当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年10月14日

訓練の質の向上は必要


 米国の特殊作戦部隊と海兵隊の部隊は、中国習近平政権が台湾統一への工作を強めてきており、軍事侵攻のリスクが有るため、これまで台湾の軍事訓練を支援するために、1年以上にわたって秘密裏に台湾に駐留してきたと米国メディア「ウォール・ストリート・ジャーナル」7日の独占インタビューで伝えた。

 これまで中国軍が台湾への侵攻を開始する可能性があるとの懸念があり、米国の特殊作戦・支援部隊の約20名が台湾の要塞を強化するために台湾の地上部隊に分隊訓練を行ってきたことや、米海兵隊も台湾海軍と協力して「小舟の訓練」を行っていることを、同独占報道が米政府関係者の発言を引用して報じた。

 米国防総省のジョン・サプル報道官はメディアの取材で、米国は、中国軍が台湾付近での軍事行動を増やすなど、台湾を威嚇する行動を強めていることを指摘、これは地域の安定を損ない、誤算のリスクを高める可能性があると考えていると伝えた。

 トランプ政権下のホワイトハウス国家安全保障副顧問
   マット・ポッティンガー氏
は、メディアとのインタビューで(軍産複合体姓の米国の軍需産業が)「台湾に軍備を売るよりも、米台の軍事関係を深めたほうがよいと指摘した。
 
 台湾海峡で戦争が起きれば、台湾が今世紀初めに購入した高価な軍備はすぐに破壊されたうえ、逆に台湾に安価で殺傷力のある
   対艦ミサイルやスマート機雷
を購入させ、十分に訓練された軍隊を持たせることで、中国の台湾攻略計画を複雑化させるだろう」と述べた。

 昨年11月には、米海兵隊が台湾軍から高雄の左営に招かれ、海兵隊や特殊部隊のアサルトボートやスピードボートを使った潜入作戦を4週間にわたって指導している。
 
 しかし、米軍が台湾に駐留することは、非常に政治的に敏感な性質を持っているため、米台双方は当時、この「噂」に肯定も否定もすることはない。

 台湾海軍は、地域の平和と安定を維持するために、米台双方の軍事的安全保障の協力と交流は、正常に行われているとだけ述べた。

   
   
posted by まねきねこ at 22:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]