当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年06月25日

大量に確保した余剰手元資金を株主に還元

 
 米国連邦準備制度理事会(FRB)は1年前、新型コロナウイルス禍を受けた政策で
   自社株買い
   配当の制限措置
を導入したが、今年のストレステストで審査結果が良好な銀行を対象に、残る制限措置を解除する意向を明らかにし、テストの結果は24日に発表される。
 前回の金融危機を受けて編み出されたストレステストは、経済的な混乱に耐え得る十分な資本を確保しているかどうか評価することが目的。

 シティグループとウェルズ・ファーゴ、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス・グループも含む米国ユダヤ系金融大手6行はすべて、テストを通過すると見込まれている。
 
 バークレイズのアナリストが示した予想を基にブルームバーグがまとめたデータによると、6行にとっては株主還元の総額を向こう4四半期に倍増させる道が開かれる。
 通常は毎年1回実施されるが、FRBはコロナ禍における追加のテストを求めた。
 経済クラッシュに対応するため大半の銀行が大量の余剰手元資金を確保しており、ストレステストは主にこうした資金のうちの「どの程度」が投資家に分配され得るのかをみる指標となっている。
 バークレイズのアナリスト、ジェーソン・ゴールドバーグ氏は「今や本当に数学の問題にすぎない」と指摘。「こうした銀行が昨年12月のストレステストで実に良好で、総じて当時よりも多くの資本を確保しているという事実を踏まえれば、今回も良好な審査結果となるはずだ」と述べた。

   
posted by まねきねこ at 05:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]