当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年11月22日

米国資本の動きが活発化 円高シフトの流れが出そう?

   
 ソフトバンクグループ系の米国の投資ファンド
   フォートレス・インベストメント・グループ
は日本国内ゴルフ場最大手のアコーディア・ゴルフ・グループを買収することが明らかになった。
 
 アコーディアが16日アジア拠点の投資ファンド
   MBKパートナーズ
からアコーディア株式などを取得することで合意したと発表した。

 発表では、フォートレスが運営するファンドがアコーディアとグループ会社の
   ネクスト・ゴルフ・マネジメント
の持ち株会社株式を譲り受けることを明らかにした。
 
 今後数カ月以内に実行される予定で譲渡額は明らかにしていない。
 ブランド名や経営体制、顧客との関係に影響はないとしている。

 アコーディアが運営するゴルフ場は132(8月時点)、ネクスト・ゴルフは37と、合計すると国内最多を誇る。

  
 アコーディアの前身は1981年の創業で一時期、米国に投資会社
   ゴールドマン・サックス
の出資を受けていた。

 その後、MBKは2017年に、東証1部に上場していたアコーディアを株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化した。
 非上場化した上でゴルフ場の新規取得や運営クオリティーの向上などを目指すとしていた。
 
  

 日経新聞電子版は同日、フォートレスがMBKからアコーディアを4000億円規模で買収すると報じていた。

 全国でホテルを運営するフォートレスはホテルとゴルフ場との相互送客などを進め、企業価値のさらなる向上を目指すとしている。

 この情報に詳しい関係者が匿名を条件に明らかにしたところによると、8月に行われたアコーディア売却の1次入札で、ソフトバンクグループ傘下のフォートレスのほか、米国のブラックストーン・グループや韓国系企業を含むコンソーシアムなどが残り、2次入札に進んでいたという

  

posted by まねきねこ at 05:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]