当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2020年09月18日

ポンドの価値崩壊の兆し


 英国中央銀行のイングランド銀行は17日、マイナス金利を検討する方針をこれまでで最も明確に示唆した。
  

 アンドルー・ベイリー総裁率いる金融政策委員会(MPC)は、政策金利を0.1%に据え置き
   債券購入プログラム
を7450億ポンド(約100兆円)で維持することを全会一致で決めた。

 同時に、マイナス金利の導入方法について年内に
   英健全性規制機構(PRA)
と「体系的調整」を開始する方針も明らかにした。
  

 会合の議事要旨の記録では、「中立金利が低いこの時期のある時点でインフレと生産の見通しがマイナス金利の妥当性を示した場合に、どのように効果的に導入できるかを英中銀が検討する計画について、MPCは説明を受けた」という。
  
 金融当局者らはこれまで、マイナス金利が妥当かを検証していると発言していたが、導入に向けた準備をさらに進めることを示唆した。



ひとこと

 欧州連合離脱の流れが、交渉が不調なままなことから経済が異例の不確実な時期に入ったことに対応するものだが、ユダヤ系資金が急速に流れだす可能性がある。
 この資金の当て馬に日銀が使われ無いように注目すべきだろう。


   
posted by まねきねこ at 06:19| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]