆しとも見える。


 アナリストらの調査ではゴールドマンの今年の利益が4割余り落ち込むと予想する動きがある。
 同行は7月、採用ペースを鈍化させ、年次のパフォーマンス評価を復活させる計画を明らかにしていた。
 
 また、「困難な事業環境」と同行が評する状況で、費用抑制の取り組みを進めると見られる。

 デニス・コールマン最高財務責任者(CFO)はパフォーマンス評価が一般的に
   成績が劣る人員の解雇
に利用され、自然減で失う人員の補充ペースを落とす可能性があると7月に述べていた。
 
 同行の従業員数は4−6月(第2四半期)末時点で4万7000人という。


  
ひとこと
 
 企業の質の向上の動きは常にある。
 人材の異動が大きな米国であり、適材適所の流れが復活したとも言える。
 ただ、基軸部分は終身雇用でもある米国企業の景気変動時の使い捨て思考が復活したとも言えるが、使われる方も企業選択が加速し企業が捨てられる流れでもある。


posted by まねきねこ at 05:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]