当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年03月02日

資本の論理


 
 ソフトバンクグループの投資会社
   ビジョン・ファンド
は、グリーンシル・キャピタルへの
   投資15億ドル(約1600億円)に
ついて2020年の終わりに評価額を大幅に引き下げたことが、この事情に詳しい複数の関係者がメディアの主字で明らかにしたとの情報が市場に流れた。
 最終的には評価額をほぼゼロにすることを検討しているという。
 この情報について知る関係者が非公開の決定だとして匿名を条件に述べたという。


 富豪のレックス・グリーンシル氏が保有するサプライチェーン・ファイナンス会社
   グリーンシル・キャピタル
はここ数カ月、株式公開をにらんで資金調達手段を模索していた。
 一方、同社はドイツの連邦金融監督庁(BaFin)の調査対象となった銀行
   ローンブック
のリスク圧縮を目指していたとも伝わっている。


 クレディ・スイス・グループは1日、グリーンシル氏が手掛けるサプライチェーン・ファイナンスの債権に投資するファンドを凍結している。
 
 クレディ・スイスの発表などによれば、同行は英国の実業家
   サンジーブ・グプタ氏
の関係会社へのエクスポージャーの大きさを懸念していた。
 ビジョン・ファンドによるグリーンシル投資はマネジングパートナー
   コリン・ファン氏
が手掛けたが、同氏は最近退社している
 ソフトバンクは昨年クレディ・スイスのファンドから7億ドルを引き揚げた。
 グリーンシル氏の融資先企業の多くがビジョン・ファンドのポートフォリオ企業でもあったため、利益相反の懸念があった。
 
 
ひとこと

 ユダヤ系国際資本の資金の流れから外れた感じだ。


   
  
posted by まねきねこ at 06:21| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]