当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年09月23日

ワクチンを購入して家畜同様に接種するが、訪米は単なる遊びでしかないの類でしかない


 女衒の如き米国への利権提供をしたことで長期政権を作った安倍政権のなか、忖度で地位を得た菅義偉首相は23日、米国が主催する新型コロナ・サミットにビデオで参加し
   途上国に対するワクチン供与量
を従来公表の3000万回分から6000万回分に引き上げると表明した。
 首相は6月2日、途上国向けワクチンを各国が共同調達する枠組み
   「COVAXファシリティー」 など
を通して、日本国内で製造するワクチン3000万回分を各国・地域に提供すると明らかにしてきた。

 すでに日本国内で作られた2300万回分の英国のアストラゼネカ社ワクチンを供与している。
 ただ、今回追加供給するワクチンの製造元については公表していない。


ひとこと

 コロナ感染への対応の杜撰さや、日本企業が開発したワクチンや治療薬の承認が11月以降になるため、その前に接種を繰り返させてユダヤ系メーカーが開発したワクチンの利用を加速させているのが真実だろう。

 マスコミの報道も同様の流れだが、そもそも、対応の遅れでヒステリーに感染症指定レベルを高くしたことで、一般病院での酸素吸入などの治療ができなくなり、特定の医療機関しか入院できないようにしたのが、感染者が増えても一般病院に入院させることが出来ないように成り保健所が采配して少ない病床を配分し、自宅隔離ということになり、症状の確認も行政改革や規制緩和、事業仕分けなどの無能な与野党政治家の暴走でシステム破壊したことで人的不足で機能不全になったことを認識すべきだろう。

 こうした動きに同調したマスコミの悪巧みを隠蔽するかのごとく何も日本国民に伝えない姿勢には嫌悪感を覚える。

 そもそも、繰り返しワクチンを接種することによるリスクが全く顧みられておらず、ワクチン接種してもコロナに感染する事実と数カ月後にモン副作用等が出てくる者もいることを報道抑制し選択する権利を持っているのも「報道の自由」と主張するのだろう。


 今はいつ感染症指定のレベル引き下げを行い一般診療で措置が出来るように変えるのかどうかだ。
 そもそも、自宅隔離中の感染者が手遅れになる元凶は感染症指定が高いまま放置していることも要因だろう。
 

   
posted by まねきねこ at 22:17| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]