当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2021年02月28日

原油下落


 ニューヨーク原油先物相場はインフレ加速で緩和的な金融政策が巻き戻されれば、商品市場に波及するとの懸念から米ドルが上昇し、ドル建て商品の投資妙味が後退した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は
   1バレル=61.50ドル(前日比−2.03ドル(3.2%))
で終了した。

 ただ、月間ベースでは、世界的な在庫減少や需要回復進展を背景に18%高となった。
 ロンドンICEの北海ブレント4月限は75セント安の66.13ドル。


ひとこと

 低金利な資金が市場に流れたままで、ダブついた安価な費用で使える資金を利用した国際資本による買い上がりが背景にあるのだろう。
 金利が上がれば、経費が掛かる資金を引き揚げる動きになれば原油は下落するのは当然だ。

 国債の取引も価格が下落している動きが出ており、日銀も金利を引き上げるタイミングを検討すべきだ。


   
posted by まねきねこ at 07:25| 愛知 ☁| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]