当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年11月09日

治療薬の効果はあるのか?


 米国大手医薬品メーカーのファイザーは5日、同社が開発中の新型コロナウイルス感染症の治療薬が高リスク患者の入院・死亡を89%減らしたとする臨床試験結果を発表した。

 コロナの治療方法とパンデミック(世界的大流行)の方向性を大きく変える可能性がある。

 発表資料によると、「圧倒的な効果」が示されたため臨床試験での新規患者受け入れを停止した。

 また、アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、緊急使用許可を得るため米食品医薬品局(FDA)に今月25日の感謝祭までにデータを提出する方針を明らかにした。


ひとこと

 海外国際資本の配下にある医薬品メーカーへの忖度から日本国内企業の開発している治療薬やワクチンに対する医療行政や政治家の悪巧みともいえる承認申請の非協力さは日本の国益を削ぐばかりであり、日本国民の健康や生命、財産を海外の組織に提供し続け、長期政権を維持した腐れ政治家の動きには警戒が必要だ。

 単純に入国制限を緩めて再感染が爆発的に増える環境を作る目論見が背景にあり、イスラエルのごとく感染が広がりかねない環境を作るつもりのように見える。
 こうした動きは経済再起動させるためとの理由であるが、別の視点から言えば、さらに感染を広げる企みであり、問題がある。

 経済再生であれば、内需拡大にかじを切り社会インフラと阻止部の人口密度の縮小などで感染しにくくする体制を講じるべきだろう。


   
posted by まねきねこ at 05:32| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]