当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2020年05月27日

観光行政の方針を数から質に見直せ!!


 日本政府観光局が20日発表した4月の訪日外客数は新型コロナウイルス感染症の拡大で、渡航制限などが広がり、
   2900人(前年同月比−99.9%)
だった。
 日本でも検疫強化やビザ無効化の措置を取った影響が鮮明となり、22の国や地域の区分全てで訪日外客数が「ほぼゼロに近い数字」になった。

 米中の貿易問題や韓国の経済後退と日本製品不買運動の激化などにともない、両国からの観光客が減少し、前年同月を下回るのは7カ月連続。単月の訪日外客数としては統計を取り始めた1964年以降で最少となった。
  
 主要国の内訳は、ビザ無効化の対象となった韓国が米国・台湾とともにそれぞれ300人、中国は200人だった。
 また、シンガポール、ドイツ、イタリア、スペインからの入国者数はいずれも10人を下回った。


ひとこと

 単純思考で円安を継続させた政権の思惑から外国人観光客の量を増やし、質を低下させてきた政策は日本人の地機生活圏を脅かす影響が強まってしまっていた。

 節操のない観光行政であり、本来の姿に戻す必要がある。
 消費活動が低い観光客を排除すべきであり、裕福な金持ち観光客を増やすための努力をすべきであり円安ではなく円高でも観光客が区るような政策が必要だろう。

 法定伝染病の国内への持ち込みにもつながりかねない、観光行政は国民に害を与えかねないものだ。


  
posted by まねきねこ at 02:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]