当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2019年03月22日

イーストマンズ(Eastman) ニューヨークで活動したユダヤ系犯罪組織


イーストマンズ(Eastman)

 1890年代から1910年代にかけて米国のニューヨークで活動したユダヤ系犯罪組織
 「イーストマン・ギャング」とも呼ばれ、1890年代半ばに
   モンク・イーストマン
が結成し、違法賭博、窃盗、管理売春、労使闘争における武力介入、選挙活動の武力サポートなどを収入源としていた。
 構成員は一時1100人以上に膨張し、民主党系の政治組織
   タマニーホール
の庇護をうけていた。

 イタリア系の
   ファイブ・ポインツ・ギャング
とは激しい縄張り争いを繰り広げた。

 1902年9月29日、イーストマンズの戦闘員60人がファイブ・ポインツの縄張りに侵入し、銃撃戦となった。
 この戦闘で17人が逮捕され、リボルバー15個、ナイフ8個、ブラックジャック3つなどが警察に押収されている。

 1902年10月4日、ファイブ・ポインツの戦闘員35人が9月29日の仕返しでイーストマンズのサフォーク通りのアジトを急襲した。
 2階のビリヤード場で乱射し数人が負傷、29人が逮捕された。

 同年10月、タマニーホールの
   トム・フォーリー
の仲介でファイブ・ポインツと平和協定を結んだ。

 1903年9月にはイタリア系犯罪組織のボス
   ポール・ケリー
が率いるギャングとリヴィングトンで大規模な銃撃戦を行った。


 この事件で1904年、モンク・イーストマンが監獄送りとなり、マックス・ツヴェルバッハがボスの座を継いだ。

 1910年代、元ファイブ・ポインツ・ギャングの
   ジャック・シロッコ
が組織の乗っ取りを仕掛け、3代目ボスのジャック・ゼリグと抗争を繰り広げた。
 組織は分裂し、衰退していった。
 
      
   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
   
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]