当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年11月19日

国際資本の思惑通りということ


 米国労働省が10日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は
   前年同月比+6.2%
の上昇と、全予想を上回る大幅な伸びとなった。
 
 以前の物価上昇は総じて新型コロナ禍緩和後の経済活動再開に関連する分野に限定されてきたが、10月の統計は物価圧力の広がりを示唆した。

 
 ドイツ銀行の米国担当チーフエコノミスト
   マシュー・ルゼティ氏
はインフレ予測について、過去1年間は「信じられないほど難しかった」と述べ、今後も困難な状況が続くとの見通しを表明した。
 
 また、「インフレ見通しに引き続き上振れリスクがある状況で、物価圧力を十分組み入れていると考えるのには無理がある」と続けた。

 エコノミストは年初以来、CPI上昇率見通しの上方修正を余儀なくされてきた。
 当初は新型コロナ禍の影響が大きかった前年との比較のベース効果で、物価上振れのゆがみが生じていると陸続けして批判を回避していたが、そもそも権益組織の思惑がある程度想定されていたものが、もっと持続的な問題であることが鮮明になってきたためだ。


   
posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]