当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2022年08月12日

ヘッジファンドの投資戦略の開示拡大など求める規制強化案(SEC)


 米証券取引委員会(SEC)は10日、ヘッジファンドに運用するファンドの構造や投資戦略などの詳しい情報開示を求める規制強化案を公表する。

 大手ヘッジファンドに四半期ごとに課されている機密開示の拡大が正式に決まれば、業界にとってこの10年で最も厳しい規制強化の一つになる。


 バイデン政権はかねてヘッジファンド業界の透明性向上を求めており、SECは1月に大手ヘッジファンドやプライベートエクイティ(PE)投資会社に対し、多額の損失や償還が発生した場合の報告迅速化を求めている。


 今回の規制案では、マスターファンドとフィーダーファンドの仕組みやパラレルファンドといった複雑なケースで、それぞれの構成ファンドについて情報を提出することを求めるという。
 
 SECは声明で、こうした仕組みを一つにまとめて報告している現状ではヘッジファンドやPEファンドが抱える
   潜在的なリスク
を完全に認識できず、複雑な構造の比較を困難にしていると説明した。

 一方、ヘッジファンド業界は、当局にとってそうした情報の有用性は限定的だと主張し対決する姿勢を示している。
 
 また、投資戦略にかかわる機密情報を開示することになり、情報セキュリティーのリスクが高まりかねないと規制強化に反発している。

 SECは10日の採決を経て、最短60日間の意見公募(パブリックコメント)を実施する。
 必要とあれば修正を施した後で数カ月後に最終案を審議する見通し。
 
 
 ひとこと
 
  そもそも、FRBの設立自体が、胡散臭いジキル島における秘密会議で議会が休会中にユダヤ系金融機関等の幹部が集まって決まったものだ。
 今回の規制の裏がわにある目論見がロードマップの切れ端の可能性もある。
 
 
    
posted by まねきねこ at 10:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]