当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年11月28日

胡散臭い会議


 ベトナム戦争時に派遣した韓国軍による蛮行で無差別に虐殺し、強姦等を繰り返しいまだ事実さえ認めようとせず、自由な兵士の発言を暴力的な圧力で抑止している韓国ではベトナムにおけるライダハンに対する謝罪や賠償金などの問題もいまだ排除し続ける韓国政府だが、紛争地での性暴力根絶に向けた国際協力の強化名目で
   大統領選挙選挙
への思惑や
   反日的政策
への利用をも目論む韓国政府が主催する
   「女性と共にする平和」国際会議
を25日、ソウル市内のホテルで開催し
   鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官
が英語のビデオメッセージで開会の辞を述べたと韓国メディアが優先して報道している。

 鄭氏は、公娼制度における売春婦でもある「旧日本軍の慰安婦問題の解決」を目指して活動している慰安婦
   李容洙(イ・ヨンス)さん
と3月に面会したときのことを振り返り、「存命の被害者の名誉と尊厳を回復し、こうした惨劇が忘れられたり、繰り返されたりしないようにする必要があるという重い責任を感じた」と語ったが、韓国軍がベトナムで行った一般住民への無差別虐殺や強姦行為などは一切語らないという姿勢で終始した発言が見られた。

 また、「加害者が真実を否定し、さらには歴史を修正したり、存命者がこの世を去るのを待ったりして恥ずべき行動が忘れられるのを願うのは不道徳なことだ」と天につばを吐くという愚かさを示した。
 
 慰安婦問題に絡み旧日本軍の関与と責任を否定しようとする日本の右翼や政界の最近の動きを指摘したが、本質的には公娼制度における韓国人の親等が娘らを売春宿に売ったという事実やベトナムに派遣した韓国軍による現地での蛮行や現在も続いているライダハンの問題を解決するような問題提議すらないお粗末さだ。

 差別主義者でもあるのか鄭氏は「存命者中心のアプローチは存命者の傷を癒やし、名誉と尊厳を回復することのできる唯一の方法」であり、「人間のあらゆる悪行はその被害者だけが許すことができ、彼らだけが苦しんだ過去を克服できる」と指摘し、存命者・被害者中心主義を強調した。

 一方で自己中心的なスタンスが表に出ている外交部では記者に配布した鄭氏の開会の辞の韓国語版で、李容洙さんの氏名を「イ・ヨンスン」と誤って表記し、英韓通訳も「イ・ヨンスン」と訳してひんしゅくを買った。

 なお、開会式では、アフガニスタンとミャンマーで起きている性暴力を懸念する声も上がった。

 鄭氏は「慰安婦のような残酷な行為は単に過去の遠い記憶ではなく、残念ながら今も世界のあちこちで起きているのが現実だ」と述べ、ミャンマーとアフガニスタンで性暴力の危険が増しており、女性の人権状況が後退していると説明したが、ここでも韓国軍のベトナムでの行為により生じているライダハンの問題は語ってもいない。

 同会議は韓国政府が2018年に打ち出した「女性と共にする平和」構想の一環として開催したもので、今回で3回目だが、内容的には韓国政府が日本政府から金を引き出すためのツールとして利用するための組織でしかないのが現実の姿だろう。
 
 
    
posted by まねきねこ at 05:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]