当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年09月25日

恒大集団の資金繰り問題について口を閉ざしたまま


 日本の年金機構も出資している中国の不動産開発大手で信用不安が高まっている
   中国恒大集団
の傘下で電気自動車(EV)を開発・生産している
   中国恒大新能源汽車集団
は24日、迅速な資金注入がなければ資金繰りが破綻すると警告した。

 中国恒大集団グループの本体や金融部門以外の他事業部門でも流動性危機が悪化していることが明らかになった。

 中国恒大新能源汽車は
   戦略的投資
   資産の売却
がなければ、従業員やサプライヤーへの支払い、および自動車の量産能力に影響が及ぶだろうとメディアの取材で述べた。

 オフショア債の8350万ドルの利払い日(23日)に利子の支払いは行われておらず、同社はこの問題について沈黙したままだ。

 30日の猶予期間内に利払いが行われないとデフォルト(債務不履行)となる。
 投資家は、猶予期間終了時に
   多額の損失
を被るのではないかと懸念している。

 中国の中央銀行は24日、再度銀行システムに流動性を供給したものの、単に市場への支援のシグナルだが積極的な対応とは判断されていないようだ。
 当局は恒大集団の資金繰り問題について口を閉ざしたままで、中国の国営メディアも救済策の手がかりを示すことが出来ない。

 プリンシパル・グローバル・インベスターズ(シンガポール)のアジア債券部門責任者
   ハウ・チョン・ワン氏
は「現段階では誰も大きなリスクを取りたがらないため、不気味な静寂が続いている」と述べた。

  

ひとこと

 リーマンショックの時に似ているように見える。
 ユダヤ系金融機関でロスチャイルドの傘下でもあったクーン・ローブ商会の流れをくむリーマン・ブラザーズへの資金提供が行われることなく倒産させた背景に注目が必要だろう。

 中国共産党の力を背景にのし上がり、利益を提供し続けることで規模を拡大させたが、経済低迷で、これ以上役に立たなくなった企業を清算する判断に傾斜するのかもしれない。


   
posted by まねきねこ at 21:40| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]