当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年03月20日

米韓合同指揮所演習


 米韓合同指揮所演習は新型コロナウイルス感染拡大の影響で縮小して実施され18日午後、終了した。

 今回の合同演習は昨年に引き続き
   コンピューターシミュレーション方式
で進められ、親北朝鮮の文政権の非協力により野外機動訓練は実施しなかった。


 米韓は指揮所を韓国軍の首都防衛司令部と京畿道・城南にある在韓米軍基地に分散した。
 コロナ感染症を懸念して、できるだけ両国の将兵が一カ所に集まらないようし、参加規模も大幅に縮小した。


 韓国国防部関係者によると、17日に韓国入りした
   オースティン米国防長官
は徐旭(ソ・ウク)国防部長官との会談で、今回の演習について
   「成功裏に、円満に実施された」
と評価した。 


 新型コロナの影響で昨年下半期に続き今回も、韓国軍主導で創設される
   「未来連合軍司令部」
の完全運用能力(FOC)の検証は実施していない。

 この検証は米軍主導の米韓連合軍が持つ
   有事作戦統制権
を韓国軍に移管する上で必要な段階だが、敵前逃亡した過去の出来事は消えておらず、信頼性の回復は文政権の言動を見ればそもそも不可能であり、移管など信頼性が定着しない今の現状では無理な話だろう。

 移管前の有事作戦統帥権の代わりに、韓国軍大将が指揮する未来連合軍司令部主導の戦区作戦の予行演習が一部実施された。
  

ひとこと

 韓国と北朝鮮が共同統治を模索する可能性があるが、こうした動きが現実化すれば韓国が選挙制度で北朝鮮に取り込まれていくことになり、生産設備を中国が保有するステップとなる。

 軍事的なバランスが大きく中国にしうとするリスクが生じ、米軍が朝鮮半島から日本あるいはグアムに戦線を移せば、朝鮮半島は設備等が中国に引き渡される前に焦土化して生産設備をすべて破壊する作戦が実行されることを意識すべきだろう。

 つまり、日本の商社や自動車産業などが中国軍に篭絡され、政治と経済は別などという甘い経営者では有事になれば中国の人質になるが、逆に工作員によるリスクに晒されかねないことも意識すべきだ。


    
posted by まねきねこ at 18:50| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]