当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2019年08月24日

信頼性がないため言葉の端にも引っかからないのは当然のことだろう

   
 北朝鮮は16日、米韓合同軍事演習にミサイル発射など軍事的示威で反発したうえ反日的な政策を継続させている韓国の
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
を激しく非難すると同時に2発の飛翔体をまた発射し、挑発の程度をさらに強めている。

 北朝鮮側の表面的な理由としては前日の文在寅大統領が
   光復節(解放記念日)
で「南北協力」を通じて、平和経済を建設して
   朝鮮半島平和体制を構築
するために努力しているという演説に対する不満があったようで、祖国平和統一委員会(祖平統)報道官が談話で
   「ゆでた牛の頭も仰天大笑する」
と表現した。


 北朝鮮が文大統領の演説の翌日に反応したのは虚言癖があり、ダブルスタンダードで見苦しい発言や行動が見られる文大統領の政治手法が背景にあるためだろう。


 北朝鮮は最近、外務省を前に出して韓国が思い通りに動いても成果が出ていないためだ。

 外務省の報道官や米国局長、米国研究所長が米韓合同軍事演習の中断を要求し、「米朝対話から韓国は抜けるべき」「北南の水面下対話は何も行われていない」と主張した。


 さらにトランプ米大統領が最近、北朝鮮の
   短距離ミサイル示威
について「米国攻撃用ではない」として「免罪符」を与えており
   米朝首脳間の親書外交
を通じて直接取引が行われている現実が大きく作用したためだ。


 北朝鮮だが昨年、米国に接近する過程で韓国と緊密に協議してきた。

 南北非公開接触を通じた実務レベルの協力はもちろん、昨年の
   シンガポール米朝首脳会談(6月12日)
を控えた5月26日には
   金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長
の要求で板門店(パンムンジョム)でワンポイント首脳会談をするほど親密になった。


 最近は国連代表部で米朝チャンネルが稼働しており、首脳間の意思疎通も円滑に進行すると、問題の多い韓国の文政権の二枚舌外交に嫌気を持った韓国を後まわしにして圧力を加える戦術を駆使していると考えられる。



ひとこと
  
 虚言癖があり誇大妄想の韓国の文大統領が率いる政府を信頼することはできないこともあり、当然のことだ。
  
 
          
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

     
  
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]