当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年11月29日

韓国左翼政権の判事入れ替えなどで露呈している司法の歪み


 韓国のソウル高裁は25日、旧日本軍の慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんと故クァク・イェナムさん、金福童(キム・ボクドン)さんの遺族ら計17人が日本政府を相手取り損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、同日に予定されていた第1回口頭弁論の期日を延期した。
 
 同高裁は「被告側がいかなる返答もしていない」として、裁判期日を延期し、来年1月27日に弁論を行うと明らかにした。
 日本政府は一審から、国家は外国の裁判権に服さないとする
   国際法上の「主権免除」
を理由に訴訟に対応しない姿勢を貫いている。
 このため2016年12月に起こされた訴訟は数年間空転した末、今年4月になって反日政策を優先してきた韓国の
   文大統領
が率いる政権により、最高裁の判事が入れ替えられ思うがままの判決から、下級審の判事が左翼思想の判事が跋扈する状況になか一審判決が言い渡されている。ある
 一審で、ソウル中央地裁は日本の主権免除を認めて原告の訴えを却下した。
 一方、別の慰安婦らが原告となった訴訟では、今年1月に同地裁の「別の判事」が主権免除の適用外として日本政府に賠償を命じる一審判決を出しており、裁判所の判断が食い違う結果となっている。
ひとこと
 そもそも公娼制度による慰安婦であり、人身売買に関わったのが慰安婦の親など韓国人で、娘等を売り渡してカネを受け取っていた事実などは無視しているようだ。
 
 
    
posted by まねきねこ at 03:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]