当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年10月23日

フラッシュクラッシュ ビットコインの価格が6万5000ドル前後から8200ドルまで87%急落した。


 暗号資産(仮想通貨)取引大手
   バイナンス(Binance)
は、ケイマン諸島、イギリス、タイ、シンガポールなどで規制の動きに追われ、日本の金融庁も警告を発していた。

 バイナンスは3月、マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)の元メンバー2名をアドバイザリーチームに採用するなど、ときに規制を先取りしようとしてきた。

 バイナンスのCEO、CZこと
   チャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao 赵长鹏)氏
は、公開書簡の中でバイナンスは厳しいインサイダー取引ポリシーをはじめとする利用要件を備えていることを繰り返し、またユーザーの資産と上場基準を保護するためのファンド、上場チームを分離するファイアウォールも7月に導入したと述べていた。

 バイナンスの米国における交換所では、21日朝にビットコインの価格が6万5000ドル前後から8200ドルまで、およそ87%急落した。

 ただ、他の交換所で同様の動きは全く起きていない。
 この急落はわずかな時間で、バイナンスではほぼ間を置かずに元の価格水準に戻った。

 バイナンス米国部門は電子メールで、機関投資家トレーダーの1人から
   トレーディングアルゴリズム
のバグが急落を引き起こしたようだとの情報があったことを説明した。

 事態の調査を続けているが、このトレーダーからの連絡で、バグはもはや修正され、問題は解決した様子だと理解していると明らかにした。

 バイナンスのウェブサイトによると、急落が発生したのはニューヨーク時間午前7時34分からの、わずかな時間に592.8ビットコインが取引されたという。
 現在の時価で4000万ドル(約45億5800万円)弱に相当する。

 こうした現象は通常、例えばトレーダーが意図した取引の詳細を間違え、価格や注文規模を誤入力するときに生じるもので、交換所で控えている注文を上回る、大規模な取引が発注されれば、価格は急速かつ大幅に下落することになる。

 米株式市場では2010年5月6日にダウ工業株30種平均が数分間で9%(約1000ドル)も下落しフラッシュクラッシュが有名だが、それ以来、株式は同様の問題の再発をほぼ免れている。


  
posted by まねきねこ at 17:22| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]